前田&仲川弾で勝利の横浜FM、2位フィニッシュが確定! 敗れた神戸もACL出場権を獲得【明治安田J1第37節】

2021.11.27 16:56 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第37節ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが27日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-2で横浜FMが勝利を収めた。

ホームの神戸は、勝利すれば来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位を確定させられるうえ、2位浮上のチャンスも残せるビッグマッチ。25日には三浦淳寛監督の契約延長も決まっており、さらなる朗報を届けたいところ。一方、2位横浜FMは引き分け以上でACLストレートインの2位が確定する。

試合序盤は神戸がGK飯倉を含めたビルドアップでボールを保持。インサイドハーフとサイドバックを起点に幅を広く使った攻撃で相手ゴールに迫っていく。対する横浜FMは前線からのプレッシングを控え、中央へのパスコースを消しつつミドルプレスを実行。カウンターからの得点の機会を窺う。

すると23分にアウェイチームが先制に成功する。喜田からの縦パスをレオ・セアラがボックス中央に向かって逸らすと、ボールは神戸DFと飛び出してきたGK飯倉の間でバウンド。相手が判断に迷った隙を突いて、前田が無人のゴールにシュートを流し込んだ。

先制後は横浜FMもボールを持って攻め込む回数を増やすように。GK高丘まで奪いに来る相手をいなしながら、幅のある攻撃でアタッキングサードに侵入していく。

一方、先制を許した神戸は前半アディショナルタイム5分、左CKで初瀬が山なりのボールを送ると、ボックス右で待っていた山口がダイレクトでボレーシュート。だが、これはクロスバーに直撃し、惜しくも同点とはならなかった。

1点ビハインドで後半を迎えた神戸。その立ち上がりにボックス右手前の位置でFKを獲得すると、初瀬の強烈なシュートがゴール右端をとらえる。しかし、GK高丘のファインセーブに遭い、ネットを揺らすことはできなかった。

その後も攻める時間帯が続いた神戸は67分、左サイドを突破したイニエスタのクロスを武藤が折り返すと、ゴール正面で合わせたのは途中出場のリンコン。タイミングも威力も申し分ないヘディングシュートだったが、コースが甘く、ボールはGK高丘の正面へ。またしても同点のチャンスを逃してしまった。

すると今度は横浜FMにビッグチャンス。75分、自陣深い位置での小池のパスカットからカウンターへ。渡辺を経由し右サイドのエウベルにボールが渡ると、スピードに乗ったドリブルで相手を3人かわして敵陣へ侵入。そしてラストパスを受けた前田がボックス中央でフリーとなったが、シュートを枠の右に外してしまいリードを広げられず。

それでもアウェイチームは82分に追加点。敵陣で喜田が縦パスをカットすると、そのこぼれ球を拾った仲川が、右サイドを駆け上がる小池とのパス交換でペナルティアークからミドルシュート。これがゴール左に突き刺さり、試合を決定づけた。

結果的に神戸は敗れたものの、4位の名古屋グランパスがセレッソ大阪に敗れたため3位フィニッシュが確定。一方の横浜FMも2位フィニッシュが決定し、ACLの本戦出場権を得た。

ヴィッセル神戸 0-2 横浜F・マリノス
【横浜FM】
前田大然(前23)
仲川輝人(後37)


関連ニュース
thumb

G大阪の2022シーズンはMF倉田秋がキャプテンに就任! 副キャプテンは三浦弦太&宇佐美貴史

ガンバ大阪は28日、2022シーズンのキャプテンと副キャプテンを発表した。 新シーズンのキャプテンは、MF倉田秋が務めることが決定した。 背番号10をつける倉田は、ガンバの下部組織で育ち、2007年にトップチーム昇格。ジェフユナイテッド千葉、セレッソ大阪へと2度の期限付き移籍を経験したが、2012年からはG大阪でレギュラーとしてプレー。J2を戦った2013年を除き、30試合以上のリーグ戦に毎年出場している。 キャプテンマークを巻く倉田は、クラブを通じて意気込みを語っている。 「今シーズン、キャプテンに就任しました。今までよりもさらに責任感が増しますし、チームをまとめて、ガンバを常勝軍団に戻すという役割を与えられたと思うので、それをしっかり遂行したいと思います」 「サポーターの皆さんにはここ数年、悲しい思いをさせてしまっているので、今年はたくさん喜んでいただけるサッカーをしてタイトルを獲れるように頑張ります」 また、副キャプテンにはDF三浦弦太、FW宇佐美貴史が就任することが決定した。 三浦は2018年からゲームキャプテンを務めていたが、今シーズンは副キャプテンになることが決定。宇佐美も初の副キャプテンとなる。 ◆三浦弦太 「副キャプテンという役割を与えていただいたので、チームの力になれるように頑張っていきたいですし、自分も2018年からキャプテンを経験させていただいて、チームメイトのサポートがあってやれていたので、今度は逆に秋くん(倉田)のサポートを精一杯、自分にやれることをやっていきたいと思います」 ◆宇佐美貴史 「秋くんをしっかりとサポートして、いい仕事ができるようにしたいと思いますし、秋くんと弦太(三浦)とも話しながら、チームがいい方向に向かうようにピッチ内外で頑張っていきたいと思います」 2022.01.28 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖のケニア代表FWイスマエル・ドゥンガがJ3讃岐へ期限付き移籍「ゴールを決めることで讃岐に貢献したい」

カマタマーレ讃岐は28日、サガン鳥栖のケニア代表FWイスマエル・ドゥンガ(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年12月31日までとなり、鳥栖との公式戦には出場できない。 イスマエル・ドゥンガは、ケニアやザンビアのクラブでプレーした他、ギリシャ、アルバニアとヨーロッパでもプレー。アルバニアのヴラズニアから2021年に鳥栖へと完全移籍で加入した。 189cm、80kgの屈強なフィジカルを持つイスマエル・ドゥンガは、2021シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場したがゴールはなかった。 イスマエル・ドゥンガは両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「はじめまして。サガン鳥栖よりレンタル移籍で来ましたイスマエル・ドゥンガです。ゴールを決めることで讃岐に貢献したいと思います」 「スタジアムでカマタマーレ讃岐ファミリーの皆様とお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いいたします」 ◆サガン鳥栖 「リリースの通り、カマタマーレ讃岐に期限付き移籍することになりました。日本での1年目は私にとってとても大変でしたが、多くのことを学び、素晴らしい経験を積むことができました」 「サガン鳥栖ファミリーの皆様の応援・サポートに心より感謝申し上げます。また成長して皆様に会える日を楽しみにしています。本当にありがとうございました」 2022.01.28 18:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「Jリーグマスコット総選挙」、中間結果で1位はマリノス君、過去優勝のヴィヴィくん、グランパスくんが続く

Jリーグは28日、「Jリーグマスコット総選挙2022」の中間結果を発表した。 2013年にスタートし、毎年シーズン開幕前の恒例行事となっている「Jリーグマスコット総選挙」。今シーズンは24日に投票が始まり、2月4日まで投票が行われる。 FC東京の東京ドロンパが参加を見合わせる他、クラブマスコットがいないチームが参加していないこともあり、53クラブとJリーグキングの54体が参加している。 27日までの投票結果で1位に輝いたのは、横浜F・マリノスのマリノス君。2020年にマリノスケが優勝したが、2年ぶりの優勝に向けて良いスタートを切った。 2位には2021年に優勝したV・ファーレン長崎のヴィヴィくん、3位には2019年に優勝した名古屋グランパスのグランパスくんが入った。 【中間発表順位】 1位:マリノス君(横浜F・マリノス) 2位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 3位:グランパスくん(名古屋グランパス) 4位:ニータン(大分トリニータ) 5位:パルちゃん(清水エスパルス) 6位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 7位:ガンズくん(松本山雅FC) 8位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 9位:しかお(鹿島アントラーズ) 10位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 11位:カブレラ(川崎フロンターレ) 12位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 13位:レノ丸(レノファ山口FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 16位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 17位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 18位:ウィントス(サガン鳥栖) 19位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 20位:フリ丸(横浜FC) 21位:ギッフィー(FC岐阜) 22位:アルビくん(アルビレックス新潟) 23位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 24位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 25位:レイくん(柏レイソル) 26位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 27位:アルディ(大宮アルディージャ) 28位:ライオー(AC長野パルセイロ) 29位:ロビー(セレッソ大阪) 30位:ディーオ(モンテディオ山形) 31位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 32位:アビーくん(アビスパ福岡) 33位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 34位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 35位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 36位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 37位:パーサくん(京都サンガF.C.) 38位:ガミティ(SC相模原) 39位:ジンベーニョ(FC琉球) 40位:ライカくん(カターレ富山) 41位:トッキー(栃木SC) 42位:レディア(浦和レッズ) 43位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 44位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 45位:Jリーグキング(Jリーグ) 46位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 47位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 48位:伊予柑太(愛媛FC) 49位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 50位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 51位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 52位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 53位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 54位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 2022.01.28 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

清水の選手2名が新型コロナ陽性…28日からの鹿児島キャンプは予定通り実施

清水エスパルスは27日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、24日と25日にクラブはPCR検査を実施。それぞれ選手1名ずつが陽性判定となった。 両選手は共に症状がない状況であり、クラブ内に濃厚接触者はいないとのことだ。 また、26日に改めてPCR検査、27日にPCR検査を抗原検査を実施。残りの選手とスタッフは全員陰性だった。 28日から清水は鹿児島キャンプをスタートさせるが、予定通り実施される。 2022.01.27 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸主将イニエスタが母親への誕生日メッセージを投稿「今日は本当に特別な日」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、スペインで暮らす母親へメッセージを送った。 日本での5シーズン目を迎えるイニエスタ。今季に向けてはオフシーズンにスペインへ帰国せず、日本に留まることを決意し、年末年始も国内で過ごしていた。16日には4季連続で主将を務めることも発表され、現在は和歌山キャンプに臨んでいる。 そのイニエスタは22日、誕生日を迎えた母親へのメッセージを投稿。直接会うことはできないが、愛していますと抱擁する写真とともに、スペイン語と日本語で親愛の言葉を綴っている。 「ママ、おめでとう!いつもあなたのそばにいるよ!記念日はたくさんあるけど、今日は本当に特別な日だね!!愛してるよ。本当に誇りに思います!」 家族への想いを胸にしつつ、日本への残り続けることを決断したイニエスタ。強い決意のもとで臨む今季はAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の舞台にも参戦する。 神戸は2月19日にアウェイで名古屋グランパスとの開幕戦を迎えるが、主将イニエスタのもとでタイトルを手にすることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】誕生日を迎えた母へ、抱擁の写真とともにメッセージを綴ったイニエスタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Muchas felicidades, mamá! Echándote mucho de menos, pero a tu lado siempre! <br>Muchas cosas por celebrar, hoy es un día especial! <br>Te quiero mucho<br>Orgullosos de ti! <a href="https://t.co/gE84YsWcRC">pic.twitter.com/gE84YsWcRC</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1484648248669351937?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.27 21:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly