マテウス・クーニャが移籍後初弾もアトレティコは2度のPKで追いつかれ格下相手に痛恨のドロー《ラ・リーガ》

2021.10.29 06:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは28日、ラ・リーガ第11節でレバンテと対戦し2-2の引き分けに終わった。

前節レアル・ソシエダとの首位攻防戦をドローで終えたアトレティコは、その試合から先発を3人変更。レマル、デ・パウル、ロージに代えてカラスコ、エクトル・エレーラ、ホセ・ヒメネスを先発で起用した。

いまだに今季勝利の無いレバンテに対し、フェリックス、スアレス、グリーズマンの強力3トップで試合に臨んだアトレティコは左CKの二次攻撃から先制に成功する。
12分、左CKのこぼれ球をボックス内で拾ったH・エレーラが素早くシュート。さらに相手DFに跳ね返ったボールからボックス左のグリーズマンがふわりとしたクロスを供給すると、ファーサイドのフェリペが頭で折り返したボールを最後はゴール前に入ったグリーズマンが頭で押し込んだ。

先制したアトレティコだが、36分に左CKのこぼれ球をボックス左で拾ったヴェソをスアレスが倒してしまいPKを献上。これをバルディに決められて、試合は振り出しに戻った。

1-1で迎えた後半は立ち上がりから一進一退の攻防に。そんな中、アトレティコは58分にスアレスとH・エレーラを下げてアンヘル・コレアとデ・パウルを、67分にエルモソを下げてロージを投入。トリッピアーを右サイドバックに下げ、右MFにグリーズマンを据えた[4-4-2]に布陣を変更した。

その後も膠着状態が続くと、アトレティコは72分にグリーズマンを下げてマテウス・クーニャをピッチに送り出す。すると76分、中央をドリブルで切り裂いたデ・パウルのラストパスからボックス内に抜け出したマテウス・クーニャが相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。

その後、81分にシメオネ監督が退席処分となるアクシデントに見舞われたアトレティコは、84分にピンチ。カンテロのパスでボックス左深くまでに侵入したホセ・モラレスのクロスをニアのデ・フルートスが触ると、これがロージの腕に当たる。

主審は一度プレーは流したが、2分後に行われたオンフィールドレビューでロージのハンドが認められレバンテにPKが与えられると、このPKをバルディがゴール左隅に決めた。

結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のPKで追いつかれたアトレティコは、2試合連続のドローとなった。

また、同日に行われたラ・リーガ第11節のグラナダvsソシエダは、0-2でソシエダが勝利した。

前節アトレティコと引き分け、暫定首位をキープしたソシエダはゴールレスで迎えた後半に先制する。55分、左サイドから仕掛けたポルトゥのラストパスをボックス左深くで受けたヤヌザイがシュート。これは飛び出したGKが弾くも最後はイサクが流し込んだ。

先制したソシエダは、直後の57分にピンチを迎える。デニス・スアレスのスルーパスに反応したアスパスがゴール前まで持ち込みシュート。さらにGKライアンの弾いたボールを走り込んだサンティ・ミナがヘディングで狙ったが、素早く体制を立て直したライアンが、このシュートも処理した。

ソシエダは、77分にもアスパスのスルーパスからゴール前に抜け出したブライス・メンデスにゴールネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定で取り消され、難を逃れる。

すると79分、ソシエダはベニャトの左CKからエルストンドがヘディングシュートを流し込み、決定的な2点目を奪取。そのまま逃げ切ったソシエダが勝利し暫定首位をキープしている。

関連ニュース
thumb

アトレティコがスパーズと契約解消のドハーティをフリーで獲得

アトレティコ・マドリーは31日、トッテナムからアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)を獲得した。 なお、トッテナムと2024年夏まで契約を残していたドハーティは、移籍直前に双方合意の下で契約を解消しており、今回の移籍に移籍金は発生しない。また、アトレティコとの契約期間は今季終了までとなる。 ウォルバーハンプトンで長らく主力を務めてきたドハーティは、2020年夏にトッテナムへ加入。ここまで右サイドバックの準主力として公式戦71試合に出場した。 試合ごとにパフォーマンスに波がありポジション確保に至らなかったアイルランド代表DFは、さらに今冬にクラブがスポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得を決定的にしたことで、U-21イングランド代表DFジェド・スペンスと共に余剰人員に。 そういった中、アルゼンチン代表DFナウエル・モリーナのバックアップを探していたアトレティコへの加入が決定した。 なお、アトレティコではトッテナムからスペイン代表DFセルヒオ・レギロンがレンタルで加入しており、思わぬ形での再会となった。 2023.02.01 07:25 Wed
twitterfacebook
thumb

フォレストが元ブラジル代表DFフェリペを獲得! レナン・ロディに続きアトレティコから補強

ノッティンガム・フォレストは31日、アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの1年半となる。 33歳でのプレミアリーグ初挑戦が決定したベテランDFは、キャリアの新たな章に興奮が隠せないようだ。 「プレミアリーグでプレーすることは僕の夢だったし、急成長しているこの素晴らしいクラブの一員になれることに本当に興奮しているよ」 「本当に成長しようとしているクラブであることが分かるよ。これは僕にとって大きな挑戦であり、ここで歴史の一部となり、クラブと共に成長するという明確な決断を下した」 屈強な長身センターバックとして知られるフェリペは、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、その後2019年夏にはアトレティコへのステップアップを果たした。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ1試合、計283分間の出場にとどまっていた。 今冬の移籍市場では一時ウォルバーハンプトン行きが取り沙汰されたが、最終的に交渉はまとまらず。そういった中、昨夏にアトレティコの同胞DFレナン・ロディが加入したフォレストに新天地を求めることになった。 2023.02.01 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFドハーティ、半年ローンでアトレティコ行き目前!

トッテナムのアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)がアトレティコ・マドリーへレンタル移籍するようだ。 ドハーティは2020年夏に移籍金1340万ポンド(約21億5000万円)でウォルバーハンプトンからトッテナムへ加入。当初は主力としてプレーしていたが、アントニオ・コンテ監督就任後は序列を落とし、今季はプレミアリーグで12試合667分間の出場にとどまっている。 そんななか、トッテナムはスポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得が目前に。ポロとポジションが被るU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)はスタッド・レンヌへのレンタル移籍が目前となっており、ドハーティもこれに続く形のようだ。 イギリス『90min』によると、ドハーティは半年レンタルでアトレティコへ。アトレティコは現在、元ブラジル代表DFフェリペ(33)のノッティンガム・フォレストへの売却交渉が成立しかけており、フェリペの売却とドハーティの契約を同時に発表する流れと考えられている。 2023.01.31 20:06 Tue
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコは仏代表DFクラウス獲得を諦めず、マルセイユに2度のオファーか

アトレティコ・マドリーはマルセイユのフランス代表DFジョナタン・クラウス(30)を引き続き狙っているようだ。 RCランスに所属した昨夏に移籍市場の人気株となっていたクラウス。チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンなどのプレミアリーグ勢に加え、アトレティコも強い関心を示したが、最終的にはマルセイユ行きが決まった。 しかし、フランス『レキップ』によると、この1月に再びクラウス獲得を狙うアトレティコはマルセイユに対して900 万ユーロ(12億7000万円)の購入オプションが付随するレンタル移籍のオファーを打診。これも拒否されたとされるが、購入オプションを1200万ユーロ(約17億円)に増額して再オファーしたようだ。 キャリア初期にはフランスやドイツのアマチュアクラブを渡り歩いていた苦労人として知られるクラウスは、ドイツ2部のアルミニア・ビーレフェルトで頭角を現し、2020年夏にRCランスへと加入。右ウィングバックのスペシャリストとしてリーグ・アンでさらに評価を高めると、昨年3月には29歳にしてフランス代表デビューも飾った。 前述のとおり、昨夏にはマルセイユへと加入。すぐさま主力に定着し、今季はここまで公式戦22試合の出場で1ゴール8アシストを記録している。 2023.01.30 18:14 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly