イブラはどこへ向かうのか…ブルース・リーの名言を引用しサンドバッグへ淡々とキック練習

2021.11.26 21:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが新たな境地を切り開いた。14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦ではDFセサル・アスピリクエタへの故意のタックルで非難を浴びた。

かと思えば、20日のセリエA第13節ではドッピエッタを達成するなど、良くも悪くも存在感を示している。

そのイブラヒモビッチは、26日には自身のインスタグラムでサンドバッグに向かい、様々なキックのトレーニングをしている姿を公開。ハイキックや後ろ回し蹴り、コンビネーションキックなどを次々と決めていく。

キャプションには「型をなくせ、形をなくせ、水のようになるんだ」と、俳優ブルース・リーの言葉を引用。鍛え抜かれた上半身も相まって、非常に様になってはいる。

かつてテコンドーを学んでおり、アクロバティックなキックは試合中のシュートでも何度も見せているが、彼は俳優でも格闘家でもなく、サッカー選手。これもトレーニングの一貫なのかもしれない。

10月3日に40歳を迎えたイブラヒモビッチだが、いったいどこへ向かっているのか。回し蹴りボレーなど決めたらとんでもないことだが、やりそうな気がするから不思議だ。

1 2

関連ニュース
thumb

ミスジャッジで連勝ストップのミラン、ピオリ監督は「不当な扱いを受け冷静さを失った」

ミランのステファノ・ピオリ監督が敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは17日に行われたセリエA第第22節でスペツィアと対戦した。立ち上がりから多くのチャンスを作りながらもなかなか得点を奪えない時間が続いたが、前半アディショナルタイムにFWラファエル・レオンのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り同点とされると、終了間際にはMFジュニオール・メシアスが劇的勝ち越しゴールを挙げるも審判が直前のミランに対するスペツィアのファールを取ったことで取り消しに。この判定に冷静さを欠いたチームは直後に逆転を許し、1-2で敗れた。 セリエAでの連勝が「3」でストップし、インテルを抜き暫定首位に立つチャンスを逃した敗戦について、インタビューに応じたピオリ監督は不運な判定に落胆。同時に、チームの決定力不足についても改善が必要だとしている。 「我々の責任については、謝罪をしてくれた審判と共有されるべきだと思う。あのシーンまで、イーブンのプレーではあまり笛が吹かれていなかった。私は選手を落ち着かせようとしたが、うまくいかなかったね。不当な扱いを受けたことで、冷静さを失った。残念だ。前半は多くのチャンスがあり、1-0で終わるはずではなかった。ここから反応しなければならない」 「暫定首位に立つチャンスがあったが、挫折してしまった。ただ、長いシーズンのなかでは誰もが悪い日を過ごすものだ。今夜はその悪い日だったが、また立ち直らなければならない。反撃が必要になるだろう。このネガティブな結果、そして奇妙な試合の後で、大きな欲求を与えてくれる相手と出会うのは良いことだ。今は次の試合に向け、我々に力を与えてほしい」 「少し流動性に欠けていたと思う。我々は7、8ゴールを決める機会があったが、相手のGKは信じられなかったね。ゴール前でいくつかミスがあれば勝てないものだが、負けてしまった。この結果は重い」 2022.01.18 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランが格下スペツィアに衝撃の逆転負け…メシアス幻弾の直後に土壇場被弾…《セリエA》

セリエA第22節、ミランvsスペツィアが17日にサン・シーロで行われ、アウェイのスペツィアが1-2で逆転勝利した。 リーグ3連勝で首位のインテルを1ポイント差で追う2位のミランは、降格圏手前の16位に位置するスペツィアを相手に4連勝を狙った。ピオリ監督は延長戦の末に3-1で勝利した4日前のコッパ・イタリアのジェノア戦から先発6人を変更。負傷のトモリやサスペンションのトナーリらに加え、ジルーやレビッチがベンチスタートとなり、フロレンツィ、バカヨコ、レオン、イブラヒモビッチが起用された。 開始2分にレオンが得意のボックス左45度からファーポストを狙った右足のコントロールシュートでゴールに迫るなど、地力で勝るホームチームが押し込む入りを見せる。 以降はスペツィアにやや押し返されるが、立ち上がり同様にレオンの左サイドでの仕掛け、イブラヒモビッチのボールキープを起点に良い形でフィニッシュまで持ち込んでいく。だが、16分に深い切り返しでDFを振り切ったレオンのゴール左からのシュート、27分のイブラヒモビッチの強烈なミドルシュートは、いずれもGKプロベデルのビッグセーブに阻まれる。 その後のサーレマーケルスの決定的なシュートもビッグセーブで阻まれ、相手守護神を完全にのせてしまったかに思われたミランだったが、思わぬ相手のミスからビッグチャンスが舞い込む。 プロベデルへのスローインに対して、レオンがプレッシャーをかけてコントロールミスを誘うと、浮き球のルーズボールを競った際にレオンがプロベデルに足を蹴られる。オンフィールドレビューの結果、ミランにPKが与えられる。だが、キッカーのテオ・エルナンデスがこのPKを枠の右に外してしまい、絶好の先制機を逸した。 しかし、直後の相手ゴールキックを自陣深くで撥ね返してクルニッチがセカンドボールを回収すると、相手ハイラインの背後を狙うレオンに向けてロングフィードを蹴り込む。相手DFのクリアミスによって完璧な形でレオンに繋がると、レオンは飛び出したGKの頭上を抜くループシュートを流し込んだ。 テオのPK失敗をわずか数十秒でリカバリーするレオンの先制点によって前半アディショナルタイムにリードを奪ったミラン。後半は余裕を持った入りとなった中、立ち上がりからイブラヒモビッチ、サーレマーケルスと立て続けに決定機を作るが、後半もGKプロベデルが立ちはだかる。 後半序盤の内に追加点を奪えなかったミランはここから思わぬ苦戦を強いられる。58分にマナイに代えて投入されたケビン・アグデロにいきなり決定機を作られると、64分には左サイド深くで仕掛けたヴェルデからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んできたアグデロにワンタッチで流し込まれ、同点ゴールを許してしまう。 1-1のイーブンに戻されたミランは、120分の激闘を演じたコッパの疲れからかここから攻撃が停滞。逆にアグデロを中心に勢いづくスペツィアの攻勢に晒されてあわや2失点目というピンチも招く。 この難しい状況を受け、ピオリ監督はフロレンツィとブラヒム・ディアスを下げてカラブリア、ジルー。試合終盤の84分にはレオンを下げてレビッチをピッチに送り出し、選手交代で攻撃の活性化を図った。 試合終盤にかけてはホームサポーターの声援を追い風にミランが圧倒的に押し込む展開に持ち込む。だが、ジルーやイブラヒモビッチをターゲットとしたパワープレーはことごとく相手守備に撥ね返される。 92分にはボックス内でこぼれ球に反応したメシアスが左足のシュートでゴールネットを揺らし、劇的勝ち越しゴール奪取かに思われたが、この直前に主審はシュート体勢に入っていたレビッチにアフターチャージを見舞ったDFニコラオウのファウルに笛を吹いており、ゴールは認められず。 この不運な判定で勝ち点2を失う可能性が高まったミランだったが、更なる悲劇に見舞われる。96分、自陣でクリアをもたついたDFカルルがアグデロに潰されてコバレンコに左サイドを突破されてクロスを入れられると、ファーにフリーで走り込んだギャシにシュートを流し込まれて痛恨の逆転ゴール献上となった。 この直後に試合はタイムアップを迎え、格下スペツィア相手にホームでまさかの逆転負けを喫したミランは暫定首位浮上のチャンスを逃し、次節からのユベントス、インテルとの重要な連戦に臨むことになった。 2022.01.18 04:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、ニューカッスルら狙うボトマンは今冬残留へ リール会長「シーズン終了まで我々と一緒に…」

ミラン、ニューカッスルらの今冬の補強候補に挙がるリールのU-21オランダ代表DFスヴェン・ボトマン(21)だが、少なくとも今シーズン終了まではリールに残留する見込みだ。 アヤックスの下部組織育ちで昨シーズンのリールのリーグ・アン制覇に貢献したボトマン。193cmの左利きのセンターバックは、対人能力の強さとアヤックス仕込みの足元の技術、一定のスピードを兼ね備える大器だ。 昨夏の段階でも国外のビッグクラブの関心を集めていた逸材は、今冬の移籍市場においてセンターバックの補強を目指すミラン、ニューカッスルのトップターゲットと報じられてきた。 しかし、リールのオリヴィエ・ルタン会長は、フランス『RMC Sport』のインタビューで主力センターバックの今冬の移籍の可能性を完全否定している。 「スヴェンについては昨年の夏にも問い合わせがあったが、今シーズンはスヴェンが必要だとハッキリと言っていた。チャンピオンズリーグでは、グループリーグを1位で通過することができたんだ。我々にはシーズン終盤に向けて大きな目標があり、スヴェンはシーズン終了まで我々と一緒にいて、その目標達成のために貢献してくれるだろう」 なお、ニューカッスルに関してはこれまで複数回獲得オファーを掲示してきたが、先日には3500万ユーロ(約45億6000万円)のオファーを拒絶されていた。 2022.01.16 20:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手…トモリが左ヒザ内側半月板損傷で1カ月の離脱か

ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリが近日中に左ヒザの手術を受けるようだ。イタリア『スカイ』など複数メディアが報じている。 トモリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のジェノア戦に先発出場したが、プレー中に左ヒザを負傷。24分にフロレンツィとの交代を余儀なくされた。 『スカイ』によれば、試合後の検査でトモリは左ヒザ内側半月板の損傷と診断されたようで、数日中に手術を受けること。なお、離脱期間は1カ月程度になると伝えている。 デンマーク代表DFシモン・ケアーの負傷離脱により、新ディフェンスリーダーとして重要な働きを担っていたトモリは、今季ここまで公式戦23試合に出場。身体能力の高さを生かした守備範囲の広さ、堅実なディフェンスで首位インテルを追走するミランを後方から支えていた。 今後、ユベントスやインテルら上位陣との戦いが控えているミランにとって、トモリの離脱は大幅な戦力ダウンとなりそうだ。 2022.01.15 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

延長戦で逆転勝利のミラン、ピオリ監督は試合内容を反省 「前半はチーム全体が悪く、私の責任」

ミランのステファノ・ピオリ監督がカップ戦での勝利に安堵した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦でジェノアと対戦した。前半は先制点を許したうえにDFフィカヨ・トモリが負傷交代となる厳しい展開になったが、後半にFWオリヴィエ・ジルーのゴールで同点に。その後は90分で決着がつかず、延長戦に突入すると、FWラファエル・レオンとMFアレクシス・サーレマーケルスにゴールが生まれ、3-1で勝利した。 この結果、コッパ・イタリア準々決勝進出が決定したミランだが、試合後のインタビューに応じたピオリ監督は試合内容への不満を露わに。特に前半はチームがうまく機能しなかったことを認め、自身の責任だと語った。 「我々は試合へのアプローチがうまくいかなかったこともあり、難しい状況に追い込まれてしまった。しかしその後はリカバリーがうまくいき、ラウンドを通過することができたね。これから努力していきたい」 「チームはバランスを取りつつ、危険なプレーを継続することが重要だ。我々はより速いペースでプレーしなければならない。さもなければ、普通のチームになってしまうだろう。前半は個々の選手ではなくチーム全体が悪かった。これは私の責任だ」 また、ピオリ監督はチームの負傷者についても言及。徐々に選手が復帰していることを喜びつつ、この試合で負傷交代したトモリの状態を懸念した。 「我々はケガによって困難な11月を過ごしたが、そこから抜け出している。新型コロナウイルスによって特殊なシーズンになっているが、うまく準備をしなければならない」 「(トモリの状態については)わからない。彼はヒザに不快感を覚えたようだ。それが深刻ではないことを願っているよ。すぐにでも、彼を起用できるようにしたいと思っている」 2022.01.14 11:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly