イタリア代表、サッスオーロDFフェッラーリを追加招集

2021.11.12 23:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロのDFジャン・マルコ・フェッラーリがイタリア代表に追加招集されるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

合流は本日行われるスイス代表戦後とのことで、15日に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選最終節の北アイルランド代表戦に帯同する模様だ。

イタリア代表として1試合の出場歴を持つフェッラーリは、サッスオーロで不動のレギュラーセンターバックとして今季ここまでのセリエAでフルタイム出場を続けている。



関連ニュース
thumb

アタランタがジェレミー・ボガ獲得を発表! AFCON終了後に合流

アタランタは24日、サッスオーロからコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(24)を獲得したことを発表した。 クラブは詳細な契約内容を明かしていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によれば、契約期間は5年間で移籍金は2200万ユーロ(約28億4000万円)+ボーナスで合意に達した模様だ。 マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍した。 サッスオーロでは左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦102試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして評価を高めていた。 なお、ボガは現在、コートジボワール代表としてアフリカネーションズカップ2021に参加中しているため、大会終了後にチームに合流する。 2022.01.25 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュミット・ダニエルにライバル?シント=トロイデンがサッスオーロからU-21イタリア代表GKを獲得

シント=トロイデンは24日、サッスオーロからU-21イタリア代表GKアレサンドロ・ルッソ(20)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ジェノアの下部組織で育ったルッソは、2019年夏にサッスオーロへ移籍すると、同年12月に行われたコッパ・イタリア4回戦のペルージャ戦でトップチームデビュー。 しかし、その後は思うように出場機会を得られず、昨季はセリエBのヴィルトゥス・エンテッラに武者修行に。今季もセリエBのアレッサンドリアへレンタル移籍で加入するもリーグ戦2試合に出場にとどまっていた。 なお、193㎝の大型GKとして各年代のイタリア代表に選出されるなど将来が有望視されているルッソは、2021年9月にU-21イタリア代表デビューを飾っている。 2022.01.25 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、サッスオーロFWスカマッカに照準か

ユベントスがサッスオーロのイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の獲得に照準を絞っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今季のセリエA19試合で27ゴールと得点力不足に陥るユベントス。1月の移籍市場で新ストライカー獲得が急務とされ、これまではパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの名前が挙がっていたが、サッスオーロで今季19試合に出場し、6ゴールを挙げているスカマッカが本命になったようだ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によればユベントスは買い取りオプション、または買い取り義務での獲得を望み、移籍金3500万ユーロ(約45億円)以上は出さない方針とのことだ。 195cmの大型FWであるスカマッカは9月にイタリア代表デビューを飾り、将来を嘱望されている。 2021.12.29 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

サッスオーロMFボガ、アタランタ移籍へ! 移籍金28億円+ボーナスでクラブ間合意

アタランタがサッスオーロのコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(24)を獲得するようだ。 サッスオーロとの契約が今季最終年のボガ。移籍願望を明らかにした昨夏のタイミングでそれが形にならず、今季もサッスオーロでプレーしているが、今冬のアタランタ行きが決まったという。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アタランタとサッスオーロは移籍金2200万ユーロ(約28億4000万円)+ボーナスで合意に達した模様だ。 来年1月のアフリカ・ネイションズカップに向けた代表にも呼ばれるボガもメディカルチェックを契約書へのサインを済ませるため、これから数時間のうちにベルガモへ。5年契約でのアタランタ入りとなるようだ。 恩師であるロベルト・デ・ゼルビ監督のシャフタール・ドネツクも関心を寄せるなか、アタランタ行きを決断したボガは生粋のドリブラー。今季はここまでセリエA12試合の出場で3アシストを記録している。 2021.12.26 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタがジェレミー・ボガ獲得に迫る! 個人間で原則合意

アタランタがサッスオーロのコートジボワール代表FWジェレミー・ボガ(24)の獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 サッスオーロとの現行契約が今シーズン終了までとなっているボガに関しては、今夏のタイミングでの移籍の可能性が決定的と見られていたが、最終的に残留が確定。 しかし、依然として移籍を希望する同選手に対しては、昨季までサッスオーロを率いていたロベルト・デ・ゼルビ監督率いるシャフタール・ドネツク、同じく移籍先候補に挙がっていたアタランタが熱視線を注いでいた。 スキラ氏が報じるところによれば、アタランタとボガは2026年までの契約で原則合意。ただ、アタランタとサッスオーロのクラブ間での合意には至っていないという。 サッスオーロはボガの移籍金を2000万ユーロ(約25億5000万円)に設定しており、選手の譲渡ではなくキャッシュのみのオファー以外受け入れる気はないようだ。 マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍した。 サッスオーロでは左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦99試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして評価を高めている。 2021.12.07 22:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly