リール、クラブ内でコロナ蔓延…事務方スタッフの20人近くが感染…

2021.12.01 22:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールのクラブ内で新型コロナウイルスの感染が相次いでいるようだ。フランス『レキップ』が報じている。現在、フランスでは新型コロナウイルスの感染第5波が到来しており、先月30日に発表された最新の統計では1日の感染者が4万7177人となり、感染第3波のピークだった今年4月以来、最多の感染者数を記録した。

そして、リールでは現時点でトップチームの選手やスタッフの陰性が確認されているものの、クラブ内の事務方スタッフを中心に20人以上の感染が確認されているとのことだ。

『レキップ』によると、リールではここ最近の国内での感染拡大を受け、トップチームの選手やスタッフはその他のクラブスタッフとの接触機会を回避しており、今回のクラブ内におけるコロナ蔓延が今後のプレーに影響する可能性は低いという。

ただ、チケッティングやコミュニケーション部門のスタッフ間における感染拡大を受け、クラブはより一層の感染防止対策を進めていくようだ。

関連ニュース
thumb

リールの主力左SBにオファー提示のアトレティコ、移籍金支払ってでも今冬に獲得か

アトレティコ・マドリーが、リールのモザンビーク代表DFヘイニウド・マンダヴァ(27)の獲得に動いているようだ。 昨シーズンのリーグ・アン制覇に貢献し、個人としてもフランスプロサッカー選手協会(UNFP)が選出する年間ベストイレブンに選出されたヘイニウド。今シーズン限りで契約満了を迎える中、契約延長交渉は停滞し、今夏の退団が決定的と見られている。 契約満了まで半年を切り、国外クラブとの交渉が可能となった中、アトレティコは公式にオファーを掲示。当初は今夏のフリートランスファーでの移籍が報じられていたが、スペイン『マルカ』は、同クラブが移籍金を支払ってでも、今冬にレイニウドを獲得する可能性が高まっていると伝えている。 モザンビーク出身のヘイニウドは、2019年冬にポルトガルのベレネンセスからリールへレンタルで加入。翌シーズンに完全移籍し、高い身体能力と豊富な運動量を武器に、主力の左SBとして活躍している。 2022.01.22 17:11 Sat
twitterfacebook
thumb

CL控えるチェルシー&マドリーに懸念…フランスのコロナ対策変更でワクチン未接種選手はCLアウェイ戦欠場か

チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)、リールと対戦するレアル・マドリー、チェルシーの一部選手がラウンド16のアウェイゲームでプレーできない可能性が出てきている。『ESPN』が伝えている。 フランス政府はオミクロン株の猛威を受け、新型コロナウイルス感染対策に関して、同国のレストランや観光地、航空機や長距離鉄道などを利用する場合に提示を義務付けている「衛生パス」を「ワクチンパス」に移行することを国会で承認。 さらに、フランスのスポーツ大臣、ロクサナ・マラシネアヌ氏は先週、ワクチン接種義務が「すべての観客、アスリート、フランス人または外国人の専門家」に適用されると主張し、これまで幾つかの分野で認められていた特例を撤廃することを明言した。 これにより、これまでPCR検査などによる陰性証明で入国、試合でのプレーが可能だった選手に関しても、完全なワクチン接種が完了していない場合、同国でプレーすることが不可能となった。 これを受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は『ESPN』の取材に対して、各国のコロナ規制に関する同連盟の姿勢を以下のように説明している。 「UEFAは、2月にUEFAのクラブ大会が再開される前に、ヨーロッパ中の関連する利害関係者と連絡を取り合っています」 「各国で試合が行われる特定の条件は、その国の管轄当局の決定に従うものとします」 「各チームは原則として、試合が行われる国で適用される規則を遵守する必要がありますが、ノックアウトフェーズに適用されるコロナウイルスによる特別な規則を含む特定の競技付属書(現在精緻化中)は、この点に関してさらなるガイダンスを提供する可能性があります」 なお、UEFAのガイドラインによれば、ノックアウトラウンドにおいて双方の試合で中立地開催の可能性を残しているが、その中立地開催を行う場合はホームクラブは適切な代替会場を提案する必要があり、昨シーズンのチーム自体の入国が認められないなど、特殊なケースを除き、その案を採用する可能性は低い模様だ。 なお、現時点でレアル・マドリー、チェルシーのクラブ内でのワクチン接種の詳細は不明だが、ヨーロッパの5大リーグにおいて最もワクチン接種が遅れているプレミアリーグに属するチェルシーに関しては数選手がワクチン未接種と見られており、現時点ではリールとのアウェイゲームに帯同できない可能性があるようだ。 現在、UEFAとフランス当局は規制緩和などの話し合いを行っているよだが、スポーツ界では先日のテニス全豪オープンにおけるノバク・ジョコビッチの一件によって話し合いは難航を極める見込みだ。 2022.01.20 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

リールがベン・アルファ獲得を発表!「このスタジアムでプレーできることは大きな喜び」

リールは19日、元フランス代表MFハテム・ベン・アルファ(34)の加入を発表した。契約は今季限りとなる。 かつてリヨンやマルセイユ、パリ・サンジェルマンといった母国クラブの他、イングランドやスペインでもプレーしたベン・アルファ。直近では2020年10月からボルドーでプレーしていたが、公式戦25試合2ゴール5アシストの成績に終わり、昨年6月に退団していた。 そんな中、CSKAモスクワへのレンタルが迫るトルコ代表MFユスフ・ヤズジュの穴埋めとして、リールがベン・アルファに注目。この度半年ぶりに現場復帰を果たした。 「リールに加わることができてとても嬉しいよ。今シーズンも、そしてもちろん昨シーズンもリーグ・アンを優勝を果たした、素晴らしい結果を残してきたチームだ」 「僕はこれまでに何度かリールと対戦してきたけど、スタッド・ピエール=モーロワでこのクラブのユニフォームを着ることは大きな喜びとなるはずだ。多くの偉大な選手たちが羽ばたいていったクラブだからね」 「クラブやチームの目標達成のため、何より貢献したいという思いを持ってこの挑戦ができることを誇りに思うよ。体調も良いし、再び競争に身を置けることを楽しみにているよ」 なおリールは、14日にバーゼルからコソボ代表FWエドン・シェグロヴァを獲得しており、フィオレンティーナに移籍したフランス代表FWジョナタン・イコネの後釜として両選手に期待しているようだ。 2022.01.19 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、リールのトルコ代表MFヤズジュを買い取りOP付きレンタルで獲得

CSKAモスクワは19日、リールのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したこを発表した。 2019年夏にトラブゾンシュポルからリールに加入した攻撃的MFのヤズジュは、加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、昨季は主力として活躍。リーグ・アン32試合の出場で7ゴール4アシストを記録した。 しかし今季はジョスリン・グーヴェネック新監督の下で序列が低下。リーグ戦19試合(先発は5試合)の出場に留まっていた。 2022.01.19 22:16 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコがリールの主力左SBにオファー! 今夏のフリー獲得目指す

アトレティコ・マドリーが今夏の移籍市場でリールのモザンビーク代表DFヘイニウド・マンダヴァ(27)の獲得に近づいているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 昨シーズンのリールの国内リーグ制覇に貢献したヘイニウドだが、今シーズン限りで満了する契約に関する延長交渉は停滞。今夏のタイミングでの退団が決定的と見られている。 過去にナポリ、ポルトからの関心を集めたモザンビーク代表DFに関しては、契約満了まで半年を切った中で国外クラブとの交渉が可能となっている。 そういった中、アトレティコが公式なオファーを掲示し、今夏のフリートランスファーでの獲得に向けて好位置に立っているようだ。 モザンビーク出身のヘイニウドは2015年にベンフィカBに加入し、ヨーロッパでのキャリアをスタート。その後、ベレネンセスへの移籍を経て2019年1月にリールへ加入した。 昨シーズンに左サイドバックの主力に定着すると、高い身体能力と豊富な運動量を武器に、守備では抜群の対人対応で堅守構築に寄与。攻撃では安定した繋ぎと推進力のあるプレーをみせ、リールのリーグ・アン制覇に大きく貢献。個人としてもフランスプロサッカー選手協会(UNFP)が選出する2020-21シーズンの年間ベストイレブンに選出されていた。 2022.01.17 08:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly