メッシ長男の足がバロンドールのトロフィーに!? 全員トロフィー抱える豪華家族ショットもまさかの事態で騒然

2021.12.04 22:33 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021年のバロンドールを受賞し、通算7度目のバロンドーラーとなったパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、1枚の写真が大きな話題を呼んでいる。11月29日、2021年のバロンドール授賞式が開催。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの受賞を予想する声が多かった中、実際に受賞したのはメッシだった。

この結果には、様々な議論が生まれ、多くの選手らがバロンドールというものの意義を問うなど物議を醸す事態に。一方で、レヴァンドフスキのシーズン41ゴールというブンデスリーガ記録は偉大なものだったものの、スタッツではメッシが多く上回っていること、またコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制したことなどが多く評価されたものと見られている。
バロンドールの受賞でもひと騒動あったが、とある写真が再び話題を呼んでしまった。

メッシを始め、妻のアントネラ・ロクソさん、そして3人の息子との家族ショットが公開されたが、それは普段の家族ショットとは異なり、メッシのバロンドール受賞を祝うものだった。

メッシの7つのバロンドールトロフィーとメッシ一家が一緒に映る写真。大きなソファーの上で家族5人揃って座り、バロンドールのトロフィーをそれぞれ抱えるという、豪華すぎる写真だった。

しかし、話題になったのはその写真全体ではなく、長男のチアゴくんだった。5人で1つずつトロフィーを持つと2つ余ることに。その2つは足元に置かれていたのだが、なんとチアゴくんの右足がトロフィーに乗っていたのだ。

この事実が見つかると、ネット上は大騒ぎ。「まさか、彼の足元に」、「チアゴがフットレストに使っている」と栄誉あるバロンドールトロフィーに足をかけていることが指摘されていた。

ただ、それ以上に家族分以上のバロンドールを受賞しているメッシの事実に驚きの声が集まっており、豪華すぎる家族写真はただただ驚くばかりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「写真完璧」"伝説の3人"が共演!バロンドール受賞後、本拠地凱旋のベンゼマへ歴代受賞者からトロフィー授与「史上最高」

キャスティングの豪華さに感嘆の声が上がっている。 2022年のバロンドールに選出されたレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ。22日のラ・リーガ第11節セビージャ戦が受賞後、最初のホームゲームとなり、お披露目が行われた。 ベンゼマ自身は左太ももの筋肉疲労のために欠場となったが、試合開始前にセレモニーが催され、ピッチで改めてトロフィーの授与が行われた。プレゼンターを務めたのは、チームメイトのクロアチア代表MFルカ・モドリッチと、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏だった。 ユベントス在籍時の1998年に受賞したジダン氏。2018年受賞者のモドリッチ。そして、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を制し、いずれの得点王にも輝き、初受賞となったベンゼマ。 マドリーでのタイトル獲得に貢献した歴代バロンドーラー2人からのトロフィー授与シーンには「マドリーの伝説の3人」、「これがレアル・マドリー」、「なんて瞬間!」、「世界のヒーロー」など、畏敬の声があがった。 また、『433』は授与の瞬間を写し、「この写真を額に入れる必要があります」と紹介。ちょうど3人がバロンドールを手にする光景となっており、こちらにも「写真完璧」、「アイコンから別のアイコンへ」、「史上最高の写真」、「クラスが多すぎる」、「1枚の写真に3人のバロンドール受賞者が」と、多数の賛辞が寄せられている。 豪華3人の共演には、スタジアムのサポーターだけでなく世界中から声援が送られることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】サンティアゴ・ベルナベウでジダンとモドリッチからベンゼマへバロンドールが手渡される!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CkCCsUiu50v/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CkCCsUiu50v/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CkCCsUiu50v/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】額縁に入れて飾りたい!ジダン、モドリッチ、ベンゼマの3人がバロンドールに手を添える瞬間</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkBwej1L2M1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkBwej1L2M1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkBwej1L2M1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.23 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「これは好きなゴール」なでしこ戦には未招集、バルセロナのナイジェリア女子代表エースの一撃が衝撃的「来年はバロンドール」

結果は異なっていたかもしれない。 バルセロナ女子は19日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)グループD第1節でベンフィカをホームに迎え、9-0と圧勝。昨季準優勝の借りを返すべく、好スタートを切った。 この試合の3点目となるゴールを決めたのが、ナイジェリア女子代表FWのアシサト・オショアラ。規格外のミドルシュートが衝撃を呼んでいる。 バルセロナの2点リードで迎えた34分、DFマリア・ピラー・レオンのフィードがクリアされると、ボックス手前中央でこぼれ球拾ったオショアラが迷いなく右足を強振。弾丸ライナーを左上隅に突き刺した。 コンパクトな振りながらもこの威力。DAZNの公式ツイッターには「なぜ彼女は男子チームでプレーできないのですか?」、「来年はバロンドールを受賞」、「アフリカの女王」、「Great goal」、「これは好きなゴール」、「アフリカのゴールデンガール」、「ゴラッソだね」と、驚きのコメントが寄せられている。 2014年のU-20女子ワールドカップ(W杯)で得点王とMVPに輝き頭角を現したオショアラは、これまでアフリカ女子年間最優秀選手賞を5度受賞。バロンドール2022にもノミネートされていた。 バルセロナのセンターフォワードとしてだけではなく、ナイジェリア女子代表としてもエースとして君臨するが、6日のなでしこジャパン戦には招集されていなかった。 ナイジェリアは来年のオーストラリア&ニュージーランドワールドカップ(W杯)の出場権を獲得しており、日本と再戦する可能性は十分にある。世界レベルのストライカーのシュートレンジや威力を、肝に銘じておきたい。 <span class="paragraph-title">【動画】この振りでこの威力、バルサのナイジェリア女子代表FWのロケット砲!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHAT A STUNNING GOAL BY ASISAT OSHOALA!<br><br>A wonderful strike puts Barcelona three goals ahead of Benfica <a href="https://twitter.com/hashtag/UWCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UWCL</a> LIVE NOW<br> <a href="https://t.co/pD7NqwVyp8">https://t.co/pD7NqwVyp8</a><br> <a href="https://t.co/9Fl2s4Jc1I">https://t.co/9Fl2s4Jc1I</a><br> <a href="https://t.co/QqXmmfPhf7">https://t.co/QqXmmfPhf7</a> <a href="https://t.co/HfA8K2lZnw">pic.twitter.com/HfA8K2lZnw</a></p>&mdash; DAZN Football (@DAZNFootball) <a href="https://twitter.com/DAZNFootball/status/1582819376985649152?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「バロンドールに値する」アーセナルFWベス・ミードが世界的名手から鮮やかな直接FK弾「私の女王を見て!」

アーセナルのイングランド女子代表FWベス・ミードのキックに賛辞が相次いでいる。 ミードはイングランド代表として母国での女子欧州選手権(女子ユーロ)臨み、初優勝に貢献。6得点5アシストで得点王にも輝いた。 女子バロンドール2022の筆頭ともされ、推す声も多数上がっていたが、惜しくもバルセロナのスペイン女子代表MFアレクシア・プテジャスに次ぐ2位であった。 17日にパリでの授賞式に出席したアタッカーは、その足でリヨンへ移動した。19日に行われたUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)グループC第1節で、ディフェンディングチャンピオンとの一戦に先発出場。2-1と、アーセナルのリードで迎えた前半のアディショナルタイムに見事な一撃を沈めて見せた。 ペナルティアーク左寄りに掛かるような位置でFKを得ると、短い助走から意表を突いた低弾道のシュートを選択。強烈なライナーは同じくバロンドール候補の名手、GKクリスティアネ・エンドレルの手を弾いてネットを揺らした。 実力を示す見事な一発には、ファンからも「明らかにバロンドールに値する」、「彼女に相応しいバロンドールを与えてあげてください」、「まじでこのレベル…」、「私の女王を見て!」などの声が寄せられている。 また、「来年のバロンドールに向けて履歴書をまとめる」、「バロンドール2023!!」と、来季の受賞を心待ちにする気の早いファンも。期待に応えるように、ミードは69分にもこの日2点目を奪う素晴らしい活躍を見せた。 アーセナルは敵地で前回覇者を5-1と粉砕。リーグ戦無敗の勢いを、UWCLにもつなげている。なお、なでしこジャパンのFW岩渕真奈はベンチ入りを果たすも、出番なしに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】バロンドール次点、アーセナルFWベス・ミードの見事な低空弾直接FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHAT A STRIKE!<br><br>A BELTER of a free kick by Beth Mead makes it 3-1 to Arsenal over Lyon <a href="https://twitter.com/hashtag/UWCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UWCL</a> LIVE NOW <br> <a href="https://t.co/fZCJCq1pLe">https://t.co/fZCJCq1pLe</a><br><a href="https://t.co/0VIUGFNcvS">https://t.co/0VIUGFNcvS</a> <a href="https://t.co/9bCxGGz1YU">pic.twitter.com/9bCxGGz1YU</a></p>&mdash; DAZN Football (@DAZNFootball) <a href="https://twitter.com/DAZNFootball/status/1582821892594860034?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「次は君だ」バロンドールを虎視眈々と狙うバルベルデが話題に!かつてのベンゼマと重ね合わせる声も「彼もそうだった」

レアル・マドリーのウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがバロンドールを狙っている。 17日、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が、今や最も権威のある個人賞として認知されるバロンドールの受賞者を発表。2022年は昨季の公式戦46試合の出場で44得点15アシストの活躍を披露したマドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマがその栄誉に輝いた。 最優秀GKに贈られるヤシン・トロフィーを獲得したベルギー代表GKティボー・クルトワとともにチームへと帰還した2人は、トロフィーを持ってチームメイトやカルロ・アンチェロッティ監督とともに記念撮影。喜びを分かち合っていた。 そんな中、グラウンドに置かれたバロンドールのトロフィーをまじまじと見つめるバルベルデの姿が話題に。いつか獲ってやると言わんばかりの視線が大きな注目を集めた。 実は、今回バロンドールを受賞したベンゼマも2014年に当時マドリーのエースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現マンチェスター・ユナイテッド)がバロンドールを受賞した際、その後ろから見守って拍手を贈っている姿が少し話題になったことがあった。 それだけに、アツい視線を送るバルベルデの姿にはファンも「ベンゼマもそうだった」、「次は君だ」、「いい目つきだ」、「絶対狙える」といった声を上げている。 今シーズンのマドリーで充実のシーズンを送るバルベルデ。急激に評価を高めており、来年以降のバロンドール争いにも食い込んでくるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】バロンドールを狙うバルベルデと8年前のベンゼマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Valverde?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Valverde</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Benzema?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Benzema</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BallonDor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallonDor</a> <a href="https://t.co/JEVaFoX9Q2">pic.twitter.com/JEVaFoX9Q2</a></p>&mdash; Sport360Football (@Sport360Foot) <a href="https://twitter.com/Sport360Foot/status/1583050398679666690?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当の兄弟のよう」バルセロナの19歳ペドリが18歳ガビの緊張をほぐす瞬間が話題に「癒される」

バルセロナのスペイン代表MFペドリが先輩らしさを見せた。 17日、今や最も権威のある個人賞として認知される、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のバロンドール授賞式が行われ、ペドリとスペイン代表MFガビも参加した。 18歳ながらすでにバルセロナとスペイン代表の主力としてプレーするガビだが、授賞式の前にはやはり多少の緊張があったようで、慣れないタキシードに袖を通すも、クラブと代表で共にプレーする19歳のペドリから表情硬いよと言わんばかりに頬を軽く叩かれるシーンがあった。 そんな2人のやり取りをバルセロナの公式SNSが公開すると、ファンからは「本当の兄弟のようだ」、「癒される」、「バルセロナの未来」、「ベストコンビ」、「最高」、「可愛らしい」と反響が寄せられている。 その後の授賞式では、ガビが21歳以下の最優秀選手に贈られるコパ・トロフィーを受賞。昨年の受賞者であるペドリとプレゼンターの元ブラジル代表FWロナウド氏からその名が呼ばれ、そこでもファンは喜びに浸っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ペドリがガビを和ませるほっこりシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="vi" dir="ltr"> <a href="https://t.co/sykc93tU4v">pic.twitter.com/sykc93tU4v</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1582473467852644355?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.19 19:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly