スパーズがソンの高速カウンター弾などでブレントフォード撃破! ムラ戦の屈辱晴らすリーグ連勝に《プレミアリーグ》

2021.12.03 06:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第14節、トッテナムvsブレントフォードが2日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。

前々節のリーズ戦を逆転勝利で飾り、コンテ体制初のリーグ戦勝利を飾った7位のトッテナム(勝ち点19)。しかし、ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは格下ムラに屈辱の敗戦を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図るチームだったが、前節のバーンリー戦は大雪の影響で開催延期に。そして、12位のブレントフォード(勝ち点16)をホームに迎えた一戦で仕切り直しの勝利を目指した。コンテ監督はリーズ戦からタンガンガ、ウィンスクに代えてダビンソン・サンチェス、スキップを起用した以外同じメンバーを継続した。

立ち上がりから押し込む入りを見せたトッテナムは、開始6分にいきなり決定機を創出。ロングカウンターから中央でボールを運んだケインがボックス右に走り込むルーカス・モウラにラストパスを通すと、ルーカスが鋭い右足のシュートを枠に飛ばしたが、ここはGKフェルナンデスのワンハンドセーブに遭う。

それでも、サイドを起点に狙いを持った攻撃を続けるホームチームは12分、左CKの場面でショートコーナーから左サイド深くでソン・フンミンが上げたクロスにベン・デイビスが競ると、これが相手MFカノスのオウンゴールを誘った。

幸先よく先制に成功したトッテナムは、前に出てきた相手にボールを持たせながら狙いを持ったプレスでうまく中盤に守備の網をかけてボールを奪い、ケインを起点にカウンターを繰り出していく。前半半ば過ぎの36分には相手のスローインからボールを奪ってカウンターを繰り出すと、ボックス手前に持ち込んだソン・フンミンが強烈な左足のミドルシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれる。

その後もレギロンやルーカスの抜け出しから2点目に迫ったトッテナムだが、相手守備の最後の粘りに遭いゴールを奪い切るまでには至らず。それでも、概ね試合をコントロールした形で試合を折り返した。

後半も集中した入りを見せたトッテナムは続けて決定機を作り出していく。まずは50分、スキップが縦への持ち運びから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスを通す。だが、ケインはGKとの一対一でシュートを相手の身体に当ててしまう。さらに、直後のセットプレーの波状攻撃からケイン、ベン・デイビスの連続ヘディングシュート、54分にはケインのお膳立てからボックス左のホイビュルクにシュートチャンスも、ここも決め切れない。

時間の経過と共にブレントフォードがリスクを冒して前に出始め、トッテナムは少し受けに回る時間帯が続く。しかし、相手得意のロングスローにこそ手を焼くものの、流れの中では決定機を許さず。

すると、65分には前半から狙っていたカウンターの形から見事なゴールが生まれる。ダビンソン・サンチェスのクリアボールをハーフウェイライン付近のソン・フンミンがケインに短く落とすと、ケインは左サイドのスペースに走り込むレギロンへ絶妙なスルーパスを通す。そのままボックス付近まで運んだレギロンからの正確なグラウンダーのクロスを、ゴール前にドフリーで走り込んだソン・フンミンが右足ワンタッチで難なく流し込んだ。

この追加点によって余裕を持った試合運びが可能となったトッテナムは、攻撃的なカードを切ってきたアウェイチームの反撃を意識してか、77分にはルーカスを下げてウィンクス、83分にはエメルソンを下げてタンガンガと守備的な交代策で逃げ切り態勢に入る。

その後、トニーをターゲットとする相手のパワープレー気味の攻撃を身体を張った守備で撥ね返し続けたトッテナムがクリーンシートで試合を締めくくり、ムラ戦の失態を払しょくすると共にリーグ戦連勝を飾った。


関連ニュース
thumb

エリクセンがプレミア帰還へ? 来週中にも複数候補から新天地決断か…

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(29)が、プレミアリーグ帰還を果たす可能性が高まっているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留めて回復した。 その後、エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。以降は母国デンマークで家族と共に療養生活を送る傍ら、ユース時代に在籍した古巣オーデンセで個人トレーニングを実施。現在はスイス3部のFCキアッソでより実戦的なトレーニングを積んでいる。 また、先日に『DR』のインタビューで、「目標はカタールのワールドカップでプレーすること」、「身体に違和感はないし、自分の中では復帰できると確信している」と、キャリア続行の意思を改めて明言していた。 先日にインテルとの契約を解消し、ICD装着でのプレーが可能なリーグへの移籍を検討しているエリクセンは、トッテナム時代に7年間プレーしたプレミアリーグ帰還を優先事項としているという。 『タイムズ』によると、すでに複数のクラブからオファーが舞い込んでいるとされるデンマーク代表MFは、来週中にも新天地を決定する可能性があるという。 現時点で移籍先は不明だが、古巣でありインテル時代に指導を受けていたアントニオ・コンテ監督が率いるトッテナムは、先日にイタリア人指揮官が「ドアは開かれている」とも語っており、確実に候補のひとつとなるはずだ。 2022.01.16 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが物議醸すNLダービー延期に怒りの声明 「申請が承認されたことに非常に驚いている」

トッテナムが16日にホームで開催予定だったプレミアリーグ第22節のアーセナル戦の開催延期を受け、怒りの公式声明を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を申請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその申請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由は、クラブのマネジメントの問題による部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の申請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも申請を受け入れる決断を下した。 この物議を醸す決定を受け、コロナ禍において開催延期を申請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至と見られていた。 そういった中、試合前日のタイミングで急遽延期を強いられたトッテナムは、今回のプレミアリーグの決定に対して怒りの声明を発表した。 「日曜日のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは、残念ながら延期となりましたのでお知らせします」 「これは、アーセナルがプレミアリーグに対して、新型コロナウイルス、既存および最近の負傷、アフリカ・ネーションズカップで国際任務に就いているプレーヤーなどの組み合わせで延期を申請したことを受けたものです」 「我々は、この申請が承認されたことに非常に驚いています」 「我々自身は、コロナウイルス陽性者の人数が多いため試合の日程を変更する必要が生じ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグから敗退となりました。その際、レスターとの対戦を変更するための申請は承認されず、その後レスターの申請により延期されました」 「このガイダンスの本来の意図は、コロナウイルスのケースによって直接影響を受けたプレーヤーの出場機会に対処することであり、その結果、選手層が薄くなり、負傷者と合わせると、クラブがチームを編成できなくなることにあります」 「我々としてはコロナウイルスとは関係のないプレーヤーの可用性に対処することが意図されたとは考えていません」 「そして我々は今、このルールの意図しない結果を目の当たりにしているのかもしれません。このルールの適用について、明確さと一貫性を持たせることが重要です」 「またもや、我々のファンは容認できないほど短時間で計画が中断されるのを目の当たりにしています。また、容認できない廃棄物(フードロス)を出さないため、再び地元のフードバンクに食料を届けることにします。同時に遠方から来られるファンの方々には、本当に申し訳なく思っています」 2022.01.16 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、アーセナル要請受け入れ16日のトッテナムとのNLダービー延期を発表

プレミアリーグは15日、16日に開催予定だった第22節のトッテナムvsアーセナルの開催延期を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を要請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその要請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由はクラブのマネジメントによる部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の要請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも要請を受け入れる決断を下した。 現在、トッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグ敗退に伴い、両クラブは今後ヨーロッパコンペティションの戦いがなく、ミッドウィークに代替日程を組みやすい状況。 だが、コロナ禍において開催延期を要請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至だ。 2022.01.16 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー延期要請のアーセナル、“ご意見番”ネビル氏は反対「他のどのクラブの責任でもない」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、ノース・ロンドン・ダービー延期に反対した。イギリス『ミラー』が伝えている。 アーセナルでは先日から、新型コロナウイルス感染、負傷、そしてアフリカ・ネーションズリーグ参加といった理由から起用不可能な選手が続出。FWピエール=エメリク・オーバメヤンやMFブカヨ・サカ、MFマルティン・ウーデゴールといった主力を含む多数の選手がチームを離脱している。 これを受けてクラブは14日、翌日に開催予定のプレミアリーグ第22節トッテナム戦の延期を要請したと発表。リーグの規則ではフィールドプレーヤー13名+GK1名が出場可能な場合は試合を行わければならないが、アーセナルはそれを満たせていないと主張しているようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであり、引退後は解説者を務めるギャリー・ネビル氏もこの緊急事態に反応。選手が不足している状況の責任はアーセナルにあるという理由から、ダービー延期に反対した。 「フォラリン・バログンとエインズリー・メイトランド=ナイルズがレンタル移籍したことや、グラニト・シャカがレッドカードを貰ったこと。それらは他のどのクラブの責任でもない」 「試合を中止させるわけにはいかない。もし純粋にコロナによって10人から15人の選手が欠場するような特別な状況であれば、許されるだろうがね」 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、プレミアリーグは15日にもアーセナルの延期要請に回答すると見込まれているという。 2022.01.15 17:38 Sat
twitterfacebook
thumb

16日のノース・ロンドン・ダービー延期か…アーセナルが要請

16日のプレミアリーグ第22節で予定するトッテナムとアーセナルのノース・ロンドン・ダービーが延期される可能性が浮上している。 アーセナルは14日、開催延期を要請したと発表。新型コロナウイルス感染、負傷、そしてアフリカ・ネーションズリーグ参加により、起用可能な選手が不足しているためだという。 プレミアリーグの規則ではフィールドプレーヤー13名+GK1名が出場可能なら、試合を行わければならないが、アーセナルはそれを満たせないため、延期を要請したものとみられる。 アーセナルではMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペがアフリカ・ネーションズリーグ参加で離脱している。 そして、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレス、DFカラム・チェンバースが負傷。先のカラバオカップではMFグラニト・ジャカが一発退場となり、MFマルティン・ウーデゴールも病欠している。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、プレミアリーグは15日にもアーセナルの延期要請に回答すると見込まれているという。 2022.01.15 09:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly