吉田フル出場の10人サンプドリア、守備の崩壊止まらずトリノに完敗《セリエA》

2021.10.31 05:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは30日、セリエA第11節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

前節アタランタ戦を落とした15位サンプドリア(勝ち点9)は、吉田が3バックの中央で先発となった。

13位トリノ(勝ち点11)に対し、サンプドリアは17分に失点する。サナブリアのダイレクトパスで守備を崩されると、最後はプラートにゴールを許した。

失点後もトリノにポゼッションを許したサンプドリアは37分に初シュート。右クロスにトールスビーが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

すると迎えた後半、52分に追加点を許す。CKをはね返されたロングカウンターの流れからボックス右への進入を許したシンゴにシュートを決められた。

そして67分、アドリエン・シウバが抗議により2枚目のイエローカードを受けてサンプドリアは数的不利となった。

終盤にかけても成す術のないサンプドリアは追加タイム3分、ベロッティにゴールを許して0-3で完敗。守備の崩壊が止まらず敗れている。



関連ニュース
thumb

一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。 その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。 一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。 なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。 ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。 卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。 2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田麻也所属のサンプドリアがジャンパオロ新監督を招へい! 2019年以来の復帰に

日本代表DF吉田麻也が在籍するサンプドリアは19日、マルコ・ジャンパオロ氏(54)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、2024年6月30日までの延長オプションが含まれている。 ロベルト・ダヴェルサ監督(46)の下で今シーズンをスタートしたサンプドリアだったが、セリエA22試合を消化した時点で5勝5分け12敗の15位と、結果が出ない日々が続いていた。 さらに、直近のリーグ戦では3連敗で5戦未勝利の苦境に陥っており、逆転負けを喫した15日のトリノ戦後にダヴェルサ監督の解任が決定した。 そして、新監督はかつて2016年夏から3年間にわたってサンプドリアを指揮し、3シーズン連続でリーグ10位以内に入るなど安定した成績に導いていたジャンパオロ氏に決定。 直近ではミランとトリノを指揮したが、いずれも1シーズン持たず解任の憂き目を味わい、2021年1月以降はフリーの状態が続いていたが、慣れ親しんだジェノヴァの地でチームを残留に導くことはできるか。 2022.01.19 22:33 Wed
twitterfacebook
thumb

快勝でコッパ・イタリア準々決勝進出のユーベ、副官ランドゥッチ氏も歓喜「結果が自信を与えてくれる」

ユベントスでアシスタントコーチを務めるマルコ・ランドゥッチ氏が、カップ戦快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは18日に行われたコッパ・イタリア5回戦で、日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアと対戦した。立ち上がりから試合を支配したチームは、MFフアン・クアドラードのゴールで先制に成功。後半にも攻撃の手を緩めずにいると、DFダニエレ・ルガーニ、FWパウロ・ディバラ、FWアルバロ・モラタにもゴールが生まれ、4-1で勝利した。 マッシミリアーノ・アッレグリ監督が出場停止処分を受けていることで、この試合の指揮を執ったランドゥッチ氏は、コッパ・イタリア準々決勝進出に歓喜。チームが徐々に自信をつけていると語った。 「日曜日に好ゲームができた後で、今夜も高いレベルのパフォーマンスを維持するのは簡単ではなかった。それでも、我々は“フェア “なプレーができて満足している。望んでいたものであり、コッパ・イタリアで勝ちたかったのだ」 「最近になってチームで変わってきたのは、自分たちのとる姿勢だと思う。そして、結果が我々に自信を与えてくれている。とはいえ決して簡単な試合はなく、我々がこれまで失った勝ち点の数がそれを証明しているだろう」 「ディバラについては、他の選手と同じようにケガの不運に見舞われていたんだ。ケガといえば、フェデリコ・キエーザにこの勝利を捧げたいね。彼はいずれ復帰するだろうし、そうなれば以前よりも強くなっているだろう」 2022.01.19 11:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスが吉田不在のサンプドリアに快勝でベスト8進出《コッパ・イタリア》

ユベントスは18日、コッパ・イタリア5回戦でサンプドリアをホームに迎え、4-1で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は引き続き負傷欠場となっている。 ミランやアタランタ、フィオレンティーナにラツィオが5回戦を突破してベスト8に勝ち上がっている今大会のコッパ・イタリア。 ユベントスはモラタとクルゼフスキの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ダヴェルサ監督を解任した5バックで構えるサンプドリアに対し、立ち上がりからボールを握ったユベントスは14分にCKの流れからクアドラードが枠内シュートを浴びせてGKを強襲。 そして25分、ボックス手前左で得たFKをクアドラードがグラウンダーのシュートで狙うと、DFにディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。 さらに1分後、ラビオが敵陣でボールを奪ったショートカウンターの流れからモラタがネットを揺らすも、VARの末にラビオのプレーがファウルを取られ、ノーゴールに。 前半半ば以降もユベントスが一方的に押し込んだ中、追加タイム2分にはモラタに決定機が訪れたが、クルゼフスキのクロスをフリーのモラタは決めきれなかった。 それでも迎えた後半開始7分、CKの流れからアルトゥールの右クロスをルガーニがヘッドで合わせて追加点を奪ったユベントスは、63分にA・コンティに移籍後初ゴールを許したものの、67分に再びリードを2点に広げる。 ロカテッリが敵陣ボックス手前でボールを奪取した流れから5分前に投入されていたディバラが難なくシュートを蹴り込んだ。 そして76分には直前に投入されていたアケがPKを獲得。これをモラタが決めて4-1としたユベントスが快勝で準々決勝進出を決めている。 2022.01.19 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表GKラファエウがクルゼイロへフリーで移籍

元ブラジル代表GKラファエウ・カブラル(31)が、母国のクルゼイロにフリートランスファーで加入した。 2003年に母国の名門サントスのユースチームに入団したラファエウは、2009年にトップチームに昇格。サントスでは在籍4年間で公式戦126試合に出場し42試合のクリーンシートを達成。 その後、ナポリやサンプドリアでのプレーを経て、2019年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のレディングへ移籍。加入初年度から正守護神を務めると、在籍2年半で公式戦98試合に出場し30試合のクリーンシートを達成。 今季も開幕からゴールマウスを守っていたが、チャンピオンシップ第6節のQPR戦で負傷すると、アカデミー出身の北アイルランド代表GKルーク・サウスウッドにポジションを奪われ、直近のミドルズブラ戦ではベンチ外となっていた。 なお、レディングはラファエウのクルゼイロ加入の発表同日に契約解除を発表していた。 2022.01.19 01:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly