ルヴァンカップ制覇、名古屋の悲願達成に村井満チェアマンも祝福、観客にも感謝「大きな拍手は、やはり胸に響くものがありました」

2021.10.30 20:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
クラブ史上初となるYBCルヴァンカップ優勝を果たした名古屋グランパスに対し、Jリーグの村井満チェアマンが祝福のメッセージを送った。

30日、名古屋はセレッソ大阪とルヴァンカップの決勝で対戦。3日前の天皇杯準々決勝では0-3で大敗を喫していた相手だったが、この試合でも押し込まれる展開となる。

それでも0-0のまま試合を折り返すと、後半立ち上がりの47分にCKから前田直輝がゴールを奪い先制すると、終盤には稲垣祥が追加点。2-0で2017年王者のC大阪を下し優勝。クラブ史上初となるリーグカップのタイトル獲得となった。

村井チェアマンはJリーグを通じてコメント。名古屋の悲願成就を喜ぶと共に、コロナ禍での規制緩和を受けて多く集まった観客へも感謝を述べた。

「名古屋グランパスの皆さま、2021JリーグYBCルヴァンカップ優勝、誠におめでとうございます。初めて上がった決勝の舞台で、見事に王座を勝ち取られました。守っても攻めても強い盤石のチーム力を本日も心置きなく発揮されたのではないでしょうか。過密な日程を戦い抜き、ついに掴まれたこのタイトルは、クラブに関わる全ての方の悲願だったことと思います。青く澄んだ秋空のもと、まさに決勝にふさわしい熱戦を繰り広げてくださった両クラブに、心からの感謝の意を伝えたいと思います」

「本日は「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証にともなうVaccination Test シートを導入し、合計で17,933名のお客さまをお迎えしました。リーグ戦も含めてJリーグでは7試合目の導入となりましたが、ご来場のお客さまの多大なご協力があり、スムーズに入場をご案内することができました。依然、予断を許さないコロナ禍ではありますが、まだウイルスの本質がわからない頃から、私たちJリーグとJクラブが一丸となって幾度となく検証やトライを重ねてきたこと、そしてファン・サポーターの皆さまに安全安心な運営を支え続けていただいたことが、無事に大会の全日程を終えられたことにつながっているのだと思います。スタンドから届く、皆さまの思いが詰まった大きな大きな拍手は、やはり胸に響くものがありました。間違いなく選手の背中を後押ししたことでしょう」

「最後になりましたが、第1回大会より特別協賛いただいているヤマザキビスケット株式会社はじめ、関係者の皆さま、そしてファン・サポーターの皆さまへ改めて感謝申し上げます。多くの方にサッカーを届け続けられるよう、これからもJリーグは前進してまいります」



1 2

関連ニュース
thumb

ルヴァンカップのGS組み合わせ&日程決定! A組に大阪勢同居、前年王者の名古屋はB組

Jリーグは21日、2022JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ組み合わせと日程を発表した。 今大会はグループステージ第1節を予定する2月23日からスタート。ACL参戦の4チームがプライムステージから登場となり、グループステージはJ2降格の徳島ヴォルティス、大分トリニータを含む16チームが4つの組に振り分けられ、行われる。 そのなか、グループAはガンバ大阪とセレッソ大阪の大阪勢が同居する組となり、開幕節からいきなり激突する日程に。また、前年覇者の名古屋グランパスは清水エスパルス、徳島ヴォルティス、サンフレッチェ広島と同じグループBに入った。 このグループステージは各組上位2チームがプレーオフステージ勝ち上がりとなり、現段階でA1位vsD2位、B1位vsC2位、C1位vsB2位、D1位vsA2位の対戦を予定。決勝は10月22日に行われる。 ◆グループステージ [グループA] ▽2/23(水・祝) 《14:00》 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 大分トリニータ vs 鹿島アントラーズ ▽3/2(水) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪 大分トリニータ vs ガンバ大阪 ▽3/26(土) 《14:00》 セレッソ大阪 vs 大分トリニータ 《15:00》 鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪 ▽4/13(水) 《19:00》 ガンバ大阪 vs 大分トリニータ セレッソ大阪 vs 鹿島アントラーズ ▽4/23(土) 《14:00》 セレッソ大阪 vs ガンバ大阪 《15:00》 鹿島アントラーズ vs 大分トリニータ ▽5/18(水) 《19:00》 ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ 大分トリニータ vs セレッソ大阪 [グループB] ▽2/23(水・祝) 《14:00》 名古屋グランパス vs 清水エスパルス 徳島ヴォルティス vs サンフレッチェ広島 ▽3/2(水) 《19:00》 清水エスパルス vs 徳島ヴォルティス サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス ▽3/26(土) 《14:00》 名古屋グランパス vs 徳島ヴォルティス サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス ▽4/13(水) 《19:00》 徳島ヴォルティス vs 清水エスパルス 《19:30》 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 ▽4/23(土) 《14:00》 清水エスパルス vs 名古屋グランパス サンフレッチェ広島 vs 徳島ヴォルティス ▽5/18(水) 《19:00》 清水エスパルス vs サンフレッチェ広島 徳島ヴォルティス vs 名古屋グランパス [グループC] ▽2/23(水・祝) 《14:00》 京都サンガF.C. vs 柏レイソル 《15:00》 サガン鳥栖 vs 北海道コンサドーレ札幌 ▽3/2(水) 《18:30》 京都サンガF.C. vs サガン鳥栖 《19:00》 柏レイソル vs 北海道コンサドーレ札幌 ▽3/26(土) 《14:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 京都サンガF.C. 《15:00》 柏レイソル vs サガン鳥栖 ▽4/13(水) 《18:30》 京都サンガF.C. vs 北海道コンサドーレ札幌 《19:00》 サガン鳥栖 vs 柏レイソル ▽4/23(土) 《13:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル 《15:00》 サガン鳥栖 vs 京都サンガF.C. ▽5/18(水) 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖 柏レイソル vs 京都サンガF.C. [グループD] ▽2/23(水・祝) 《15:00》 FC東京 vs ジュビロ磐田 湘南ベルマーレ vs アビスパ福岡 ▽3/2(水) 《19:00》 ジュビロ磐田 vs 湘南ベルマーレ アビスパ福岡 vs FC東京 ▽3/26(土) 《14:00》 ジュビロ磐田 vs アビスパ福岡 《15:00》 FC東京 vs 湘南ベルマーレ ▽4/13(水) 《19:00》 湘南ベルマーレ vs FC東京 アビスパ福岡 vs ジュビロ磐田 ▽4/23(土) 《14:00》 アビスパ福岡 vs 湘南ベルマーレ 《15:00》 ジュビロ磐田 vs FC東京 ▽5/18(水) 《19:00》 FC東京 vs アビスパ福岡 湘南ベルマーレ vs ジュビロ磐田 ◆プレーオフステージ 第1戦:6月4日(土)、第2戦:6月11日(土) ◆プライムステージ [準々決勝] 第1戦:8/3(水)、第2戦:8/10(水) [準決勝] 第1戦:9/21(水)、第2戦:9/25(日) [決勝] 10/22(土) 2022.01.21 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

あけまてしおでめとうござまいす、っていうくらいごちゃごちゃした新年が来た!? の巻/倉井史也のJリーグ

みなさん、あけましておめでとうございます。 あのさ、これだけたくさん選手が動く冬ってなかなかないじゃないですか。まとめようかと思ったけど、まだ動いてるんですよね。そう言えば去年はキャンプが終わった後に移籍する選手もいたし、こりゃもうちょっと様子を見ておきます。 ちゅうことで、その人の移動と同じくらいごちゃごちゃしてる2022年のスケジュール、ポイントをまとめておいたよ!! まず何と言っても目立つのは ・天皇杯決勝:10月16日 ・ルヴァンカップ決勝:10月22日 なんと!! リーグカップの決勝がオープンカップの決勝の後に来るという初めての展開に。しかもこの時期に天皇杯の決勝があるってことは、2023年のACL出場チームがこの時期に1チーム決まるってことですよ。ってことでリーグ戦の残り試合の戦いも影響受けること間違いなし!! 続いてこちら!! ・J1参入プレーオフ決定戦はどういうレギュレーションでやるか決まってない まぁリーグ戦が始まるまでに決めりゃいいんでしょうけどね。Jリーグが2021年12月に2022年シーズンについて発表したとき、全然頭から抜けてました!! だって記者からの質問で慌てて確認して、結局回答持ち越しですから。昇降格ってJリーグの中ではあまり重要視されてないんだって思っちゃいますね、こりゃ。1月の理事会の後で正式発表予定です。 さてどんどん行きますよ!! ・ワールドカップに合わせて日程が変更されている J1リーグの最終節が11月5日、J2リーグのレギュラーシーズンが10月23日に最終節!! まぁここまではいいとしましょう。ところが!! ・J1参入プレーオフ決定戦:11月13日 ・J3リーグ最終節:11月20日 そしてみなさん、当然ご存じでしょう。2022年カタールワールドカップの開催日程は ・11月21日~12月18日18時(日本時間24時) いやぁ、アジアでやってくれると時差が少なくていいや!! じゃなくて。J3に所属してる選手は試合終わった後、急いで飛行機に乗らないと開幕戦に間に合わないじゃないですか。J1参入プレーオフ決定戦に出ている選手も代表入りは諦めて!! って感じですよね。むしろJ2でプレーオフに絡まない選手のほうがコンディション整えられていいんじゃないの? そしてもうお分かりでしょう。 ・中断期間がほぼないから、チームの立て直しは大変 ちなみに5月、これでもかってくらいサッカーの試合が見られます。 ・J1の試合開催日:5月3・4・7・8・14・15・21・22・25・28・29 ・J2の試合開催日:5月1・4・7・8・14・15・21・22・25・28・29 ・J3の試合開催日:5月1・4・14・15・28・29 ・ルヴァンカップ開催日:5月 18 みんな、「からだだいじに」!!って叫びたくなる日程じゃないですか。もちろんこんな時期ですから、見るほうも身体大事に生きましょうね~~~~!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.01 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

来季のルヴァンカップは2月23日開幕、決勝は天皇杯決勝の1週間後、10月22日に開催!

Jリーグは21日、2022シーズンのYBCルヴァンカップの大会方式について発表した。 2021シーズンは名古屋グランパスの初優勝で終わったルヴァンカップ。2022シーズンはJ1の18チーム、J2の2チームで行われる。 J2からは徳島ヴォルティスと大分トリニータが参加する。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸はグループステージに不参加。その後、プレーオフステージを経て、プライムステージを行う。 グループステージは、2月23日(水・祝)に開幕。3月2日(水)、26日(土)、4月13日(水)、23日(土)、5月18日(水)に開催される。 各グループ上位2チームがプレーオフステージに進出。プレーオフステージは第1戦が6月4日(土)、第2戦が11日(土)に行われる。なお、各グループ1位にはアドバンテージは存在せず、2試合の勝利数が多い方が勝ち抜け。同じ場合は、得失点差、アウェイゴールで決まり、それでも並んでいた場合は30分間の延長戦を実施。それでも決まらなければPK戦が行われる。 プライムステージは準々決勝が8月3日(水)と10日(水)、準決勝が9月21日(水)、25日(日)、決勝が10月22日(土)に実施。ACL出場4チームはプライムステージからの参加となる。 2021.12.21 18:33 Tue
twitterfacebook
thumb

埼スタで生ビールの日常が/六川亨の日本サッカーの歩み

ルヴァン杯決勝は名古屋が持ち味である堅い守備から初の戴冠を果たした。先制点がもう少し遅かったらもつれた試合になったかもしれないが、後半開始早々に1点を奪ったことで、マッシモ・フィッカデンティ監督は早くも逃げ切りの采配を次々と繰り出し、狙い通りの完封勝利を飾った。 この試合では、久しぶりに懐かしい光景を見ることができた。 いつもの埼玉スタジアムは緊急事態宣言が解除されてからも観客の上限は1万人だ。このため記者席などのある5階のスタンドにはメディアと他チームのスカウトなど関係者しかいない。人数が少ないわけだから、当然飲食などのお店はクローズされたままだ。 しかしルヴァン杯決勝は上限の1万人に加えて、「ワクチン・検査パッケージに関する技術実証」対象試合のため入場人数の制限を緩和した。そしてチケットは完売し、1万7,933人の観衆が詰めかけた。 5階の記者席の隣や上の席にも久々に観客が入り、飲食のお店も再開されたが、生ビール専用のゲートが設けられ、大きな紙コップに入ったビールをこぼさないように運ぶファンの姿を見てちょっと感動してしまった。 こうした光景を見るのはいつ以来か記憶にないほどだ。かつては初夏になれば、味の素スタジアムや等々力陸上競技場では生ビールのタンクを背負ったアルバイトの売り子が、記者席の前の通路を歩きながら声を出して売っていたものだ。 昨日行われたJリーグとNPB(日本野球機構)の連絡会議と午後の実行委員会後の会見では、Jリーグは11月から規制を緩和して収容人数の50パーセントまでの入場やビジター席の設置、さらには各自治体の判断次第になるがアルコールの販売も可能になる。さらに「ワクチン・検査パッケージ」も並行して実施する予定だ。 フラッグに関しても、下が密の状態になるゴール裏のビッグフラッグは自主的に禁止しているものの、普通のフラッグを振る行為は解禁になる。村井満チェアマンは、このままコロナが沈静化すれば来シーズンは100パーセントの入場を目指すとしている。 残念ながら声を出しての応援については解禁のメドは立っていない。ヨーロッパと違い、たぶんマスクは日常的な使用が常識になるかもしれないので、マスクを外しての応援にサポーターからどれだけ理解が得られるかどうかだろう。 その村井チェアマンも、来年3月で4期8年の任期を終える。1月31日には新チェアマンの氏名も公表されるようだ。これまでチェアマンは、現チェアマンが後継者を指名し、候補者はJクラブの実行委員(社長)と限られていた。それらの慣習を打ち破ることになったのが第5代の村井チェアマンであり(慣習を覆したのは村井チェアマン自身ではない)、現在進行中の次期チェアマン選定にも一切関わらず、公明正大性を保っている。 任期の最後の2年間はコロナとの戦いでもあった。そしてその戦いは、新しいチェアマンになっても続いていくだろう。ただ、新チェアマンには進むべき道の方向性が示されているのではないか。この2年間でJリーグが培った知見は膨大な量になるし、コロナ禍で戦ったスタッフは健在だからだ。 今日は一部スポーツ紙で次期チェアマンの有力候補が実名で報じられ、Jリーグはすぐさま否定する声明を出す一幕もあった。「火のない所に煙は立たない」というが、はたして報道通りになるのかどうか。 それよりも、いつか機会があれば、村井チェアマンの8年間を検証したいと思っている。こちらの方が意義深いものになるのではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.11.02 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

先制ゴールで初優勝に貢献の前田、CKの形は狙い通りとコメント 「この舞台で決めることができて嬉しい」

名古屋グランパスのFW前田直輝が、初優勝を果たしたルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪戦を振り返った。 30日に行われた名古屋vsC大阪のルヴァンカップ決勝。27日の天皇杯準々決勝でも戦った両者が、埼玉スタジアム2002で再び相まみえた。 試合はC大阪が圧倒的にボールを支配し、前半をゴールレスで終える。それでも47分、名古屋はFW相馬勇紀の蹴った左CKに、ファーサイドで構えていた前田がヘディングで合わせて先制に成功。その後も攻め続けられたものの、79分にカウンターからMF稲垣祥のボレーシュートで追加点を挙げて、2-0で勝利。11年ぶり4つ目のタイトルを獲得した。 試合後、ヘディングでの先制点について聞かれた前田。ファーサイドから合わせる形はトレーニングで落とし込まれていたようだ。 「練習していた形だったけど、最後に僕が外すシーンが多くて。チームメイトに『ファーサイドに入るのやめたら?』とよく言われてましたが、それでもこの舞台で決めることができてとても嬉しいです」 「この試合では相手GKを邪魔すると見せかけてファーサイドを狙っていました。ゾーンで守る相手の間に上手く入れたと思います」 そして、前田はこの試合でゴールを奪った後、58分にFW齋藤学と代わってピッチを後にしている。そこから試合終了までの体感時間は「とても長く感じた」ようで、自身は交代後もピッチ脇からチームメイトを鼓舞していたという。 「稲垣選手のゴールで少し安心はしましたが、人生で味わったことのない30分間でした。交代すると決まってからは味方を信じて見守るだけでした」 「自分で点を取ったから、その1点で勝ってほしいと思っていましたし、ベンチから必死に声も出していました」 また、2018シーズンから名古屋でプレーする前田は、加入初年度にギリギリのところでのJ1残留を経験。厳しいチーム状況から今回のルヴァンカップ制覇まで上り詰めたが、当時とは違った充足感を感じているようだ。 「当時は半年間で勝ち点9しか取れずに、その後なんとかJ1残留という大きなことを成し遂げました。それはものすごく大きな自信につながりました」 「それでも今回タイトルを獲得できて、あの時とは違った達成感があります。この景色をもう一度と言わず、二度でも三度でも見たいという欲が湧いています」 試合が終わった後はサポーターのもとに1人で駆け付け、大きな歓声を浴びた前田。いつも応援してくれているファンに対する愛を語った。 「僕は名古屋に来てから長い時間を過ごしたわけではないですが、サポーターとは苦しいことや嬉しいことを共有してきました。どんなときでも支えてくれているので、感謝の気持ちを一番最初に伝えたかったです」 「みなさんは『こいつ誰だ?』というところから始まった僕をすごく暖かく受け入れてくれました。少しでも良い報告ができるように頑張ってきた結果、今日こうして喜びを分かち合うことができたと思います」 2021.10.30 19:46 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly