【J1注目プレビュー|第37節:神戸vs横浜FM】3位確保を目指す神戸、2位を死守したい横浜FMの上位決戦

2021.11.27 11:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第37節】
2021年11月27日(土)
14:00キックオフ
ヴィッセル神戸(3位/70pt) vs 横浜F・マリノス(2位/75pt)
[ノエビアスタジアム神戸]

◆3位確定を【ヴィッセル神戸】

前節は横浜FCを相手にアウェイで0-2で勝利。相手のJ1残留の夢を経つとともに、3位確保へまた前進した。

現在3連勝、6戦無敗と調子を上げている神戸。3位を争い名古屋グランパスが取りこぼしたこともあり、勝ち点差は「5」に広がった。

今節勝利すれば3位が確定。その相手は2位の横浜FMだが、勝ち点差は「5」。神戸は連勝し、横浜FMが連敗すれば、2位になる可能性が残されている。

これまでのJ1での最高位は2016年の7位(2ステージ制)だが、それ以上は確定。自力でACL出場権を獲得し、最高の結果を残せるかに注目が集まる。

選手たちも充実。攻守にわたって高いパフォーマンスを続けており、三浦淳寛監督の続投も決定。磐石の神戸をホーム最終戦で見せつけられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:飯倉大樹
DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮
MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍
MF:アンドレス・イニエスタ
FW:武藤嘉紀、大迫勇也
監督:三浦淳寛

◆大失速でピンチも2位確保へ【横浜F・マリノス】

前節はアウェイでの浦和レッズ戦で2-1と敗れた横浜FM。直近4試合で3敗と一気にチームは下降線を辿っている。

一時は首位の川崎フロンターレに肉薄し、最終節までも連れ込むかと思わせた中、8月以降は取りこぼしが目立つことに。9月以降は4勝1分け4敗と五分の成績となっている。

その横浜FMだが、実は2位の座も危うい状況に。今節神戸に負ければ、勝ち点差は「2」となり、最終節は川崎F戦。連敗ともなれば、最悪の結末だが、その前にしっかりと勝利して2位を確保したいところだ。

ポイントは決定機をいかに生かすか。FC東京戦は相手のモチベーションがなかったこともあり8ゴールを奪ったが、その前後のガンバ大阪戦、浦和戦は決定機を生かせず。相手の少ない決定機を決められて負けるという結末だった。

今節も課題は変わらず、いかに先に点を取るか。スペクタクルな試合を神戸とともに見せられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:仲川輝人、前田大然、エウベル
監督:ケヴィン・マスカット

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:鳥栖vs名古屋】上に行くか下に落ちるか…残りシーズンの目標に関わる中位対決

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2022年8月14日(日) 19:00キックオフ サガン鳥栖(9位/32pt) vs 名古屋グランパス(10位/29pt) [駅前不動産スタジアム] ◆システムは4枚?3枚?【サガン鳥栖】 前節はホームにジュビロ磐田を迎えての一戦。4試合勝利から遠ざかっていた鳥栖だったが、効果的なサイドアタックが機能して勝利を収めた。 今夏加入した長沼洋一が右サイドをアグレッシブに攻守にわたって躍動。また日本代表帰りの岩崎悠人が左サイドで切れ味する突破を見せるなど、この2人のサイドがカギを握ることになりそうだ。 この3試合は[4-2-3-1]と言って良いシステムに変更し、7得点と攻撃面が改善。一方で、失点も少なくなく、ピッチ上でチグハグな場面が散見されることがある。 しっかりと自分たちで試合をコントロールするという点では、3バックに戻す方が精度は上がるはず。名古屋に対してミラーゲームで挑む方が攻略もしやすそうだが、川井健太監督はどの布陣を選択するだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:長沼洋一、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:菊地泰智、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆課題は攻撃面の精度【名古屋グランパス】 浦和レッズとのカップ戦を含めた3連戦は1勝1分け1敗。リーグ戦でこそ3-0で快勝したが、ミッドウィークのルヴァンカップでは3-0と完敗を喫した。 これで今季のタイトルはなし。残留争いに巻き込まれないためにも、しっかりとリーグ戦で勝ち点を積み上げていくことしかない状況だ。 その中で気になるのは、シーズンを通して解決されない攻撃面の精度。ルヴァンカップではrーいどを許した中でも、アクションを起こして攻撃を仕掛ける場面が少なく、チャンスすらほぼ作れなかったと言って良い状況だ。 前節は3ゴールを奪っているだけに、アグレッシブにプレーし、精度を上げていければ問題はないが、鳥栖にボールを握られる時間が増えた際にどう対応するのか。注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、稲垣祥、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:マテウス・カストロ、仙頭啓矢 FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 2022.08.14 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:G大阪vs清水】勝った方が残留圏、負ければボトム3の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2022年8月14日(日) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/22pt) vs 清水エスパルス(15位/24pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆勝てば降格圏脱出【ガンバ大阪】 前節のアビスパ福岡戦は、相手チームに新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多数出たことで中止に。調整期間を多く取ることができた。 中断明けの京都サンガF.C.戦で引き分け、連敗は「3」で止めた中、チームとして夏に加入した鈴木武蔵や食野亮太郎のフィットに時間を割けたはずだ。 残り試合も減ってきた中で、チームは自動降格圏。今節勝利すればそこから脱出できるだけに、必勝が求められる試合となる。 勝ち切れないという試合が続き、終盤の失点に目が行きがちだが、そもそもの問題は効果的にチャンスをモノにできていないこと。G大阪らしさを失っていることが苦戦の大きな要因だ。 GK東口順昭が戻ったことで守備は安定感を増している。あとは攻撃陣の爆発を待つのみ。鈴木や食野を含めた前線の選手の奮起が待たれる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、クォン・ギョンウォン MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介 MF:石毛秀樹、食野亮太郎 FW:鈴木武蔵 監督:片野坂知宏 ◆勢いのままに上昇へ【清水エスパルス】 前節のFC東京戦はアウェイでの試合となったが、0-2で見事に勝利を収めて降格圏を脱した。 中断明けのサガン鳥栖戦も2点ビハインドで敗色濃厚の中、終盤の2ゴールで追い付き勝ち点1を積み上げることに。その原動力になっているのは今夏加入した選手たちだ。 両サイドを任されるヤゴ・ピカチュウと乾貴士は攻撃のアクセントとなり、チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオと前線を生かすことが可能に。上昇気流に乗って、降格圏から離れていきたいところだ。 今季は連勝が一度もなく、今節の勝利でなんとか連勝を収めたいところ。守備陣はしっかりとゼロに抑えることに集中し、前線の活躍を待ちたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、立田悠悟、鈴木義宜、山原怜音 MF:ヤゴ・ピカチュウ、白崎凌兵、松岡大起、乾貴士 FW:チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオ 監督:ゼ・リカルド 8月14日 16:21 2022.08.14 16:23 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:鹿島vs福岡】リスタートの鹿島、岩政監督は何を見せる?福岡はコロナに苦しむ中での勝利を

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2022年8月14日(日) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(5位/40pt) vs アビスパ福岡(12位/27pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆リスタート【鹿島アントラーズ】 ここ数シーズンでは最も良い形でシーズンを過ごしていた鹿島だが、レネ・ヴァイラー監督が電撃的に退任。「マネジメントの問題」という予てからネックになっていた問題を理由に契約解除となった。 成績ではなく、チームマネジメントの問題が重視されたが、下降線を辿っているチームを見ればその理由も仕方ないのだろう。クラブとして初めて連れてきたヨーロッパ人の監督。そのやり方に関しては、今まで鹿島が積み上げてきたものを壊す必要もあったはずだが、そのリスクが仇となったとも言える。全権を握ってこれまでやってきた監督が、簡単にクラブの意向に沿うなどプライドが許さなかったはずだ。 その中でバトンと引き継いだのは岩政大樹監督。コーチとしてチームを見てきただけでなく、キャンプからシーズン序盤を指揮し、チームの方向性を作っていたことは知っての通り。良い方向に再び導いてくれる可能性は高い。 ただ、ピッチ上のことは選手たちにしか解決できない。岩政監督も方向性を示し、選手たちが立ち帰る場所を作ることはできるが、試合中に戦況を見極めてプレーを選択するのは選手たち。改めて、今回の事態を引き起こしたことを胸に、“常勝軍団”の復活に邁進するため、しっかりとホームのサポーターの前で勝利を収めて、一歩を踏み出したい。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、キム・ミンテ、安西幸輝 MF:仲間隼斗、樋口雄太、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:土居聖真、鈴木優磨 監督:岩政大樹 出場停止:三竿健斗 ◆コロナの影響は【アビスパ福岡】 前節はチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多数出たことでG大阪戦が中止に。苦しい中で準備を進めてきたはずだ。 その中で行われたYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のヴィッセル神戸戦は、ベンチに3人という状況で臨み1-0で勝利。クラブ史上初となるベスト4に駒を進めた。 まだまだ選手の回復具合は不透明。起用できる選手が増えなければ、ルヴァンカップと同じメンバーで臨むしかない。難しい状況の中で、意気込み新たにしたチームと対峙することは容易ではないはずだ。 コンディションを整えることしかできていない中で、どのようなパフォーマンスを見せるか。課題だった前線もジョン・マリがいきなり結果を残すなどし、光が見えているだけに、意地を見せたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:村上昌謙 DF:柳貴博、ドウグラス・グローリ、宮大樹 MF:ジョルディ・クルークス、城後寿、平塚悠知、輪湖直樹 FW:フアンマ・デルガド、ルキアン FW:ジョン・マリ 監督:長谷部茂利 2022.08.14 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:川崎Fvs横浜FM】タイトル争う“神奈川ダービー”、苦境の川崎Fに万全の横浜FMが襲いかかる

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月7日(日) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(6位/37pt) vs 横浜F・マリノス(1位/48pt) [等々力陸上競技場] ◆苦境でもめげない王者【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で3-1と敗戦。消化試合が少ない状況とはいえ、首位との差が開く手痛い敗戦となった。 さらにミッドウィークにはYBCルヴァンカップでセレッソ大阪とドロー。チームとして結果が出ていない。 ただ、今の川崎Fは最大の窮地に立たされている。チーム内で相次いだ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者。関係者として発表されていた中、大半が選手であることが判明。浦和戦はベンチ入り5人でGKが3人、C大阪戦も7名がベンチ入りしたが3名がGKであることは変わらなかった。 2種登録選手もいなかったチームは急遽、来季から昇格が内定している2名を昇格させることに。まだまだ万全のメンバーが揃わない中、フィールドプレーヤーをしっかりと揃えることにした。 そんな中で迎えるのは首位の横浜FM戦。消化が2試合少ない状況だが、勝ち点差は「11」となっており、ここで勝たなければ厳しい事態になる。勝てば勝ち点差を「2」にするチャンスを得られるだけに、苦しい中でも勝利が欲しいところ。王者の意地をホームで見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:瀬古樹、ジェジエウ、谷口彰悟、橘田健人 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ 監督:鬼木達 ◆上位との連戦で突き放せるか【横浜F・マリノス】 前節は2位鹿島アントラーズとの直接対決で2-0と勝利。チームとしての完成度の高さを見せつけた横浜FM。対する鹿島はレネ・ヴァイラー監督が解任となった。 どんな状況でも、どんなメンバーが出てもチーム力を落とすことなく戦える今の横浜FMに隙はない。今節は消化が少なく暫定2位になる可能性もある川崎Fが相手。叩かなければいけない相手だ。 近年優勝を争い続ける両者による“神奈川ダービー”だが、ホームでの試合は4-2と快勝。シーズンダブルで優勝を手繰り寄せたいところだろう。 ミッドウィークのルヴァンカップでは10名を入れ替えた結果、サンフレッチェ広島に敗れたが、出場しなかった選手たちが万全の状態で臨めることは好材料。川崎Fよりもコンディションで優位に立てることは明白だ。 今日は誰がピッチに立ち、誰がヒーローになるのか。良い循環をチームとして見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也 MF:喜田拓也、西村拓真、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2022.08.07 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:FC東京vs清水】連勝中の東京、新戦力躍動の清水…上を目指す中で勝ち点を手にするのは?

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月7日(日) 18:00キックオフ FC東京(7位/35pt) vs 清水エスパルス(17位/21pt) [味の素スタジアム] ◆ポジショナルプレーが浸透、連勝継続へ【FC東京】 前節は上位のサンフレッチェ広島を相手に1-2で勝利。中断明けの試合を制しリーグ戦で2連勝とした。 勝ち点的にはまだまだ上位を狙える位置にあり、継続していきたいところ。ホーム2連戦で連勝を伸ばしたいところだ。 アルベル監督のサッカーも徐々に浸透。広島戦では、ボール回しがスムーズに行き、プレスを回避することに成功。そこからゴールを奪うことができた。 ただ、主導権を握るには先制したほうが当然良い。自分たちの特徴を出し、先にゴールを奪って主導権を握れるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、バングーナガンデ佳史扶 MF:安部柊斗、東慶悟、松木玖生 FW:紺野和也、ディエゴ・オリヴェイラ、三田啓貴 監督:アルベル ◆新戦力の勢いを活かせるか【清水エスパルス】 前節はサガン鳥栖との一戦で、3-3のドロー。勝利とはならなかったが、負け試合を引き分けに持ち込む力を見せた。 新加入のヤゴ・ピカチュウが先発、乾貴士、北川航也が途中出場を果たし、それぞれが存在感を発揮。北川は早速ゴールを決め、チームを敗戦から救った。 ポジション争いが激化することは間違いなく、どのようなメンバーがピッチに立つかは不明。ただ、調子の良い選手を継続的に起用するほうが得策と言えるだろう。 まだチームは降格圏。勝ち点をなんとか稼いで行かなければいけない状況。FC東京相手にアウェイでゴールを決めている北川は、2戦連発でチームを救えるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、立田悠悟、山原怜音 MF:ヤゴ・ピカチュウ、宮本航汰、白崎凌兵、乾貴士 FW:北川航也、チアゴ・サンタナ 監督:ゼ・リカルド 2022.08.07 15:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly