ウェストハムのソウチェクがチェルシー撃破の歓喜をファンと共有、セルフィーにユニフォームプレゼント、ハイタッチも

2021.12.05 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのチェコ代表MFトマシュ・ソウチェクが、サポーターと首位撃破の喜びを分かち合った。4日に行われたプレミアリーグ第15節でチェルシーと対戦したウェストハム。首位チームをホームに迎えてのロンドン・ダービーは2度のリードを許すも追い付き、終盤にDRコンゴ代表DFアルチュール・マズアクが意表を突いたニアを抜く一発を決めて逆転勝ちを収めた。

リバプール戦に続く強豪撃破。しかも、堅守を誇るチェルシーを相手に3点を奪っての終盤の逆転勝利という展開には、選手もサポーターも高揚した気分になるのは当然だろう。

試合後、ソウチェクはスタンドへ歩み寄り、ファンとの記念撮影に興じた。さらには着ているユニフォームもプレゼント。最前列に陣取るファンたちとハイタッチをかわしながらドレッシングルームへと引き上げていった。

この瞬間が『BT Sport』によって投稿されると、閲覧者からは多数のメッセージが寄せられた。「これが大好き」、「見てよかった」、「ソウチェクはレジェンド」、「トロフィーを獲得したみたいだ」など、喜び様に共感する声が届けられた。

4戦ぶりの白星を手にしたウェストハムは、9日にヨーロッパリーグ(EL)でディナモ・ザグレブと対戦する。すでにグループステージ突破は決めているが、ホームでこの日のように勝利の喜びを分かち合うことはできるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

古巣ユナイテッドに粘るも最後の最後に力尽く…モイーズ「勝ちたかった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が肩を落とした。 トップ4争いを演じる4位ウェストハムは22日のプレミアリーグ第23節で7位マンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込み、0-1で敗北。1つの未消化試合を残すユナイテッドに4位の座を明け渡して、暫定5位に後退してしまった。 リスクを冒さない守りで粘り、ほとんどピンチもなかったが、最後の最後に後半アディショナルタイムのカウンターで崩され、力尽きたウェストハム。イギリス『BBC』によると、モイーズ監督は試合後、落胆した。 「ラスト数秒のゴールを決められるのは簡単なことじゃない。あれは確かに避けられたもの。それまでにビルドアップのところで何度かの判断ミスがあった」 「ゴールを奪うプレーが十分じゃなく、引き分けでも良い結果だった。引き分けるのに十分なほどマン・ユナイテッドを抑え込めていたのも確かだったしね」 「勝ちたかったよ。負けるために来たわけじゃない。挑戦するために来たのだ。選手たちの頑張りに文句もない」 「ただ、ちょっとしたことが足りず、正しいこと、試合の切り抜け方だったりを最後の数分間にできていなかった」 「彼らは素晴らしいチームであり、このまま踏ん張っていくしかない。最後にどこに辿り着くのかを見るのはそれからだ」 「ここでポイントを得るべきだった。(敗戦という結果は)失望感を示すものだ」 2022.01.23 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的に制したラングニック「ドレッシングルームの雰囲気は最高。大きな勝利」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が上位対決を制した感想を述べている。 ユナイテッドは22日のプレミアリーグ第23節でウェストハムをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。ウェストハムのタイトな守りに苦戦したが、62分から出場のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが後半アディショナルタイム3分に劇的な形で決勝ゴールを決めた。 途中出場のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、そしてピッチ外で話題のフランス代表FWアントニー・マルシャルも絡むカウンターで、最後の最後にウェストハムの守りを崩し切ったラングニック監督。暫定4位に浮上した試合後、喜びの心境を語っている。 「ドレッシングルームの雰囲気は素晴らしいよ。選手たちは祝い合っている。どれだけ大きな勝利なのかわかっているからだ」 「相手に反撃の時間がないのはベストな勝ち方。パフォーマンスやフィジカル面にとても満足している」 「ブレントフォード戦から3日間しかなかったのを念頭に置いて、我慢強くプレーできた」 「我々はファイナルサードで最適な解決策をずっと見いだせずにいた。ラスト20分も得点できるチャンスがないのに、シュートを打ち過ぎてしまっていた」 「もう少し我慢する必要があったが、最後に3ポイントを手にするのが大事だった」 また、「レッド・アーミーの応援は素晴らしかった。ファンのみんなにありがとうとしか言いようがない」とサポーターに感謝の言葉を送っている。 「いつも良い雰囲気だが、今日はさらに良かった。彼らもこの試合の重要性を理解していたからだ。彼らは試合を通じて、我々を後押ししてくれた」 2022.01.23 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがラッシュフォードのラストプレー弾でハマーズとの接戦を劇的に制す!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが22日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。 エランガのプレミア初ゴールを含む生え抜きFW3選手の活躍によってブレントフォードを破り、リーグ3戦ぶりの白星を手にした7位のユナイテッド(勝ち点35)。トップ4を争うライバルとのシックスポインターに向けては前節から先発1人を変更。自宅が強盗の被害に遭い精神面のダメージを考慮されたリンデロフがベンチ外となり、マグワイアが起用された。 一方、4位のウェストハム(勝ち点37)はリーズとの打ち合いに敗れ、リーグ連勝が「3」でストップ。辛うじてトップ4をキープしているものの、ライバルが未消化試合で勝ち点を積んだ場合、一気にヨーロッパ圏外に転落する微妙な立ち位置にある。そのライバルの一角との重要な一戦では、先発3人を変更。コンディションの問題で守護神ファビアンスキがベンチ外となりアレオラが代役に、一方で負傷明けのズマとソウチェクがディオプ、ヴラシッチに代わって復帰した。 立ち上がりから上位対決らしい緊迫感のある攻防が続き、共にカウンターの形から相手ゴールへ迫る場面を作り合う。以降はボールを握って遅攻からチャンスを窺うホームチーム、堅守速攻で応戦するアウェイチームという構図に落ち着いて試合が進んでいく。 中盤での睨み合いが続く中、ユナイテッドは両サイドバックのクロスやカウンターを起点に幾度か惜しい場面を作り出すが、35分過ぎのクリスティアーノ・ロナウドのボックス内での相手DFとの交錯がノーファウルで流されるなど、最後のところでウェストハムの堅守をこじ開けられない。 一方、ウェストハムは要所で中盤でのパスカットから得意のカウンターを仕掛けていくが、ボーエンやアントニオ、ランシーニらの仕掛けがことごとくユナイテッドの好守に阻まれ、こちらはわずかシュート1本で前半を終えることになった。 守備の良さが際立ち、互いに枠内シュート0で折り返した試合は、後半に入ってよりオープンな展開となる。まずは49分、後方からの飛び出しでボックス左に抜け出したフレッジが左足の強烈なシュートを放つ。だが、この試合最初の枠内シュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。 以降は互いに相手のボックス内への侵入を増やし、ウェストハムはボーエン、ユナイテッドはヴァランといずれもセットプレーから際どい場面を作り出した。 0-0の均衡が保たれる中、先に動いたのはユナイテッド。62分、エランガを下げてラッシュフォードを投入。途中からグリーンウッドとサイドを入れ替えるなど、攻め手を変えて堅守攻略を図るが、フレッジの決定機以降、なかなか惜しい場面を作れない。 後半半ばを過ぎて試合が完全に膠着し始めると、ラングニック監督は80分過ぎに勝負に出る。フレッジとグリーンウッドを下げてカバーニ、去就問題で注目集めるマルシャルを投入。より攻撃的な[4-4-2]の布陣に変更した。 その後、互いに際どいシーンを作り合いながらも試合は3分が加えられた後半アディショナルタイムに突入。このままゴールレス決着濃厚と見られた中、最後の最後にオールド・トラッフォード劇場が開演。 93分、テレスのロングフィードをDFフレデリックスが頭で触ったボールが左のハーフスペースのC・ロナウドに渡る。ここでマルシャルを経由したボールがボックス左のカバーニに繋がり、ウルグアイ代表FWからの冷静な折り返しをファーに飛び込んだラッシュフォードがワンタッチで流し込んだ。 カバーニの抜け出しがオフサイドぎりぎりということもあり、VARのチェックが入ったものの、最終的にユナイテッドのゴールが支持された。そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、ウェストハムとの接戦をラッシュフォードの2試合連続ゴールで勝ち切ったユナイテッドが2連勝で暫定4位に浮上した。u 2022.01.23 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ハリソンのハットトリックでウェストハムとの打ち合いを制したリーズがFAカップのリベンジ達成!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウェストハムvsリーズ・ユナイテッドが16日にロンドン・スタジアムで行われ、2-3でリーズが勝利した。 ミッドウィークに行われた第18節延期分のノリッジ戦に2-0の勝利を収め、リーグ3連勝で暫定4位に浮上したウェストハム。4連勝を目指した今節は、1週間前に行われたFAカップで勝利した16位のリーズと対戦した。 試合が動いたのは10分、ロングフィードをボックス右深くで収めたハフィーニャがマイナスがマイナスに折り返すと走りこんだクリヒがダイレクトシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を拾ったフォーショーの落としから最後はハリソンがシュートを流し込んだ。 先制したリーズだったが、前半半ばに負傷者が続出する。22分、左モモ裏を痛めたフォーショーがプレー続行不可能となりベイトを緊急投入。さらに23分には、左足に違和感を訴えたフィルポがイェルデと交代した。 先手を取られたウェストハムは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶものの、集中した守備陣を崩すことができずに時間が経過。29分には、クレスウェルの左CKからドーソンがヘディングシュートを叩きつけたが、これは枠の左に外れた。 同点のチャンスを逃したウェストハムだったが、再びセットプレーからゴールに迫る。34分、クレスウェルの左CKをゴール前に走りこんだボーエンがヘディングシュートを突き刺した。 追いつかれたリーズはすぐに反撃に出る。すると37分、ハフィーニャの左CKをエイリングが頭で合わせると、右に逸れたボールを走りこんだハリソンが体ごとゴールに押し込んだ。 再び追う展開となったウェストハム40分、フォルナルスのスルーパスでボックス左に抜け出したライスが決定機を迎えたが、飛び出したGKにシュートコースを消され、シュートは左サイドネットに外れた。 迎えた後半は早い時間にスコアが動く。52分、ライスのパスをボックス左手前で受けたアントニオが落とすとボックス左から侵入したフォルナルスが中に切り込みゴール左隅にシュートを流し込んだ。 試合を振り出しに戻されたアウェイチームだったが、60分に三度勝ち越す。中盤で15がパスカットに成功すると、ルーズボールを拾ったハフィーニャのスルーパスからボックス内に侵入したハリソンがGKとの一対一を制し、ハットトリックを達成。 勝ち越し弾で勢いづくリーズは、62分にバイタルエリア中央で獲得するとハフィーニャの直接FKが左ポストを直撃。さらに73分には、ボックス右深くまで切り込んだハフィーニャの折り返しからクリヒがゴールネットを揺らしたが、オフサイドポジションのロドリゴに当たっており、VARの末にゴールは取り消された。 追いかけるウェストハムは82分、アントニオのロングスローの流れからボックス中央のツォウファルがボレーシュートを放つと、相手GKの弾いたボールをボーエンが詰める。さらにGKがブロックしたルーズボールをヤルモレンコが頭で押し込んだが、ボーエンが詰めた時点でオフサイドがあり、ゴールは認められない。 ウェストハムは試合終了間際の94分にもアントニオの左クロスからボーエンが決定機を迎えたが、胸で押し込んだシュートは枠に上に外れて万事休す。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。リーズがFAカップのリベンジに成功した。 2022.01.17 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「100%ペナルティ」ノリッジGKクルル、ゴール前でヘッドロックした相手選手とそのままゴールイン「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」

ゴール前での激しい攻防は、議論の的になりやすいものだ。 12日に行われたプレミアリーグ第18節、ウェストハムvsノリッジの一戦は、ジャロッド・ボーエンの2ゴールでウェストハムが2-0と快勝。新型コロナウイルスの影響で試合延期が相次いでいるため暫定順位ではあるが、5位まで浮上した。 注目を集めることとなったのは、ノリッジのGKティム・クルルとウェストハムのMFニコラ・ヴラシッチのポジション取りから生まれたシーンだ。 飛び出しを阻害するため前に立ったヴラシッチを、クルルもどうにかしようと試みる。すると、牽制のし合いからクルルがヴラシッチにヘッドロックを決めるような格好に。最後は2人もつれ合いながらゴールへと倒れていった。 この場面で主審はファウルを取らず、VARの介入もなし。当然ファンの多くは黙っていられず「100%ペナルティ」、「首を折にいった」、「暴行だな」、「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」、「勝ったけど、死んだ」などのコメントがあふれることとなった。 最終的には3ポイントを手にすることができたウェストハム。もしも結果が異なっていれば、外野の声はさらに大きくなっていただろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール前の攻防でGKが相手選手にヘッドロック…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Yes, that should have been a penalty for West Ham <a href="https://t.co/HBd8S9kAwB">pic.twitter.com/HBd8S9kAwB</a></p>&mdash; Has the Referee or VAR made a poor decision? (@PoorEPLreferees) <a href="https://twitter.com/PoorEPLreferees/status/1481363277716369417?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 20:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly