C・ロナウドの劇的同点弾でユナイテッドが首位キープ! ビジャレアルが2連勝《CL》

2021.11.03 07:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節、アタランタvsマンチェスター・ユナイテッドが2日に行われ、2-2のドローに終わった。敵地での前回対戦では2点差をひっくり返されて今グループステージ初黒星を喫した3位のアタランタ(勝ち点4)。その一戦以降は直近のラツィオ戦で2度のビハインドを追いつく劇的なドローゲームを演じたものの、1勝2分けと今一つ乗り切れない状況だ。ホームでリベンジを期すこの一戦ではロヴァートに代わって負傷明けのパロミーノを復帰させた以外、ラツィオ戦と同じメンバーを起用した。

一方、ビジャレアル、アタランタとのホーム連戦をいずれも劇的な逆転勝利で連勝した首位のユナイテッド(勝ち点6)。アタランタ戦の興奮冷めやらぬ中で臨んだリバプールとのリーグ戦ではホームで0-5の屈辱的な惨敗し、スールシャール監督の進退問題に発展。それでも、背水の陣で臨んだ直近のトッテナム戦では[3-5-2]へのシステム変更が奏功し、公式戦11戦ぶりのクリーンシートという最高な内容で3-0の快勝を収め、窮地を脱した。

今週末に宿敵マンチェスター・シティとの重要なダービーを控える中、ノルウェー人指揮官はトッテナム戦から先発3人を変更。リンデロフとフレッジ、カバーニに代えてバイリーとポグバ、ラッシュフォードを起用。[3-5-2]の布陣を継続した。

開始直後にイタリア帰還のクリスティアーノ・ロナウドがミドルレンジのシュートをいきなり放ったユナイテッドは、5分にいきなりの決定機。相手を押し込んでペナルティアーク付近でマクトミネイが放ったシュートがDFに当たって大きくコースが変わって枠の左隅へ向かう。だが、これは惜しくもポストを叩いた。

一方、時間の経過と共に相手守備のギャップを効果的に使い始めたアタランタが、前回対戦同様に先にゴールをこじ開ける。12分、相手陣内左サイドでルーズボールに反応したサパタがボックス内に持ち込み、ペナルティアーク付近で浮いていたイリチッチへ丁寧なマイナスのパス。これをイリチッチが得意の左足で合わせると、味方がブラインドになったかGKデ・ヘアがはじき出せずにゴールネットに吸い込まれた。

この先制点で勢いづくアタランタは、付け焼刃の相手とのミラーゲームを優位に進めていく。守備ではマンツーマンの形で相手に自由を与えず、攻撃ではコープマイネルスの長短交えたパス、前線のキープ力を生かして相手を圧倒。サパタが幾度かボックス内へ持ち込んで決定的なシュートを放っていくが、相手守備陣の身体を張った守備に阻まれる。

一方、難しい状況が続くユナイテッドは、さらにアクシデントに見舞われる。筋肉系のトラブルかそ径部の負傷再発か、ヴァランがプレー続行不可能となり、38分にグリーンウッドを投入。この交代で並びを[4-2-3-1]に変更した。ただ、結果的にこの変更が同点ゴールをもたらす。

前半アディショナルタイム1分、ボックス手前でC・ロナウド、グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデスと鮮やかにパスが繋がると、ボックス中央でB・フェルナンデスがヒールで短く落としたボールをC・ロナウドが豪快に右足で蹴り込んだ。なお、B・フェルナンデスは4戦連続アシスト、C・ロナウドは4試合連続ゴールとなった。

1-1で折り返した中、追いつかれたアタランタはパシャリッチを下げてディムスティを投入。デ・ルーンを本職の中盤に上げる。後半の入りはユナイテッドに押し込まれるが、前半同様にファーストチャンスをモノにした。

56分、パロミーノからのフィード反応した左サイドのサパタがそのまま内に切り込んで、DFマグワイアとGKデ・ヘアに寄せられる前に右足のシュートを流し込んだ。

またしてもリードを奪われたユナイテッドは、ここからボールを握って反撃に打って出る。だが、前半同様に遅攻の場面ではなかなか相手の強度の高い守備を崩し切れない。これを受け、スールシャール監督は69分にポグバ、ラッシュフォードを下げてマティッチ、カバーニを同時投入。

一方、ボールの主導権を握られるものの、サパタと途中出場のムリエルのコロンビア代表コンビのスピードとフィジカルを生かしたカウンターが機能するアタランタは、幾度か3点目を奪うチャンスが訪れたが、DFバイリーの身体を張った好守に阻まれる。

その後、ユナイテッドは87分にマクトミネイ、B・フェルナンデスを下げてサンチョ、ファン・デ・ベークを投入し、最後の勝負に出る。すると、百戦錬磨のストライカーがまたしてもアディショナルタイムに試合を動かした。

91分、相手陣内左サイドでクリアボールを奪ったC・ロナウドがそのまま強引なドリブルで内へ切れ込む。一度ボールを失いかけるも、サポートに入ったグリーンウッドからペナルティアーク付近でマイナスの落としを受けると、見事なグラウンダーの右足シュートをゴール左下隅の完璧なコースに流し込んだ。

そして、C・ロナウドの2ゴールで2度のビハインドを追いついたユナイテッドが、敵地から勝ち点1を持ち帰ることに成功し、グループ首位をキープ。公式戦連勝を逃すも週末のダービーに弾みを付けている。

また、同日行われたグループFのもう1試合、ビジャレアルvsヤング・ボーイズは、ホームのビジャレアルが2-0で勝利した。

アタランタvsユナイテッドの結果次第で首位浮上の可能性があった2位のビジャレアル(勝ち点4)は、最下位のヤング・ボーイズ(勝ち点3)を相手に連勝を狙った。

直近のリーグ戦4戦未勝利からの不振脱却を図るエメリ率いるチームは、前回対戦同様にスイス王者と拮抗した戦いを繰り広げていく。互いに幾度か決定機を作り合った中、セットプレーでゴールをこじ開ける。36分、左CKのサインプレーから大外に走り込んだガスパールが頭で中へ折り返すと、ゴール前のキャプーが自身のヘディングシュートのこぼれ球を冷静にゴールへ蹴り込んだ。

1点リードで試合を折り返したビジャレアルだが、後半立ち上がりに相手セットプレーからのゴールがVARで取り消される場面を招くなど、ヤング・ボーイズの攻勢に晒される。

それでも、アルビオルの決死のゴールカバーなど一丸となった守備でリードを維持すると、試合終了間際の89分にはカウンターからダンジュマにトドメの2点目が生まれ、前回対戦同様に決定力の差を見せつけてスイス王者相手に2連勝を達成した。

関連ニュース
thumb

「絶対ない」…ビラ戦欠場のマルシャル、ラングニックのプレー拒否発言に釈明

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルがラルフ・ラングニック監督の主張を真っ向から否定した。 今季も常時の出場機会を掴めずにいるなか、代理人を務めるフィリップ・ランボリー氏の発言で今冬の移籍願望が判明したマルシャル。後にラルフ・ラングニック監督も本人の退団意思を認め、今後の去就が注目される。 そのなか、ユナイテッドは15日に敵地で行われたプレミアリーグ第22節でアストン・ビラと対戦。この試合でもメンバーから外れたマルシャルだが、ラングニック監督は本人の意向を尊重してのものだったと明かしている。 だが、この発言を巡り、マルシャル本人が事実無根だとして、ドイツ人指揮官の主張に反論した。自身インスタグラムのストーリーで釈明した。 「マン・ユナイテッドの試合を拒否するなんて絶対にない。僕はここに7年いるが、クラブやファンにリスペクトを欠いたことなんてないし、これからもそうだ」 2022.01.16 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

2-0から追いつかれ、勝ち点1どまり…ラングニック「負けたような気分」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が失望感を露わにした。 ユナイテッドは15日のプレミアリーグ第22節でアストン・ビラとのアウェイ戦に臨み、2-2のドロー。2-0でリードした試合だったが、残り15分のところから守りが乱れ、2点差を追いつかれてしまった。 先のカラバオカップに続いてビラ相手に勝利を目指したが、勝ち点1を掴むにとどまったユナイテッド。ラングニック監督も試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のマイクを通じて、結果に落胆した。 「この95分間を経て、ポジティブな要素を見つけるのは非常に難しい。前半の30分間は試合を支配して、私がここに来てから最高の出来だとも感じた」 「我々は数歩のステップを踏んだが、いくつかの改善すべき課題もある。最初の30分間は中盤でプレスをかけるプランを非常にうまくやり、ボールも支配して、ポジティブだった。一方で、2-0でリードしてからのラスト15分間はもっとうまい守備をしなければいけなかった」 「最後の15分間はボールを失い過ぎて、コンパクトになれず、2失点してしまった。ハーフタイム前の15分間は一歩を踏み出す勇気を欠いたが、後半に入ってからは良くなっていったし、3ポイントをホームに持ち帰らなければならなかった。正直なところ、負けたような気分だ」 「今は非常にがっかりしているが、前進していることは示せたと思う。しかし、大切なのは結果。2ポイントを失ったような、手放したような気分だ」 2022.01.16 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラデビュー即ゴールのコウチーニョ「良いスタートが切れた」

アストン・ビラのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが鮮烈なデビューの心境を語った。 今冬に出場機会を求めて、バルセロナからビラにローン移籍したコウチーニョ。それから間もなくして、15日にホームでプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦を迎えた。 ベンチからのスタートになったが、0-2の68分から出場すると、MFジェイコブ・ラムジーのゴールに絡み、続く81分にボックス左からの折り返しを右足で押し込み、ドローに持ち込んだ。 ビラデビュー戦から期待通りの活躍を披露して、今後にも期待を膨らませたコウチーニョも試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で満足感を示した。 「こういう試合、プレミアリーグが恋しかった。前から言うように、新たなチームメイトとここにいられて、すごく幸せだ」 「良いスタートが切れたよ。良い試合ができたと思う。最後まで勝てると信じ続け、負けなかった。次に進むんだ」 リバプールからバルセロナに移籍してから苦悩の時間を過ごしたが、「多くの浮き沈みがあったが、もう過去のことだ」とビラでの今を大事にした。 「僕はクラブや監督の目標に集中するためにここにいる。チームメイトや監督に力を貸すために良い仕事がしたいんだ」 2022.01.16 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラデビューのコウチーニョが値千金の同点弾! 2点差追いつかれたユナイテッドは痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドが15日にビラ・パークで行われ、2-2のドローに終わった。   消化試合数は2試合少ないものの、前節のウォルバーハンプトン戦でラングニック体制初黒星を喫するなど、低調なパフォーマンスが続く7位のユナイテッド(勝ち点31)。ここ最近ではクラブ内部での内紛も囁かれる苦境の名門は、直近のFAカップで辛くも1-0で勝利したリーグ戦14位のビラ(勝ち点22)を相手にバウンスバックの白星を目指した。   ラングニック監督はFAカップの前回対戦から先発3人を変更。累積警告による出場停止のショーとマクトミネイ、負傷のラッシュフォードに代えてアレックス・テレス、マティッチ、エランガを起用。なお、クリスティアーノ・ロナウドはそ径部の問題によって引き続き欠場となった。   この試合、アンカーにマティッチ、3トップにエランガ、グリーンウッド、カバーニを配した[4-3-3]の布陣で臨んだユナイテッド。集中した入りを見せた中で意外な形から早い時間帯にゴールが生まれる。   6分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でテレスが横に短くずらしたボールをブルーノ・フェルナンデスが右足でシュート。ゴール左隅に向かったシュートはGKマルティネスの守備範囲だったが、手前にいたカバーニに気を取られたか、目の前でバウンドしたボールをマルティネスがまさかのファンブル。そのままゴールネットに吸い込まれた。   ビラ守護神のミスを突いて先制に成功したユナイテッドは、ここから相手にボールを持たれる展開が続くが、コンパクトな[4-5-1]の守備ブロックできっちりと受け止めて決定機を与えず。逆に、カウンターやセットプレーの形から18分にボックス内でグリーンウッドのシュート、27分にはテレスの直接FKでGKマルティネスにファインセーブを強いる。   しかし、時間の経過と共にリズムを掴んだホームチームに良い形での攻めを許し始めるユナイテッドは、36分にディーニュの右CKをゴール前でフリーにしたブエンディアにドンピシャのヘッドで合わせられる。だが、この決定的なシュートはGKデ・ヘアがビッグセーブ。さらに、前半終盤の43分にはキャッシュの右サイドからのクロスを大外に飛び込んできたディーニュにダイレクトでシュートされるが、これもデ・ヘアの好守で辛くも凌いだ。   完全に試合を支配するまでには至らなかったものの、1点リードで試合を折り返したユナイテッド。後半はショートカウンターの形からエランガにいきなり決定機が訪れるなど、前半同様に良い入りを見せる。   だが、直後の49分にはジェイコブ・ラムジーにボックス内で枠の左隅を捉えた際どいシュートを放たれて再びGKデ・ヘアがビッグセーブを強いられると、ここから我慢の時間帯が続いていく。   それでも、ボックス内での粘りの対応で1点リードを維持するアウェイチームは再び相手のミスを突いてゴールをこじ開ける。67分、自陣左サイドで苦しい体勢となったサンソンのバックパスをフレッジがボックス付近でカットし、中央に走り込むB・フェルナンデスへ丁寧に繋ぐと、ポルトガル代表MFが走り込んだ勢いそのままに強烈な右足のシュート。クロスバーの内側を叩いたこのシュートがゴールネットを豪快に揺らした。   再びミスから失点したビラはその前の段階から準備させていたコウチーニョをサンソンに代えて投入。元リバプールMFは4年ぶりのプレミアリーグ再デビューとなった。さらに、ビラは76分にイングスを諦めてカーニー・チュクエメカを最後のカードとして切った。   すると、プレミア帰還のコウチーニョがいきなり魅せる。77分、ボックス手前左で仕掛けたコウチーニョがチュクエメカにボールを預けて中央へ侵入。足元にリターンパスを受けた際に相手MFフレッジの足に当たったボールがゴール前でフリーのラムジーにこぼれると、これをラムジーが豪快に右足で蹴り込んだ。   アシストは付かなかったものの間違いなくゴールに絡み気を良くしたコウチーニョは、今度は正真正銘の決定的な仕事を果たす。82分、左に流れたブエンディアからの絶妙なスルーパスに抜け出したラムジーがボックス左で折り返したボールを、ファーにフリーで走り込んだコウチーニョが冷静にワンタッチで流し込み、ビラデビューを自ら祝う値千金の同点ゴールとした。   わずか5分間の連続失点で2点差を追いつかれたユナイテッドは、チーム全体のガス欠が顕著で勝ち越しゴールを奪いに行く力はおろか、相手の攻勢を凌ぐので精一杯の苦境に陥る。これを受け、ラングニック監督はすでに投入したサンチョに続きリンガード、ファン・デ・ベークを試合最終盤に投入した。   この交代で何とかイーブンの展開まで戻したものの、試合はこのまま2-2のスコアでタイムアップ。プレミア再デビューのコウチーニョの引き立て役となったユナイテッドは、2点差を追いつかれる拙い試合運びでリーグ2戦未勝利と苦境が続く。 2022.01.16 04:34 Sun
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッドは一番上でなければならない」…ルーニー、ロナウドの発言に異論

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの発言に元同僚が物申した。 今季のプレミアリーグでも現時点で首位の宿敵マンチェスター・シティに22ポイント差の7位に甘んじるなど、復権を印象づけるシーズンとはいっていないユナイテッド。シーズン途中からラルフ・ラングニック監督が指揮を執るが、チームのムードを劇的に良くするには至っていない。 そうしたなか、C・ロナウドはイギリス『スカイ・スポーツ』で「マンチェスター・ユナイテッドは優勝するか、2位や3位に入っていなければいけない。正直、他の順位は考えられない」とチームの現状を嘆いた。 だが、かつてC・ロナウドと黄金時代を築いた元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏はまた異なる考えのようだ。イギリス『メトロ』によると、ダービー・カウンティ現監督は元同僚に“その考えは甘いぞ”と言わんばかりに異論を唱えている。 「ユナイテッドは3位以内じゃなくて、一番上でなければならない。それこそがファンの要求であり、クラブの要求だ」 「もちろん、彼らは今、非常に困難な時期を過ごしている。だが、間違いなくリーグを制さないといけないクラブだ」 「トロフィーを獲得しなければ。それはユナイテッドでプレーしたり、働いたりすることでくるプレッシャーになる」 「そこに立ち戻る必要がある。私はそのために彼らが正しいことをしているところだと信じている」 2022.01.15 11:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly