経営破綻でカンナバーロ監督と契約解除の広州FC、チェン・チーが選手兼暫定監督に

2021.12.07 19:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
広州FC(元広州恒大)は7日、元中国代表MFチェン・チー(41)を選手兼任の暫定監督に任命したことを発表した。

オーナー会社の『恒大集団』の経営破綻によってクラブ存続の危機に瀕していた広州FC。選手やスタッフへの給与も十分に支払えず、その影響でファビオ・カンナバーロ監督とも9月末に契約解消に至っていた。

いまだ混迷続く中、12日の中国スーパーリーグ再開に先立ち、選手として今季はリーグ戦9試合に出場していたチェン・チーが暫定監督を務めることが決定した。
中国代表として100試合以上の出場歴を誇るチェン・チーは、深圳や山東泰山でキャリア初期を過ごし、2007年からはチャールトン・アスレティックへ移籍し渡欧。セルティックでもプレーした後、2010年に広州FCに加入し、現在に至るまで公式戦312試合に出場している。


関連ニュース
thumb

ドルトムントでブンデス連覇、香川真司ともプレーした元パラグアイ代表FWバリオスが37歳で現役引退

元パラグアイ代表FWルーカス・バリオスが、37歳で現役引退を決断した。 アルゼンチン生まれのバリオスは、アルヘンティノス・ジュニアーズでキャリアをスタート。その後、チリやメキシコでプレーすると、2009年7月にユルゲン・クロップ監督率いるドルトムントに完全移籍。ヨーロッパでのキャリアをスタートする。 ドルトムント時代は香川真司(シント=トロイデン)ともチームメイトとしてプレー。公式戦102試合で49ゴール17アシストを記録する活躍を見せ、ブンデスリーガ連覇、DFBポカール優勝に貢献していた。 2012年7月に中国の広州恒大(現:広州FC)に完全移籍すると2度の中国スーパーリーグ制覇とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を経験。2013年8月にスパルタク・モスクワへと完全移籍。モンペリエへのレンタル移籍を経験すると、2015年7月にはブラジルのパウメイラスへと完全移籍し、ヨーロッパに別れを告げる。 その後はグレミオ、アルヘンティノス・ジュニアーズ、コロコロ、ウラカン、ヒムナシア・ラ・プラタ、デフェンサ・イ・フスティカ、パトラナートと南米でプレーを続けたが、今年7月にアルゼンチンのパトロナートを退団すると、その後は無所属に。そして引退を決断した。 パラグアイ代表としても36試合で10ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ前の5月に初招集を受けてデビューすると、そのままW杯メンバー入り。日本代表ともラウンド16で対戦するなどチームのベスト8入りに貢献。2017年までプレーしていた。 バリオスは自身のインスタグラムを更新。感謝の想いを綴っている。 「プロサッカーに別れを告げるという、想像しなかった時が来たことを、全てのフォロワーに伝えたいと思う。20年間、僕はそれぞれの場所で最大限を尽くしてきた」 「うまくいくこともあれば、悪くなることもあったけど、常に全力を尽くして、全てのチームに相応しいプロフェッショナリズムを長年にわたって見せてきた」 「キャリアを通じて多くのことを学んだ全てのチームメイトとコーチに感謝したいと思う。僕が所属していた各クラブのスタッフの方々の配慮と献身的な努力に感謝する」 「約8年間、チームメイトと共に代表となる機会を与えてくれた親愛なるアルビロハ(パラグアイ代表)、僕を信頼し、組織の一員にさせてくれた全てのクラブに感謝したいと思う」 「長いキャリアは今日で終わるけど、また会おう。僕は常にサッカーと繋がっているし、新しい冒険は指導者になるからだ。これからも僕の新たな挑戦を応援してほしい」 「自分のクラブでプレーしてほしいと興味を持って声をかけてくれた全てのクラブに感謝するが、僕の決断はすでに下されている。何年も支えてくれた家族と友人に感謝する。みんなをとても愛している」 <span class="paragraph-title">【写真】全てのクラブのユニフォーム姿で引退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Lucas Barrios(@lucasbarrios_oficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.11 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「他力本願の形に…」ACLで2試合出場の川崎F・松井蓮之、今後に経験を生かす「またこの大会に出られるように」

川崎フロンターレのMF松井蓮之が、広州FC(中国)戦を振り返った。 30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第6節の川崎Fvs広州が行われた。 グループ3位の川崎Fは、この試合に勝たなければグループステージ突破の可能性はなし。勝った場合でも1位になれる可能性はジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)vs蔚山現代(韓国)が引き分けた場合のみ、それ以外の場合は他グループの結果次第となる。 その川崎Fは、わずかな望みをかけて試合に挑むと、14分に知念慶がネットを揺らして先制。その後は主導権を握りながらゴールを奪えないでいると、1-0でタイムアップ。最低限の勝利を収めた。 この試合がACLで2試合目の出場。マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれた松井は、試合後の記者会見で「監督がおっしゃったように、今日の試合は絶対に勝たないといけない試合ということもあって、(広州FCとの)1試合目とはまた違う難しさがありました」と前回対戦とは緊張感含めて違ったと語った。 また、「全体として勝つという共通理解があったからこそ、試合に勝てたと思っています。全体でやることはやったものの、こうして他力本願の形になってしまいました」と、2位でグループステージを終えることを悔しがった。 ただ、プロとして初めて試合に出場した経験をACLで積めた松井は「グループステージ突破は難しい感じになりましたが、自分自身でいうと、良い経験になったと思います。これを日本に帰って、Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯につなげたいです」と今後の戦いに、この経験を生かしていきたいと意気込んだ。 ACLについては「ACLの戦いを通して言うと、海外の選手との機会がこれしかないというところで、アウェイに乗り込んでの試合はとても難しいと感じました。またこの大会に出られるように、チーム全体で頑張っていきたいと思います」と、今後のキャリアでもACLでプレーできるように頑張りたいと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】巧みなターンから知念慶が望みをつなぐゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Kei Chinen with the match-winning goal!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KWFvGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KWFvGUA</a> | <a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/qW4jPmPCJo">pic.twitter.com/qW4jPmPCJo</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520363995999440899?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.30 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

グループステージ突破が限りなく厳しい川崎F、鬼木達監督は最終節勝利も「自分の力不足を感じています」

川崎フロンターレの鬼木達監督が、広州FC(中国)戦を振り返った。 30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第6節の川崎Fvs広州が行われた。 グループ3位の川崎Fは、この試合に勝たなければグループステージ突破の可能性はなし。勝った場合でも1位になれる可能性はジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)vs蔚山現代(韓国)が引き分けた場合のみ、それ以外の場合は他グループの結果次第となる。 その川崎Fは、わずかな望みをかけて試合に挑むと、14分に知念慶がネットを揺らして先制。その後は主導権を握りながらゴールを奪えないでいると、1-0でタイムアップ。最低限の勝利を収めた。 試合後の記者会見に臨んだ鬼木監督は、ゲームを振り返り「今日は勝たなくては何も起きない状況で、最後の最後まで難しいゲームになりました。自分たちのやれることがすべてだということでしたが、選手もプレッシャーはあった思います」とコメントした。 また「その中で勝つことで望みをつなぎたかったですが、なかなか難しい展開になりました」とコメント。1位になれなかったことを悔やんだ。 JDTvs蔚山の試合は1-1で推移した中、終盤にJDTが勝ち越して2-1で勝利。この結果グループ2位となり、非常に厳しい状況に立たされることとなった。 鬼木監督は「1位を目指していた中での2位。すごく残念に思いますし、いろいろなレギュレーションがある中で、1位にならないと突破は難しいと思っていました。そういう意味では自分の力不足を感じています」とコメント。チームとして目標である1位で終えられなかったことを悔やんだ。 <span class="paragraph-title">【動画】巧みなターンから知念慶が望みをつなぐゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Kei Chinen with the match-winning goal!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KWFvGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KWFvGUA</a> | <a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/qW4jPmPCJo">pic.twitter.com/qW4jPmPCJo</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520363995999440899?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.30 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

PK2発で広州を撃破のJDT、グループ首位浮上! 最終節で突破を懸けた2位蔚山と直接対決《ACL2022》

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第5節の広州FC(中国)vsジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)が行われ、0-2でJDTが勝利した。 圧倒的な最下位である広州を除き、蔚山現代(韓国)、川崎フロンターレ(日本)、そしてJDTが熾烈な突破争いを繰り広げているグループI。JDTは勝利しなければいけない試合となった。 試合は15分、右CKからのクロスに対して広州のDFが相手を倒してファウル。JDTはPKを獲得すると、ベルクソンがしっかりとゴール右に決めて、JDTが幸先良く先制する。 リードを奪ったJDTは、33分にもチャンス。左サイドからのクロスに対し、ベルクソンがボックス内でヘッド。シュートは枠に飛ぶが、クロスバーに嫌われてしまうと、跳ね返りをバイシクルボレーも枠を超えていく。 主導権を握り続けるJDTはさらにゴールに迫っていくが、広州の粘りの守備の前にネットを揺らせず。1点リードで後半を迎える。 今大会無得点の広州はこの試合もフィニッシュ精度を欠き、少ないチャンスを生かせず。対するJDTも攻め込み続けるがGKジャン・ジーハオの好セーブもあって得点を奪えない。 すると迎えた95分にも、JDTはPKを獲得。これをベルクソンが決めてダメ押し。PK2発で0-2と勝利したJDTがグループIで首位に浮上した。 広州FC 0-2 ジョホール・ダルル・タクジム 【JDT】 ベルクソン(前17[PK]、後51) 2022.04.28 10:28 Thu
twitterfacebook
thumb

天野純が1G1Aの大活躍! ユン・イルロクもゴールの蔚山が2戦連続で広州を粉砕《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第4節の広州FC(中国)vs蔚山現代(韓国)が24日に行われ、0-5で蔚山現代が大勝した。 ここまで3戦全敗の広州と、1勝1分け1敗の蔚山が激突。前節の対戦では、元横浜F・マリノスのユン・イルロクのゴールなどで蔚山が3発快勝を収めたが、この試合もイルロクが鍵を握る存在に。 開始早々の4分、ボックス左でユン・イルロクがパスを受けると、素早いカットインから右足でシュート。内側に回転のかかったシュートはGKに触られながらもネットを揺らし、蔚山が早くも先制した。 その後もユースの若手を中心としたメンバー構成の広州を蔚山が圧倒する展開に。FKからユン・イルロクがヘディングシュートで2点目に迫れば、前回対戦でも得点を決めたパク・チュヨンもFKからのヘディングで相手ゴールを脅かす。 さらにはシン・ヒョンミン、再びパク・チュヨンが同じくヘディングシュートを浴びせ続けるが、前半は1点にとどまった。 後半から蔚山は天野純をユン・イルロクに代えて投入。その天野は53分、左から上がったクロスを頭で合わせるが、惜しくもGKの正面に。それでも直後のプレーで右サイドに流れた天野の左足のクロスをマーク・コスタが頭で合わせて蔚山が追加点を奪った。 その直後にもマーク・コスタがクロスバー直撃のシュートを放つなど攻勢を緩めない蔚山。天野も左サイドから上がったクロスをダイレクトで叩いてゴールに迫る。 64分には投入直後のカザイシュヴィリが決めてさらに突き放すと、迎えた73分、味方とのワンツーでボックス左に侵入したソル・ヨンウの折り返しを天野がダイレクトで合わせて4点目。天野はACLでは2020年11月の上海海港戦以来のゴールとなった。 85分にはソル・ヨンウのゴールで5点目を奪った蔚山。前節以上の得点差で広州を粉砕し、2連勝を収めた。 広州FC 0-5 蔚山現代 【蔚山現代】 ユン・イルロク(前4) マーク・コスタ(後9) カザイシュヴィリ(後19) 天野純(後28) ソル・ヨンウ(後40) 2022.04.24 19:53 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly