5つ星ホテルも内包、カタールW杯開幕戦の会場がついにお披露目

2021.12.02 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦が行われるアル・ベイト・スタジアムが完成し、こけら落としとなる試合が行われた。W杯に向けての工事が行われていたアル・ベイト・スタジアム。ついに施工完了となり、11月30日にW杯のリハーサル大会とされているアラブカップ2021のカタール代表vsバーレーン代表の会場として使用された。

ドーハの北約40kmに位置し、収容人数は6万人。カタール国内ではルサイルスタジアム(8万人収容)に次ぐ、2番目の規模となっている。

遊牧民の使うテントをモチーフにした外観で、目玉の1つはスタジアム内に組み込まれている豪華な5つ星ホテルだろう。ピッチを望む展望席の付いたスイートルームが96部屋あり、W杯期間中は"スカイボックス"と銘打たれて使用されるとのこと。もちろん、大会終了後には通常のホテルとして利用される計画だ。

西アジアで初めて開催されるカタールW杯の開幕戦は、2022年の11月21日に行われる予定だ。

1 2

関連ニュース
thumb

メンバー外の中山雄太に試練? 低迷ハダースフィールドの監督交代で序列に変化か…指揮官は練習を重視

日本代表DF中山雄太がこの先試練を味わうことになるかもしれない。 ハダースフィールド・タウンは4日、チャンピオンシップ第13節でルートン・タウンと対戦した。 降格圏に低迷するハダースフィールドは9月29日に成績不振でダニー・スコフィールド監督を解任し、マーク・フォザリンガム監督を招へいしていた。 代表活動から戻り、突如監督が交代したことになる中山。1日に行われたレディング戦では先発出場していた中、ルートン・タウン戦ではメンバー外となっていた。 ケガも心配された中、ルートン・タウン戦後にフォザリンガム監督が中山について言及。問題はないとした。イギリス『Yorkshire Live』が伝えた。 「問題はない。ユウタは良い選手で、元気だ。先週、代表の活動で1週間離れていたので、彼はここで私のトレーニングのやり方を見つけなければいけない。彼は2日間のトレーニングを受けただけだ」 これまで新天地でレギュラーとしてプレーしてきた中山。スコフィールド監督が期待を寄せていたということも大きいが、監督交代で出番を失う選手は少なくない。 今回もその可能性が高く、フォザリンガム監督はメンバーメンバー選考の基準に言及。トレーニングでのアピールが重要になると語った。 「チームやスターティングイレブンを選ぶとき、私は彼らがどのようにトレーニングしたかを重視する。そのために、戦術的なことではなく、彼らがどのようにトレーニングしたかが重要となる」 「トレーニングにおける彼らのコミットメントとはどのようなものなのか。彼らは虎の目を持っているのか。デュエルに勝つために腹に火がついているのか。これが私が焦点を当てていることであり、チームを選ぶ理由だ。変わることはない」 ルートン・タウン戦では、マンチェスター・シティのU-19イングランド代表DFルーク・エムベテ(19)が同じポジションで起用されていた。将来有望なイングランド人選手。中山がメンバー外になったのはたまたまなのか、それともこの先も続くのか。いずれにしても、トレーニングでしっかりとアピールしなければ、カタール・ワールドカップ(W杯)までの期間のプレー時間が限りなく減ることになりそうだ。 2022.10.06 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ジルーがW杯へ意気込み! アンリ超えについては「最高のボーナスになる」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、カタール・ワールドカップに向けた意気込みを語っている。フランス『レキップ』が伝えた。 開幕まで残り2カ月半に迫ったカタールW杯。フランス代表はディフェンディングチャンピオンとして、イタリアとブラジルに続く3チーム目の連覇を目指す。 先日のインターナショナルブレイクでも、UEFAネーションズリーグのオーストリア戦で1ゴール1アシストの活躍を披露したジルー。自身3度目のW杯出場の可能性については「やることはやった」と、メンバー入りに向けて最善は尽くしたとコメント。 一方で、あと2ゴールに迫ったティエリ・アンリのフランス代表歴代最多ゴールについては、優勝が最優先であることを強調した上で、ゴールも意識していることを認めた。 「どちらも意識しているよ。でも間違いなくワールドカップのタイトルを守ることが重要だ。そして、もしティティに並んだり、超えたり出来たら、最高のボーナスになるだろうね」 2022.10.05 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「戻ってきてくれて嬉しい」「君が必要だ」復活への第一歩!右ヒザ負傷の板倉滉が早くもジムでトレーニング「リハビリがうまくいくように」

ボルシアMGの日本代表DF板倉滉が早くも動き出している。 今季マンチェスター・シティからボルシアMGへと完全移籍した板倉。すぐにチームの守備の中心となっていった。 ダニエル・ファルケ監督からも信頼されていた板倉は、高いパフォーマンスを見せていた中、出場停止で欠場した試合の翌日のトレーニングでまさかの負傷。検査の結果、右ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断され、松葉杖を付く姿を投稿していた。 クラブはワールドカップ(W杯)の開幕までプレーはさせない方針を明確にしており、その後の復帰は回復の状況次第としていた。 カタールW杯ではセンターバックのレギュラーとしての活躍も期待されていた板倉。今シーズンもブンデスリーガで好調ぶりを見せていただけに、ファンも大きなショックを受けていた。 そんな中、ボルシアMGがインスタグラムを更新。板倉が早くもトレーニングを行っている様子をアップした。 トレーニングと言っても、ジムでの筋トレなど、右ヒザに負荷がかからないものとなっているが、できる部分から準備をしていこうというところだろう。 もちろんまだまだ復帰には時間を要するが、ファンも「無理しないでくれ」、「戻ってきてくれて嬉しい」、「君が必要だ」、「リハビリがうまくいくように」、「頑張って」と励ましのエールを送った。 カタールW杯開幕までは1カ月半。メンバー発表まではもう1カ月を切っているが、焦らずにしっかりと治してもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ジムでトレーニングを行う板倉滉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjQRDKotLuP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjQRDKotLuP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjQRDKotLuP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Borussia Mönchengladbach(@borussia)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 23:18 Tue
twitterfacebook
thumb

アディダスがカタールW杯に向けた新スパイクコレクションの「アル・リフラパック」を発表! 久保建英やメッシらも着用予定

アディダスは4日、FIFAワールドカップカタール2022™開催に合わせ、公式試合球「アル・リフラ(ALRIHLA)」にインスピレーションを得たスパイク コレクション「アル・リフラパック」を、2022年10月4日(火)17時より先行発売、10月11日(火)より一般発売を順次開始することを発表した。 このコレクションでは、アディダスフットボールを代表するスパイクフランチャイズである「エックス(X)」、「プレデター(PREDATOR)」、「コパ(COPA)」の最新モデルをフィーチャーし、今年3月に発表された公式試合球「アル・リフラ(ALRIHLA)」のデザインと同様に、カタールの国旗・文化・建築物から着想を得た多彩なカラーリングと、現代サッカーのプレースピードを連想させる生き生きとしたグラフィックを採用している。 アラビア語で「旅」を意味する「アル・リフラ」という名は、各国チームが開催地であるカタール、そして本大会へと向かうまでの道のりを意味しています。本コレクションのデザインは、国とチーム、選手、そしてファンが一体となるFIFAワールドカップ™という舞台において、あらゆるプレーヤーが分け隔てなく同じスタートラインに立ち、自らの可能性を最大限発揮できるようサポートをすることを目指し、開発。本コレクションは、FIFAワールドカップ™に出場するアディダスアスリートの着用を予定している。 「アル・リフラ エックス スピードポータル」は、縦への突破に必要な直線的な『スプリントスピード』、方向転換や切り返しに必要な『ステップスピード』、相手を出し抜く瞬間的な『ゼロイチスピード』という、現代サッカーで求められる異なる3つのスピードを解き放つサッカースパイク。アップデートされた“スピードフレーム2.0"や、さらなる軽量性と高いフィット感を追求した“スピードスキン2.0"、“ハイスピードスタビリティシステム"といった革新的なテクノロジーを搭載した一足となっている。 着用予定選手では、日本代表の久保建英、浅野拓磨、原口元気の他、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、フランス代表のカリム・ベンゼマ、韓国代表のソン・フンミン、ドイツ代表のトーマス・ミュラー、ブラジル代表のガブリエウ・ジェズス、ポルトガル代表のジョアン・フェリックスらがいる。 また「アル・リフラ プレデター エッジ」は決定的な違いを生むコントロールを実現し、見る者の想像を超えるような優れたパフォーマンスを引き出す「プレデターエッジ」。ドリブル、パワー、スワーブ、コントロールの4つのゾーンに分類し、ラバーリブの加工を施すことでそれぞれの特徴に沿ったプレーをサポートする"ゾーンスキン"や、激しい動きの中でも安定感を高める"パワーファセット"など、ボールコントロール精度の向上を徹底的に追求している。 こちらは、日本代表の南野拓実やなでしこジャパンの岩渕真奈、イングランド代表のジュード・ベリンガムやフランス代表のポール・ポグバ、オーストリア代表のダビド・アラバ、スペイン代表のマルコ・アセンシオらが着用する。 そして「アル・リフラ コパ センス」は足の解剖学的分析のもとデザイン開発された、ボールタッチの感覚を研ぎ澄ます一足。足首周りと踵部分に配置されたクッション性の高い“センスポッド"が、足とスパイクの一体感を高めると同時に、イン・アウトフロントに内蔵された“タッチポッド"が、ボールの衝撃を吸収し足に吸い付くボールタッチに貢献する。 こちらは、香川真司や酒井高徳、喜田拓也や、なでしこジャパンの長谷川唯や猶本光、また、スペイン代表のペドリやアルゼンチン代表のパウロ・ディバラなどが着用する。 <span class="paragraph-title">【写真】新スパイクコレクションをメッシやペドリら選手が着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/adidas20221004_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.04 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

「あれから行ってない」“キング・カズ“がドーハの悲劇以来29年ぶりにカタールへ「絶望的な気持ちで飛行機に乗って帰ってきた」

中国の家電メーカーである『ハイセンス(Hisense)』のアンバサダーに就任したJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに所属する元日本代表FW三浦知良が、カタール・ワールドカップ(W杯)について語った。 『ハイセンス』は、1969年に中国で創業。テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの生活家電を中心に、業務用のディスプレイやエアコン、デジタル通信システムなどを手がけ、世界展開。TV出荷台数シェアが世界第2位にまで成長している。 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でも公式スポンサーとなっていた中、2022年のカタールW杯でも引き続き公式スポンサーとなった中、三浦のアンバサダー就任とプロジェクト発表会が3日に行われた。 発表会のトークセッションでは、三浦が1993年10月の「ドーハの悲劇」以来となる29年ぶりにカタールへ訪れることを明かした。 「もう29年経って、今回日本の試合も観戦させていただけるということで、29年ぶりにカタール・ドーハに行きます。この29年の日本の成長というか、日本サッカーの進化、経験値を観れると思うと、本当にワクワクします」 「監督が森保監督で、一緒に戦った仲間の森保監督がいて、今の選手たちがDNAじゃないですが、何か伝わって、当時の思いも込めて、W杯で躍動して欲しいなと思います」 同じピッチに立ち、初のW杯出場を逃した仲間でもある森保一監督率いる日本に期待する三浦。一方で、当時の状況についても言及。あまり記憶になかったという。 「あれから行ってないですね。イラク戦に引き分けて、次の日暗い気持ち、絶望的な気持ちで飛行機に乗って帰ってきて、ドーハの街のこともほとんど記憶にないです」 「ああいうことがあったから覚えていないのではなく、外出できなかったんです。ホテルと練習するグラウンドとスタジアムに連れて行かれていました。厳戒態勢でした。社会情勢も含めて、参加している国が湾岸戦争の後で大変だった時期なので、結構大変な大会だったと思います」 「街に行った記憶はないですね。聞いた話だとあの当時とは全く違うということなので、楽しみです」 その三浦は、1998年のフランスW杯出場の予選にも出場。しかし、大会直前にメンバーから外れる悲劇を味わい、大きな話題となった。 「今回のカタールW杯のメンバーが11月1日に発表されるので、岡田さんと僕のシーンがたくさん出てくるのかなと思います(笑)。笑ってくださいね。僕も困るので(笑)」 「W杯というのは、今でも僕にとっては夢の舞台だし、憧れの舞台だし、ある意味目標でもあります。11月1日にもし僕が入ったら、全てキャンセルなので。それは言ってありますんで(笑)。本当に言ったんですよ。呼ばれたらこの仕事はできませんが、それでもいいですか?って」 本気とも冗談とも取れる発言。ただ、それだけの熱量がW杯に向けてあるということの現れ。真剣にサッカーに取り組んでいるとも言える。 その中で、日本代表についても言及。予想は難しいとしながらも、希望としては日本らしいサッカーを見せて躍動してもらいたいとした。 「予想はみんなするでしょうが、予想はできないですね。予想と希望は全然違います。日本にグループ突破して欲しいですし、ドイツ、スペイン、コスタリカ。特にドイツとスペインは世界でもトップトップですし、優勝経験もあります。ファンとして、良い試合をしてもらいたいです」 「もちろんみんなの想いは突破だと思いますが、躍動してもらいたいです」 「戦略と戦術というのは監督が考えると思いますが、日本は守備で最後まで逃げ切るという文化では基本的にはないと思います」 「日本人の特徴であるアジリティを生かして、狭いスペースでも人とボールが動きながら相手を崩すことが日本人に一番合っているかなと思います」 「それが日本人が得意とすることで、特性が出ると思います。技術もしっかりあるので、しっかり生かせるような、それが見られるような攻撃的な試合をやってもらいたいということは、ファンとして希望はあります」 「ただ、ドイツやスペインはやりたいことだけをやって勝てる相手ではない。相手にボールを持たれる時間が長くなるのもしょうがないですし、分かっています。その中で日本がボールを持ってチャレンジする姿はどうしても見たいなと思います」 「森保監督には直接言えないですからね。突破をするために理想を崩してでもポイントを取って、目標に進もうとします。理想と現実の両方を持って勝っていくというのは、世界で言ってもブラジルやスペインぐらいじゃないですかね。なかなか理想と現実で勝てることはないので、日本も近づけるようにして欲しいと思います」 2022.10.03 21:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly