ローマがボローニャに痛恨敗戦…さらに、次節インテル戦は累積警告のエイブラハムら3選手が不在に…《セリエA》

2021.12.02 04:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第15節、ボローニャvsローマが1日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、ホームのボローニャが1-0で勝利した。

現在、5位のローマ(勝ち点25)は前節トリノ相手にウノゼロの勝利を収め、開幕以来のリーグ連勝を達成した。今週末にインテルとのビッグマッチを控える中、ミッドウィーク開催の今節は7位のボローニャ(勝ち点21)とのアウェイゲームに臨んだ。なお、トリノ戦からは負傷のペッレグリーニに代えてサスペンション明けのヴェレトゥを起用した以外、同じメンバーを継続した。

立ち上がりから拮抗した試合展開が続く中、ホームチームにアクシデント発生。アルナウトビッチが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、17分にサンソーネがスクランブル投入される。これにより、ボローニャは最前線にバロウ、2シャドーにサンソーネとソリアーノという並びに変更した。

一方、立ち上がりからボールを握るものの、なかなか攻め切れないローマだったが、19分には右サイドのカルスドルプからの正確なアーリークロスにゴール前のエイブラハムが反応。フリーでヘディングのチャンスが訪れるが、これを枠の右に外してしまい、公式戦3試合連続ゴールとはならず。

その後はしばらく膠着状態が続くが、マンチェスター・シティのスカウトが現地視察に訪れたボローニャの逸材MFが魅せる。35分、相手陣内のバイタルエリア中央で右サイドのドミンゲスから横パスを受けたスベンベリが絶妙なファーストタッチで短く前に運ぶと、相手DFが寄せる前にすかさず右足を振り抜く。すると、意表を突いたタイミングで放ったシュートがゴール右下隅の完璧なコースに決まった。

相手のファインゴールによって公式戦4戦ぶりの失点を喫したローマはすぐさま反撃を開始。前半終盤の42分にはセットプレーの二次攻撃からゴール前のエイブラハムが右足アウトで叩く形のループシュートでゴールに迫るが、ここは古巣対戦のGKスコルプスキが懸命に伸ばした右手にはじき出された。

また、前半アディショナルタイムにはスベンベリと振り向きざまに交錯したエイブラハムの手が顔面に当たってしまうと、この不可抗力の接触に対して主審がイエローカードを掲示。これにより、累積5枚目のエイブラハムは次節インテル戦を出場停止で欠場することになった。

迎えた後半、ローマはディアワラに代えてカルレス・ペレスをハーフタイム明けに投入。さらに、52分には足を痛めたエル・シャーラウィを諦めショムロドフを投入。この交代でショムロドフが左ウイングバック、カルレス・ペレスが右のインサイドハーフに入る攻撃的な布陣に。

一連の交代で攻撃を活性化させたかったアウェイチームだったが、後ろに重心を置く相手の守備に苦戦。さらに、前がかりなところを突かれて相手のカウンターを浴び始める。

これを受け、モウリーニョ監督はヴェレトゥを下げてクリスタンテを投入。66分には相手DFスマオロのトラップミスによってボックス付近でボールを奪ったエイブラハムからゴール前のザニオーロへ折り返しが供給されるが、これは相手DFにカットされる。さらに、70分には自陣深くからのロングカウンターで右サイドを突破したエイブラハムからボックス中央のムヒタリアンにパスが通るが、DFを右にかわして放った右足のシュートはややコースが甘くGKスコルプスキの好守に遭う。

その後、73分にはエイブラハムに続く累積警告での次節出場停止を回避する狙いもありマンチーニを下げてビーニャを投入したローマ。この交代で並びを[4-2-4]に変更し、力業でゴールをこじ開けにかかる。

しかし、守護神スコルプスキを中心とする相手の堅守に苦戦が続くローマは、86分にエイブラハムが決定的なシュートを枠に飛ばすが、これもスコルプスキのファインセーブに阻まれる。すると、試合終了間際にはサンソーネとの小競り合いでカルスドルプにイエローカードが出されると、ローマ不動の右サイドバックはエイブラハムに続き累積警告で次節インテル戦を欠場することになった。

そして、このままボローニャに逃げ切りを許したローマは、リーグ戦の連勝がストップすると共に、次節インテル戦ではエイブラハム、カルスドルプに負傷のエル・シャーラウィを欠く厳しい状況となった。


関連ニュース
thumb

ローマ、モウリーニョ所望のマティッチにいささか懸念か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)の移籍先に浮上しているローマだが、獲得するにあったっての引っかかりもあるようだ。 今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団するマティッチ。最近になり、ユベントスの関心が取り沙汰され始めているが、以前からローマ行きの噂が先んじて報じられてきた。 それもこれも、かつてチェルシーやユナイテッドで共闘したジョゼ・モウリーニョ監督が所望しているためで、来季に向けた中盤補強リストの第一候補にも挙がっているといわれる。 だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ローマには年齢的なフィットネスレベルや最低500万ユーロ(約6億8000万円)が求められる年俸から、躊躇いもあるようだ。 そんなマティッチは近年のユナイテッドでもフル稼働こそ難しくなっているものの、左足の展開力は依然健在。モウリーニョ監督のスタイルを熟知しているのも魅力だが、ローマはいかに。 2022.05.18 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス退団決定のディバラにローマが関心? モウリーニョ監督が獲得熱望か

ローマがユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)獲得に関心を抱いているようだ。 ディバラは2015年にパレルモからユベントスへ加入して以降、公式戦283試合出場で113ゴール48アシストの成績を記録するなど、主力選手として活躍。今季も公式戦38試合に出場して15ゴール6アシストをマークするなど、主軸としてプレーしていた。 しかし、ユベントスとの契約は今夏までとなっていながら、延長に向けた交渉は難航。一度は条件面で合意したものの、ユベントス側が条件の見直しをディバラ側に通達したことで暗礁に乗り上げ、ディバラは15日に自身のインスタグラムでユベントス退団が決まったと表明した。 ディバラに対してはインテルが高い関心を示すほか、トッテナム、アーセナル、アトレティコ・マドリーら複数のチームが獲得に動く可能性があるが、イタリア『ラ・レプブリカ』によるとローマも争奪戦に参加するようだ。 ジョゼ・モウリーニョ監督はセリエAを37節まで消化した時点で6位に位置するチームを強化するため、アルゼンチン代表FWの獲得に熱心な姿勢を示しており、積極的なアプローチを仕掛けているという。 ただし、ディバラの要求する高額な条件を満たすためにはオーナーであるダン・フリードキン氏からの後押しが必要になるようだ。加えて、ディバラ獲得が実現した場合には、ユベントスから関心を示されているイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)の退団も同時に発生するだろうと伝えられている。 ディバラに対しては今後さらに獲得に動くクラブが現れる可能性もあるため、夏の移籍市場での注目銘柄となりそうだ。 2022.05.18 11:56 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョは攻撃陣の拡充を希望...ローマがムリエル、アルナウトビッチらの獲得を検討か

ローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、来シーズンへ向けて攻撃陣の拡充を希望しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 先日行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝でレスター・シティに2戦合計2-1で勝利し、フェイエノールトとの決勝戦へ駒を進めたローマだが、今夏の移籍市場へ向けた準備も同時並行で進めているようだ。 すでに、マンチェスター・ユナイテッドを契約満了で退団する元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)の獲得が盛んに報じられているが、『カルチョ・メルカート』によると、モウリーニョ監督は、前線でFWタミー・エイブラハム(24)のパートナーとなる選手の補強も重要だと考えているようだ。 ローマは、2トップの一角としてもプレーするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)の去就が不透明なことや、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムドロフ(26)に全幅の信頼を寄せられない台所事情を考慮し、一刻も早く、現有戦力に取って代わる人材を確保したい考えとのことだ。 候補として名前が挙がっているのは、今季のセリエAで27試合9ゴール9アシストを記録するアタランタのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(31)や、33試合で14ゴール1アシストを記録しているボローニャのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)のようだ。 とりわけムリエルに関しては、アタランタとの契約が2023年6月までとなっていることや、年棒が180万ユーロ(約2.4億円)と比較的安価であることなどから、現実的な選択肢として獲得を考慮しているようだ。 また、その他のポジションに目を移すと、ユベントスが保有権を持ち、今シーズンはトリノへレンタル移籍中の元イタリア代表MFロランド・マンドラゴラ(24)や、センターバックながら最終ラインの一角から大胆な攻撃参加を見せるなど、今シーズンのボローニャで異彩を放つベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(21)らが候補に挙げられている。 イタリアへ帰還した最初のシーズンで、クラブを31年ぶりに欧州の舞台で決勝戦へと導くなど、今もなお輝きが色褪せることのないモウリーニョ監督。今夏の移籍市場でも積極的な動きを見せてくれることだろう。 2022.05.16 18:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが降格ヴェネツィアにホーム最終戦で痛恨ドロー…シュート46本枠内16本も相手守護神の牙城2度は破れず《セリエA》

セリエA第37節、ローマvsヴェネツィアが14日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、フィオレンティーナに敵地で敗れてセリエA4試合未勝利で宿敵ラツィオに抜かれて6位に転落したローマ(勝ち点59)。今月25日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝を控える中、今季のホーム最終戦では最下位のヴェネツィア(勝ち点25)を迎え撃った。 数時間前に行われたサレルニターナ戦の結果、降格が決定した相手との一戦に向け、モウリーニョ監督は前節から先発4人を変更。出場停止のマンチーニ代えてクンブラ、カルスドルプとザレフスキの両ウイングバックをメイトランド=ナイルズ、復帰後初スタメンのスピナッツォーラに入れ替えた他、セルジオ・オリベイラに代えてカルレス・ペレスを[3-4-2-1]の2シャドーの一角で起用した。 超満員のオリンピコの後押しを生かして相手を圧倒したいローマだったが、キックオフからわずか40秒過ぎに右サイドのアラムが入れたクロスをゴール前にタイミング良く飛び出したオケレケにヘディングで合わせられ、電光石火の失点を喫する最悪な入りとなった。 トッティ、デ・ロッシの両レジェンドもスタンド観戦に訪れた中、このままでは終われないローマはすぐさま反撃を開始。19分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのペッレグリーニが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、オリンピコで復帰後初めてのプレーとなるスピナッツォーラが果敢な仕掛けからチャンスに絡んでいく。 その後、ヴェネツィアが負傷者に加え、ボールと関係ないところでペッレグリーニの股間に蹴りを見舞ったキジーヌがオンフィールドレビューの末に一発退場と続けてアクシデントに見舞われたことで、前半半ばから終盤にかけてはローマのワンサイドゲームとなる。その流れでメイトランド=ナイルズやカルレス・ペレスが際どいシュートを放っていったが、相手GKマーンパーの好守もあって前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 迎えた後半、モウリーニョ監督は両ウイングバックにカルスドルプ、ザレフスキの主力2選手、センターバックのクンブラを削ってエル・シャーラウィを投入。この3枚替えでより攻撃的な[4-2-3-1]に並びを変更した。 引き続き相手を押し込んでいく中、52分にはボックス手前のクリスタンテが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを直撃。さらに、内と外を織り交ぜた多彩な攻めでゴールの匂いを色濃くさせるホームチームは56分にも再びペッレグリーニの直接FKでゴールに迫るが、前半同様にクロスバーに阻まれる。 早い時間帯の同点ゴールとはならなかったジャッロロッシは60分、ヴェレトゥを下げてストライカーのショムロドフを投入。ペッレグリーニをボランチ、ショムロドフをエイブラハムの横に並べる[4-4-2]の布陣で早くも力業での局面打開を図る。 以降も相手守護神マーンパーの再三の好守、守備陣の粘り強い対応にあってゴールが遠いが、結果的に力業の交代策が功を奏す。76分、相手陣内中央でボールを持ったクリスタンテが鋭いグラウンダーの縦パスを入れると、これをペナルティアーク付近のショムロドフが絶妙なワンタッチで背後に流す。GKと一対一となったペッレグリーニのシュートはファインセーブに阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応したウズベキスタン代表FWが冷静に右足のシュートをゴールネットへ突き刺した。 この同点ゴールでようやく重い空気を払しょくしたホームチームは、やや気落ちするアウェイチームに対して、畳みかける。焦れずに相手を広げながら地上戦、空中戦、セットプレーを織り交ぜた攻めを見せるが、ザレフスキの渾身のミドルシュートはこの日4度目のクロスバーに阻まれる。 さらに、4分が加えられた後半アディショナルタイムにはカウンターからゴール前でルーズボールに反応したエル・シャーラウィにビッグチャンスもこのシュートはGKマーンパーの驚異的なリカバリーに阻まれる。さらに、後半ラストプレーとなったセットプレーでは混戦から相手の腕付近にボールが当たり、VARでのレビューが入ったが、最終的にノーファウルの判定で試合はタイムアップ。 打ちも打ったり、シュート46本枠内16本と試合を通して猛攻を見せたローマだったが、GKマーンパーを中心に降格が決定したチームとは思えない執念を見せたヴェネツィア相手にホーム最終戦で痛恨ドロー。これでリーグ5戦未勝利のチームは、セリエAでのヨーロッパコンペティション出場権獲得が厳しくなり、ECL決勝へのプレッシャーがより高まる結果に。 2022.05.15 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェネツィア、ローマ戦を前にセリエB降格が決定…

ローマ戦を前にヴェネツィアのセリエB(イタリア2部)への降格が決定した。 残り2試合で残留圏内の17位サレルニターナとの勝ち点差が「5」となっていたヴェネツィア。しかし、14日に行われたセリエA第37節でサレルニターナがエンポリと引き分けため、今節を含めて2勝しても同勝ち点までしかたどり着けず、当該成績で2敗を喫しているヴェネツィアの降格が決定した。 昨シーズンのセリエBで5位となり、プレーオフを勝ち上がって2001-02シーズン以来の昇格を決めたヴェネツィア。しかし、今季は開幕から低迷すると今年4月末に2020年からチームを率いてきたパオロ・ザネッティ監督を解任。 プリマヴェーラの監督を務めるアンドレア・ソンチン氏を暫定監督に据えたが、成績は好転せず。6勝7分け23敗の厳しい戦績で1年での降格が決定した。 2022.05.15 03:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly