「今回の旅もガッカリする恐れ」日本代表で出番ない板倉滉をドイツメディアが憂慮

2021.11.12 18:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨んでいる日本代表。11日に行われたベトナム代表戦は1-0で辛勝し、3位に浮上した。

首位のサウジアラビア代表と2位のオーストラリア代表の試合は引き分けに終わったため、日本は勝ち点差を詰めることに成功した。

最も重要だった勝ち点3を獲得した日本だが、ドイツ『DerWesten』はシャルケのDF板倉滉について「大きな失望となる可能性がある」と報道。代表活動に参加しても出番がないことを憂慮しているようだ。

板倉は今夏、マンチェスター・シティからレンタル移籍でシャルケに加入。すぐにポジションを掴むと、ブンデスリーガ2部で10試合連続出場中。チームは連敗中だが、3バックのレギュラーとしてプレーしている。

その板倉はコンスタントに日本代表に招集されており、アジア最終予選でも10月、11月と続けて招集を受けているが、ピッチには立っていない状況だ。

『DerWesten』は板倉が無駄に世界中を飛び回るだけになるのではと危惧。シャルケに戻るまで1万9000kmの移動があるとし、「今回の旅もガッカリする恐れがある」としている。

また、「オマーン戦は特に重要な試合」としているものの、「板倉がそこにいるかどうかはまだわからない」と、16日のオマーン代表戦でも起用されるかは不透明だと心配した


関連ニュース
thumb

「みんなの気持ちが乗った試合を」最終予選初出場が期待されるDF板倉滉、見据えるのは「勝ち点3、そこだけ」

日本代表のDF板倉滉(シャルケ)が25日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。海外組の5名を除く18名が参加して汗を流した。 板倉も24日のトレーニングに参加し、ジョギングなどで汗を流し、2日目のトレーニングに備えた。 最終予選は昨年9月の2試合を除き、10月、11月と招集を受けていた板倉。しかし、ここまで出番はないままとなっている。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)と主軸のCB2人がケガで不在。板倉にも出場のチャンスが回ってくる可能性が高い。 この状況に板倉は「2人が不在の中で、ここでしっかり勝ちきることが大事ですし、チームの勝利のことしか考えていないです。自分がやってやるとい気持ちは持って活動に来ていますが、終わった時に勝点3を獲得していることが大事だと思います」とコメント。自身のアピールではなく、チームとしての勝利が最も大切だとした。 見せたい特徴は「自分の良さは一対一で負けないこと、後ろからサッカーを作ることというのはありますが、自分が持っているもの全てを出すつもりですし、プレーどうこうより勝てば良いという感じです」とし、どんな形でも勝ち点3をまずは勝ち取る必要があるとした。 プレッシャーのかかる中で、出番がくれば昨年5月のアジア2次予選のミャンマー代表戦以来の出場となるが「いつも通りのプレーを出すようにすること、プレッシャーもありますし、大事な試合なので、心がけるというよりはいつも通り試合に入ること」と、特に意識しすぎないことが大事だとし、「考えすぎることもないと思います」と板倉は語った。 今回CBとして招集を受けているのは、板倉の他に、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、植田直通(ニーム)、中谷進之介(名古屋グランパス)の3名だ。谷口については川崎Fの先輩でよく知る選手。「彰悟さんんはフロンターレの時に一緒にやっているので、よく知っています」と語り、「直くん(植田直通)も何回か一緒にやったことがあります」と、植田とも問題ないとした。 中谷については「中谷選手は1つ上で一緒にしたことはないので、コミュニケーションをたくさんとってやっていければと思います」と、これまでコンビを組んだことはないものの、問題もないとした。 谷口と組めば、中盤の守田英正(サンタ・クララ)や田中碧(デュッセルドルフ)らと共に、川崎Fの選手が多く揃うことに。「誰と組んでもコミュニケーションをとってやりますし、CBの関係だけではないので、コミュニケーションをやっていければと思います」としながらも、「彰悟さんはよく知っていますし、プレースタイル、性格などいろいろなことを知っているので、フロンターレからの付き合いはあります」と、多少のやりやすさはあるだろうと語った。 しかし、そんなことよりも板倉が見据えるのは結果。「勝ち点3、そこだけですし、プレー云々より勝ちが必要なので、何を言われようと試合が終わった時に勝ち点3を日本に与えられればと思います」とし、結果が全てだと改めて強調した。 今回の最終予選については「どの大会もそうですが、プレッシャーがある試合なのは間違い無いですし、日本はWハイに絶対出なければいけない国だと思いますし、見ている人もみんな望んでいると思いますし、僕たちも望んでいるので、みんなの気持ちが乗った試合をしたいですし、その試合でしっかりやりたいなと思います」と、思いを結集してプレーに出したいと板倉は語った。 また、チャンスを生かすという点も「サッカー選手はそういうものだと思っていて、僕自身今までのキャリアを振り返ってみても出られないこともあったり、ケガ人の影響で試合に出てということもありました。大事な試合で結果を残せるか残せないかはこの世界で生き残っていけるかどうかです」と語り、「ケガ人と言うのもありますが、急にチャンスが来た時に日本を勝たせられる選手にならなければいけないと思います」と、あくまで結果を目指してプレーするとした。 2022.01.25 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アンジェ、練習施設の使用を許可していたベンタレブと3年半契約を締結

アンジェは6日、元アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(27)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。その後、2016年夏にレンタルでシャルケに加入すると、翌年2月に完全移籍に移行した。 シャルケでは、在籍5シーズンで公式戦107試合に出場し19ゴール9アシストの数字を残した一方、度重なる規律違反でクラブやファンの不興を買うことに。また、2020年1月にはニューカッスルへの半年間のレンタル移籍も経験していた。 その後、昨シーズン限りでシャルケとの契約が満了を迎え、以降フリーの状態が続いている。 なお、アンジェは昨年9月からベンタレブにコンディション調整の場としてトレーニング施設の使用を許可していた。 2022.01.07 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケ、板倉滉ら2選手のコロナ陽性を報告…

シャルケは30日、日本代表DF板倉滉、ドイツ人FWシモン・テローデの新型コロナウイルス陽性反応を報告した。 両者はここ数日の検査で陽性判定が確認されており、現在は隔離措置を受けているとのこと。なお、ワクチン接種を受けているテローデ、ワクチン接種に加え、ブースター接種まで受けている板倉は共に無症状だという。 また、シャルケは来年1月3日からトルコにて6日間ほど、後半戦に向けた準備を行う予定だったが、新型コロナウイルスのリスクを回避するため中止にしたことを併せて発表した。 2021.12.31 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉滉が2試合連続ゴールで値千金の同点弾! 昇格争い対決で敗戦を免れる

シャルケの日本代表DF板倉滉が劇的ゴールでチームを救った。 シャルケは18日、ブンデスリーガ2部の第18節でハンブルガーSVと対戦した。 1部復帰を目指す両チームの対決。板倉は3バックのセンターで板倉は出場した。 しかし、開始2分で失点する状況に。追いつきたいシャルケだったがなかなかゴールを奪えない。 それでも迎えた87分、左CKの流れからボックス内左でマリウス・ビュルターが巧みなトラップから切り返すと、折り返しを板倉が押し込みゴール。シャルケが土壇場で追いつき、1-1の引き分けに終わった。 2試合連続でのゴール、この試合ではチームを敗戦から救うゴールとなったが「ナイスゴール!」と称賛の声も集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉が値千金の同点ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QnwrEAowRHs";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.19 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃参加からのワンツーからのコントロールシュート!板倉滉のシャルケ初ゴールに反響「CBのプレーじゃない」

シャルケの日本代表DF板倉滉が決めたドイツでの初ゴールが脚光を浴びている。 板倉は今シーズンからブンデスリーガ2部のシャルケとへとレンタル移籍。加入後の全試合に出場し、守備の柱となっている。 10日にホームで行われたニュルンベルク戦にも3バックの左センターバックとして13試合連続の先発を果たすと、3-1と2点リードで迎えた後半アディショナルタイムに板倉が攻撃で魅せる。 自陣でボールを持った板倉は、ドリブルで敵陣左サイドでまで持ち上がると、味方へ絶妙なスルーパス。そのまま攻撃参加を続けると、リターンパスを貰った板倉がボックス内のFWマーヴィン・ピエリンジャーとワンツー。返しのパスをペナルティーアーク付近から冷静にゴール右下へと沈めた。 センターバックとは思えない華麗なゴールを、シャルケの公式ツイッターが投稿。ショートパスをつなぐ“Tiki Taka(ティキ・タカ)”になぞらえ、“Tikitakura(ティキタクラ)”と称してゴールシーンを伝えた。ファンも「センターバックのプレーじゃない」、「すごすぎる」、「素晴らしいパス&ムーブ」と驚きの反応を寄せている。 板倉のゴールで止めを刺したシャルケは4-1で快勝。8位から4位へと一気に順位を上げている。 <span class="paragraph-title">【動画】CBとは思えない板倉の連係ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Wenn dir als Verteidiger kurz vor dem Abpfiff noch die Kirsche auf der Heimsieg-Torte fehlt... <br><br> <a href="https://twitter.com/kougogo1270?ref_src=twsrc%5Etfw">@kougogo1270</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/S04?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#S04</a> | | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%BF%E5%80%89%E6%BB%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#板倉滉</a> <a href="https://t.co/ahG0viyQR5">pic.twitter.com/ahG0viyQR5</a></p>&mdash; FC Schalke 04 (@s04) <a href="https://twitter.com/s04/status/1470782898223693825?ref_src=twsrc%5Etfw">December 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.15 12:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly