広島を下した清水、平岡体制初勝利で残留圏死守【明治安田J1第36節】

2021.11.20 16:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第36節、清水エスパルスvsサンフレッチェ広島が20日IAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。

残留争い真っ只中の16位清水(勝ち点33)と、残留を確定させている10位広島(勝ち点46)の一戦。清水は4日にロティーナ監督と契約を解除し、かたや広島も城福監督が先月末に退任したため、互いに暫定監督の下で残りの試合を戦うことになった。

必勝が求められる清水は前節、2度追いつく形で北海道コンサドーレ札幌とドロー。3連敗で止めたものの、4試合未勝利と足踏みが続いている。しかし、今節は積極的な姿勢が立ち上がりから目立つ。

5分過ぎに前線からのプレッシャーが功を奏し、相手のミスパスをカットした鈴木にチャンス到来。ここは相手守備陣に捕まったが、9分には再び鈴木の持ち上がりからチアゴ・サンタナのシュートシーンを迎えるなど、早々に見せ場を作った。

さらに13分には、ボール奪取からスムーズにカウンターへ移行し、右サイドの片山がカットインから右足シュート。相手DFに当たってしまったものの、立て続けにゴールに迫る。

一方の広島は、中盤でのボールロストが多く、攻撃がままならない時間が続く。23分には、相手のクロスに対応した荒木のクリアミスがオウンゴールになりかけるなど、今ひとつ試合に入れない。

すると30分、試合を動かしたのはやはりホームチームだった。最終ラインの鈴木義宜から鋭いスルーパスが鈴木唯人へ通ると、ボックス右から放ったシュートはポスト左を直撃。しかし、こぼれ球をチアゴ・サンタナが詰めて、ネットを揺らした。

全くチャンスが作れない広島は、55分に一挙3人替え。浅野、松本、柏を下げて、鮎川、塩谷、藤井を投入し、テコ入れを図った。

すると57分に、左サイドの東のクロスに茶島が合わせてようやく好機演出。続く64分には、ボックス手前でボールを持った鮎川がドリブルでボックス左へ侵入し左足を振り抜いたが、ここはGKの好セーブに遭った。

後半から押され気味の清水は、後藤に代わって投入された中山が67分にシュートシーンを迎えるが、ここは相手DFのブロックに捕まる。

徐々に攻守の激しさが増してきた一戦。75分をまわり、清水は西澤に代えて特別指定の山原を投入すると、その山原がいきなりドリブルシュートで見せ場を作る。対する広島も青山を下げてジュニオール・サントスを送り出し、攻撃の勢いを加速させる。

終盤を迎え、リードする清水は84分に3枚替えに出る。鈴木、原、竹内を下げて、ディサロ、エウシーニョ、中村を投入。左内転筋の肉離れで長期離脱が続いていたエウシーニョは6月6日のルヴァンカップ鹿島アントラーズ戦以来の公式戦となる。

80分以降は広島の攻勢が続いたが、最後までゴールを割ることができないまま試合終了。残留を目指す清水が虎の子の1点を守り切り、体制変更後初勝利。5試合ぶりの白星となった。

清水エスパルス 1-0 サンフレッチェ広島
【清水】
チアゴ・サンタナ(前30)



関連ニュース
thumb

平愛梨が夫・日本代表DF長友佑都との微笑ましいおにぎりエピソードを明かす、手書きのメモには「ブッハハハハハハ」

FC東京の日本代表DF長友佑都と妻であるタレントの平愛梨さんの、おにぎりを巡るエピソードが話題となっている。 年明けから練習のために朝早く出発する長友へ、移動中の車でも食べられるようにとおにぎりを用意した平さん。朝方5時にご飯を炊き、作り置いているとのことだ。 ある日、朝の準備時間に余裕があったのか、車ではなく自宅でおにぎりを食した長友は、用意されたおにぎりが夜の残りものだと勘違い。 自分が起床するより前に妻が起きて下準備をしているとは思わなかったようで、平さんも「オーマイガー!私は耳を疑った!」と驚いた模様だ。 だが、平さんは怒るようなことはせず、代わりにおにぎりの脇に作った時間を書いたメモを添付することにしたようだ。 「おはよう!おかか梅おにぎり、本日AM6:10に作りました(笑)ブッハハハハハハ」 すると、さすがに長友も気付いた様子。出発の際には、次のような言葉を平さんにかけたとのことだ。 「朝6時すぎからおにぎりありがとう」 わかりやすい夫の反応に平さんも大笑いだ。「見送った後、大声で笑ったよ、素直かッ」とのコメントを残している。 包容力を見せた平さんにはファンも様々なリアクションを見せた。インターネット上には「私ならイラッとくるところなのに」、「あいりちゃん優しい〜」、「長友さんが面白いのか、あいりちゃんが面白いのか笑」、「作った時間書くの最高」などのコメントが届けられることとなった。 1月27日、2月1日にホームで行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーにも選出されている長友。代表キャップが100を超えるベテランも、妻の前では形無しだったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】平愛梨が長友佑都のため、おにぎりに添えたメモ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZBBI4nPbbI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平愛梨オフィシャル(@harikiri_tairi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.25 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「兄貴の帰りを待つ3人」沖縄キャンプ中のFC東京、仲良しブラジル人カルテットの一幕を公開

FC東京の助っ人ブラジル人たちが変わらずの仲の良さを披露した。 昨季のリーグ戦ではFWディエゴ・オリヴェイラ、FWアダイウトン、MFレアンドロの3人で、チーム総得点49のうち29点をたたき出したFC東京。今季は守備の要としてDFエンリケ・トレヴィザンも加わり、ブラジル人トリオならぬ、ブラジル人カルテットとして活躍が期待される。 現在、沖縄県でキャンプ中のFC東京は、その中の1コマを公式インスタグラムで公開。「兄貴の帰りを待つ3人」題した動画を投稿した。 シュート練習を終えてベンチへと戻るディエゴ・オリヴェイラ。その"兄貴"を3人がハイタッチで迎えるという微笑ましい構図からは、新加入のエンリケ・トレヴィザンもすっかりとチームへ溶け込んでいる様子が伺える。 FW田川亨介やDF渡辺剛は海外へ移籍し、大物ルーキーMF松木玖生が加入したFC東京。アルベル・プッチ・オルトネダ新監督の下、ポゼッションサッカーに舵を切るなど変革が進む中で、ブラジル人カルテットはどのような形でチームに貢献できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京プレゼンツ「兄貴の帰りを待つ3人」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2022%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2022沖縄キャンプ</a> <br><br>先に練習を終えるも兄貴を待つ3人<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ディエゴオリヴェイラ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アダイウトン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#レアンドロ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エンリケトレヴィザン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/rQaZndLOeZ">https://t.co/rQaZndLOeZ</a> <a href="https://t.co/mClmH0V2V2">pic.twitter.com/mClmH0V2V2</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #LIFEwithFCTOKYO (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1485603886299680768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「襟付き良ぃなぁ」磐田のアドミラル練習試合用ユニがシンプルでかっこいいと好評「このユニも発売して欲しい」

ジュビロ磐田の練習試合用ユニフォームのデザインに多くの注目が集まっているようだ。 48年間続いたプーマとのサプライヤー契約を満了し、今季からは新たに豊田通商が展開するスポーツブランド『Admiral(アドミラル)』とサプライヤー契約を結んだ磐田。すでに発表されている80年代のイングランド代表モデルをモチーフとした今季の新ユニフォームも高い評価を得ており、アドミラルのロゴが『ミツカン』とも重なることもが各地で反響を呼んでいた。 磐田は3シーズンぶりのJ1での戦いに向け、現在は鹿児島でキャンプ中。公式ツイッターがいわてグルージャ盛岡との練習試合の様子を「今日は新しい#Admiralの練習試合用ユニフォームを着用しました」とのコメントとともに公開すると、このユニフォームにもファンからの歓喜の声が集まった。 「かっこ良すぎる」、「襟付き良ぃなぁ」、「このユニも発売して欲しいです」、「admiralのウェアいちいちかっこいいしその度にオレの中でミツカンの株が上がっている」、「ネイビーバージョンもあるのかな?」などのコメントが多数寄せられた。 ロゴが似ていることから味ぽんなどで知られる『ミツカン』との関係も話題の磐田。新たなサプライヤー『Admiral』の淡いサックスブルーの襟付きでシンプルなデザインは、かなり高い評価を得たようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】話題沸騰!磐田×アドミラルの練習試合用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZGzacXPpcT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ジュビロ磐田(@jubiloiwata.official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.25 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「DAZN」が2月22日より月額3000円に価格改定、お得な月額払いの年間契約もスタート…1カ月無料トライアルは廃止

「DAZN」は25日、価格改定と新プランを発表した。 「DAZN」は2016年8月にローンチし、2021年8月に5周年を迎えた。 2017年からは明治安田生命Jリーグを全試合配信。2018年にはプロ野球11球団の試合を配信。海外サッカーでもプレミアリーグの独占配信やラ・リーガ、セリエA、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ、スコティッシュ・プレミアシップなどをを配信。欧州でプレーする日本人選手の試合も多く見られる。 サッカーや野球以外にも、F1からF3までのモータースポーツやFIBAやWTA、ボクシングなども放送。女子スポーツにも力を入れ、UEFA女子チャンピオンズリーグやYogibo WEリーグも放送。2021年秋からはアジアサッカー連盟(AFC)と契約し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)やアジア予選、、アジアカップなど日本代表戦を中心に権利を獲得した。 試合のライブコンテンツ以外にも、『やべっちスタジアム』などのライブスポーツエンタテイメ ントショーやドキュメンタリーなどのオリジナルコンテンツにも注力。2016年のローンチ時に1500以上の配信コンテンツすは1万2000以上と約8倍に成長。配信総時間も82万時間から2.2億時間と約270倍に増加していた。 その「DAZN」だが、6年目を迎える2022年2月22日から、価格を改定。これまでの月額1925円(税込)からおよそ1000円増額し月額3000円(税込)に改定することとなる。 また、1年分を一括で支払う「DAZN年間 プラン(一括払い)」は1万9250円(税込)から2万7000円(税込)となり、月額2250円(税込)と現在より300円の増加で抑えられることとなる。また、「DAZN年間プラン(月々払い)」という新たなプランをスタートさせ、月額2600円(税込)となる。 なお、2月22日からは初回登録時の1カ月無料体験のサービスを終了。今後は他のオプションを検討していくとのことだ。 ◆DAZN月間プラン いつでも退会可能なお気軽プラン ・旧)月額1,925円(税込)→新)月額3,000円(税込) ・2022年2月22日(火)より <新価格について> ◆DAZN年間プラン(一括払い) 一括で1年分をお支払いいただく「DAZN年間プラン」は、月額換算2,250円で12カ月間楽しめる、月額プランより25%もお得な年間プラン。 ・旧)19,250円(税込)→新)27,000円(税込) ・新規契約:2022年2月22日(火)より ※年間プランはDAZNサイトより加入したユーザーのみが利用できるプラン ※Appleでの年間プラン購入価格は27,800円税込(旧19,400円)となります。 [NEW]◆DAZN年間プラン(月々払い) 分割でお支払いいただく12カ月間のプラン。 この「DAZN年間プラン(月々払い)」は月額2,600円で12カ月間楽る、2つの既存プランのイイトコどり、月額プランより13%お得なプラン。 ・月額価格:2,600円(税込)12カ月のご契約 ・新規のお客様:2022年2月22日(火)より ※このプランはDAZNサイトより加入したユーザーのみが利用できるプラン ※途中解約はできない ※支払いはクレジットカードおよびPayPalのみ 2022.01.25 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

12年ぶりJ1の京都、昨季38試合出場のMF三沢直人がアキレス腱断裂で手術

京都サンガF.C.は25日、MF三沢直人の負傷を発表した。 クラブの発表によると、三沢は19日のトレーニング中に負傷。右アキレス腱断裂と診断され、20日に京都市内の病院で手術を受けたとのことだ。 三沢は2021シーズンはガイナーレ鳥取から復帰し、明治安田生命J2リーグで38試合に出場し4得点を記録。途中出場が多いながらも、チームのJ1復帰に大きく貢献していた。 2022.01.25 14:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly