浦和が申請も通らなかった“声出し応援”に村井満チェアマン「応援緩和ではなく入場緩和が前提」、一部で不満噴出には「丁寧なコミュニケーションを」

2021.11.15 12:21 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Jリーグの村井満チェアマンが、浦和レッズが実施しようとした「声出し応援」について、見解を示した。

JリーグとNPB(日本野球機構)は15日、「第43回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

ワクチンの接種が進み、感染者の数も大幅に減少している日本。その中で、「ワクチン・検査パッケージ」の利用による緩和や、日本政府による大規模イベントの入場制限緩和が進んでいる状況だ。

そんな中、浦和が11月27日に行われる明治安田生命J1リーグ第37節の清水エスパルス戦に向けたチケット販売情報を発表。収容人数を2万4000人、ビジター席なしという設定の中、「ワクチン・検査パッケージ」の利用を申請し、2万4000人以上の集客を行うと発表した。

また、その際には技術実証の一環として「北ゴール裏指定席」では、「人と接触する応援」「密を作る応援」「声を出す応援」といった応援スタイル緩和のトライアルを当該試合で実施できるよう申請。声出し応援の実施に向けて協議を進めていることを発表していた。

この発表には、「ついに声出し応援が」という期待も集まる一方で、ビジター席を設けないことで一部の清水サポーターからは不満が噴出。対応の問題が指摘される事態となっていたが、浦和は12日に「依然接触・飛沫感染リスクがあることからこのタイミングでは応援スタイル緩和の技術実証は実施しないこととなりました」と声出し応援ができなくなったことを報告していた。

この件に関して、村井チェアマンが経緯と見解を示し、あくまでも「ワクチン・検査パッケージ」は入場緩和を目的としたものであるとし、応援スタイルの緩和は認められなかったとした。

「今回の「ワクチン・検査パッケージ」と言われているものは、応援スタイルの緩和を前提としているものではありません。入場数をどう緩和していくことが前提となる枠組みです。政府が「ワクチン・検査パッケージ」の内容について、リーグからクラブから申請を受ける範囲は、応援緩和ではなく入場緩和が前提でした」

「当然そういう枠組みですが、クラブから声出し応援の要請があったものなので、特別に政府サイドも相談に乗ってくれたというのが実情。結論としては、まずは入場緩和の枠組みを進めていくという政府方針だったので、声を出す応援は対象外とするというのが政府判断だったわけですが、そのプロセスにおいて、一部浦和がアナウンス、申請のプロセスを社会にアナウンスしたことが一連の背景だったと認識しています。最終アナウンスがあったように、応援緩和は行わないということを政府が判断したということになります」

浦和の要請に対して、日本政府とJリーグが話し合いを行ったと語った村井チェアマン。政府が対応してくれた一方で、申請段階の発表に関しては、対戦相手とのコミュニケーションも必要だっただろうと見解を述べた。

「当然ですが、対戦相手と十分なコミュニケーションをしながら、擦り合わせをしていただくのが通常の配慮だと思うので、場合によっては今回対戦相手とのコミュニケーションを欠いていたと思われるものかもしれないです」

「一方で、浦和自身にガイドライン違反があったわけではないので、運営が状況によって変化すると言うものであれば、丁寧なコミュニケーションを求めていきたいと思います」

専門家の見解でも、「声出し応援」の緩和は、まだまだ先になるとされている。飛沫感染が大きな要因となっている新型コロナウイルスの感染防止を考えるならば、まずは声を出さずにスタジアムを満員にすることが先になりそうだ。


関連ニュース
thumb

浦和DF酒井宏樹が日本代表招集に「勝利のため全力を尽くす」

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているDF酒井宏樹(浦和レッズ)が招集にコメントした。 「代表メンバーに選ばれて光栄です。試合後の隔離のため、浦和にはスーパーカップ(FUJIFILM SUPER CUP 2022)直前の合流になってしまい迷惑をかけてしまいますが日本代表の勝利のため全力を尽くしてきます」 「コンディション上げて浦和に合流できるようしっかりプレーしてきます!」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:49 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性…キャンプには帯同しておらず

浦和レッズは19日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは19日にPCR検査を実施。陽性判定を受けた。また、鼻閉の症状があるとのことで、適切な対策の下で療養している。 なお、15日からのトップチームトレーニングには参加しておらず、大原サッカー場でも勤務はしていないとのことだ。 また、沖縄でのトレーニングキャンプにも帯同はしておらず、クラブ内にも濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.01.19 20:01 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和MF江坂任、カタールW杯へサバイバルになる1年に向けて意気込み「課題を意識して」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日にスタート。国内組の選手たちが一堂に会して、月末に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ準備をスタートさせた。 合宿初日からハーフコートでの11vs11を行うなど、強度の高いトレーニングを実施した日本代表。W杯イヤーになったということもあり、熱が帯びており、選手たちもしっかりとオフの期間でもトレーニングを積んできたことを見せた。 キャンプ2日目を前に、浦和レッズのMF江坂任がメディアのオンライン取材に応対。初日を終えての感想は「やっと始まった感じですね。オフだったので、みんなコンディションはバラバラでしたが、1日目終わって、2日目も楽しみです」とコメントした。 初日のトレーニングについては「この代表のために体やコンディションは仕上げてきたと思うので、あれだけの強度の練習ができたのはみんなの準備があったと思います」と、それぞれの選手がしっかりと準備してきた結果のトレーニングだろうと語った。 2022年はW杯イヤー。江坂にとってはサバイバルとなるが「そこを目指してサッカーをするというよりは、目の前の課題や求められているものを全力でやった中で評価してもらえるのが一番なので、自分が求められるプレー、やらなければいけないプレーを全力でやることを心がけてやりたいと思います」とコメント。クラブや代表で求められているものをしっかりと見せることにフォーカスすると語った。 森保監督から求められていることについては「切り替えと強度のところはかなり求められていると思いますし、そこが試合の中で一番重要だと思います」とコメント。その点を意識していきたいと語った。 江坂が成長したい部分は「去年はレイソルにいた時と浦和に来てからは大きくサッカーが変わりましたし、その中で課題も出て、攻撃、守備の課題は自分でも見えていて、そこを意識してやっていきたいです」とコメント。浦和に移籍したことで、より課題が見えてきたと語った。 その浦和と日本代表の役割の違いについては「立ち位置は最初違いますが、浦和も流動的なポジションを変えるので、そこまで違いはなかったですし、スムーズにできると思います」とコメント。「周りの選手もコミュニケーションを取ってくれるので、そこはやれると思います」とし、攻撃面で戸惑うことはあまりないとした。 2022.01.18 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和のパワースポットで必勝祈願のロドリゲス監督、スーツ姿で「素晴らしい伝統に祝福を」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が神社に訪れ、必勝祈願。ファンも期待を高めているようだ。 15日に2022シーズンに向けた必勝祈願を行った浦和レッズ。立花洋一代表取締役社長らとともに、就任2年目を迎えたリカルド・ロドリゲス監督も参加した。 訪れたのはさいたま市内にある調(つき)神社。鳥居がなく、狛犬ではなく兎が置かれていることでも全国的に珍しい神社は、地元では「つきのみや」の愛称でパワースポットとして親しまれている。 社殿を背景にサムズアップを決める一枚を「素晴らしい伝統に祝福を」のメッセージとともに自身のインスタグラムに投稿したリカルド・ロドリゲス監督には、日本のファンから英語やスペイン語などでもメッセージが。「カッコいい」、「ともにリーグタイトルを掴もう」、「グッドラック、リカルド浦和!」、「今季も最高の結果を」など、期待する声が多数寄せられた。 昨季はリーグ戦で6位、天皇杯では見事にチームを優勝へと導いたリカルド・ロドリゲス監督。今季は選手が大幅に入れ替わった中でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦う浦和だが、指揮官の手腕にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】調神社にてスーツ姿でサムズアップを決めるリカルド監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYynMV1K4Fm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYynMV1K4Fm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYynMV1K4Fm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ricardo Rodriguez(@rrodriguez)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.18 19:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL2022のグループ組み合わせが決定! 川崎Fは広州FCやマレーシア8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムと同居

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022のグループステージ組み合わせが決定した。日本から参戦する各クラブが17日に発表している。 J1王者の川崎フロンターレはグループIに振り分けられた。2度のACL優勝歴を持つ広州FCやマレーシアでリーグ8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムが同居する。残り1チームはプレーオフの蔚山現代(韓国)vsポートFC(タイ)の勝者となる。 J1・2位の横浜F・マリノスはグループHに。Kリーグ5連覇中で3度目のACL制覇を目指す全北現代モータースが最大のライバルとなる。ベトナムから参戦のホアンアイン・ザライは、2021シーズンは新型コロナウイルスの影響で国内リーグが中止となった中、12試合終了時点での順位が適用され、1位でACL出場権を獲得。16年ぶりの舞台となった。グループI同様、プレーオフ勝者枠が設けられている。 天皇杯王者として参戦する浦和レッズはグループFに入り、中国王者の山東泰山やシンガポール王者のライオン・シティ・セーラーズと同居。大邱FC(韓国)とブリーラム・ユナイテッド(タイ)が残り1枠をかけてプレーオフを戦う。 そして、J1・3位のヴィッセル神戸はプレーオフからの参戦。勝ち上がった場合、2020年大会のベスト16で対戦した上海海港や、タイのチェンライ・ユナイテッド、香港の傑志が所属するグループJに組み込まれる。 2022年はカタール・ワールドカップ(W杯)が冬に開催されることで、各国リーグの日程も変化しており、その影響で今大会は2022年と2023年を跨いで開催されうことに。また、日本が含まれる東地区と西地区ではスケジュールが異なり、東地区はグループステージが4月15日から5月1日にセントラル開催される。 ◆ACL東地区グループステージ組み合わせ 【グループF】 山東泰山(中国) 浦和レッズ ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール) プレーオフ勝者4 【グループG】 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) 全南ドラゴンズ(韓国) ユナイテッド・シティ(フィリピン) メルボルン・シティ(オーストラリア) 【グループH】 全北現代モータース(韓国) 横浜F・マリノス ホアンアイン・ザライ(ベトナム) プレーオフ勝者1 【グループI】 川崎フロンターレ 広州FC(中国) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) プレーオフ勝者3 【グループJ】 上海海港(中国) チェンライ・ユナイテッド(タイ) 傑志(香港) プレーオフ勝者2 2022.01.17 17:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly