伊藤がブンデス初ゴール、シュツットガルトが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

2021.11.27 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とMF伊藤洋輝はフル出場している。

前節ドルトムントに善戦したものの敗れて3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、引き続き遠藤と伊藤が先発となった。

8位マインツ(勝ち点18)に対し、遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックの[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは開始3分に決定機。マーモウシュがドリブルでボックス内に侵入してシュート。しかし、GKゼントナーのセーブに阻まれた。

その後、シュツットガルトがポゼッションを上げていた中、12分にピンチ。ロングカウンターを受けた流れからオニシウォに決定的なシュートを許すが、こちらもGKミュラーがセーブした。

すると21分、伊藤に嬉しいブンデス初ゴールが生まれる。マンガラのパスをボックス左に侵入した伊藤が右足でゴール右上へ見事なシュートを流し込んだ。

先制したシュツットガルトは26分、FKからPKを獲得しかける。GKゼントナーのパンチングがマヴロパノスの頭に当たったかと思われたが、正当なプレーだったとしてVARの末にノーファウル判定となった。

すると39分、CKから同点とされる。ハックのヘディングシュートが決まり、シュツットガルトは同点とされて前半を終えた。

迎えた後半、開始4分にフェルスターが決定的なシュートを浴びせたシュツットガルトは、51分に勝ち越す。マンガラのパスを受けたボックス左のソサがニア上にシュートを突き刺した。

ソサのブンデス初ゴールでリードしたシュツットガルトが主導権を握ったまま、試合は終盤へ。マインツの反撃を許さず時間を進めた中、85分には昨季までワマンギトゥカの名でプレーしていた負傷明けのムヴァンパを投入。

2-1で逃げ切ったシュツットガルトが6試合ぶりの勝利を飾っている。


1 2

関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤の同僚、シュツットガルト守備の要のケンプフがヘルタ・ベルリンに完全移籍

ヘルタ・ベルリンは25日、シュツットガルトのドイツ人DFマルク=オリヴァー・ケンプフ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの4年半となる。なお、背番号は「20」に決まった。 ケンプフはフランクフルトのユースで育ち、2012年7月にファーストチームへ昇格。その後、フライブルクを経て、2018年7月からシュツットガルトでプレーしていた。 センターバックの一角としてシュツットガルトでは公式戦96試合に出場し9ゴール5アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで12試合に出場し3得点を記録するなどコンスタントにプレーしていたが、12月14日のバイエルン戦を最後に出場機会がなかった。 ヘルタ・ベルリンのスポーツ・ディレクター(SD)を務める、フレディ・ボビッチ氏は「彼をベルリンへ移籍するように説得できたことを嬉しく思う。いずれにしても、彼の存在感、リーダーシップ、メンタリティは我々の助けになるだろう」とコメントしている。 ケンプフも今回の移籍について「僕の新しいチーム、ヘルタ、そしてベルリンを楽しみにしている。フレディ・ボビっちが去年の夏に仕事をスタートさせた時に始まったクラブの発展を助けるため、僕のプレースタイルと経験を生かしたいと思う」と意気込みを語っている。 2022.01.26 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤先発のシュツットガルト、フライブルクにシャットアウト負けで5戦ゴールなし…《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは22日、ブンデスリーガ第20節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、DF伊藤洋輝は86分までプレーしている。 前節ライプツィヒにシャットアウト負けし、4戦ゴールなく降格圏の17位に沈んだシュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤と伊藤が引き続きスタメンとなった。 6位フライブルク(勝ち点30)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチで、伊藤が左センターバックでスタート。 フライブルクにボールを持たれる展開となった中、シュツットガルトは34分にPKを獲得しかける。ボックス左で仕掛けたティビディがキューブラーに倒されたかに思われたが、VARの末にノーファウルの判定が下った。 すると直後に失点する。ホーラーの落としをペナルティアーク中央のホフラーにミドルシュートを決められた。 1点ビハインドで迎えた後半、シュツットガルトは57分にFKからカライジッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフレッケンにセーブされる。 すると72分にリードを広げられる。浮き球のルーズボール処理をアントンと伊藤が見合ったところをシャーデにかっさらわれてそのままゴールを許した。 このまま0-2でシュツットガルトは敗戦。5戦ゴールなしとなった。 2022.01.23 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、ライプツィヒにシャットアウト負けで4戦ゴールなし《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第19節でライプツィヒをホームに迎え、0-2で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 後半戦スタートとなった前節、最下位のグロイター・フュルトにゴールレスドローに終わった15位シュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤と伊藤が引き続きスタメンとなった。 9位ライプツィヒ(勝ち点25)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチで、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトは10分、PKを献上してしまう。 左サイドからのエンクンクのクロスがボックス内のマヴロパノスの手に当たってしまった。このPKをアンドレ・シウバに決められ、先制を許したシュツットガルトはその後も攻めあぐねる状況が続く。 前半終盤の40分、伊藤のミドルシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされ、シュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半開始6分、遠藤のミドルシュートでゴールに迫ったシュツットガルトは56分にFKからカライジッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。 さらに63分、マンガラがミドルシュートで、68分にもアントンがミドルシュートでライプツィヒに圧力をかけるも、70分に追加点を奪われてしまう。 ヘンリクスのロングスルーパスに抜け出したエンクンクにボックス内で伊藤がかわされ、そのままシュートを決められた。 終盤にかけては反撃に転じられなかったシュツットガルトは0-2で敗戦。4試合連続無得点での黒星となった。 2022.01.16 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、トリッピアーの後釜にパブロ・マフェオに興味か

アトレティコ・マドリーが、シュツットガルト所属のスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)に興味を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先日に右サイドバックで主力を務めていたDFキーラン・トリッピアーをニューカッスルに放出したアトレティコ。冬の移籍市場のうちに後釜を確保しておきたいところだが、バレンシアDFダニエル・ヴァスの説得はすでに失敗した模様だ。 新たに名前が挙がっているマフェオは、2013年にエスパニョールの下部組織からマンチェスター・シティへと移り、2018年夏にシュツットガルトへ移籍。しかし、シーズン途中に負った足首のケガが祟って出番を失うと、翌シーズンはジローナに、シティ在籍時から数えて4度目のレンタルへ。さらに昨シーズンはウエスカ、今シーズンはマジョルカへレンタル中となっている。 そのため、アトレティコは2023年まで契約を残すシュツットガルトに加え、マジョルカとも交渉しなければならない。ただ、マジョルカとシュツットガルトの間には、マジョルカがプリメーラ残留を果たした場合、350万ユーロ(約4億5600万円)の買い取り義務が発生する条項が存在しているようで、その点がこの移籍の鍵になると予想されている。 2022.01.15 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、最下位グロイター・フュルトにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは8日、ブンデスリーガ第18節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前半戦最終戦となった前節ケルン戦を落とし2連敗で2021年を終えた16位シュツットガルト(勝ち点17)は、遠藤と伊藤が先発となった。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点5)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは伊藤が左センターバックで、遠藤がボランチでスタート。 守勢の入りとなったシュツットガルトは22分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、ゴール前のフルゴタに決定的なヘディングシュートを許すもGKミュラーがファインセーブで凌いだ。 その後も押し込まれる展開が続いたシュツットガルトだったが、膠着状態に持ち込んだ前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も押し込まれる入りとなったシュツットガルトは55分に大ピンチ。マンガラの横パスをカットされ、決定的なシュートを打たれたが、何とかゴールライン前でアントンがカットした。 その後も主導権を握りきれないシュツットガルトは好機を作れないまま終盤へ。その終盤は押し込む展開としたシュツットガルトは、83分にようやくカライジッチが可能性のあるシュートを放つも、0-0のままタイムアップ。 残留を争うであろうグロイター・フュルトと勝ち点1を分け合っている。 2022.01.09 02:26 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly