4発快勝で首位キープのナポリ、スパレッティ監督も絶賛 「私にとってもっとも美しい試合」

2021.11.29 13:07 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグ戦での完勝を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。

ナポリは28日に行われたセリエA第14節でラツィオと対戦。公式戦2連敗とやや勢いに陰りが見えていたが、この日は立ち上がりから相手を圧倒する。7分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで先制すると、その後はFWドリエス・メルテンスの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFファビアン・ルイスのゴールでリードを広げたナポリは、最後まで相手の反撃を許さず、4-0で勝利した。

この結果、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げたナポリは同節に敗れた2位ミランとの勝ち点差を「3」に広げている。

試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は自身が就任してから最高の試合だったとチームを絶賛。選手たちの並外れたメンタリティを称えている。

「私のナポリにおけるもっとも美しい勝利になった。ラツィオのようなビッグチームを相手に勝利し、ゴールを決め、良い試合をしたことは、より重要な意味を持つだろう」

「我々の選択には非の打ち所がなく、ラツィオを苦しめたね。ここ数試合、我々はあまり質の高い選択ができていなかったが、今日はチームが良くやってくれた。(2ゴールの)メルテンスだけを褒めるのではもったいないだろう。チームのパフォーマンスが素晴らしかったのだからね」

「ここ数試合は少し緊張感があったと思う。だが今日の選手たちは、最初からできる限り試合を楽しむためピッチに立っていた。これは平凡さを受け入れないメンタリティとキャラクターを示しているね」

「開始1分から90分まで、すべての試合を楽しむべきだ。プレーすることを恐れるのではなく、何もしないことを恐れないといけない。正しい姿勢で自分が高揚するものを持っていれば、恐れはないだろう」

また、スパレッティ監督はホームのスタジアムで熱烈な声援を送るファンに言及。チームへ惜しみない愛を送るファンたちに勝利をプレゼントできたことを喜んだ。

「今夜は、まるで初めてホームでプレーしているかのような気分になった。ナポリに来て最初に感じたのは、その情熱と深い思いだ。ナポリの人々はサッカーのヒーローを求めており、称賛や抱擁を惜しまず、称賛できるような神話を必要としている。今日の本当の勝利は、この感傷的な人々に幸せを与えられたことだろうね」


関連ニュース
thumb

ナポリがホーム最終戦で勝利、敗れたジェノアは降格《セリエA》

セリエA第37節、ナポリvsジェノアが15日に行われ、3-0でナポリが勝利した。 逆転スクデットの可能性が前節潰え、既に4位以上を確定させている3位ナポリ(勝ち点73)と、前節ユベントスを下したものの、敗戦すると降格となる19位ジェノア(勝ち点28)の一戦。 オープンな展開で立ち上がった中、13分にジェノアにビッグチャンス。ゴール正面からイェボアの放ったミドルシュートがバーに直撃した。 その後も攻め込んだジェノアが良い入りを見せた中、ナポリは28分、インシーニェが得意の左45度から際どいシュートを浴びせると、32分に先制した。右サイドからのディ・ロレンツォのクロスをオシムヘンがヘッドで叩き込んだ。 続く36分にインシーニェが華麗な個人技からGK強襲のシュートを放ったナポリがハーフタイムにかけては主導権を握った中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、54分にジェノアに同点の絶好機。アミリのスルーパスを受けたポルタノーバがGKと一対一に。しかし、シュートはオスピナにセーブされた。 すると63分、ナポリがPKを獲得する。ボックス内でエルナニにハンドがあった。このPKをインシーニェが決めたナポリは、81分に3点目。ロボツカが中央を持ち上がってペナルティアークからミドルシュート。これが決まって勝負を決定付けた。 その後、今季終了後に退団となるインシーニェがピッチを後にしたナポリは、3-0のまま勝利。3位以上を確定させている。 一方、敗れたジェノアの降格が決まっている。 2022.05.16 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

涙のインシーニェ、ナポリでのホーム最後の試合で別れの言葉

ナポリのイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(30)が、同クラブでのホーム最後の試合でサポーターに向けて感謝と別れの言葉を残した。 ナポリ生まれでユース時代から同クラブに在籍していることもあり、サポーターからはアイドル的存在として親しまれてきたインシーニェ。ペスカーラやフォッジャといったクラブで武者修行を積んだ経験はあるものの、2010年1月のトップチームデビュー以降ナポリ一筋を貫いてきた。 出場した公式戦は現時点で歴代4位の432試合を数え、ゴール数は121。あと1点でマレク・ハムシクを抜いて単独2位に躍り出る。今シーズンもここまで35試合12ゴールを記録し、キャプテンも務めていたが、クラブは今夏で満了となる契約を更新しないことを決断。今年1月にはMLSのトロントへの移籍が発表された。 そして、ユース時代から16年過ごしたナポリのホームでの最後の勇姿となる15日のセリエA第37節ジェノア戦の前に、インシーニェは用意していた手紙を読み上げ、サポーターをはじめとしたチームメイトやスタッフ、ひいてはナポリという街に向けて感謝の思いを述べた。 「知っているだろうけど、僕は口下手だから手紙を書いてきたんだ」 「僕が言えることはありがとうだけ。全てを与えてくれたこの街に感謝している。僕はここでみんなと一緒に成長したんだ。嬉しい時も辛い時も、時には言い合ったこともあったけど、いつも一緒だった。まるで大家族のようにね」 「僕は自分の生まれた土地や自分のユニフォームを着た人たちから愛を感じることができた。ナポリでプレーすることは素晴らしい経験であると同時に、大きな責任だった。僕はそれを愛と誇りを持って受け入れたんだ」 「どんな別れも苦味を感じるものだけど、これはどんなものよりも特別だね。ナポリを去るということは家を出るということなんだ。いつまでもみんなのことを寂しく思うと知りながらね」 「何年もの間、僕たちは忘れられない瞬間を積み重ねてきた。常に自分の全てを捧げてきたけど、勝者も敗者もいない最も最大の試合は、僕らみんなで一緒にプレーしたことなんだ」 「最後に、世界中のナポリのファンのみんな、頼れる友人となったチームメイトのみんな、ありがとう。お世話になったスタッフのみんなもありがとう。すべてを叶えてくれたクラブに。いつも僕を信じてくれた人たちに」 「心からありがとう。フォルツァ・ナポリ」 2022.05.15 22:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオのサッリ監督とロティート会長が会談、今夏に少なくとも6選手を獲得か?

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、自身の契約延長および来シーズンへ向けての補強に関して、クラブを率いるクラウディオ・ロティート会長と会談したようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、5日に両者は夕食会を開き、ロティート会長からサッリ監督に対して、今シーズンが終了する前に契約延長にサインするよう求めたとのことだ。 しかし、サッリ監督は、今年1月の移籍市場における補強が買い取りオプション付きのレンタル移籍1名にとどまったことなど、クラブの補強姿勢に不満を抱いており、自身の契約延長に関して口頭合意はしたものの、現時点で署名には至っていないという。 ロティート会長としては、来シーズンも引き続きサッリ監督にチームを委ねることに疑問を抱いておらず、補強に関してもできる限りの資金投下を約束したものとみられている。 ラツィオは、アルバニア代表のGKトーマス・ストラコシャ(27)、イタリア代表のDFルイス・フェリペ(25)およびDFフランチェスコ・アチェルビ(33)、元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)の退団が有力視されており、サッリ監督は今夏の移籍市場において少なくとも6選手の獲得が必要であると考えている模様だ。 また、今夏の人気銘柄であるセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)までも手放すとなった場合には、さらに多くの補強が必要になるとの認識を示し、絶対的エースであるイタリア代表FWチーロ・インモービレ(32)の契約延長は、それらを上回る最優先事項であると、ロティート会長に直談判したとみられている。 来シーズンのラツィオ飛躍のカギを握るのは、セリエA屈指の倹約家として知られるロティート会長なのかもしれない。 2022.05.13 21:58 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア方面から関心のオシムヘン、スパレッティに心酔でナポリ残留を明言

プレミアリーグ方面から関心を持たれているとされるナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンがナポリ残留を誓った。 オシムヘンは残留を最優先としている理由についてルチアーノ・スパレッティ監督の存在を挙げている。 「スパレッティはトップクラスの監督だ。彼のスタッフと共に動きの質を改善することができた。今後も監督と共に同じ道を歩みたい」 オシムヘンは今季、頬骨の骨折で約2カ月戦列を離れていた中、セリエAで13ゴールを記録していた。 2022.05.13 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インシーニェPK失敗もナポリがファビアン・ルイス弾でトリノに競り勝つ《セリエA》

ナポリは7日、セリエA第36節でトリノとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節サッスオーロ戦を6発圧勝とした3位ナポリ(勝ち点70)は、首位ミランが今節勝利した時点で逆転スクデットの可能性が絶たれる中、サッスオーロ戦同様のスタメンで臨んだ。 10位トリノ(勝ち点47)に対し、ナポリが押し込む入りとしたものの、8分にピンチ。ベロッティのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオスピナがファインセーブで凌いだ。 その後、11分にアンギッサのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、24分にはインシーニェがヘディングシュートでオンターゲットを記録するも、ゴールを割るには至らない。ハーフタイムにかけてもポゼッションで上回ったナポリだったが、0-0で前半を終えた。 迎えた後半もナポリが押し込む展開とすると、59分にPKを獲得。オシムヘンの落としをボックス中央で受けたメルテンスがイッツォに倒された。しかし、キッカーのインシーニェはシュートをGKベリシャに止められてしまう。 先制のチャンスを逸したナポリはメルテンスとロサーノに代えてジエリンスキとポリターノを投入。すると73分にゴールをこじ開ける。敵陣中央でボールを奪ったファビアン・ルイスが持ち上がってボックス左まで侵入。左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 終盤にかけてはトリノの反撃を許さなかったナポリが1-0でシャットアウト勝利としている。 2022.05.08 00:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly