京都、10人の山口に勝ち切れず…最後はミスジャッジに泣く【明治安田J2第35節】

2021.10.24 17:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第35節の6試合が24日に各地で行われた。

前日に試合のあった磐田が愛媛に引き分けたため、首位浮上のチャンスが巡ってきた2位の京都(勝ち点71)は、ホームに残留争い中の山口(勝ち点34)を迎えた。先にゴールに迫ったのは山口。16分の左CKのシーン、池上が右足でインスイングのクロスを上げると、ニアで高木が頭でフリックし、ファーサイドで渡部が飛び込むが、GKに止められ惜しくもゴールならず。

対する京都のチャンスもCKから。20分、荻原の右CKに川崎が合わせにいくが、上手く頭に当てられず、シュートはやや右に逸れた。34分には、波状攻撃からヨルディ・バイスのボレーシュートが飛び出すが、ここは相手に当たって枠に飛ばせず。

ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりに京都が試合を動かす。47分、飯田が自陣右サイドから斜めにパスを入れると、これは相手にカットされるが、その浮き玉を荒木がヘディングで前方へ。これで最終ラインを破った宮吉が、最後はボックス手前右からループシュートを決めて先制点を挙げた。

さらに、56分には山口の菊池が2枚目のイエローカードで退場に。これで大きく有利となった京都は、72分にウタカがビッグチャンスを迎えるが、GKも躱して放ったシュートは、ヘニキのスーパーブロックに遭ってしまう。

これで士気を高めたアウェイの山口は不利な状況から立ち上がる。79分、佐藤謙介の自陣右サイドからのロングボールに抜け出した草野がGKとの一対一を制して同点に。シンプルな攻撃で点を奪った。

実力差や数的状況を考えても負けられない京都。89分に相手のゴールキックを跳ね返し攻撃へ移行。左に開いたウタカへの展開から、折り返しをイスマイラが落として最後はヨルディ・バイスがボックス右からシュート。クロスバーに直撃し、下に跳ね返ったボールはバウンドして手前に戻ってノーゴールに。しかし、リプレイを見るとゴールラインを越えており、京都はミスジャッジに泣くこととなった。

結局試合は1-1で終了。京都と首位磐田の勝ち点差は2ポイントのまま変わらなかった。

水戸vs岡山の中位対決は劇的な幕切れに。ゴールレスで折り返した後半の立ち上がりに、岡山のミッチェル・デュークがイエローカードを受けると、55分にクロスに飛び込んだ同選手と、飛び出してきたGK小澤が交錯。このプレーで2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまった。

数的有利となった水戸は、その後は次々と岡山ゴールに迫るも、GK小澤の好セーブもあり、なかなかネットが揺らせない。それでもアディショナルタイムに入った92分、相手のクリアボールを高い位置で奪い返し、松崎がボックス右から右足でシュートを決めた。

待望のゴールで勝利を確信する水戸。しかし、その2分後の94分、岡山も相手のクリアボールをすぐに回収し、ボックス手前左でパスを受けた石毛が右足一閃。これがゴール左に突き刺さり、試合は劇的な形でドロー決着となった。

◆第35節
▽10/24(日)
水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山
東京ヴェルディ 1-5 ジェフユナイテッド千葉
FC町田ゼルビア 0-0 栃木SC
京都サンガF.C. 1-1 レノファ山口
相模原SC 1-1 ツエーゲン金沢
松本山雅FC 1-2 FC琉球

▽10/23(土)
モンテディオ山形 1-0 ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ 3-1 ギラヴァンツ北九州
ヴァンフォーレ甲府 2-1 V・ファーレン長崎
アルビレックス新潟 1-2 ブラウブリッツ秋田
ジュビロ磐田 2-2 愛媛FC


関連ニュース
thumb

「1年でのJ2復帰が最重要課題」2年でJ1からJ3へ降格した松本山雅FCが声明「期待を大幅に裏切る結果」

松本山雅FCが29日、「松本山雅をご支援いただいている皆様へ」と題して、J3降格となったことへのメッセージを送った。 2019年は明治安田生命J1リーグで戦っていた松本。しかし、そのシーズンに降格を経験すると、2020シーズンはJ2を戦い13位でフィニッシュしていた。 2021シーズンはまずまずのスタートを切っていたが、5月ごろから勝てなくなると、柴田峡監督監督を解任し、名波浩新監督を招へいした。 しかし、名波監督が率いた後半戦も20試合を戦って2勝6分け12敗と勝ち点を伸ばせず。1試合を残してJ3への降格が決定していた。 降格決定から一夜明け、松本は神田文之 代表取締役社長名義で声明を発表。降格を謝罪するとともに、新シーズンへの意気込みを綴った。 「昨日の2021明治安田生命J2リーグ第41節の結果を受け、J3リーグ降格という現状をクラブとして重く受け止めております。松本山雅をご支援いただいているすべての皆様に深くお詫び申し上げます。重ねて、クラブの代表として重く責任を感じております」 「これまでの良い部分を取り戻しながら、未来へ向けて継続的な成長に繋げるべく臨んだシーズンですが、皆様の期待を大幅に裏切る結果となりました」 「この間、チームの現状を確認し、日々の変化や成長を感じながらクラブの総力で最後まで諦めずに戦うことに注力して参りましたが、結果に結び付かない状況を最後まで覆すことが出来ませんでした」 「一方で、若い力を育て、新しい山雅の姿を感じてもらえるような戦い方を目標に掲げ、選手・監督・スタッフも前向きに最後までトレーニングに向き合ってきたことに間違いはありません」 「クラブとして何かが大きく足りなかった結果を真摯に受け止めなければいけないと考えております。改めてその覚悟と方向性をご支援いただく皆様にも示さなければいけません」 「2022シーズンは、クラブとして覚悟を持って臨むシーズンになります。1年でのJ2復帰が最重要課題です。チームは生き物であり、運営会社は地域と共に発展するスポーツビジネスを追求しなければなりません。それは、「未来への夢と感動へチャレンジ」を企業理念に掲げるクラブの宿命だと理解しています」 「このクラブにとって背番号12・サポーターの存在は唯一無二です。これからも一層のご支援をいただきたくお願い申し上げます。そして、ファン・サポーターの皆様と共により強い松本山雅を目指して参ります。今後とも、松本山雅FCへの熱いご支援をよろしくお願い申し上げます」 2021.11.29 11:04 Mon
twitterfacebook
thumb

「#おめでとうズッ友」12年ぶりにJ1に戻る京都が11年間J2で戦った千葉へ激励メッセージ「2023 J1でお待ちしています」

J2を舞台に長らく共に戦った両クラブの絆は堅いようだ。 28日、明治安田生命J2リーグ第41節が行われ、ジェフユナイテッド千葉と京都サンガF.C.の一戦は0-0のゴールレスドローに終わった。 試合は引き分けたものの、京都のJ1昇格が決定。2010年以来、12年ぶりのJ1昇格となった。 この試合の相手である千葉は、その1年前の2009年にJ2へと降格。J1経験クラブとしては、東京ヴェルディに続いて長く、京都と1年違いだった。 2011シーズンから11シーズンにわたってJ2で鎬を削ってきた両者。長年の付き合いであったが、2021シーズンを最後に一旦離れることとなった。 すると、試合後に千葉がツイッターに動画を公開。京都が使っていたロッカールームの映像をアップし、とても片付けられた綺麗な姿を見せると共に、ホワイトボードにメッセージが書かれていた。 「2023 J1でお待ちしています。今日はありがとうございました」 長年戦ってきたライバルにステージを変えて戦おうという京都からの激励。これには千葉のツイッターも「#おめでとうズッ友」、「#待ってろJ1で」と綴り、ライバルに追いつくべく意気込みを示した。 約束を果たすためには、京都はJ1での残留を、千葉はJ1昇格を果たせねばならない2022シーズン。両チームの関係がJ1で再び動き出すかに注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】12年ぶりJ1復帰の京都が千葉へ激励メッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86J1%E6%98%87%E6%A0%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#おめでとうJ1昇格</a><br><br>京都サンガF.C.さんが<br>使用したロッカールームのホワイトボードに残された一言…br><br>J1で待ってろよー<br><br>おめでとうございます<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AB%E7%89%87%E4%BB%98%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#綺麗に片付けられたロッカー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%AB%8B%E3%81%A4%E9%B3%A5%E8%B7%A1%E3%82%92%E6%BF%81%E3%81%95%E3%81%9A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#立つ鳥跡を濁さず</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86%E3%82%BA%E3%83%83%E5%8F%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#おめでとうズッ友</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BE%85%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8DJ1%E3%81%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#待ってろJ1で</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%81%A81%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A9%A6%E5%90%88%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#あと1試合試合勝利で</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jefunited?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jefunited</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E5%8D%83%E8%91%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジェフ千葉</a> <a href="https://t.co/LwwRTSOk4S">pic.twitter.com/LwwRTSOk4S</a></p>&mdash; ジェフユナイテッド市原・千葉(公式) (@jef_united) <a href="https://twitter.com/jef_united/status/1464906369744527360?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.28 22:52 Sun
twitterfacebook
thumb

テーマは「多様性」! 昇格争いも4位フィニッシュ確定の長崎が来季ユニフォームを発表

V・ファーレン長崎は28日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 アンブロ製の新ユニフォームのテーマは、「V・ファーレン長崎の「V」の意味の一つでもある「多様性(VARIEDADE)」」とのことだ。 ホーム・アウェイともにチームカラーのブルーとオレンジを基調としたグラデーションを使用。ホームユニフォームは、一人ひとりの多種多様な個性が集まりながら、チームが結束していくイメージをデザインに込められている。また、多様性を大切にし、敵味方問わず相手に対するリスペクトの気持ちを大切にする想いも込められている。 アウェイユニフォームは、世界に飛び立つ様子をドットで表現。私たちのホームタウン「古く昔から世界に開かれたまち・長崎」は、これから100年に1度の大きな変革の時期を迎える。2024年には、ホームスタジアムを含む長崎スタジアムシティプロジェクトの開業もあり、V・ファーレン長崎も未来に向かって、「長崎から世界へ」という想いを込めてデザインされている。 今シーズンは吉田孝行監督の下スタートした長崎だったが、シーズン序盤に黒星が込んだことで途中解任。松田浩監督を迎えるとチームは結果を残し始め、昇格争いを繰り広げることとなる。 シーズン終盤まで昇格争いに加わったが、勝ち点差を詰め切ることができず、4位でシーズンを終えることが決まっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】V・ファーレン長崎の新ユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022シーズンユニフォーム発表<br>「多様性(VARIEDADE)」を大切に長崎から世界へ飛び立つクラブへ<a href="https://t.co/8c89zpUzD2">https://t.co/8c89zpUzD2</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vvaren?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vvaren</a> <a href="https://t.co/Llro6jQRfy">pic.twitter.com/Llro6jQRfy</a></p>&mdash; V・ファーレン長崎 公式 (@v_varenstaff) <a href="https://twitter.com/v_varenstaff/status/1464868286986735621?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.28 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「最後まで思うように勝点を伸ばす事ができず」J3降格の愛媛がメッセージ

J3への降格が決定した愛媛FCは28日、声明を発表した。 28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われた。勝利すれば最終節まで残留の可能性を残せた愛媛は、アウェイで水戸ホーリーホックと対戦。17分に内田健太のゴールで先制する。 前半を1点リードで終えた愛媛だったが、後半に入り、50分に大崎航詩、87分に伊藤涼太郎にゴールを許し、2-1で逆転負け。さらにツエーゲン金沢が勝利し、SC相模原も引き分けたため、J3への降格が決まっていた。 愛媛は、J3降格を受けて村上忠 代表取締役名義で声明を発表した。 「先ず、このような苦しく難しい中、諦めることなく、愛媛FCと共に闘い、支えていただき、心より感謝申し上げます」 「本日の水戸ホーリーホック戦の結果をもちまして、愛媛FCは来シーズンJ3リーグに降格することが決定いたしました。当クラブを応援していただいているすべての皆様のご期待に沿うことができず、深くお詫びを申し上げます」 「今シーズンは「原点回帰」をスローガンに掲げ、クラブ再生に尽力して参りました。しかし、トップチームはシーズン序盤より厳しい戦いを強いられ、最後まで思うように勝点を伸ばす事ができず、このような結果となりました。この現実を真摯に受け止めております」 「来シーズンは1年でJ2に復帰することを目標にクラブ一丸となって皆様と共に闘ってまいる所存です。愛媛FCらしさを追求し、強くて魅力あるクラブになるために再び一歩ずつ前進してまいります。今後とも、ご支援賜りますよう、何とぞお願い申し上げます」 2021.11.28 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「自分たちのスタイルを貫き通す芯の強さが」J1昇格&J2優勝の磐田を村井満チェアマンが祝福

Jリーグの村井満チェアマンが、J2優勝を達成したジュビロ磐田へ祝福のコメントを寄せた。 28日、明治安田生命J2リーグ第41節が行われ、磐田はザスパクサツ群馬と対戦した。 残留を争う群馬と優勝を目指す磐田の一戦だったが、試合はゴールレスドロー。しかし、2位の京都サンガF.C.もジェフユナイテッド千葉と引き分けたため、磐田の優勝が決定した。 すでに昇格を決めていた中、王者としてJ1へと復帰することとなった磐田。村井チェアマンは、優勝を祝った。 「ジュビロ磐田に関わる全ての皆さま、2021明治安田生命J2リーグ優勝、誠におめでとうございます」 「シーズン序盤こそ黒星が先行するもすぐに建て直し、無失点での7連勝を記録するなどチーム本来の底力を発揮してここまで勝点を積み重ねました。どのような場面でも自分たちのスタイルを貫き通す芯の強さが、リーグ優勝、そして3年ぶりのJ1の舞台を引き寄せたのではないでしょうか」 「現在J2の得点王を突き進むルキアン選手と、ともに相手のゴールを脅かす山田大記選手、そして名実ともに中盤の要である遠藤保仁選手などが名を連ねるそのチーム力はまさに盤石。舞台を変える来シーズンも、磐田の魅力あふれる熱戦が、クラブを支え続けてくれた地域、そしてファン・サポーターの皆さまに届けられることを期待しています」 <span class="paragraph-title">【動画】他会場の結果で優勝が決定した瞬間!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">他会場の結果により、2021明治安田生命J2リーグ優勝が決定いたしました<a href="https://twitter.com/hashtag/UNITEFORW1N?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UNITEFORW1N</a> <a href="https://t.co/7JLfWALCmw">pic.twitter.com/7JLfWALCmw</a></p>&mdash; ジュビロ磐田 (@Jubiloiwata_YFC) <a href="https://twitter.com/Jubiloiwata_YFC/status/1464852281996709888?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.28 17:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly