柴崎ら主力温存のレガネスが2回戦進出! プリメーラ勢も順当に突破《コパ・デル・レイ》

2021.12.03 08:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ(国王杯)1回戦がスペイン各地で行われた。MF柴崎岳の所属するレガネス(2部)は2日、4部に所属するヘレス・デポルティボと対戦し、2-1のスコアで2回戦進出を決めた。なお、柴崎はベンチ外となっている。

リーグ戦を最優先とするレガネスは、この試合に柴崎やアルナイス、レシオといったセグンダ・ディビシオンで主力を務めるメンバーを揃って温存。控え主体の布陣で臨んだ中、前半アディショナルタイムにナイム・ガルシアのゴールで先制に成功。その後、後半立ち上がりにPKで1点を返されると、ここから膠着状態に持ち込まれる。それでも、一部主力を投入した試合終盤の87分にドゥクレのゴールで勝ち越しに成功し、90分間の戦いで決着を付けた。

2日に行われたその他の試合ではレバンテやカディス、バレンシアといったプリメーラ勢がいずれも大勝を飾った一方、リーグ戦で上位に付けるラージョ・バジェカーノは5部の岐ギフエロ相手に辛くもPK戦を制しての薄氷の勝ち抜けとなっていた。

◆コパ・デル・レイ1回戦 結果
▽12/2(木)
メリリャ(6) 0-8 レバンテ
サン・アグスティン(6) 0-4 オサスナ
ギフエロ(5) 1-1(PK:3-4) ラージョ・バジェカーノ
ゲルニカ(4) 1-2 エイバル(2)
ウトリリャス(6) 0-3 バレンシア
ペーニャ・スポルト(4) 0-3 マラガ(2)
レイオア(4) 0-2 エルチェ
カルボ・ソテロ(4) 1-5 ジローナ(2)
ベレス(4) 2-3 ラス・パルマス(2)
クリスト・アトレチコ(4) 2-0 レアル・ウニオン(3)
アトレチコ・プルピレニョ(4) 0-1 カステリョン(3)
リャネラ(4) 2-1 ログロニェス(3)
ウニオン・アダルヴェ(4) 2-2(PK:3-4) ルーゴ(2)
エルデンセ(4) 0-1 ラージョ・マハダオンダ(3)
ヘレス(4) 1-2 レガネス(2)
ビラ・デ・フォルトゥナ(6) 0-7 カディス
イビサ(4) 1-2 テネリフェ(2)

▽11/30(火)
カヨン(4) 0-2 ウエスカ(2)
マルチャマロ(4) 0-1 バジャドリー(2)
ナシャラ(4) 0-1 アンドラ(3)
ビトリア(6) 0-8 ビジャレアル
ラグーナ(6) 0-7 グラナダ
ウナミ(6) 0-3 アラベス
テルエル(4) 0-1 アルコルコン(2)
セアレス(4) 0-1 スポルティング・ヒホン(2)
ラシン・リオハ(4) 0-2 カルタヘナ(2)
アトレティコ・サンルケーニョ(3) 2-0 サバデル(3)
モリェルッサ(6) 1-5 ヘタフェ
エブロ(4) 0-5 セルタ
モンティホ(4) 0-1 ブルゴス(2)
アギラス(4) 1-1(PK:3-5) アルメリア(2)
アルバセテ(3) 2-1 ラシン・フェロル(3)
バダホス(3) 0-3 アルコヤーノ(3)

▽12/1(水)
メンサヘロ(4) 0-1 サラゴサ(2)
ベルガンティニョス(4) 2-0 トゥデラノ(3)
ソラレス(4) 2-3 エスパニョール
コルドバ(6) 0-1 セビージャ
ヒムナスティカ・セゴビアーニャ(4) 0-2 マジョルカ
ブレア(4) 0-2 イビサ(2)
アルヘシラス(3) 1-2 ウニオニスタス(3)
アルジーラ(4) 0-1 フエンラブラダ(2)
サン・フアン(4) 1-2 サンセ(3)
アンドラッチ(4) 2-1 オビエド(2)
マンチャ・レアル(4) 2-1 DUXインテルナシオナル(3)
ムルシア(3) 3-4 デポルティーボ(3)
タラベラ(3) 2-0 コルネジャ(3)
カセレーニョ(4) 1-2 ポンフェッラディーナ(2)
エウロパ(4) 0-1 アモレビエタ(2)
アレンテイロ(4) 2-1 ログロニェス(3)
カラオラ(3) 1-1(PK:4-5) アトレチコ・バレアレス(3)
エストレマドゥーラ(3) 1-4 サモラ(3)
リナレス(3) 0-0(PK:6-5) ヒムナスティック・タラゴナ(3)
サンフェルナンド(3) 2-3 レオネサ(3)
アリカンテ(6) 0-4 ベティス
パナデリア・プリド(4) 0-4 ソシエダ
サン・ロケ・デ・レペ(4) 0-3 ミランデス(2)

※数字は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

2日間に渡るダービー制したベティスが8強進出! 相手サポ愚行でジョルダン負傷のセビージャは勇敢に戦うも敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが16日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-1で逆転勝利したベティスが準々決勝進出を果たした。 リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービー。 敗れたラ・リーガの前回対戦からのリベンジを狙うホームのベティスは、直近のリーグ戦から先発2人の変更に留め、カナレスやフェキル、ギド・ロドリゲス、フアンミら主力を起用した。 一方、ダービー連勝を狙うセビージャだが、アフリカ・ネーションズカップ参戦中の守護神ブヌやエン=ネシリ、ムニルに加え、フェルナンド、セカンドGKドミトロビッチが直前のケガで欠場となり、この試合では若手GKアルフォンソ・パストール、グデリ、レキクらを代役に起用。その一方で、ポルトから加入したヘスス・コロナが早速ベンチ入りを果たした。 ホームで敗れた前回対戦のリベンジを期すベティスが押し込む入りを見せると、開始9分にセットプレーから続けてチャンスが訪れる。左CKの場面でキッカーのフェキルが左足アウトスウィングのクロスを入れると、競り勝ったペッセーラがドンピシャのヘディングシュート。だが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このこぼれに反応したエドガル・ゴンサレスが豪快なオーバーヘッドシュートを放つが、DFグデリの頭に当たったボールはわずかにクロスバーの上を越えた。 開始早々の先制点とはならなかったが、以降も球際の勝負で上回るホームチームが優勢に試合を進め、ギド・ロドリゲスの強烈なミドルシュートなどで相手ゴールに迫る。 だが、前回対戦同様に勝負所を見極めるアウェイのセビージャがワンチャンスを生かして先制点を奪った。35分、相手陣内右サイドでのスローインの流れからオリベル・トーレスが一度ボールを失うもアレックス・モレノから奪い返し、深い位置からマイナスの折り返しを供給。これをペナルティアーク付近に走り込んだパプ・ゴメスが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右下隅へ突き刺した。 良い流れを生かせずにビハインドを背負ったベティスだが、すぐさま追いつく。39分、右CKの場面でキッカーのフェキルが左足インスウィングのボールで直接ゴールを狙うと、ダービー初出場で若さが出たか、前目のポジションを取っていたGKパストールの頭上を越えたボールがそのままファーポストに決まった。 すぐさま1-1のイーブンに戻った試合はここから更なるエキサイティングな攻防を期待させたが、フェキルのゴール直後にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行が試合に水を差す。ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。 その後、スペインサッカー連盟(RFEF)や両クラブは同日中の再開を目指したが、安全面の確保が困難との判断で翌日に無観客開催の形での試合再開を決断した。 1-1のイーブンでの仕切り直しでの開催となった試合は、ベティスが負傷のベジェリンに代えてサバリを起用し、セビージャは前日の事件の被害者で頭部に外傷を負ったジョルダンがメンバー外となったことからグデリと共にクンデとアクーニャに入れ替え、並びを[5-3-2]の形で再スタートした。 前日の熱狂の雰囲気から打って変わって無観客での16時開催となった試合は、ややベティスが優勢に試合を運んだものの、アディショナルタイムを含めた10分強の前半は1-1のイーブンのまま終了した。 後半は一進一退の攻防が続く中、前日の試合と同様にベティスがより効果的な攻めでフィニッシュの数を増やしていく。すると73分、ウィルアム・カルヴァーリョからの浮き球のフィードに反応したカナレスがボックス右に侵入。左足を振り抜くと、GKパストールの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 ついに逆転を許したセビージャはすでに投入していたヘスス・コロナに続き、レキク、モンティエルとDFを削ってイバン・ロメロ、サルサナとカンテラーノを続けてピッチへ投入。ここからリスクを冒して攻めに出る。 試合終盤の88分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのアクーニャの正確なクロスをファーで競り勝ったクンデが頭で合わすが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2日間に渡った異例のダービーを制したベティスが2-1の逆転勝利で準々決勝進出を決めた。一方、ジョルダンの投擲被害やRFEFの非情な翌日再開という決断という逆境に晒された中、最後まで勇敢に戦ったセビージャだが、無念の敗退となった。 また、4回戦のその他の試合ではラージョ・バジェカーノがジローナ(2部)に2-1、バレンシアがアトレティコ・バレアレス(3部)に1-0のスコアで順当に勝利。その一方、カディスはスポルティング・ヒホン(2部)相手に0-0のスコアで120分の戦いを終えたものの、PK戦を4-2で制し、プリメーラ勢の意地を見せてベスト8進出を果たしている。 2022.01.17 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがコパのベティス戦プレーを宣言! RFEFの決定に憤るも翌日開催を受け入れ

セビージャは16日、現地時間16時(日本時間24時)に無観客で再開されることになったコパ・デル・レイ4回戦、ベティス戦をプレーする決断を下した。 15日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われたセビージャ・ダービーは、1-1のイーブンで迎えた39分にベティスゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョアン・ジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合中止を宣告した。 その後、スペインサッカー連盟(RFEF)は翌16日の現地時間16時に無観客での試合再開を決定していた。 これに対して、ベティスは早々に開催を支持。一方、セビージャは試合数時間前の段階でも沈黙を貫いてきたが、直前に公式声明を発表。翌日の試合開催という決定に真っ向から反対姿勢を示した一方、コパ・デル・レイ、セビージャの街、自らの価値観を尊重し、責任をもって、懲罰機関の決定に従うとともに、スポーツの利益を守るため、試合開催に応じることを宣言した。 なお、セビージャの声明によると、脳震とうの疑いがあり、スタジアム近くの病院に緊急搬送されたジョルダンに関して、脳震とうの症状は確認されなかったが、頭部の外傷によって24時間の経過観察を余儀なくされている。 そのため、試合翌日の起用が不可能であることを理由に、セビージャはRFEFの前述の決定に異議申し立てを行った。その申し立てに対して、3人のメンバーで構成される上訴委員会は、1人がセビージャの訴えを支持したものの、残りの2人が棄権したため最終的に上訴が却下されていた。 そして、試合に応じない場合、不戦敗となる可能性が濃厚なため、セビージャは前述の決定に対する不満を飲み込む形で試合開催に応じる決断を下した。 「セビージャFCは、コパ・デル・レイ、セビージャの街、そして自らの価値観を尊重し、責任をもって、懲罰機関の決定に従うとともに、スポーツの利益を守ります」 「セビージャFCは、レアル・ベティスとのカップ戦ラウンド16を16:00にホームチームのグラウンドで非公開で再開するという決定に対して、全く同意できないことを表明したい」 「試合は昨晩の前半39分、スタンドから投げられた物がジョアン・ジョルダンの頭に当たり、キロンサルド病院で治療を受けることになったため中断されました」 「セビージャFCは、日曜日の早朝に行われた単独競技審判員の決定に対して、今朝、スペインサッカー連盟の上訴委員会に上訴し、決定の取り消しを求めました。クラブは声明文の中で、もし今日試合が再開された場合、ジョアン・ジョルダンが医師の監視下に置かれなければならないため、暴行を受けたプレーヤーをあてにすることはできないだろうと主張しました。3人のメンバーで構成される上訴委員会は、3人のメンバーのうち1人がその申し立てに賛成し、他の2人が棄権したため、我々の上訴は却下されました」 「当クラブは、このような状況において、チーム自身とともに被害者であるジョアン・ジョルダンへのサポートを改めて表明したいと思います。ジョルダンは今日、医師の診断により試合に出場できないため、さらなる被害者となっています。我々は、スポーツ競技のあるべき姿に則って、少なくとも攻撃を受けたプレーヤーがプレーできる日を後日探すことが、賢明かつ公正な行動であると考えています」 「しかしながら、セビージャFCは、コパ・デル・レイという大会、セビージャという街、そして自らの価値観を尊重し、責任を持って懲罰機関の決定に従い、スポーツの利益を守るためにベニート・ビジャマリンに出向き、ファンのために準々決勝への出場権を得るべく努力します」 「最後に、セビージャFCは、すべての関係者がこの機会に立ち上がり、この試合に最大限の敬意が払われ、完全に正常な雰囲気で行われることを保証しなければならないと考えています」 セビージャの今回の主張は至極当然のものであり、非難されるべきは愚行を犯した当該サポーターと、諸々のしがらみによって非情な決断を下したRFEFだ。 強い憤りを抱えながらも最終的に事件翌日の試合再開を受け入れたセビージャの姿勢は称賛されるべきものだ。 2022.01.16 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

コパのセビージャダービーは16日24時に無観客で再開へ! ただ、セビージャの延期希望により開催は不透明

15日に試合途中の中止がアナウンスされたコパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが現地時間16日16時(日本時間16日24時)に無観客で再開されることになった。スペインサッカー連盟(RFEF)が発表した。   リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービーは、1-1のイーブンに戻った直後の39分にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行によって開催中止という緊急事態を招いた。 ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョアン・ジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。   その後、試合は数十分間の中断に入り、当初は再開の可能性もあったが、REFEは安全面の確保が困難だと判断し、試合中止を決断した。   なお、脳震とうの疑いがあったジョルダンはすぐさまスタジアム近くの病院に緊急搬送されると、脳震とうの症状は確認されなかったが、頭部の外傷によって24時間の経過観察を余儀なくされている。 なお、ホームチームのベティスは16日の試合開催を支持しているが、セビージャは試合前数時間の段階でいかなるリアクションも示していない。 現地メディアによると、セビージャサイドはRFEFに対して、延期を求めているとの報道もあり、実際に今回の日程で試合が開催されるかは不透明な状況だ。 2022.01.16 21:52 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英が圧巻の直接FK弾で今季公式戦2点目! エスパニョール撃破のマジョルカがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、マジョルカvsエスパニョールが15日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、2-1で勝利したホームのマジョルカが準々決勝進出を決めた。なお、マジョルカのMF久保建英は83分までプレーし、先制点を記録した。   共に昨シーズンまで在籍していたセグンダ勢との3回戦を競り勝ってベスト16進出を決めたプリメーラ昇格組による、準々決勝進出を懸けた一戦。   直近のレバンテ戦で0-2の敗戦を喫するなど、リーグ戦3連敗中と苦境のマジョルカは、今後の戦いに弾みを付けるため昨季セグンダ王者相手の勝利を目指した。   久保が[4-4-2]の右サイドハーフで先発出場となったマジョルカは、立ち上がりから押し気味に試合を進めていくが、なかなかフィニッシュの数が増えていかない。逆に、エスパニョールの効率の良い攻めに晒されてラウール・デ・トーマスらにシュートまで持ち込まれるシーンが散見される。   以降は睨み合いの状況がしばらく続いたが、久保の左足が均衡を破った。32分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーの久保が左足を振り抜くと、3枚の壁の上をギリギリで越えた鋭いシュートがゴール右隅の完璧なコースに決まった。   久保のアトレティコ・マドリー戦以来となる今季公式戦2点目で先手を奪ったホームチームは、以降も優勢に試合を運び1点リードで前半を終えた。後半はデ・トーマスやケイディ・バレに際どいシーンを作られる一方、久保の仕掛けやセットプレーを起点に2点目に迫るマジョルカ。   すると60分、左CKの場面でセビージャが右足インスウィングで入れたクロスをゴール前のアブドンが後ろに戻りながらの見事なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込み、貴重な追加点を奪った。   これで一気にベスト8進出が近づいたマジョルカだったが、直後の62分には相手のFKの場面でペドロサが浮き球でゴール前に入れたボールをハビ・プアドにワントラップから冷静に流し込まれる。この場面ではリスタートが主審のホイッスルの前か後かという部分、張ピ・プアドの抜け出しがオフサイドかどうかという2点の確認にVARの介入が入ったが、数分間の確認後にゴールが支持された。   この失点によって再び試合の緊迫感が戻ってきた中、エスパニョールは攻撃的な交代策で同点を目指す。これに対してマジョルカはセビージャを下げてバッタリア、83分には久保、アブドンのスコアラー2人を含め一気に3枚の交代カードを切り、イ・ガンインやホッペの投入で逃げ切り態勢に入った。   その後、エスパニョールの決死のパワープレーを最後まで集中した守備で撥ね返し続けたマジョルカが2-1の勝利を収め、準々決勝進出を決めた。 2022.01.16 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ最年長出場記録更新のダニエウ・アウベス「幸せになるには時間を尊重する必要がある」

バルセロナに復帰したブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、時間の尊重を説いているようだ。 昨年11月に約5年半ぶりのバルセロナ復帰が決定したダニエウ・アウベス。 2022年の初戦となった5日のコパ・デル・レイ3回戦のリナレス戦で先発出場を果たし、2054日ぶりの復帰戦を飾っていた。 さらに、8日に行われたラ・リーガ第20節、アウェイでのグラナダ戦にも先発出場。これまでホセ・マヌエル・ピント氏が持っていたバルセロナの選手としてのリーグ戦最年長記録(38歳190日)を、38歳247日に塗り替えた。 グラナダ戦ではアシストまでも記録したダニエウ・アウベス。衰えないタフネスは、時間との向き合い方にあるようだ。 ダニエウ・アウベスは自身のインスタグラムで妻のジョアナ・サンツとのツーショットを披露。加えて、時間には敬意を払う必要があるとの言葉を添えた。 「幸せになるには、時間を尊重する必要がある。仕事の時間、家族との時間、魂を育む時間、そして幸せを育む時間。特に休息は大切だよ!」 復帰後数試合だが、すでに存在感を示しているダニエウ・アウベス。オンでもオフでも充実の時を過ごしているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ダニエウ・アウベスと妻のジョアナ・サンツとのツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYhJAzkK3Fb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYhJAzkK3Fb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYhJAzkK3Fb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dani Alves(@danialves)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.10 21:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly