CKから2発、とどめはアダム・タガート! ルヴァン決勝前哨戦はC大阪が名古屋を下してベスト4進出《天皇杯》

2021.10.27 20:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
27日、第101回天皇杯準々決勝の名古屋グランパスvsセレッソ大阪が豊田スタジアムで行われ、C大阪が0-3で勝利した。準決勝に駒を進めている。

ラウンド16でヴィッセル神戸を破った名古屋と、サガン鳥栖を下したC大阪。30日のルヴァンカップ決勝でも相まみえる両者による一戦となった。

試合は両チームともに慎重な入りとなったが、31分、ようやくC大阪に決定機が訪れる。ボックス手前からの喜田のミドルシュートがGKランゲラックの正面に飛んで弾かれると、そのこぼれ球に山田が詰める。しかしGKランゲラックのスーパーセーブに遭い、ゴールとはならなかった。

それでも32分、その流れで得た左CKを清武が蹴ると、ボールはパンチングしようと飛び出したGKランゲラックを超えてゴール右前へ。これを鳥海がフリーで頭で合わせ、アウェイチームが先制点をゲットした。

37分、またしてもC大阪にチャンス。左サイドでボールを受けた為田がボックス左に侵入すると、対面するDFを半身かわしてシュート。しかし、これは相手選手の足に当たって惜しくもゴール右に。

だが、これで得た右CKからC大阪が再び得点を奪う。清武がゴール前に緩やかなクロスを送ると、チアゴが高い打点で合わせてネットを揺らした。

2点を追いかける名古屋は後半を迎えた52分に一気に3枚替え。マテウス、長澤、柿谷を下げてガブリエル・シャビエル、藤井、金崎を投入し、フレッシュなメンバーで逆転を狙う。

ここからホームチームは攻勢に出る。相馬を中心に左サイドから前進し、ゴール前に何度もクロスを送る。これに金崎やシュヴィルツォクが飛び込んでいき、強引にゴールを奪いに行った。

しかし62分、名古屋は自陣中央でボールを失うと、ボックス手前からアダム・タガートにコントロールショットを決められ万事休す。GKランゲラックの手も届かず、決定的な3点目を許してしまった。

その後も時間をかけずに相手ゴールを目指した名古屋だが、最後まで得点を奪うことはできず。今週末に控えるYBCルヴァンカップ決勝の前哨戦となった一戦は、C大阪が名古屋を下し、準決勝進出を果たした。

名古屋グランパス 0-3 セレッソ大阪
【C大阪】
鳥海晃司(前32)
チアゴ(前38)
アダム・タガート(後17)


関連ニュース
thumb

天皇杯決勝で九州勢が56年ぶりの快挙/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは現在、J1からJ3まで九州の8クラブがしのぎを削っている。Jクラブがなかった宮崎県も今季からJ3にテゲバジャーロ宮崎が参入した。そして九州の8クラブでタイトルを獲得したことがあるのは08年にナビスコ杯(現ルヴァン杯)で優勝した大分だけだった。その大分が、天皇杯優勝まであと1歩と迫って迎えたのが浦和との決勝戦だった。 九州勢が天皇杯の決勝戦に進出したのはJリーグ史上初の快挙でもある。記録を遡っても、JSL(日本サッカーリーグ)がスタートした1965年度大会で八幡製鐵(後の新日鐵)が東洋工業(現広島)に2-3で敗れて準優勝して以来、実に56年ぶりの偉業だった。 当時の八幡製鐵は、日本代表でも司令塔としてチームを牽引し、68年のメキシコ五輪では銅メダル獲得の原動力となった宮本輝紀や、元日本代表監督の渡辺正を擁し、前年に古河(現ジェフ千葉)と天皇杯の同時優勝を果たしていた。それ以前にも準優勝3回の歴史を持つ古豪でもあった。 しかし新日本製鐵となってからはベスト4が最高成績で、JSLでも82年に日産自動車(現横浜M)に入替戦で敗れて2部に降格すると、91年にはJSLでも最下位となり地域リーグである九州リーグに降格。Jリーグも業績不振で参加を見送り、99年シーズンを最後にサッカー部は廃部となった。 その後は一部の選手が三菱化成黒崎サッカー部に移ってプレーを続け、同チームを母体に北九州FCが誕生し、08年にJFLに昇格すると10年にはギラヴァンツ北九州と名称を改めJ2リーグ昇格を果たした。 昇格当時、年配の方々が練習を見学に訪れ、「早朝に練習をしてくれれば見学も楽になる」と訴えられたことを当時のコーチから教えられた。おそらく八幡製鐵時代からのファンなのだろう。Jリーグ入りは福岡の後塵を拝したものの、土壌的には長い歴史を誇っているのが北九州でもある。 ちなみに優勝した浦和は、前身の三菱重工時代を含めて8回の天皇杯獲得となり、これまで最多だった慶應BRB(全慶應)と並んだ。慶應BRBは第二次世界大戦前の参加チームが3~8の時代も含んでいるため、実質的には浦和が最多優勝記録の保持者と言っていいだろう。慶應BRBが最後に優勝したのは56年度の第36回大会のため、浦和は65年ぶりに最多優勝記録に並んだことになる。 そして2位は関学クラブと横浜Mの7回で、これに5回の東京V、G大阪、鹿島が続いている。100回を越え、ようやくJのクラブが天皇杯の主役になりつつあると言っていいだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.22 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

来季の天皇杯は決勝が10月16日に開催! 5月21日に開幕

日本サッカー協会(JFA)は21日、第102回天皇杯についてマッチスケジュールを発表した。 19日に第101回大会の決勝が終わり、浦和レッズの史上最多となる8度目の優勝で幕を閉じた天皇杯。それから2日、早くも来シーズンの大会スケジュールが決定した。 1回戦は2022年5月21日(土)、22日(日)に開幕。決勝は今シーズンより2カ月も早い2022年10月16日(日)となる。 なお、ベストアマチュアシードに関しては、JFLに所属するHonda FCが選出された。 1回戦には都道府県代表チームとアマチュアシードチームが参加。6月1日(水)の2回戦から、J1、J2チームが出場する。 3回戦は6月22日(水)、ラウンド16に当たる4回戦は7月13日(水)に開催。準々決勝は9月7日(水)、準決勝は10月5日(水)、決勝は10月16日(日)となる。 2021.12.21 18:22 Tue
twitterfacebook
thumb

「いつまでも私のヒーロー」槙野智章が改めて劇的ゴールを回想「10年分の思いをぶつけた」、チームメイトや堂安律、中井卓大らも反応

浦和レッズのDF槙野智章が、改めて天皇杯優勝を振り返った。 19日、第101回天皇杯決勝が国立競技場で行われた。史上最多8度目の優勝を目指す浦和と、来季はJ2での戦いが決定していながら、初の決勝進出で初優勝を目指す大分トリニータの一戦は劇的な幕切れとなった。 試合は江坂任のゴールで浦和が早々に先制するも、その後はスコアが動かないこう着状態に。後半も大分が攻める展開がある中でゴールが生まれず。そのまま浦和が逃げ切るかと思われた90分、下田北斗のクロスをペレイラがヘッドで合わせ、大分が同点に追いつく。 土壇場で追いつかれた浦和にとっては嫌な形で延長戦にもつれ込むと思われたが、アディショナルタイム3分に途中出場していた槙野がCKの流れからの柴戸海のシュートを頭でコースを変えてゴール。これが決勝点となり、見事に優勝するとともに、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を確保していた。 今シーズン限りで10年間過ごした浦和を退団することが決まっていた槙野。最後に大き過ぎる置き土産をしたが、改めて試合を振り返った。 「天皇杯優勝。10年分の思いをぶつけた。これが浦和の槙野だ‼︎俺が浦和の5番だ‼︎」 「皆本当にありがとうー‼︎最高に楽しかったぞ‼︎俺の浦和魂は後輩達に託した!」 「俺が居なくなったから静かになったなんて言われるな!俺が居なくなったからって、寂しがるな!俺が居なくなったからって、嬉しがるなよ‼︎笑」 「また次のステージで会おう!ありがとうございました!」 槙野らしい浦和でのラストマッチで見せたラストプレー。浦和ファンだけでなく、多くのサッカーファンを感心させたゴールは持っているとしか言えない。 この投稿には酒井宏樹が「マキ優勝させてくれてありがとう」と反応。岩波拓也は「最高で最強の選手。一緒にできた4年間に感謝してます!」、西川周作は「」これからは、当たり前だったことが当たり前じゃなく感じることが多々あると思います。乗り越えていきます‼強くなります!!」と反応した。 また、川崎フロンターレの小林悠は「マキ!あれはいくらなんでもカッコ良すぎる」、昨季まで同僚だった鈴木大輔は「もう本当、最高だね」、その他にも、PSVの堂安律やレアル・マドリー・カスティージャの中井卓大も絵文字で反応するなど、多くの現役選手からも声が集まった。 ファンも「漫画かよ、ドラマかよ、と言いたくなるようなカッコ良すぎる槙野劇場でした」、「槙野選手はいつまでも私のヒーローです」、「本当に最高の置き土産」、「かっこよすぎ」と最後の最後にもファンのハートをがっちり掴んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】槙野智章が劇的ゴールを改めて振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXs4pn6rsxk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXs4pn6rsxk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXs4pn6rsxk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.21 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

天皇杯決勝で惜敗の大分・片野坂監督、ラストマッチ後も胸を張り「絶対このチームはいいチーム。俺は自信を持って言う」

天皇杯決勝で敗れた大分トリニータの片野坂知宏監督が、試合後に選手たちに伝えた言葉に胸を打たれる。 リーグ戦では18位に沈み、無念のJ2降格となった大分。だが、天皇杯では快進撃を続け、準決勝ではJ1王者・川崎フロンターレをPK戦の末に下して決勝の舞台へと辿り着いた。 19日に行われた国立競技場での浦和レッズとの第101回天皇杯決勝戦。先制を許しながらも90分にペレイラのヘッドで追い付き、準決勝のような奇跡の再現が期待された。 だが、直後に勝ち越しゴールを許して終戦。J3時代から6年間にわたって大分の指揮を執り、今季限りでの退団が発表されている片野坂監督だったが、有終の美を飾ることはできなかった。 試合後、表彰式の前にピッチ上での青空ミーティングを実施した片野坂監督は、選手の奮闘を称え「グッドルーザーでいよう」との言葉をかけた。 この日のゲーム、これまでの軌跡を誇りに思っているのだろう。「絶対このチームはいいチームだから。本当に感謝している」とも語った片野坂監督。最後には悔しさの残る表情も垣間見せながら、指揮官として気丈に振る舞い、悔しさを成長の糧にして欲しいと、選手たちに強い想いを伝えた。 「こういう素晴らしいゲームをやってくれて、やっぱり力は足らなかったけど、それは来年に持ち越して、この悔しさを晴らしてほしい」 「本当に俺はトリニータを応援してるし、この悔しさを忘れないでほしいし、この舞台というのはなかなか出られるものじゃない。これを成長の糧にしてほしい。この経験を、この場を、この悔しさを次に生かそうよ」 「絶対、みんなはできる。みんなならできる。グッドルーザーでいよう。胸を張って、顔を上げてサポーターにしっかり挨拶しよう」 「絶対、このチームはいいチームだから。俺は自信を持って言う。大分に残っている選手含めて本当に感謝している」 「みんなでしっかり顔上げて、大分に帰って、悔しい想いのサポーターもいるかもしれないけど、お礼を言って次の糧にしよう」 「すばらしいピッチだ。見て、すばらしいよ。負けたけど、リーグ戦も負けたけど、それが自分たちの力なんだよ。それをしっかり真摯に受け止めて、グッドルーザーでしっかり感謝して、みんなで大分に帰って、次に向けて準備してやっていきましょう」 「お疲れさま。ありがとう」 <span class="paragraph-title">【動画】片野坂監督が表彰式前に選手に伝えた熱いメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ラストゲーム<br> 片野坂監督のメッセージ】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#天皇杯</a> 試合後のピッチで、<br>悲願の初優勝に<br>あと一歩届かなかった選手たちへ、<br>片野坂監督がかけた最後の言葉です。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%88%86%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大分トリニータ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%80%E8%87%B4%E5%9B%A3%E7%B5%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#一致団結</a> <a href="https://t.co/pJmF8j13PK">pic.twitter.com/pJmF8j13PK</a></p>&mdash; NHK大分放送局 (@nhk_oita) <a href="https://twitter.com/nhk_oita/status/1472523960688521221?ref_src=twsrc%5Etfw">December 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.20 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「勝利の女神ありがとう」元AKB48の小嶋陽菜さん、指原莉乃さんが天皇杯決勝を観戦! 浦和の勝利に小嶋さん「鳥肌立ちました」

19日、第101回天皇杯決勝が国立競技場で行われた。 通算8度目の天皇杯制覇を目指す浦和レッズと、初の決勝進出で初優勝を目指す大分トリニータの一戦。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権も懸かっていた試合は、劇的な展開となった。 浦和は今シーズン限りで現役を引退するMF阿部勇樹、退団が決まっているDF槙野智章、MF宇賀神友弥のラストマッチに。大分はチームを長年指揮した片野坂知宏監督のラストマッチとなった。 試合は開始6分に江坂任のゴールで浦和が先制。時間が過ぎていきこのまま浦和が勝利するかと思われた90分、大分はペレイラがヘッドでゴールを決め、土壇場に追いつく。 奇跡的な同点劇に試合はそのまま終わるかと思われが、アディショナルタイム3分にさらなるドラマが。右CKの流れから柴戸のシュートを、ゴール前の槙野が頭でコースを変えると、GKの逆を突き勝ち越し。浦和が2-1で勝利を収めた。 大分の驚異的な粘りがある中で、劇的な浦和の勝利となった一戦。この試合には、スタンドにAKB48のOGである小嶋陽菜さんと指原莉乃さんが観戦に訪れていた。 小嶋さんは浦和、指原さんは大分のファンとしても知られており、両者が激突した決勝戦を2人揃ってスタジアム観戦。小嶋さんは勝利後にガッツポーズした姿を。隣には負けて悲しむ指原さんの姿が写った写真を投稿した。 「浦和レッズ天皇杯優勝おめでとうございます」 「久しぶりのスタジアム観戦でしたがめちゃめちゃいい試合で大分トリニータサポのさっしーと大盛り上がり」 「槙野選手の決勝点には鳥肌立ちました。お疲れ様でした」 指原さんも試合前に2ショットを投稿しており、互いのチームを後押ししていた。 ファンからは「めっちゃいい試合だっ」、「勝利の女神ありがとう」、「おめでとうございます」と小嶋さんが応援する浦和の勝利を喜ぶ声とともに、「さっしー残念でした」、「こじはる、さっしーのケアよろしくー」と敗れた大分を応援していた指原さんのケアに注目が。また「最高の2ショットありがとうございます」と2人の観戦した姿を見られたことが良かったという声も集まっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和を応援する“こじはる”と大分を応援する“さっしー”の2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">浦和レッズ天皇杯優勝おめでとうございます‍久しぶりのスタジアム観戦でしたがめちゃめちゃいい試合で大分トリニータサポのさっしーと大盛り上がり槙野選手の決勝点には鳥肌立ちました。お疲れ様でした<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%9D%AF%E6%B1%BA%E5%8B%9D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#天皇杯決勝</a> <a href="https://t.co/yYWJiJynVX">pic.twitter.com/yYWJiJynVX</a></p>&mdash; 小嶋 陽菜 (@kojiharunyan) <a href="https://twitter.com/kojiharunyan/status/1472468854169550848?ref_src=twsrc%5Etfw">December 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.19 18:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly