エバートンで現役引退のDFヒバートがフランス10部で現役復帰!

2021.11.23 22:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンで活躍したイングランド人DFトニー・ヒバート(40)がフランス10部のESルジーで現役に復帰することになった。フランス『La Nouvelle République』が報じている。

ヒバートは、マージーサイド育ちでアカデミー時代から在籍したエバートンで1998年にプロデビューを飾り、2016年までトフィーズ一筋のキャリアを歩んだ右サイドバック。

同クラブでプレミアリーグ265試合に出場した玄人好みのDFは、2016年の現役引退の後、2018年からフランスに移住していた。

ヒバートは現役引退後も日常的に身体を動かしており、自身が住む近郊でコンディションを維持するためトレーニングできるクラブを探していたという。そして、ルジーがトレーニング参加を快く受け入れ、同時に指導者としてU-13チームの指導も行っていたとのことだ。

なお、ルジーのジェローム・アルシャンボー会長は、元エバートンDFとの契約理由について人間的な結びつきを挙げている。

「我々は家族的なクラブであり、競争面ではなく仲間意識という点で、彼は我々のことを気に入ったのだと思う」

現役時代には生涯エバートンを貫いたヒバートだが、エバトニアンも生え抜きのレジェンドの現役復帰を快く受け入れてくれるはずだ。


関連ニュース
thumb

モウリーニョ、エバートン行きの噂も「ローマと約束した3年が経つ前に去ることはない」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督(58)がエバートン行きの可能性を否定した。 エバートンは先日、今季から就任したラファエル・ベニテス監督を成績不振を理由に解任。その後任ポストにダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督やフリーのフランク・ランパード氏、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督などが挙がり、注目されている。 その候補のひとりにモウリーニョ監督も挙がるが、コッパ・イタリア5回戦のレッチェ戦を3-1の勝利で飾ってベスト8進出を決めた後、今季から2024年までの契約を結ぶローマでの充実ぶり、そして忠誠心を示した。 「感情、情熱、共感、ローマとともに働く幸せという部分においては10点満点中の11点だと言える」 「みんなからの信頼を感じられる場所にいられ、本当に、すごく、すごく幸せだ。これ以上の幸せなどない」 「フットボール面に関しては4位から8位の間で終わるような戦いは明らかに私の本意ではないが、プロジェクトの過程であり、来季はもっと良いものになるだろう」 「前半戦の出来はひどく、苛立ちがあったのも否定しない。だが、そうは言っても、今は幸せであり、このローマのプロジェクトを他のものに変えるつもりなどない」 「私は3年間を約束した。そして、その3年が経つ前に去ることはないだろう。それは私のプロジェクトでもある」 2022.01.21 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

新指揮官探すエバートンとファビオ・カンナバーロが交渉か

エバートンが新指揮官候補の一人としてファビオ・カンナバーロ氏(48)と会談を行ったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 先日にラファエル・ベニテス監督を解任したエバートンは、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督を始め、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督といった候補と接触したが、いずれも色よい返答を得ることができず。 そのため、後任人事の長期化を覚悟するクラブは、過去にも暫定指揮官を務めたアシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏を再び暫定指揮官に任命している。 そういった中、新たな監督候補として急浮上しているのが、広州FC(前・広州恒大)を退団してからフリーのカンナバーロ氏。 先日にポーランド代表の新指揮官のオファーを断った元イタリア代表DFは、ヨーロッパで自身初の監督業スタートを目指しており、今週に入ってエバートンのクラブ幹部と会談の場を持っていたようだ。 現時点で交渉の進捗状況は不明だが、カンナバーロ氏は先月に指導者としての知見を広げるため、マンチェスター・シティ、トッテナムでジョゼップ・グアルディオラ監督、アントニオ・コンテ監督のトレーニングを見学。プレミアリーグで指揮を執ることへの関心を強めている。 また、同氏の娘はロンドンに住んでおり、そういった家族の事情を考慮すれば、エバートンでの指揮を受け入れる可能性は十分にありそうだ。 2022.01.21 00:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ベニテス解任のエバートンが関心も、モウリーニョ監督はローマでの仕事を継続か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンの指揮官就任に関心を示していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンは昨夏にラファエル・ベニテス監督が就任し新体制をスタートさせると、シーズン序盤は4勝2分け1敗で上位に位置するなど好成績を残した。しかし、徐々にチームのパフォーマンスが乱れると、順位は暫定15位まで低下。15日に行われたプレミアリーグ第22節で、最下位ノリッジ・シティに敗れたことでベニテス監督の解任が決定した。 暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏を据えつつ後任の選定を続けるエバートンは、オーナーであるファラド・モシリ氏の希望もあり昨夏ローマの指揮官に就任したモウリーニョ監督の招へいを検討しているようだ。 モウリーニョ監督はこれまでチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムとプレミアリーグの強豪クラブで指揮をとってきた実績があり、エバートンは残留争いから抜け出しチームを立て直す仕事にうってつけだと期待されている。しかし、『スカイ・スポーツ』によると現時点でモウリーニョ監督はローマに留まることを望んでおり、エバートンの指揮官就任には消極的なようだ。 同様に、ローマもクラブのプロジェクトに欠かせない人物としてモウリーニョ監督を留任させたい姿勢を見せており、仮にエバートンが動きを本格化させたとしても、招へいの実現は非常に困難となるだろう。 なお、エバートンはモウリーニョ監督のほか、元指揮官で現在はベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督や、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督、かつてポルトとフェネルバフチェで指揮をとったヴィトール・ペレイラ氏も後任候補としており、今後の動きが注目されている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ベニテス解任のエバートン、ダンカン・ファーガソンが暫定指揮官に再任

ラファエル・ベニテス監督を解任したエバートンだが、しばらくの間はアシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏(50)が暫定指揮官を務めることになった。 リーグ戦ここ13試合でわずか1勝という不振に陥っていたエバートンは、16日にベニテス監督を成績不振で解任した。後任候補には、元エバートン指揮官で現在はベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督や、同クラブのレジェンドでもある、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が挙げられている。 だが、同じく候補に挙がったローマのジョゼ・モウリーニョ監督に断られるなど、新監督招へいに時間を要する気配のエバートンは、以前にも暫定監督を務めたことのあるダンカン・ファーガソン氏に託すことになった。 同氏は2019年12月のマルコ・シウバ監督からカルロ・アンチェロッティ監督への移行期間にエバートンを指揮。3週間もない短い期間だったが、初戦でチェルシーを下すなどファンからは好印象を持たれている。 なおアシスタントには、1986年から1997年にエバートンで活躍し、現在は同クラブのU-23で監督を務めていたジョン・エブレル氏と、クラブ通算420試合に出場し、2020年夏に引退したレイトン・ベインズ氏らが任命されている。 ダンカン・ファーガソン暫定監督の2度目となる初陣は、22日に行われるプレミアリーグ第23節のアストン・ビラ戦だ。 2022.01.19 13:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー、指揮官マルティネスのエバートン復帰を許可せずか

ベルギーサッカー協会(KBVB)は同国代表監督のロベルト・マルティネス氏(48)を手放すつもりがないようだ。 先日、ラファエル・ベニテス監督を解任したエバートン。迅速な後任擁立が求められるなかで、2013年6月〜2016年5月までエバートンを率いたマルティネス氏も複数後任候補の1人に挙がり、その筆頭と目される。 だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、KBVBはマルティネス氏が今年11月下旬開幕のカタール・ワールドカップ(W杯)までとどまるのを望み、エバートン行きを許可しない意向だという。 一方のマルティネス氏もエバートンとまだ完全合意していない様子。また、イギリス『BBC』はエバートンのKBVBに対する1stコンタクトを指摘したが、ロマーノ氏の手放す気がないとする見立てに同調している。 なお、エバートンの次期監督候補にはマルティネス氏のほかにも、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督やフリーのフランク・ランパード氏らが挙がっている。 2022.01.18 11:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly