補償金問題で争う名古屋とジョー、CASの判決には最大8カ月を要する可能性

2021.12.03 20:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつて所属した名古屋グランパスと補償金問題で争っているコリンチャンスの元ブラジル代表FWジョーだが、弁護を表明した。ブラジル『グローボ』が伝えた。

2018年に名古屋グランパスへと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。

そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍。しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFA(国際サッカー連盟)の選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、昨年11月にコリンチャンスとジョーが340万ドル(約3億8500万円)を支払うという裁定が下されていた。

この決定に対してジョーとコリンチャンスは支払う気がないことを主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴していたが、その審理が今週開催され、そこでもコリンチャンスとジョーは法的闘争について弁明を行っていた。

ジョーの弁護人であるブレノ・タンヌリ氏は「非常に難しいケースなので、結果を待つ必要がある。我々は、自分の防衛手段を提示し、相手も同様に提示するだろう。この決定が発表されるまでには、最大で8カ月かかるかもしれない」とコメント。判決が出るまで時間がかかるだろうという見方をしている。

また、スポーツ法を専門とするクリスティアーノ・カウス弁護士は「FIFAの決定を保つという傾向があるが、ルールではない。しかし、CASがFIFAの処分を維持し、罰則の一部を取り上げる可能性もある。プロセスの中にはいくつかの計算があり、最終的な結論は変わる可能性がある」と語り、最終判決がどうなるかは読めないようだ。


関連ニュース
thumb

日本代表、ケガの冨安健洋に代わり、名古屋DF中谷進之介を追加招集

名古屋グランパスは23日、DF中谷進之介が日本代表に追加招集されたことを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が控える日本代表は、今月27日に中国代表と、2月1日にサウジアラビア代表と戦う。22日にその2試合に向けたメンバー23名が発表されたが、DF冨安健洋(アーセナル)がケガのため招集を辞退。代わりに中谷が追加で招集された。 中谷はクラブ公式サイトを通じて「日本のワールドカップ出場のために全力で頑張ってきます。応援よろしくお願いします」とコメント。同選手は昨年3月のモンゴル代表戦で日本代表デビューを果たし、これまで3試合に出場している。 また、昨季はクラブで37試合2ゴールの活躍を残した25歳は、今年1月に行われた国内組による代表キャンプのメンバーにも選ばれていた。 今回の日本代表は、キャプテンを務めるDF吉田麻也もケガで招集を見送られており、守備ラインに不安を抱えて試合に臨むことになる。 2022.01.23 17:52 Sun
twitterfacebook
thumb

「声出して笑った」名古屋DF吉田豊のハイクオリティーな“変顔連発”に脚光「「他の追随を全く許さない」

名古屋グランパスは選手たちの宣材写真を撮影。DF吉田豊の全力の変顔が注目を集めている。 昨季のルヴァンカップを制したものの、マッシモ・フィッカデンティ体制に終止符を打った名古屋。長谷川健太監督の下ですでにシーズンを始動している。 開幕を前に、クラブは選手たちの宣材写真を撮影。その中でスタッフが「最後にポーズを」とお願いしたところ、例年通り吉田が全力で応じた。 吉田は、お笑い芸人『オードリー』の春日俊彰の鬼瓦を彷彿とさせるような変顔など、クオリティの高いポーズを次々と披露。撮影スタッフも「ひどいひどい(笑)」、「めちゃめちゃあるやん」と思わずツッコんでしまうほどのものだった。 名古屋が公式ツイッターで4つのポーズを厳選すると、ファンも「好きすぎる」、「他の追随を全く許さない」、「鳥栖にいた時よりも変顔のクオリティ上がってる」、「声出して笑った」と笑いをこらえきれなかったようだ。 ピッチの上では、名古屋の左サイドバックとして大車輪の働きを見せる吉田だが、開幕前から完璧な仕事を果たしている。 <span class="paragraph-title">【写真】鬼瓦も!吉田豊の厳選変顔4選</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%B1%8A%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%92%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田豊最後にポーズを総選挙2022</a><br><br>ノミネートポーズはこの4つ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%B1%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田豊</a> 選手のリクエストで、今年のポーズを選ぶのはファミリーの皆さんです<br><br>コメント欄より投票お願いします<a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/JNDlcL4qMw">pic.twitter.com/JNDlcL4qMw</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1484102448155295747?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.21 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「チャンスではある」名古屋DF中谷進之介、日本代表入りでの変化は「スタンダードは変わった」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、名古屋グランパスのDF中谷進之介がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 2021年6月以来の招集となった中谷。今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)が負傷で招集外になることが確実視されており、CBとしては出番が訪れるチャンスでもある。 「麻也くんがケガをしてチャンスではあるので、しっかりアピールして次のメンバーに残りたいと思います」と語った中谷。W杯へ向けたサバイバルとなる1年が始まったが「僕自身の立場でW杯というのは言いづらい立場ですが、グランパスで良い結果、良い状態にして、チャンスが来たときに掴みたいと思うので、結果を残し続けることは意識したいです」と、しっかり日頃のプレーを見せることでチャンスを掴みたいとした。 2021シーズンは守備の要として明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2得点を記録した。名古屋と代表の違いについては「ある程度アグレッシブ前から行くことは求められています。CBの守る範囲が広いので、先手先手、先を読みながらプレーすることが大事かなと思います」と、代表では予測が大事だと語った。また「(森保一)監督は攻撃の第一歩としてGKからと言っていて、CBから良いパスを出せればと思います。広い視野を持って良いパスを出せればと思います」と、攻撃面でも貢献していきたいとした。 久々の代表招集での心境の変化については「初めての練習で最初のゲームが一番大変だったと話していました。初招集などのプレッシャーがあったと思います。それがなくなったのは変わったところで、変な感じ方はしなくなったと思います」と、3度目の招集で少しは馴染んできたと感じているようだ。 その代表で感じたことで1年間の過ごし方は変わったと言い「1回代表に入って、そこから期間が空きましたが、入ると残り続けたいと思いますし、基準が代表の基準を自分でも求めるようになるので、意識からくる自分に求めるスタンダードは変わったと思います」と、高いレベルを意識して日頃からプレーしていたようだ。 その中谷だが、最終予選を戦うにはこのトレーニングキャンプでのアピールが重要となる。「チャンスですし、CBの絶対的なレギュラーがいないということで、そこに残っていくことが大事ですし、酒井(宏樹)くんや偉大な先輩方と一緒に戦うために、プレッシャーも感じたいですし、頑張っていきたいです」とコメント。今回に懸ける想いはかなり強いようだ。 自身のストロングポイントについては「安定したプレーができるということは1つ強みかなと思います。対人で勝てるとかは日本人としては難しいので、安定したプレーを90分続けられることは勝てると思います」とコメント。バランスの取り方などを意識していきたいと語った。 2022.01.19 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「ボランチで得点を取れる」8ゴールと充実したシーズンを終え、日本代表に戻った名古屋MF稲垣祥「チャンスを掴めるかどうか」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日にスタート。国内組の選手たちが一堂に会して、月末に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ準備をスタートさせた。 合宿初日からハーフコートでの11vs11を行うなど、強度の高いトレーニングを実施した日本代表。W杯イヤーになったということもあり、熱が帯びており、選手たちもしっかりとオフの期間でもトレーニングを積んできたことを見せた。 キャンプ2日を前に、名古屋グランパスのMF稲垣祥がメディアのオンライン取材に応対した。 初招集を受けた2021年3月以来の招集となった稲垣。久々に再び代表に招集された。 これまでのW杯予選については「ちょっとは身近になったかなという感じで、入る前より親近感湧きながら見ていました」とコメント。「ただ、そこまで見方は変わらないで、いちファンとして見ていました」と、チームの一員という意識よりは外の人間という意識の方がまだ強いようだ。 このおよそ1年の間に代表の状況も変化。直近の試合は[4-3-3]となり、アンカーとインサイドハーフ2枚という構成になっている。 中盤の選手たちについて稲垣は「中盤は良い選手が揃っていると思いますし、海外で活躍している選手もそれぞれ能力が高くて、自分自身も参考にしながら見させてもらっています」と、盗めるところを盗むつもりがあるという。 仲間を評価している稲垣だが、自身も生き残るつもりは当然ある。「もちろん自信はありますし、自分自身にしかできないプレー、今まで代表で選ばれているボランチの選手と違うところでの価値を出せる気持ちもあります」とコメント。「ただ評価してくれとは思っていないですが、自分の中で胸に秘めながらプレーし、普段過ごしています」と、ストロングポイントを出していけるようにしたいとした。 その点では、稲垣は1シーズンしっかりとリーグ戦を戦い、チームトップの8ゴールを記録。ベストイレブンにも初選出されるなど、充実したシーズンを送っていた。 その点は武器だと語り「ボランチで得点を取れるというところは1つ武器だと思いますし、それを証明できた昨シーズンだと思うので、そこの存在感は出して行きたいと思います」とコメント。「生き残るにはそこの存在感は必要だろうなと思います」と、他の選手以上にゴールを生み出せる部分は強みにしているようだ。 今回の日本代表では、ケガ人も多く出ており、招集できない選手も多い状況だ。その点ではチャンスを生かすこともできる稲垣。「代表にとってはケガ人が多く出ていることは良くないことだと思いますし、W杯予選を勝っていくところでは少しネガティブなところはあると思いますが、それ以外の選手、自分を含めた選手は、ポロっと溢れてくるチャンスを掴めるかどうかで、選手の価値が大きく変わると思います」とコメント。「僕もそうですが、他の選手たちも気運はあると思うので、この合宿でみんなで高めてやっていきたいと思います」と、このチャンスをしっかりと生かしていきたいと語った。 2022.01.18 21:43 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋退団のガブリエル・シャビエル、札幌へ完全移籍!背番号はチャナティップの18番

北海道コンサドーレ札幌は17日、FWガブリエル・シャビエル(28)が完全移籍加入することを発表した。背番号は18番となる。 2017年7月にクルゼイロからレンタル移籍で名古屋へと加入し、初来日したガブリエル・シャビエル。当時J2に所属していた名古屋では16試合に出場し7ゴール15アシストと攻撃面で大きな力となり昇格に貢献すると、翌年のJ1でも29試合6ゴール11アシストの結果を残し、2019年1月に完全移籍を果たした。 その後も攻撃のアクセントをつける活躍を見せ、2021年は公式戦23試合に出場。通算では公式戦通算133試合に出場し22ゴールを記録した。その功績から、昨季の最終節となった浦和レッズ戦後にはお別れセレモニーが実施された。 そして、新天地は札幌に決定。クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「このクラブでプレーする機会をいただきとても嬉しく思うと同時にモチベーション高くなっております。新しいチームメイトに慣れて早くチーム戦術に適応出来るように一生懸命頑張ります」 「そしてチームがタイトル争い出来るように最善を尽くし、ファンに喜びを与えたいと思っています!よろしくお願いします」 2022.01.17 18:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly