スパーズがソンの高速カウンター弾などでブレントフォード撃破! ムラ戦の屈辱晴らすリーグ連勝に《プレミアリーグ》

2021.12.03 06:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第14節、トッテナムvsブレントフォードが2日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。

前々節のリーズ戦を逆転勝利で飾り、コンテ体制初のリーグ戦勝利を飾った7位のトッテナム(勝ち点19)。しかし、ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは格下ムラに屈辱の敗戦を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図るチームだったが、前節のバーンリー戦は大雪の影響で開催延期に。そして、12位のブレントフォード(勝ち点16)をホームに迎えた一戦で仕切り直しの勝利を目指した。コンテ監督はリーズ戦からタンガンガ、ウィンスクに代えてダビンソン・サンチェス、スキップを起用した以外同じメンバーを継続した。

立ち上がりから押し込む入りを見せたトッテナムは、開始6分にいきなり決定機を創出。ロングカウンターから中央でボールを運んだケインがボックス右に走り込むルーカス・モウラにラストパスを通すと、ルーカスが鋭い右足のシュートを枠に飛ばしたが、ここはGKフェルナンデスのワンハンドセーブに遭う。

それでも、サイドを起点に狙いを持った攻撃を続けるホームチームは12分、左CKの場面でショートコーナーから左サイド深くでソン・フンミンが上げたクロスにベン・デイビスが競ると、これが相手MFカノスのオウンゴールを誘った。

幸先よく先制に成功したトッテナムは、前に出てきた相手にボールを持たせながら狙いを持ったプレスでうまく中盤に守備の網をかけてボールを奪い、ケインを起点にカウンターを繰り出していく。前半半ば過ぎの36分には相手のスローインからボールを奪ってカウンターを繰り出すと、ボックス手前に持ち込んだソン・フンミンが強烈な左足のミドルシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれる。

その後もレギロンやルーカスの抜け出しから2点目に迫ったトッテナムだが、相手守備の最後の粘りに遭いゴールを奪い切るまでには至らず。それでも、概ね試合をコントロールした形で試合を折り返した。

後半も集中した入りを見せたトッテナムは続けて決定機を作り出していく。まずは50分、スキップが縦への持ち運びから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスを通す。だが、ケインはGKとの一対一でシュートを相手の身体に当ててしまう。さらに、直後のセットプレーの波状攻撃からケイン、ベン・デイビスの連続ヘディングシュート、54分にはケインのお膳立てからボックス左のホイビュルクにシュートチャンスも、ここも決め切れない。

時間の経過と共にブレントフォードがリスクを冒して前に出始め、トッテナムは少し受けに回る時間帯が続く。しかし、相手得意のロングスローにこそ手を焼くものの、流れの中では決定機を許さず。

すると、65分には前半から狙っていたカウンターの形から見事なゴールが生まれる。ダビンソン・サンチェスのクリアボールをハーフウェイライン付近のソン・フンミンがケインに短く落とすと、ケインは左サイドのスペースに走り込むレギロンへ絶妙なスルーパスを通す。そのままボックス付近まで運んだレギロンからの正確なグラウンダーのクロスを、ゴール前にドフリーで走り込んだソン・フンミンが右足ワンタッチで難なく流し込んだ。

この追加点によって余裕を持った試合運びが可能となったトッテナムは、攻撃的なカードを切ってきたアウェイチームの反撃を意識してか、77分にはルーカスを下げてウィンクス、83分にはエメルソンを下げてタンガンガと守備的な交代策で逃げ切り態勢に入る。

その後、トニーをターゲットとする相手のパワープレー気味の攻撃を身体を張った守備で撥ね返し続けたトッテナムがクリーンシートで試合を締めくくり、ムラ戦の失態を払しょくすると共にリーグ戦連勝を飾った。


関連ニュース
thumb

プレミアリーグ、コロナ禍における試合延期条件を変更

プレミアリーグが、コロナ禍における試合延期のレギュレーションを変更した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 現行のレギュレーションでは、ケガや代表招集などで最低13人の利用可能なフィールドプレイヤーとGKが用意できない場合、クラブは試合延期を要請することができる。 ただ、コロナ感染拡大に伴い、この条件に当てはまるケースが増え、今季はすでに22試合が延期されている。その中でアーセナルは、陽性者は1人だったものの、負傷やアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを延期にしていた。 延期には一部で一方的な決定に対する不満の声もあがっており、トッテナムもアーセナル戦の延期に怒りの声明を発表。同様の理由でレスター・シティ戦の延期を要請したものの非承認だったことを引き合いにし、ルールの明確さと一貫性が欠如していると主張していた。 そんな中プレミアリーグは26日、クラブ会合を行い、コロナ禍における試合延期の条件を変更することを決定。最低4人の感染者が確認されなければ、延期は認めないものとした。 この新レギュレーションは第24節から適用されるとのこと。リーグCEOのリチャード・マスターズ氏によれば、ルール改正は18クラブからの支持を得たようだ。 2022.01.27 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ体制のトッテナムで居場所失うデレ・アリ…プレミア複数クラブが獲得に関心か

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に対して、プレミアリーグの複数クラブが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 デレ・アリは2015年夏にMKドンズからトッテナムへ加入。マウリシオ・ポチェッティーノ現パリ・サンジェルマン(PSG)指揮官の下で主力に定着すると、これまで公式戦通算269試合に出場して67ゴール61アシストの成績を残している。 しかし、2019年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ現ローマ指揮官の下では徐々に出場機会が減少。今シーズンはヌーノ・エスピリト・サント前監督の下でこそ開幕スタメンに起用されるなど、やや立場を回復させたが、昨年11月にアントニオ・コンテ監督が新たに就任すると、再び序列を落とす。 コンテ監督が就任してからプレミアリーグでわずか3試合の出場にとどまり、直近4試合で出場がない状況を受け、苦境に立たされるイングランド代表MFに対してはエバートン、ニューカッスル、ブライトンが関心。エバートン、ニューカッスルはプレミアリーグ残留のための起爆剤として、現在9位のブライトンはさらなる上位を目指し、デレ・アリを必要としているようだ。 また、これまでMFジェイドン・サンチョやMFジュード・ベリンガムなどイングランド人選手の獲得で成功してきたドルトムントも関心を持っているが、『デイリー・メール』によると、デレ・アリ本人にプレミアリーグを去るつもりはないという。 トッテナムはコンテ監督の下で戦力の刷新を進めており、今月中にデレ・アリの移籍先が決まる可能性は高まっている。 2022.01.26 12:07 Wed
twitterfacebook
thumb

戦力刷新図るトッテナム、フィオレンティーナのモロッコ代表MFに関心か

トッテナムがフィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(25)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 S・アムラバトは2019年夏にクラブ・ブルージュからエラス・ヴェローナへ加入すると、すぐさまイタリアサッカーにフィットして公式戦35試合に出場。この活躍が評価され、2020年1月には翌シーズンからのフィオレンティーナ加入が発表された。 昨シーズンは公式戦33試合に出場するなど順調なキャリアを歩んでいるかに見えたS・アムラバトだが、今季はここまで公式戦12試合の出場にとどまっており、セリエAではスタメン出場わずか1試合のみにとどまっている。 一方、トッテナムは11月に就任したコンテ監督の下で戦力刷新を図っており、中盤ではMFデレ・アリやMFタンギ・エンドンベレを売却候補としている。 コンテ監督は新しい中盤の主軸として、以前から高く評価しているS・アムラバトの獲得をクラブに求める可能性があり、その場合は1月の移籍市場が閉まる前に動くかもしれない。 2022.01.25 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

補強求めるコンテ監督、トッテナムOBも同調 「クラブの支援がなければ彼は去るだろう」

かつてトッテナムでプレーした経歴を持つジェイミー・レドナップ氏が古巣に対して戦力の補強を求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは今シーズン、ヌーノ・エスピリト・サント前監督の下で新体制をスタートさせたものの、開幕からの10試合で5勝5敗の8位に低迷。昨年11月には早くもヌーノ監督を解任し、アントニオ・コンテ監督に立て直しの役割を任せることになった。 コンテ監督の下では11月からプレミアリーグ無敗を続けるなど順調に見えたが、23日に行われた第23節のチェルシー戦で初黒星を喫しており、トップクラブとの差が浮き彫りに。コンテ監督も試合後、「我々と彼らの間にレベルの違いがある」と認めており、チームをより進化させるためには補強が必要だと訴えた。 『スカイ・スポーツ』に出演していたレドナップ氏も、クラブはコンテ監督をよりサポートする必要があると主張。もし適切なサポートをできなければ、指揮官は早々にクラブを立ち去るだろうと予想した。 「コンテは今、選手を必要としている。ヌーノの後任となった際、彼とダニエル・レヴィ会長の間では、彼が必要とする選手について何らかの対話があったのは間違いないだろう」 「彼は今、チームを見るために数カ月を過ごした。そして、現在の立ち位置にチームを導くのに素晴らしい仕事をしたと思う」 「今のリーグはチェルシー、マンチェスター・シティ、リバプールとそれ以外の間では、大きな隔たりがある。しかし、トッテナムはトップ4まであと一歩のところに来ているね。これは他の監督にはできないことだ。そして今、彼は支援を必要としている。2~4人の選手を獲得すべきであり、あと9日間でそれを成し遂げなければならない」 「ダニエル・レヴィは扱いにくい人物だ。とはいえ、もしコンテを支える気がないのであれば、インテルでの彼を見てもわかる通り、クラブを去ることになるだろうね」 「トッテナムのファンは、毎年自分たちのチームを見て、とてもイライラしているに違いない。だが、チームは今少しの助けを必要としている。だから彼を支援し、彼が必要とするものを与えるべきだ」 2022.01.24 17:06 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完敗のスパーズ、コンテ監督「どうすれば改善できるかを考えなければ…」

アントニオ・コンテ監督が就任後初となるリーグ戦黒星に見解を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは23日、プレミアリーグ第23節でチェルシーと対戦。40分にボックス内でボールをうまく収めたFWハリー・ケインが左足のシュートをゴールネットへ流し込むも、競り合いの場面で相手DFチアゴ・シウバへのプッシングを取られてしまい、得点は認められない。 47分には相手MFハキム・ツィエクに先制点を許すと、55分にはセットプレーからチアゴ・シウバにヘディングシュートを決められ、2点差に。試合はそのまま終了し、アウェイの地で0-2と完敗を喫した。 コンテ監督は試合後、昨年11月に自身が就任して以降、初となるリーグ戦黒星を喫したことについて落胆しつつも、チームの奮闘ぶりを評価した。 「たしかに、プレミアリーグで初めて敗北したのは非常に残念だ。しかし、その一方で選手たちが全てを出し切ったということもわかっておかなければならない」 また、「どうすれば改善できるかを考えなければならない。シーズン残りの4カ月間でベストを尽くし、最高の結果を出すために努力する必要がある」ともコメント。インターナショナルブレイク明けの次戦に向けて、改善を誓った。 2022.01.24 11:08 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly