ヘルタ・ベルリンがノルウェー代表DFビェルカンの獲得を発表! 来冬1人目の補強

2021.12.02 02:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは1日、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表DFフレドリク・ビェルカン(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は3を着用する。

左サイドバックを主戦場とするビェルカンは、ボデ/グリムトの下部組織出身で2015年8月にトップチームへ昇格。2016年4月に17歳でトップチームデビューを飾ると、これまで公式戦135試合に出場し7ゴール16アシストを記録。

今シーズンも左サイドバックの絶対的レギュラーとして、リーグ戦27試合やUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ4試合など公式戦38試合に出場している。

なお、ビェルカンの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。


関連ニュース
thumb

モナコ生え抜きFWイシドールがロコモティフ・モスクワへ完全移籍

ロシア・プレミアリーグのロコモティフ・モスクワは22日、モナコのフランス人FWウィルソン・イシドール(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 イシドールは、4年半契約を結び、背番号は19とのことだ。 レンヌで生まれたイシドールは、モナコの下部組織で育ち、2019年7月にファーストチームへと昇格する。その後、2度のレンタル移籍を経験。今シーズンはリーグ・アンで4試合、ヨーロッパリーグで2試合などに出場していた。 モナコでは公式戦通算12試合の出場に終わり、新たにロシアでプレーすることとなった。 なお、U-17、U-18、U-19と世代別のフランス代表も経験していた。 2022.01.23 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

イランのエースFWアズムンが来季レバークーゼン加入! 「ブンデスでのプレーはエキサイティング」

レバークーゼンは22日、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムン(27)が来シーズンから加入することを発表した。今シーズン限りでゼニトとの契約が満了し、フリートランスファーとなるアズムンは2027年6月30日までの5年契約にサインしている。 ヨーロッパ各国の強豪からオファーが舞い込んだ中、ドイツでの挑戦を選択したアズムンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「ロシアで最高のクラブからヨーロッパで最高のリーグの1つへの一歩になる。レバークーゼンは本当に素晴らしいチームを持っている。僕は長い間このクラブをフォローしてきたんだ。このチームのプレースタイルにもワクワクしているよ」 「ブンデスリーガですぐにプレーできることは、僕にとって非常にエキサイティングなことだ。そして、自分のフットボールのクオリティがこのチームを強化すると確信しているよ」 イラン代表として通算60試合39ゴールを誇るアジア屈指のストライカーとして知られるアズムン。これまでルビン・カザン、FCロストフ、ゼニトとロシア一筋のキャリアを歩んできた27歳FWは、通算104試合62ゴールの数字を残してきたゼニトからの契約延長オファーを固辞し、ヨーロッパ5大リーグへの挑戦を明言していた。 昨夏にはトッテナムやローマ、リヨンといったクラブからオファーが届き、今冬にはユベントス、リヨン行きの可能性も報じられていたが、昨夏の段階から関心を示していたレバークーゼン行きを決断した。 卓越したアスリート能力とテクニックを生かした個での打開力に加え、決定力にも優れる186cmの実力派ストライカーは、来シーズンのブンデスリーガで大暴れを見せることになるのか。 2022.01.23 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコで構想外のFWシャポニッチがスロバキアの名門へ完全移籍!

スロバキアのスロバン・ブラチスラヴァは22日、アトレティコ・マドリーからセルビア人FWイバン・シャポニッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。1年の延長オプション付きの3年契約となる。 母国の強豪パルチザンの下部組織出身のシャポニッチは身長192㎝の長身FW。2013年11月に16歳でトップチームデビューを飾ると、2016年1月からベンフィカでプレーし、2019年夏にアトレティコに加入していた。 しかし、アトレティコでは在籍2年半で公式戦5試合の出場に留まり、昨年1月にはカディスに半年間のレンタルに出されていた。レンタルバックで復帰した今季ここまでは数試合でベンチに入ったものの、出場はなかった。 2022.01.22 23:46 Sat
twitterfacebook
thumb

ボカ、元エースのマルセイユFWベネデットを再獲得! 今季前半戦はエルチェで過ごす

ボカ・ジュニアーズは21日、マルセイユから元アルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(31)の獲得を発表した。アルゼンチン『TyC Sports』によると、契約は3年。背番号「9」を着用する。 ボカ再加入となるベネデット。メキシコでのプレーを経て、2016年6月にボカ入りすると、2016–17シーズンに公式戦28試合で25ゴールをマーク。以降も得点源としての存在感を示すなか、2019年8月のマルセイユ移籍で欧州挑戦を果たした。 その初年度はリーグ・アン26試合に出場して11ゴールを挙げ、2020-21シーズンも41試合でプレー。だが、6ゴールに終わり、今季からエルチェにローン移籍した。だが、エルチェでも18試合の出場で2得点と振るわず、母国復帰を決断している。 クラブの公式サイトによると、ベネデットは21日の会見で「ここに来られて、すごく興奮している。ボカのファンにはいつも驚かされるし、今も驚かされ続けている。またこの色を身に纏えるのは嬉しい限りだ」と喜びの心境を語った。 2022.01.22 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン伊藤達哉がドイツ3部クラブにレンタル! ハンブルガーSV時代の恩師と再会

マクデブルクは21日、シント=トロイデンからMF伊藤達哉(24)のレンタル加入を発表した。背番号は「37」に決定。シント=トロイデンの発表によると、レンタル期間は2022年6月30日までとなる。 伊藤は柏レイソルの下部組織出身で、ハンブルガーSVを経て、2019年夏にシント=トロイデン入り。それから2シーズン半になるが、満足な出場機会を得られておらず、今季もここまで公式戦5試合の出場にとどまり、合67分間のプレータイムしかなかった。 ドイツ3部のクラブで再起を期す伊藤はハンブルガーSV時代のクリスティアン・ティッツ監督との再会に。マクデブルクはドイツ3部に属しており、ここまで首位を走っている。 2022.01.22 10:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly