「チケットお譲りします」グリーリッシュがPSG戦のチケットをファンに無償提供

2021.11.25 15:26 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュがチケットを無償提供していたようだ。イギリス『サン』が伝えている。シティは24日にチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦に臨んだ。グリーリッシュはケガのため欠場したが、それでもファンへのサービスは欠かさなかったようだ。

試合当日、同選手は自身のツイッターでシティファンへこんな呼びかけをした。

「シティファンのみんな…今夜の試合のチケットを4枚持ってるんだけど、誰かいらないかい? いらなくなってしまったんだよね…。マンチェスター在住の人がいいかな。2枚組2セットあるよ?」

どういった経緯で余らせてしまったのかは不明だが、ツイッターでは瞬く間に拡散され多くの反響が。中には「ついにシティはチケットを売りさばくために選手を使うようになったか」という冗談や、「ジャック、マンチェスターの交通事情は知っているかい? オールド・トラフォードならまだしもエティハドは無理だぜ」というユナイテッドファンからの返信も見られた。

もちろんチケットを所望する声も多かったが、その行方は不明となっている。

関連ニュース
thumb

ペップ、12連勝ストップも悲観せず 「パフォーマンスやプレーぶりは素晴らしいものだった」

躓いたマンチェスター・シティだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は悲観しなかった。 首位を走るシティは22日のプレミアリーグ第23節で12位につけるサウサンプトンのホームに乗り込み、1-1のドロー。開始7分にリードを許してから65分に追いついたが、次の1点が遠く、連勝が「12」でストップした。 久々の足踏みで2試合未消化試合を残して、12ポイント差の2位リバプールに接近のチャンスを許したグアルディオラ監督だが、試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』でマイクを向けられると、前向きなコメントを残した。 「本当にうまくプレーした。残念ながら前半に失点してしまったが、今季におけるベストパフォーマンスの1つだったと思う」 「彼らは素晴らしく組織化され、彼らとの歴戦でもベストパフォーマンスの1つだった。確かに良くない結果だが、パフォーマンスやプレーぶりは素晴らしいものだったよ」 「勝利したアーセナル戦よりもずっと良いプレーをした。今日は引き分けだったがね。勝利に値しながら勝てないときもあるが、ここでの戦いぶりは素晴らしいものだった」 「やってきたことに自信を持てたよ。良いパフォーマンスだった。ポイントを落としてしまったが、振る舞いは非常に良いものだ」 「次戦まで準備するための2週間がある。プレミアリーグの争いが終わっていないと言われるだろうが、それは我々にとって良いこと。この先もタフな試合が続くが、最後までこの調子でいきたい」 「リバプールに40ポイント差をつけられていたら良いが、それは1月に不可能だ。これだけリードできるとが思ってもいなかったが、今は休み、できる限りベストな状態で戻ってきたい」 2022.01.23 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

首位シティのリーグ連勝が「12」でストップ…前回対戦に続きセインツとドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが22日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、チェルシーとの頂上決戦を制してプレミアリーグ12連勝を達成した首位のシティ(勝ち点56)。暫定11ポイント差の2位リバプールの状況を気にしつつ、更なる連勝を目指すグアルディオラ率いるチームは、12位のサウサンプトン(勝ち点24)とのアウェイゲームに臨んだ。 なお、チェルシー戦からはストーンズに代えてルベン・ディアスを復帰させた以外、同じスタメンを継続。ただ、3トップは右からスターリング、グリーリッシュ、フォーデンと配置を入れ替えた。 試合は立ち上がりからボールを握るアウェイのシティが押し込む形を作り出したが、先にゴールをこじ開けたのはホームチーム。 7分、右サイドでロメウから大きな展開を受けたウォーカー=ピータースがそのまま縦に運んだ後、タッチライン際へ開いたレドモンドに一度ボールを預けてインナーラップを仕掛ける。そして、ボックス右でボールを受け直したウォーカー=ピータースは難度が高い右足アウトにかけたハーフボレーシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺した。 ウォーカー=ピータースにプレミアリーグ初ゴールを献上し、いきなりビハインドを背負ったシティだが、動揺することなくすぐに気持ちを切り替えて攻撃へ出ていく。80%近いボールポゼッションに加え、両サイドバックがポケットに顔を出すなど、狙いとする崩しを見せるが、なかなかフィニッシュの数が増えていかない。逆に、23分にはロメウのスルーパスに抜け出したブロヤにゴールネットを揺らされるが、これはオフサイド判定に救われる。 その後、前半30分過ぎから終盤にかけて攻撃のギアを上げたシティは続けてビッグチャンスを迎える。まずは35分、ボックス右角からカットインしたスターリングが左足のコントロールシュートを狙うが、これはわずかに枠の左に外れる。 続く38分にはカンセロからの縦パスに反応したフォーデンがそのままボックス左に持ち込んで絶妙なグラウンダーのクロスを供給。だが、ファーで待ち構えていたスターリングのシュートはニアを消しに来たGKフォースターと完全に呼吸が合ってしまい、ゴール至近距離からのイージーシュートを止められてしまった。以降も相手を自陣深くに押し込んだシティだったが、前半の内に追いつくことはできなかった。 後半は開始直後にロドリのミドルシュートで相手ゴールを脅かしたシティ。しかし、その数分後にはカウンターとセットプレーのブロヤに続けて決定機を与えるなど、完全に試合を支配するまでには至らず。 この状況を受けてグアルディオラ監督は60分、スターリングを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。攻撃に変化を加えると、流れの中ではなかったものの、セットプレーからようやくゴールをこじ開ける。65分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのデ・ブライネが滞空時間の長いボールをファーのスペースへ落とすと、オフサイドポジションの味方を追い越して抜け出してきたラポルテがヘディングで合わせた。 この同点ゴールで勢いづくシティはここからホームチームを完全に圧倒。内と外を織り交ぜた効果的な仕掛けで相手守備を揺さぶると、70分にはデ・ブライネのミドルシュート、72分にはカンセロのクロスからジェズスのヘディングシュートでゴールに迫るが、いずれも右ポストを叩く。 さらに、75分過ぎにはデ・ブライネのボックス付近での仕掛け、ルーズボールに競ったラポルテがスチュワート・アームストロングに受けたアフターチャージがVARの対象となるが、いずれのプレーでもPK、レッドカードの判定は出ず。 一連のVARの流れでややリズムを失ったか、その後も攻め続けたシティだったが、専守防衛の構えを見せるホームチームの堅守を再びこじ開けることはできず。試合は1-1のままタイムアップを迎えた。 この結果、ゴールレスドローに終わった前回対戦に続きサウサンプトンと引き分けたシティのリーグ連勝が12試合でストップした。 2022.01.23 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

契約が来季限りのペップ、延長明言せずも「シティを裏切れない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(51)がクラブと来季限りの契約問題を語った。イギリス『BBC』が報じている。 2016年夏からシティの指揮を執り、今季で6年目のグアルディオラ監督。今季もプレミアリーグで2位以下を突き放して連覇にまい進するなど、段違いの強さが印象的だが、シティとの現行契約は2023年夏で満了となる。 以前から現行契約を最後に退任を示唆するなど、将来が注目されるスペイン人名将は代表監督挑戦も取り沙汰される未来について、具体的な言及こそ避けつつ、決断を迫られるときがきたら「シティを裏切れない」と話した。 「彼らはすべてを与えてくれたのだから、私も裏切ったり、何か悪いことをするのもできない」 「我々は一緒に決断してきた。ここに来るのも、2回にわたる契約延長も。これからもそうだ」 「彼らが私についてどう感じているのか、そして私自身がこのクラブを感じているのかによる」 「私はまだ契約が残っている以上、将来についてあまり考え込むような人間じゃない」 「私は遠くの将来まで考えられるほど優秀じゃない。私の未来は常に結果次第だしね。一秒たりとも気にしていない」 2022.01.22 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス獲得が決定的に! リーグ戦21試合18G7Aで7年ぶり優勝に貢献

マンチェスター・シティが、リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(21)の獲得を決定的なものにしたようだ。複数メディアが報じている。 リーベル・プレートの下部組織出身のアルバレスは、2018年にトップチームデビュー。同年12月に行われたクラブ・ワールドカップで3位決定戦で鹿島アントラーズと対戦した際にもフル出場していた。 その後、少しずつ出場機会を増やし、2021年には公式戦32試合に出場。リベルタドーレスでは11試合で5ゴール2アシストを記録した。 2021年から本格的にトップチームに定着すると、ここでストライカーとして才能が開花。国内リーグのスーペルリーガでは21試合で18ゴール7アシストという成績を残し、クラブの7年ぶりの優勝に大きく貢献。全体では公式戦46試合で24ゴール15アシストの数字を叩き出した。 また、昨年6月には代表デビューも果たしており、コパ・アメリカ2021でもボリビア代表戦に出場。多くの欧州ビッグクラブが注目していたアルゼンチンの至宝を、シティは1500万ポンド(約23億円)の移籍金で獲得したようだ。 ただ、すぐにシチズンズ加入というわけではなく、早くても今夏の加入になると伝えられている。一方で、2022年はリーベル・プレートに残り、2023年1月に加わる可能性もあるという。 シティにとってアルゼンチン人ストライカーと言えばセルヒオ・アグエロだが、アルバレスは身長170cmと、173cmのアグエロと似た体格を持っており、嫌でもレジェンドと比較されることになるかもしれない。 2022.01.22 16:19 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アルテタ監督に給与増の2年延長オファーか…シティ牽制の狙いも

今季が終わると、アーセナルとの現行契約が1年を切るミケル・アルテタ監督(39)だが、クラブはシーズン終了前に延長オファーを打診しようとしているようだ。 アーセナルで現役を退いてから、マンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントコーチとして指導者の道を歩み始めたアルテタ監督。2019年12月にアーセナルと3年半契約を結び、監督に初挑戦した。 イギリス『デイリー・メール』によると、クラブの首脳陣はアルテタ体制を発足してから2シーズンのプレミアリーグでいずれも8位フィニッシュに終わっているものの、監督に満足しており、現体制の継続を希望しているという。 イングランド代表MFブカヨ・サカや同代表MFエミール・スミス・ロウら若手の積極起用だけでなく、アルテタ監督のピッチ内外におけるリーダーシップという部分にもクラブ首脳陣が感銘を受け、こうした話に発展したものとみられる。 一方のアルテタ監督もアーセナルでの日々に満足しており、話があれば快く応じる様子。アーセナルは新たに2年契約を用意しているといわれ、現年俸500万ポンド(約7億7000万円)からの昇給条件も盛り込まれているとみられる。 なお、この動きは2023年6月にシティとの現行契約が満了となるグアルディオラ監督の後任として引き抜かれることを阻止する狙いもあるともいわれている。 2022.01.22 14:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly