後半4発のアトレティコがカディスに快勝し暫定2位浮上!《ラ・リーガ》

2021.11.29 04:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは28日、ラ・リーガ第15節でカディスとアウェイで対戦し4-1で勝利した。前節のオサスナ戦を辛勝した4位アトレティコ(勝ち点26)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)で惜敗したミラン戦と同じ先発メンバー起用。2トップにスアレスとグリーズマンを据えた[3-5-2]で臨んだ。

ここまで2勝で17位に沈むカディス(勝ち点12)に対し、アトレティコは13分にチャンス。デ・パウルの左CKをエルモソが頭で合わせると、相手DFに当たり混戦となったところをサビッチが狙ったが、シュートはわずかに枠の上に外れた。

主導権を握るアトレティコは、その後も何度かアタッキングサードまでボールを運ぶが、相手の集中した守備を前に仕掛けの部分でうまくいかず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。

膠着状態が続く中、アトレティコは38分にこの試合最大の決定機が訪れる。デ・パウルのロングパスをボックス左付近でグリーズマンが競り合うと、相手DFに当たったこぼれ球をゴール前で反応したスアレスが左足ボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。57分、左サイドでボールキープしたカラスコのクロスをゴール右手前のレマルがヘディングで流し込み、アトレティコが先制に成功した。

さらにアトレティコは70分にも、レマルとのワンツーでボックス右横まで抜け出したM・ジョレンテがダイレクトクロスを供給すると、中央のグリーズマンが右足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。

2点差としたアトレティコは、73分にスアレスとレマルを下げてアンヘル・コレアとマテウス・クーニャを投入。すると76分、鮮やかなパスワークからクーニャのラストパスをボックス内で受けたアンヘル・コレアがゴール右にシュートを突き刺した。

その後、アトレティコは86分に1点を返されたが、直後のプレーでグリーズマンのロングスルーパスに反応したクーニャがボックス内から豪快にシュートを突き刺し、再びリードを3点に広げた。

結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。敵地で快勝したアトレティコはミラン戦からのバウンスバックに成功。暫定ながら2位に浮上している。

関連ニュース
thumb

アトレティコ、トリッピアーの後釜にパブロ・マフェオに興味か

アトレティコ・マドリーが、シュツットガルト所属のスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)に興味を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先日に右サイドバックで主力を務めていたDFキーラン・トリッピアーをニューカッスルに放出したアトレティコ。冬の移籍市場のうちに後釜を確保しておきたいところだが、バレンシアDFダニエル・ヴァスの説得はすでに失敗した模様だ。 新たに名前が挙がっているマフェオは、2013年にエスパニョールの下部組織からマンチェスター・シティへと移り、2018年夏にシュツットガルトへ移籍。しかし、シーズン途中に負った足首のケガが祟って出番を失うと、翌シーズンはジローナに、シティ在籍時から数えて4度目のレンタルへ。さらに昨シーズンはウエスカ、今シーズンはマジョルカへレンタル中となっている。 そのため、アトレティコは2023年まで契約を残すシュツットガルトに加え、マジョルカとも交渉しなければならない。ただ、マジョルカとシュツットガルトの間には、マジョルカがプリメーラ残留を果たした場合、350万ユーロ(約4億5600万円)の買い取り義務が発生する条項が存在しているようで、その点がこの移籍の鍵になると予想されている。 2022.01.15 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコに逆転勝利のビルバオが2年連続の決勝進出!《スーペル・コパ》

アトレティコ・マドリーは13日、スーペル・コパ準決勝でビルバオと対戦し、1-2で敗戦した。 昨季ラ・リーガ王者のアトレティコ・マドリー、コパ・デル・レイ王者のアスレティック・ビルバオ、ラ・リーガ2位レアル・マドリー、3位バルセロナの4チームが参戦するスーペル・コパ。 直近のビジャレアル戦を引き分けに終わったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。クーニャやデ・パウル、ロージらに替えてフェリックスやコケ、ホセ・ヒメネスらを起用。マルコス・ジョレンテとカラスコを両ウイングバックに据えた[3-5-2]で試合に臨んだ。 一方、昨年王者のビルバオは、ゴールレスに終わったアラベス戦のスタメンからベンセドールをオイエル・サラガに変更した以外は同じメンバーを採用した。 試合は開始早々の15秒でゴールネットが揺れる。レマルのロングフィードでDFの裏に抜け出したフェリックスがワントラップから右足でゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 対するビルバオは10分、バイタルエリア中央でボールを受けたサンセトのワンタッチパスからゴール前に抜け出したイニャキ・ウィリアムズが最初の決定機を迎えたが、シュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、アトレティコは44分にカラスコの左CKからファーサイドのフェリックスにチャンスが訪れたが、上手く合わせることができず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、アトレティコはM・ジョレンテを下げてロージを投入。さらに51分には、コンドグビアを下げてデ・パウルをピッチに送り出した。 すると62分、アトレティコはセットプレーから先制に成功する。レマルの左CKからファーサイドのフェリックスがヘディングシュートを放つと、左ポストの内側を叩いたボールがGKウナイ・シモンの背中に当たりゴールに吸い込まれた。 先制を許したビルバオだが、こちらも直後にセットプレーからチャンスを迎える。64分、ボックス右横で獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、中央のイニゴ・マルティネスがドンピシャのヘッドで合わすが、これはオブラクのビッグセーブに遭う。 試合を決定づける2点目を狙うアトレティコは、71分にアンヘル・コレアを下げてスアレスを投入するも、次にスコアを動かしたのはビルバオだった。77分、ダニ・ガルシアの右CKからジェライがヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 さらにビルバオは、80分にもイニャキ・ウィリアムズの縦パスに反応したニコラス・ウィリアムズがボックス右深くからシュート。すると、このプレーで獲得したCKからイニゴ・マルティネスがヘディングシュートを合わせると、ゴール前のダニ・ガルシアに当たったこぼれ球を最後はニコラス・ウィリアムズがダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。 反撃に出たいアトレティコだったが、ビルバオの武器である堅守に苦しむと、後半アディショナルタイムにはヒメネスが危険なプレーで一発退場し万事休す。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。アトレティコを下したビルバオが2年連続の決勝進出を決めた。なお、決勝でビルバオはバルセロナを下したレアル・マドリーと対戦する。 2022.01.14 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、ワクチン未接種を理由にレナン・ロージを招集せず

アトレティコ・マドリーDFレナン・ロージがワクチン未接種によってブラジル代表の招集メンバーを外れた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた、ブラジル代表の招集メンバー26名を発表した。 ここまで11勝2分けの無敗で首位に立つブラジルは、すでにW杯本大会出場を決定。今後は消化試合となるが、負傷離脱中のエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)ら一部選手を除き順当に主力が招集されていた。 その中でロージは直近の代表ウィークに招集され、所属クラブでもケガなくプレーしている中、メンバーを外れることに。これを受け、会見の場ではチッチ監督に招集外とした理由を尋ねる質問があった。 これに対して、同監督はロージが2回のワクチン接種を完了させていないことを理由に挙げた。 「レナン・ロージは、ワクチン接種を受けていなかったためブラジル代表でプレーする機会を失った」 「個人的には予防接種は社会的責任であると理解している。私自身は自分の家族、私が責任を負っている人々にその必要性を説いている」 現時点でロージは1回のワクチン接種を終えているが、27日にアウェイ戦を戦うエクアドルでは2回の接種を終えていない場合、入国が認められないという。また、ブラジルでの活動においても完全接種を終えていない場合、行動制限が伴うことを理由に招集を諦めたとのことだ。 なお、ブラジルはロージ不在を受け、DFアレックス・サンドロ(ユベントス)、DFアレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)を左サイドバックのポジションで招集している。 2022.01.14 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「今年のNo.1ゴール」アトレティコ、アンヘル・コレアの超ロングシュートが話題沸騰!!「コレアエアウェイズ」

アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表MFアンヘル・コレアが目の覚めるようなオープニングゴールを沈めた。 9日に行われたラ・リーガ第20節で、ビジャレアルとのアウェイゲームに臨んだアトレティコ。ゲームは2-2の引き分けに終わったが、先制点となったアンヘル・コレアの一撃が話題をさらっている。 10分、センターサークル内で相手の横パスをカットしたアンヘル・コレアはそのまま右足を強振。50m近いロングシュートは美しい弧を描いてゴールへと吸い込まれた。 判断力と技術が生んだ長距離砲にはファンも驚きだ。「今年のNo.1ゴール」、「最高の1枚」、「コレアエアウェイズ」、「今シーズンはやってくれる!」など、早くも今季の最優秀ゴールに推す声まで上がっている。 リーグ戦では第19節のラージョ・バジェカーノ戦でのドブレーテに続く、2試合連続ゴールとなったアンヘル・コレア。2022年に入ってすでに3得点と、素晴らしいスタートを切っている。 <span class="paragraph-title">【動画】センターサークル内から決めたアンヘル・コレアの超ロングシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.10 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調ビジャレアルにドロー、シメオネ「タフで難しい試合だった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ドローに一定の満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコ・マドリーは9日、ラ・リーガ第20節でビジャレアルと対戦。リーグ戦4連勝と、波に乗る対戦相手とのアウェイ戦に臨んだ。 試合は10分、MFアンヘル・コレアがハーフウェイライン付近から、相手GKの前目のポジショニングを見てロングシュートを叩き込み、先制に成功。しかし、16分に同点に追いつかれると、58分にも失点し、逆転を許した。 スコアをひっくり返されたアウェイチームだったが、67分にはMFジェフリー・コンドグビアが、コレアのシュートのこぼれ球に反応して、ボックス手前から左足を振り抜き、2-2の同点に。後半アディショナルタイムには、コンドグビアが2枚目のイエローカードで退場となるアクシデントがあったものの、そのまま試合終了を迎えた。 シメオネ監督は試合後、ドローに終わった白熱の一戦を振り返り、一定の満足感を示した。 「タフで難しい試合だった。ビジャレアルはリーガで最高のチームのひとつだ。攻撃がとても上手いし、2列目から多くの選手が上がってきて、良い連係を見せる」 「(マテウス・)クーニャのチャンスは、2-0にすることができた。同点に追いつかれ、さらにリードを奪われたが、その後我々は別のチームとなり、試合を振り出しに戻した。(トマ・)レマルのプレーのように、良い点も修正すべき点もあったが、難しい試合をものにすることができたと思っている」 「直近の3試合では、自分たちを向上させるために戦い、努力し、良い結果を残すことができた。チームが求めているものを追求し、向上し続けることが私の使命だ」 「素晴らしいチームとの対戦だった。ビジャレアルはボールを支配し、ポジショニングから我々の本質を掴むことに成功した。対する我々はタイトに、そして素早くアクションを起こそうとしており、クーニャのあの大きなプレーで、2-0にできたかもしれない。それ以降は特にない。後半はジョアン(・フェリックス)、コケ、(シメ・)ヴルサリコの3人が非常に上手く試合に入ってくれて、ダイナミズムがあった」 2022.01.10 13:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly