ラツィオ、宿敵ローマ相手に大暴れのノルウェー代表FW獲得に動く!

2021.11.23 23:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオが今冬の移籍市場で、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

イタリア代表FWチーロ・インモービレという絶対的エースを擁するラツィオだが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキ(27)の低調なパフォーマンスもあり、エース不在時の戦いに課題を残している。

そういった状況の中、新たなバックアップ候補としてリストアップしているのが、ノルウェーの強豪で活躍する187cmの若手ストライカーだ。
2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦41試合に出場し、20ゴール9アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではラツィオの宿敵であるローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。

恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。

『カルチョメルカート』によると、ボッタイム獲得には1000万ユーロ(約12億9000万円)程度の移籍金が必要となるが、ラツィオはその資金を捻出するため、前述のムリキを古巣フェネルバフチェら幾つかの移籍先候補に売却する構えだという。

関連ニュース
thumb

インテル、伊代表DFアチェルビの買い取り金額の減額をラツィオと交渉か

インテルがラツィオからレンタル中のイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(34)の買い取りオプションの減額を目論んでいるようだ。 今夏にラツィオから買い取りオプション付きのレンタル移籍でインテルに加入したアチェルビ。加入当初はセンターバックのバックアッパーと考えられていたが、師弟関係のシモーネ・インザーギ監督の下で輝きを取り戻すと、現在ではレギュラーに定着し、今季ここまで公式戦14試合に出場している。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルはアチェルビが昨年12月に自身のパフォーマンスを批判したラツィオのウルトラスと対立したことや、同選手を構想外としているマウリツィオ・サッリ監督のもとには戻らないことを承知の上で、獲得当初に設定した350万ユーロ(約5億円)の買い取りオプションからの更なる減額を目指し交渉を行っているとのことだ。 なお、アチェルビとラツィオの契約は2025年6月までとなっている。 2022.12.09 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、スペイン復帰希望のL・アルベルトの後釜として守田英正に関心か

ラツィオがスペイン復帰を希望している元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)の後釜候補として、スポルティングCPの日本代表MF守田英正(27)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。 かねてより母国スペインへの復帰希望を公言するルイス・アルベルトには、プロデビュー時の古巣セビージャが興味を示しているが、ここまでラツィオを納得させるオファーには至っていないものの、粘り強い交渉が続いているとのこと。 そのため、ラツィオを率いるマウリツィオ・サッリ監督は同選手の移籍が実現した場合の後釜確保をクラブ側に要求している。 そういった中、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、ラツィオがターゲットの一人として守田に関心を示していると主張している。 今夏にサンタ・クララから4年契約でスポルティングCPに加入した守田は、すぐにルベン・アモリム監督の信頼を勝ち取ると、ダブルボランチの一角として今季はここまで公式戦18試合に出場し3ゴール2アシストを記録。 またポルトガルに活躍の場を移してから、日本代表でもますます存在感を高めると、現在開催中のカタール・ワールドカップでも3試合に出場し、日本のベスト16進出に貢献した。 なお、同紙によればラツィオは1000万ユーロ(約14億4000万円)程度での獲得を目指しているが、スポルティングCPは守田の契約解除金を4500万ユーロ(約63億4000万円)に設定しており、獲得にはそれ相応の金額が必要になると見られている。 2022.12.09 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ会長が明かす「ペドロはすでに契約延長済み」

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が、元スペイン代表FWペドロ(35)について、すでに契約を1年延長していることを明かした。 バルセロナやチェルシーで活躍したペドロは、2020年夏にローマに移籍しイタリア上陸。その1年後、同じイタリアの首都を本拠地とするライバルのラツィオへ禁断の移籍を果たした。 ラツィオ加入後、昨季のセリエAでは32試合9ゴール4アシストを記録。今季も主力としてリーグ戦13試合、ヨーロッパリーグ5試合に出場していた。 今季限りとなっている契約については定かになっておらず、ラツィオが後釜を探しているとも伝えられていたが、イタリア『ラ・レプブリカ』の取材に応じたロティート会長が契約延長オプションの存在を認め、すでに2024年までの延長に合意していることを明かした。 「彼が6月にバルサに戻ると誰が言った? 不可能だ。すでに契約は更新されているからね。1年の延長オプションが有効となったのだ。このフェノメノを逃すつもりはない」 2022.12.07 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ふくらはぎのケガで離脱中のイタリア代表DFラッツァーリと2027年まで契約延長

ラツィオは22日、イタリア代表DFマヌエル・ラッツァーリ(28)との契約を2027年6月30日まで延長した。 2014年にレガ・プロ(セリエC)所属のSPALでプロデビューを飾ったラッツァーリは、2015-16、2016-17シーズンの連続昇格に大きく貢献。 セリエAの舞台でも持ち味のスピード、高精度の右足のクロスを武器に右ウイングバックを主戦場に印象的なパフォーマンスを披露すると、2019年の夏にラツィオへ完全移籍。 ラツィオでも加入直後から右サイドバックの主力としてプレーし、これまで4シーズンで公式戦134試合に出場し6ゴール14アシストを記録。今季もここまで公式戦16試合に出場しているが、直近のユベントス戦はふくらはぎのケガで欠場していた。 また、2018年9月に行われたポルトガル代表戦でイタリア代表を飾ったラッツァーリは、今年6月にはフィナリッシマ2022に臨むイタリア代表として1年3カ月ぶりに招集されると、右サイドバックとして後半からプレーした。 2022.11.23 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスが来年1月のミリンコビッチ=サビッチ獲得に本腰、約72億円の移籍金提示か

ユベントスがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)獲得に向けて、具体的なオファーを用意しているようだ。 ここ数年にわたり、ミリンコビッチ=サビッチへの関心を示し続けてきたユベントス。今夏の移籍市場でも獲得を狙ったが、ラツィオが最低でも6000万ユーロ(約87億円)という条件を譲らなかったことで、交渉はまとまらなかった。 それでも、ユベントスにミリンコビッチ=サビッチ獲得を諦めるつもりはない模様だ。イタリア『トゥットメルカート』によると、クラブ上層部は来年1月にミリンコビッチ=サビッチ獲得に再び動き出すことを決定。ラツィオに対して5000万ユーロ(約72億円)+ボーナスのオファーを提出する予定とのことだ。 一方で、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は10月に「セルゲイには1億2000万ユーロ(約176億3000万円)の価値があり、今後も高騰するはずだ」と発言。ユベントスが予定しているオファー額はその半分にも満たないことから、交渉は難航が予想される。 ミリンコビッチ=サビッチは2015年にラツィオへ加入して以来、チームの不動の主軸として君臨。今季もここまで公式戦20試合に出場して5得点7アシストを記録するなど、存在感を示している。 2022.11.16 13:17 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly