吉田フル出場の10人サンプドリア、守備の崩壊止まらずトリノに完敗《セリエA》

2021.10.31 05:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは30日、セリエA第11節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

前節アタランタ戦を落とした15位サンプドリア(勝ち点9)は、吉田が3バックの中央で先発となった。

13位トリノ(勝ち点11)に対し、サンプドリアは17分に失点する。サナブリアのダイレクトパスで守備を崩されると、最後はプラートにゴールを許した。

失点後もトリノにポゼッションを許したサンプドリアは37分に初シュート。右クロスにトールスビーが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

すると迎えた後半、52分に追加点を許す。CKをはね返されたロングカウンターの流れからボックス右への進入を許したシンゴにシュートを決められた。

そして67分、アドリエン・シウバが抗議により2枚目のイエローカードを受けてサンプドリアは数的不利となった。

終盤にかけても成す術のないサンプドリアは追加タイム3分、ベロッティにゴールを許して0-3で完敗。守備の崩壊が止まらず敗れている。

関連ニュース
thumb

カンドレーバ、サレルニターナへ買取義務付きのレンタル移籍

サレルニターナは12日、サンプドリアのアントニオ・カンドレーバ(35)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。 ラツィオやインテルで活躍した右サイドアタッカーのカンドレーバは2020年夏にインテルからサンプドリアに加入。サンプドリアでは主軸として活躍し、公式戦76試合に出場して12ゴール21アシストを記録した。昨季はセリエAで36試合に出場して7ゴール12アシストと、衰えを感じさせない活躍を披露していた。 2022.08.13 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

35歳カンドレーバ、サレルニターナ移籍が決定的に!

サレルニターナがサンプドリアから元イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(35)の獲得を決定的なものとしたようだ。 カンドレーバはユベントスやラツィオ、インテルなどを経て、2020-21シーズンからサンプドリアでプレー。35歳とベテランの域に入ったが、昨季はセリエA36試合で7得点12アシストの活躍を見せ、健在ぶりをアピールした。 今季もコッパ・イタリア1回戦のレッジーナ戦に先発していたが、イタリア『カルチョメルカート』によると、サレルニターナが2年レンタルで獲得する模様。チームがセリエA残留を決めた場合は100万ユーロ(約1億3000万円)の買い取り義務が生じ、選手年俸は150万ユーロ(約2億円)になるという。 なお、サレルニターナはメスからチュニジア代表DFディラン・ブロン(27)の加入にも近づいており、同選手とカンドレーバは揃って12日にメディカルチェックを受診するとみられている。 2022.08.12 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリが伊代表GKシリグを獲得! コンティーニはサンプへレンタル

ナポリは11日、イタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 契約期間に関する言及はないが、地元メディアによると1年契約になる模様だ。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマン、トリノなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、昨年夏にジェノアへ加入。昨シーズンは守護神としてセリエA36試合に出場していた。 ジェノアとの契約時には1年の延長オプションがあったものの、クラブのセリエB降格に伴い、今夏のタイミングで退団となっていた。 イタリア代表として通算28キャップを刻むベテランGKは、コロンビア代表GKダビド・オスピナの退団に加え、イタリア代表GKアレックス・メレトの去就が不透明な状況の中でセカンドGKの役目を担う模様だ。 そのため、クラブはチェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ、あるいはパリ・サンジェルマンのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスを正GK候補として引き続き獲得に動くようだ。 また、ナポリは同日、イタリア人GKニキタ・コンティーニ(26)がサンプドリアに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ウクライナ生まれでナポリのプリマヴェーラ出身のコンティーニだが、トップチームでのプレー機会はなく、これまでシエナやヴィルトゥス・エンテッラ、クロトーネなどへのレンタル移籍を経験。昨シーズン後半はレンタル先のヴィチェンツァで公式戦16試合に出場していた。 2022.08.11 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード、デンマーク代表MFダムスゴーアを完全移籍で獲得

ブレントフォードは10日、サンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 ダムスゴーアは2020年9月に母国のノアシェランからサンプドリア入り。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、切れ味鋭いドリブルやカットインからのシュートが魅力のマルチアタッカーだ。 デンマーク代表としては通算16試合4得点。昨夏のEUROでは準決勝のイングランド代表戦で直接FKを叩き込むなど、大会通算2得点1アシストの活躍。ベスト4進出の立役者となった。 ブレントフォードを率いるトーマス・フランク監督は、ダムスゴーアについて以下のように語った。 「ダムスゴーアにはゴールを生み出す能力もあるし、選手たちをかわしてボールを持ち上がる能力もある。これはチームにとって大きな財産だ。彼はチャンスを作ってくれるだろうし、狭いエリアからボールを持って抜け出すのが素晴らしいので、我々もその恩恵を受けることができるだろう」 「彼は4-3-3システムの8番、あるいは10番としてプレーできると考えている。また、ウイングでもプレーできる。彼の攻撃的な能力を最大限に引き出すことができると思う方法で、彼を起用するつもりだ」 2022.08.11 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ローマで構想外のビジャールを買取OP付きのレンタルで獲得

サンプドリアは8日、ローマに所属するスペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられず、今冬にヘタフェへレンタル移籍。 ヘタフェではラ・リーガ10試合に出場し1アシストを記録していた。 2022.08.09 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly