頂上決戦はドロー! 得点王争う前田とL・ダミアンも1ゴールずつで互いに譲らず【明治安田J1最終節】

2021.12.04 16:27 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ最終節の横浜F・マリノスvs川崎フロンターレが4日に日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

前節は3位のヴィッセル神戸に2-0と勝利し、2位を確定させた横浜FM。その試合と同じ11人で、優勝チームとの頂上決戦へ。早々に優勝を決め、すでに勝ち点を90台に乗せる川崎Fもこちらも前節のガンバ大阪戦と同じ顔ぶれが先発メンバーに並んだ。

そして、この一戦で注目を集めるのが横浜FMの前田と川崎Fのレアンドロ・ダミアンによる得点王争い。ともに22得点を決め、ランキングトップで並ぶ両選手がこの最終節で同じピッチに立つ展開となった。

試合は序盤から両チームのせめぎ合いが続く中、川崎Fが12分に大きなチャンスを演出。旗手の左サイド浅い位置からのクロスに山村が頭で合わせるも、相手GKのビッグセーブに阻まれる。

対する横浜FMも15分、渡辺がボックス右手前からドリブルで中央にカットイン。ボックス左にパスを供給すると、受けた前田が右足ダイレクトで狙うも、相手GKのセーブに遭う。

もう一人の得点王候補も見せ場を作る。24分、登里のスルーパスでDFラインの裏に抜け出したレアンドロ・ダミアンがボックス左にボールを運び、シュートを放つも、これは相手GKの正面に飛んだ。

26分には横浜FMに決定機が訪れる。GKの高丘が自陣からボールをクリアすると、これが相手DFラインの裏のスペースに転がり、反応した前田がボックス手前中央からループシュート。しかし、これは枠の上に外れた。

前半は劣勢となる時間が多かった川崎F。後半開始時にマルシーニョに代え、正確なボールを供給できる大島を投入し、攻撃の活性化を図る。
すると、54分にはその大島がチャンスを作り出す。ボックス左手前でボールを受けると、ボックス右にいたレアンドロ・ダミアンにラストパス。しかし、うまくボールをコントロールできず、シュートに持ち込めない。それでも、右サイド深い位置からボールを折り返すが、合わせた旗手のシュートは枠を大きく外れた。
流れを取り戻しつつあるアウェイチームには67分、待望の瞬間が訪れる。家長が右サイドのスペースに抜け出し、ボックス内に柔らかいクロスを供給。これを中央のレアンドロ・ダミアンが叩きつける形のヘディングシュートで合わせ、相手GKに触られながらも、ネットを揺らした。これでレアンドロ・ダミアンは23ゴール目。得点ランキング単独トップに躍り出た。

これで得点王は決まりかと思われたが、横浜FMのエースも黙ってはいなかった。74分、敵陣中央で獲得したFKの場面から細かくパスを繋ぐと、右サイド深い位置でパスを受けたエウベルが中央にグラウンダーのクロスを送る。これに合わせたレオ・セアラのシュートは相手DFに阻まれたが、こぼれ球に反応したのは前田。ゴール中央に左足で流し込み、得点ランクトップに並んだ。

追いつかれた川崎Fは80分に決定機。相手のDFラインからボールを奪ったレアンドロ・ダミアンがボックス右にボールを送り、走り込んだ家長が左足でシュートを放つも、枠の左にわずかに外れた。

両チームがゴールに迫るオープンな展開となった終盤、後半アディショナルタイムにアウェイチームが大きなチャンスを作る。左サイドでボールを受けた知念がボールをボックス付近まで運び、クロスを上げると、これに中央のレアンドロ・ダミアンが反応。ニアサイドに動き出し、頭で合わせるも、枠の右に逸れた。

結局、試合は1-1のまま終了し、優勝チームと2位チームによる負けられない最終戦はドロー。白熱した得点王争いも、両者が23ゴール目を決め合う形となり、今季は二人の得点王が生まれることとなった。

横浜F・マリノス 1-1 川崎フロンターレ
【横浜FM】
前田大然(後29)
【川崎F】
レアンドロ・ダミアン(後22)


関連ニュース
thumb

横浜FMの選手2名が新型コロナ感染、合計5名に

横浜F・マリノスは25日、トップチームの2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は症状もなく、Jリーグの抗原定性検査やクラブの抗原定性検査、PCR検査でも陰性だったが、24日にクラブのPCR検査にて陽性判定。その後、37.9℃の発熱と頭痛、倦怠感、咽頭痛、関節痛の症状が出たとのことだ。 もう1名も同様にJリーグの抗原定性検査、クラブの抗原定性検査、PCR検査で陰性となっていてたが、24日のPCR検査で陽性判定。特に症状はないとのことだ。 横浜FMでは、20日に選手2名、22日に選手1名が陽性判定となっており、これで合計5人の選手が陽性判定を受けたことになった。 なお、25日にクラブの53名にPCR検査を実施し、全員が陰性になったとのこと。濃厚接触者もいない。 横浜FMは「ファン・サポーターの皆さま、クラブをご支援いただいている皆さま、キャンプにて利用させていただいている施設に従事されている方々。そして、チームを受け入れてくださっている宮崎県、宮崎市の皆さまにご心配をおかけしていることを心よりお詫びするとともに、ご理解、ご協力をいただいていることに深く感謝をいたします。引き続き細心の注意をはらい、関係各所の指導、ご協力のもと、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、活動内容やスケジュール調整をしてチーム活動を実施いたします」とコメントしている。 2022.01.26 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

サンペールは卓球のセンスも五輪レベル? 菊池流帆を手玉に取り「個人レッスンしてあげるよ」

ヴィッセル神戸のセルジ・サンペールが意外な特技を披露した。 DFトーマス・フェルマーレンやFWドウグラスらがチームを去り、新たに日本代表経験を持つDF槙野智章やMF扇原貴宏が加入した神戸。今季はAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)も控えており、タイトル獲得に意欲を示している。 24日からは和歌山県でキャンプを行っている神戸だが、サンペールの新たな特技が発覚した模様。公式ツイッターは「卓球が異常に強いサンペール選手です」と紹介している。 トレーニングの合間にレクリエーションの一環で行われたであろう卓球。サンペールはDF菊池流帆の挑戦を受けた。 結果はサンペールの圧勝だった。隅をつくフォアハンドに、何故か両手持ちでの力強いバックハンド。リターンは低い弾道でネットの上部ギリギリを超えるものばかり。完勝を収めたサンペールは「Champion」と誇らしげだ。 敗れた菊地は「強すぎてセルジこれオリンピック出れるぞ」と称えれば、サンペールは「明日無料で個人レッスンしてあげるよ」と上機嫌で返信。ファンからも「つえええ!」、「上手すぎます」、「強すぎて笑ってしまった」、「テニスの打ち方やけど、フォーム自体が凄くキレイ」などの声が寄せられている。 サンペールの兄、ジョルディ・サンペールはテニスプレーヤーとして活躍しており、打ち方がテニス風なのはその影響もあるだろうか。ただ、それでもうまいのレベルが1つ違うサンペールには、ファンもチームメイトも脱帽するしかなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】卓球が異常に強いサンペール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">卓球が異常に強いサンペール選手です。<a href="https://twitter.com/SergiSamper?ref_src=twsrc%5Etfw">@SergiSamper</a> shows his strength in ping pong! <a href="https://twitter.com/hashtag/visselkobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#visselkobe</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴィッセル神戸</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#和歌山キャンプ</a> <a href="https://t.co/PdOZ0hl7gg">pic.twitter.com/PdOZ0hl7gg</a></p>&mdash; ヴィッセル神戸 (@visselkobe) <a href="https://twitter.com/visselkobe/status/1485589630422446080?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.26 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

平愛梨が夫・日本代表DF長友佑都との微笑ましいおにぎりエピソードを明かす、手書きのメモには「ブッハハハハハハ」

FC東京の日本代表DF長友佑都と妻であるタレントの平愛梨さんの、おにぎりを巡るエピソードが話題となっている。 年明けから練習のために朝早く出発する長友へ、移動中の車でも食べられるようにとおにぎりを用意した平さん。朝方5時にご飯を炊き、作り置いているとのことだ。 ある日、朝の準備時間に余裕があったのか、車ではなく自宅でおにぎりを食した長友は、用意されたおにぎりが夜の残りものだと勘違い。 自分が起床するより前に妻が起きて下準備をしているとは思わなかったようで、平さんも「オーマイガー!私は耳を疑った!」と驚いた模様だ。 だが、平さんは怒るようなことはせず、代わりにおにぎりの脇に作った時間を書いたメモを添付することにしたようだ。 「おはよう!おかか梅おにぎり、本日AM6:10に作りました(笑)ブッハハハハハハ」 すると、さすがに長友も気付いた様子。出発の際には、次のような言葉を平さんにかけたとのことだ。 「朝6時すぎからおにぎりありがとう」 わかりやすい夫の反応に平さんも大笑いだ。「見送った後、大声で笑ったよ、素直かッ」とのコメントを残している。 包容力を見せた平さんにはファンも様々なリアクションを見せた。インターネット上には「私ならイラッとくるところなのに」、「あいりちゃん優しい〜」、「長友さんが面白いのか、あいりちゃんが面白いのか笑」、「作った時間書くの最高」などのコメントが届けられることとなった。 1月27日、2月1日にホームで行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーにも選出されている長友。代表キャップが100を超えるベテランも、妻の前では形無しだったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】平愛梨が長友佑都のため、おにぎりに添えたメモ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平愛梨オフィシャル(@harikiri_tairi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.25 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「兄貴の帰りを待つ3人」沖縄キャンプ中のFC東京、仲良しブラジル人カルテットの一幕を公開

FC東京の助っ人ブラジル人たちが変わらずの仲の良さを披露した。 昨季のリーグ戦ではFWディエゴ・オリヴェイラ、FWアダイウトン、MFレアンドロの3人で、チーム総得点49のうち29点をたたき出したFC東京。今季は守備の要としてDFエンリケ・トレヴィザンも加わり、ブラジル人トリオならぬ、ブラジル人カルテットとして活躍が期待される。 現在、沖縄県でキャンプ中のFC東京は、その中の1コマを公式インスタグラムで公開。「兄貴の帰りを待つ3人」題した動画を投稿した。 シュート練習を終えてベンチへと戻るディエゴ・オリヴェイラ。その"兄貴"を3人がハイタッチで迎えるという微笑ましい構図からは、新加入のエンリケ・トレヴィザンもすっかりとチームへ溶け込んでいる様子が伺える。 FW田川亨介やDF渡辺剛は海外へ移籍し、大物ルーキーMF松木玖生が加入したFC東京。アルベル・プッチ・オルトネダ新監督の下、ポゼッションサッカーに舵を切るなど変革が進む中で、ブラジル人カルテットはどのような形でチームに貢献できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京プレゼンツ「兄貴の帰りを待つ3人」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2022%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2022沖縄キャンプ</a> <br><br>先に練習を終えるも兄貴を待つ3人<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ディエゴオリヴェイラ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アダイウトン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#レアンドロ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エンリケトレヴィザン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/rQaZndLOeZ">https://t.co/rQaZndLOeZ</a> <a href="https://t.co/mClmH0V2V2">pic.twitter.com/mClmH0V2V2</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #LIFEwithFCTOKYO (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1485603886299680768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「襟付き良ぃなぁ」磐田のアドミラル練習試合用ユニがシンプルでかっこいいと好評「このユニも発売して欲しい」

ジュビロ磐田の練習試合用ユニフォームのデザインに多くの注目が集まっているようだ。 48年間続いたプーマとのサプライヤー契約を満了し、今季からは新たに豊田通商が展開するスポーツブランド『Admiral(アドミラル)』とサプライヤー契約を結んだ磐田。すでに発表されている80年代のイングランド代表モデルをモチーフとした今季の新ユニフォームも高い評価を得ており、アドミラルのロゴが『ミツカン』とも重なることもが各地で反響を呼んでいた。 磐田は3シーズンぶりのJ1での戦いに向け、現在は鹿児島でキャンプ中。公式ツイッターがいわてグルージャ盛岡との練習試合の様子を「今日は新しい#Admiralの練習試合用ユニフォームを着用しました」とのコメントとともに公開すると、このユニフォームにもファンからの歓喜の声が集まった。 「かっこ良すぎる」、「襟付き良ぃなぁ」、「このユニも発売して欲しいです」、「admiralのウェアいちいちかっこいいしその度にオレの中でミツカンの株が上がっている」、「ネイビーバージョンもあるのかな?」などのコメントが多数寄せられた。 ロゴが似ていることから味ぽんなどで知られる『ミツカン』との関係も話題の磐田。新たなサプライヤー『Admiral』の淡いサックスブルーの襟付きでシンプルなデザインは、かなり高い評価を得たようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】話題沸騰!磐田×アドミラルの練習試合用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ジュビロ磐田(@jubiloiwata.official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.25 18:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly