ライプツィヒを下したレバークーゼンが3位浮上《ブンデスリーガ》

2021.11.29 03:26 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第13節、ライプツィヒvsレバークーゼンが28日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。

8位ライプツィヒ(勝ち点18)と4位レバークーゼン(勝ち点21)の上位対決。

一進一退の立ち上がりを経て、8分にレバークーゼンが先制しかける。しかしディアビがネットを揺らしたものの、ラストパスを送ったアドリがオフサイドでVARの末にゴールが取り消された。

それでも21分に先制する。パラシオスの浮き球パスをボックス右で受けたヴィルツがシュートを流し込んだ。

さらに34分、レバークーゼンが突き放す。ターのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったディアビがシュートを決め切った。

レバークーゼンが2点をリードして迎えた後半、ライプツィヒが前がかるも好機を生み出すには至らない。

それでも62分、ライプツィヒが1点を返す。エンクンクの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが決まった。

しかし2分後、レバークーゼンが突き放す。ディアビのパスを受けたボックス右のフリンポンが右足を振ると、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。

終盤の86分、タプソバのハンドで得たPKをショボスライは決めきれず、レバークーゼンが3-1で勝利。3位に浮上している。



関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、ライプツィヒにシャットアウト負けで4戦ゴールなし《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第19節でライプツィヒをホームに迎え、0-2で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 後半戦スタートとなった前節、最下位のグロイター・フュルトにゴールレスドローに終わった15位シュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤と伊藤が引き続きスタメンとなった。 9位ライプツィヒ(勝ち点25)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチで、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトは10分、PKを献上してしまう。 左サイドからのエンクンクのクロスがボックス内のマヴロパノスの手に当たってしまった。このPKをアンドレ・シウバに決められ、先制を許したシュツットガルトはその後も攻めあぐねる状況が続く。 前半終盤の40分、伊藤のミドルシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされ、シュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半開始6分、遠藤のミドルシュートでゴールに迫ったシュツットガルトは56分にFKからカライジッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。 さらに63分、マンガラがミドルシュートで、68分にもアントンがミドルシュートでライプツィヒに圧力をかけるも、70分に追加点を奪われてしまう。 ヘンリクスのロングスルーパスに抜け出したエンクンクにボックス内で伊藤がかわされ、そのままシュートを決められた。 終盤にかけては反撃に転じられなかったシュツットガルトは0-2で敗戦。4試合連続無得点での黒星となった。 2022.01.16 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

【2021-22ブンデス前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

10連覇を目指すバイエルンが2年連続ヘルプストマイスターに輝いた。対抗と見られた2位ドルトムントは不安定な戦いが続いて9ポイント差を付けられ、後半戦も王者バイエルンを脅かすには至らなそうな情勢だ。 ◆健在レヴァンドフスキが19ゴール~バイエルン~ 若き智将ナーゲルスマン監督を招へいしたバイエルンが14勝1分け2敗と例年通りの圧巻の成績で首位ターンとした。そのバイエルンを牽引したのは昨季ブンデスリーガ記録の41ゴールをマークしたFWレヴァンドフスキ。今季も試合数より多い19ゴールを挙げ、流石の決定力を示している。コロナ関連や負傷によりMFキミッヒやMFゴレツカら中盤の主力選手が離脱していたこともあったが、それらをものともせず首位を快走している。 ◆ローゼ監督就任も不安定さは変わらず~ドルトムント~ ボルシアMGからローゼ監督を引き抜き、期待の高かったドルトムントだが、昨季同様に不安定な戦いぶりに変化はなかった。FWサンチョの代役として獲得したFWマレンはフィットせず、FWハーランドの約2カ月に渡る離脱も痛かった。そして何よりコンディションの整わないDFフンメルスが軸の守備陣の脆弱ぶりが厳しく、つまらない失点を重ねてしまった。 ◆CL敗退組~ライプツィヒ&ヴォルフスブルク~ 監督を引き抜かれたライプツィヒとヴォルフスブルクは共に厳しいシーズン前半戦となってしまった。ナーゲルスマン監督をバイエルンに引き抜かれ、ザルツブルクのマーシュ監督を迎えたライプツィヒだったが、9位と低迷。MFザビッツアー、DFウパメカノの流出も痛く、戦力ダウンは否めなかった。 フランクフルトに旅立ったグラスナー監督の後釜にファン・ボメル監督を迎えたヴォルフスブルクは開幕4連勝スタートと最高の船出としたものの、そこから失速。10月下旬には成績不振により早々と解任となった。新指揮官に昨季までブレーメンを率いていたコーフェルト監督を招へいするも、公式戦3連勝スタートの後、泥沼の7連敗で13位と負の連鎖が止まらなかった。 ◆奥川、伊藤が活躍、鎌田、長谷部、遠藤航、原口は及第点、浅野と遠藤渓太は落第~8人の日本人~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 8人が挑戦している今季のブンデスリーガ前半戦ではビーレフェルト2季目のMF奥川と海外初挑戦のシュツットガルトMF伊藤の活躍が目立った。 奥川は残留できれば御の字のチーム力であるビーレフェルトで5ゴールを記録。目に見える結果を残して存在感を示している。また、伊藤はケガ人が続出したチームの中で最終ライン、左サイドと本職のボランチ以外を器用にこなし、チームの助けとなった。 フランクフルトのMF鎌田とMF長谷部に関しては昨季ほどの活躍とは言えないものの、チームの主軸として計算できる働きを見せている。シャドーの一角として先発を続ける鎌田に関してはゴール数が1と物足りなかったが、パフォーマンス自体は及第点。1月に38歳となる長谷部に関しては出場機会が少なかったが、例年尻上がりにパフォーマンスを上げていく傾向にあるため後半戦に期待したい。 昨季ブンデスリーガのデュエル勝率1位となったシュツットガルトのMF遠藤はキャプテンを務め、チームをまとめる存在に。ケガ人が多く厳しい戦いが続いているが、下位に低迷するチームの中で何とか踏ん張っている印象だ。 ハノーファーで結果を残し、個人昇格したウニオン・ベルリンのMF原口はレギュラーとして泥臭いプレーを続けた。ハードワークが要求されるチームスタイルの中で原口の運動量が生き、攻守に貢献している。 一方で落第はチームメートのMF遠藤渓太。昨季、完全移籍を勝ち取ったものの全く出場機会を得られなかった。3季ぶりにドイツに戻ってきたボーフムのFW浅野はチーム力の関係から守備に追われるエクスキューズはあるものの、ノーゴールに終わったことで落第とした。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季ブンデス記録の41ゴールを量産したレヴァンドフスキは今季も健在だ。前半戦を終えて19ゴールと昨季のゴール数に迫るペースで得点を重ねている。彼が健在なうちはバイエルンの王朝時代に終わりが訪れることはないだろう。 ★最優秀監督 ◆ユリアン・ナーゲルスマン(バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バイエルンの戦力を考慮すれば首位ターンは当然と見る向きもあるが、自身と年齢が変わらないスター選手たちを掌握するには確かな手腕が必要なのは明白。それを乗り越えた時点でナーゲルスマン監督の優秀さを再確認できたと言えるだろう。 【期待以上】 ★チーム ◆フライブルク <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 決して資金面で恵まれているわけではなく、堅実な経営で知られるフライブルクが前半戦を終えて4位と躍進した。とりわけ失点数はバイエルンと並んでリーグ最少の16と鉄壁を誇った。[4-4-2]と[3-4-3]をうまく併用するシュトライヒ監督が植え付けた組織力を武器に前半戦のサプライズチームとなった。 ★選手 ◆FWヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> イタリア代表歴のあるグリフォがフライブルクの攻撃を牽引した。フライブルクの中で数少ないボールを運べる選手で、アタッキングサードで違いを生み出すことができる。4ゴール7アシストを記録し、好調のチームを牽引した。 【期待外れ】 ★チーム ◆ライプツィヒ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ナーゲルスマン監督を引き抜かれ、ウパメカノとザビッツァーの両主力が引き抜かれたため、戦力ダウンは否めなかったが、それを差し引いても前半戦を終えて9位は低調過ぎる結果だった。ザルツブルクから招へいしたマーシュ監督は期待に応えられず、12月に解任となった。 ★選手 ◆FWアンドレ・シウバ(ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_7_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> フランクフルトで28ゴールを挙げ、満を持してライプツィヒに移籍したアンドレ・シウバ。ライプツィヒのエースとして活躍が見込まれたが、前半戦を終えて僅か5ゴールと大きく期待を裏切っている。 2022.01.05 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「引退についても考えた」ドイツ代表DFハルステンベルク、負傷に苦しんだ一年を振り返る

RBライプツィヒのドイツ代表DFマルツェル・ハルステンベルクが、負傷に苦しんだ昨年を振り返った。 昨季はライプツィヒの主力として活躍を続け、昨夏にはドイツ代表として念願のユーロ出場も果たしたハルステンベルク。しかし、同大会グループF第3節のポルトガル代表戦で足首を負傷すると、チームを離脱した。 その後はクラブでリハビリを行い、昨年9月に一時的に復帰したものの、10月にはヒザにも問題を抱えていたことが判明し、再度離脱。手術を受けることとなり、結局年内の復帰は果たせなかった。 また、私生活においては数カ月の間に立て続けに両親を亡くすという不幸にも見舞われた同選手。ドイツ『キッカー』のインタビューで、大きく苦しんだ1年を振り返った。 「チームを離脱しているときは、とても苦しく、長く感じられた時期だったけど、身体全体のコンデションは戻ってきたよ」 「昨年起こったことは、間違いなく僕の人生で一番つらい出来事だった。僕を救ってくれたのは妻や子供たちだよ」 「いろいろなことが重なったから、たしかに引退といったことについても考えた。しかし、幸いなことにその考えは長くは続かなかった」 なお、ハルステンベルクは1月中旬に全体練習へと合流する予定だ。 2022.01.01 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブロビーがわずか半年で古巣アヤックスに帰還! 買取OPなしのドライローン

アヤックスは12月31日、RBライプツィヒからU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、ライプツィヒと2025年まで契約を結びブロビーの今回の移籍は買い取りオプションなしのドライローンとなり、この間の給与100%をアヤックス側が支払うことになるようだ。 アヤックスとの再三に渡る契約延長オファーを固辞していたブロビーは昨夏、ライプツィヒへフリートランスファーで加入。ここまで公式戦14試合に出場していたものの、先発出場はわずかに1試合と思うように出場機会を得られずにいた。 そして、出場機会を求めるブロビーと新たな攻撃オプションを求めるアヤックスの利害が合致する形で、わずか半年でのアムステルダム帰還が実現した。 アヤックスでフットボール・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、ブロビーの呼び戻しについて以下のように説明している。 「ブライアンはこのクラブを知り、ここで何が求められているかを知っている。我々にとって、即戦力となるアタッカーがいることは重要であり、彼はそれを提供してくれる。我々はまだ3つの前線でプレーしており、すべてのプレーヤーがとても重要だ」 ブロビーはアヤックスのアカデミー出身。順調にキャリアを積むと、2018–19シーズンに飛び級でエールステディビジ(オランダ2部)に所属するリザーブチームのヨング・アヤックスでプロデビュー。 その後もヨング・アヤックスでゴールを量産すると、昨年10月のフォルトゥナ・シッタート戦でトップチームデビュー。昨シーズンは公式戦19試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残していた。 まだまだ粗削りも爆発的なスピードと屈強なフィジカルを併せ持つ将来性豊かな逸材ストライカーは、今回の古巣帰還によって更なる成長のきっかけを掴めるか。 2022.01.01 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イライクスがギニア代表としてCAN参戦へ! ライプツィヒ退団希望との噂も

RBライプツィヒに所属するMFイライクス・モリバ(18)が、アフリカ・ネーションズカップ(CAN)2021でギニア代表デビューを飾ることになるようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 リベリア人の父親とギニア人の母親の下、ギニアで生まれ育ったイライクスは、幼少期にカタルーニャに移住。以降、エスパニョール、バルセロナのカンテラでのプレーを経て2021年にバルセロナでトップチームデビューを飾った。 フランス代表MFポール・ポグバを彷彿とさせるダイナミックなプレーで評価を高めたものの、クラブとの新契約交渉が難航した結果、今夏の移籍市場最終日にライプツィヒへ完全移籍していた。 そのイライクスはこれまで第二の故郷であるスペインのU-17代表、U-18代表チームでプレーしてきたが、今回生まれ故郷のギニア代表のフル代表でプレーすることを決断。 現在、ライプツィヒのチームメイトであるU-21フランス代表DFモハメド・シマカンと共にアメリカのマイアミで短い休暇を取っている同選手は、来年1月からカメルーンで開催されるCANでギニア代表デビューを飾る予定だという。 ギニア代表としてプレーする大きな決断を下したイライクスだが、クラブレベルにおいても今冬に重大な決断を行う可能性がある模様。『ビルト』によると、ライプツィヒ加入後の公式戦6試合でわずか100分間のプレータイムしか与えられていない同選手は、早くもクラブ退団を希望しているという。 また、クラブサイドもトレーニングの姿勢に問題を抱えている同選手のレンタルでの放出を考慮しているようだ。 2021.12.22 23:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly