ラツィオ名物の“鷲”を10年以上操った鷹匠の男性が突如解雇…SNSで出回った動画が原因

2021.10.21 22:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオの名物である鷲。その鷲を扱う「鷹匠」であり、トレーナーとして2010年からチームで働いていたスペイン人のフアン・ベルナベ氏が、停職処分に追いやられてしまった。

ラツィオは20日、この件に関して声明を発表。「あらゆる種類の差別的な行為や行動の絶対的な禁止に対し、常に注意が払われている」とし、「フアン・ベルナベ氏(ラツィオの外部企業の従業員)が、クラブ、ファン、そしてコミュニティを侮辱するような態度をとっているビデオの存在を知り、即時停職および既存契約の解除の措置がとられた」と、解雇通知を行っていた。

10年以上チームに仕えてきた鷹匠のベルナベ氏が解雇された理由は、SNS上に出回ってしまった1本の動画。その中での行為が、大きく問題視されることとなった。

この動画が撮影されたのは、16日に行われたセリエA第8節のインテル戦のこと。スタジアムでいつものように腕に鷲を乗せて操っていたベルナベさんが、とあるサポーターの前で立ち止まり、ナチス式の敬礼をしながら「ドゥーチェ、ドゥーチェ(「指導者」という意味のイタリア語)」と声を出していた。

これはイタリアの独裁者だったベニート・ムッソリーニがよく使っていた言葉だが、死後はファシストを想起させる用語として知られている。

後々問題になることは予想できそうな行動だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで語った。

「なぜこの混乱が起こったのかはわからない。それはラツィオとは何の関係もない。そして、申し訳ないと思っている」

「私にとっては軍の敬礼だ。私は軍隊に生まれ、右翼の文化を持っており、多くのサッカー界の友人と同じようにVox(スペインの政党)の出身だ。それを誇りに思っている」

「腕を胸の高さで心臓に曲げて行うものだ。イタリアでこんなことになるとは、知らなかった」

スペイン出身のベルナベ氏は、自身がこれまで信じてきたものをただやっただけであり、大ごとになるとは考えていなかったとのこと。また、「ドゥーチェ」と叫んだことについても言及した。

「私は叫んだ。それは本当だ。ムッソリーニを尊敬しており、それは否定しない」

「彼はイタリアとスペインのフランコのために、たくさんの素晴らしいことをした。私は両者のファンであり、誇りに思っている」

インタビューを受けた時点では、停職処分になったことは通知されていなかったベルナベ氏。しかし、そうなることは感じていると語り、禁じられていることを知っていれば、やらなかっただろうとした。

「ラツィオからの停職の通知はまだ受け取っていない。それを待っている状況だ。空中にあることだが、すでに非公式には知っているし、それは正しいと思う。自分がしたことには責任がある」

「それは衝撃だった。大成功の後、試合後の勝利の幸福感が影響している。この国でこの祝い方が禁じられていることは知らなかった。そうでなければ、私はこんなことはしていないだろう。ラツィオを困難に陥らせるつもりはなかった」

ラツィオ名物の鷲を扱って10年以上が経過していたベルナベ氏。クラブは新たな鷹匠を雇わなくてはいけなくなってしまった。



1 2

関連ニュース
thumb

4発快勝で首位キープのナポリ、スパレッティ監督も絶賛 「私にとってもっとも美しい試合」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグ戦での完勝を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは28日に行われたセリエA第14節でラツィオと対戦。公式戦2連敗とやや勢いに陰りが見えていたが、この日は立ち上がりから相手を圧倒する。7分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで先制すると、その後はFWドリエス・メルテンスの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFファビアン・ルイスのゴールでリードを広げたナポリは、最後まで相手の反撃を許さず、4-0で勝利した。 この結果、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げたナポリは同節に敗れた2位ミランとの勝ち点差を「3」に広げている。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は自身が就任してから最高の試合だったとチームを絶賛。選手たちの並外れたメンタリティを称えている。 「私のナポリにおけるもっとも美しい勝利になった。ラツィオのようなビッグチームを相手に勝利し、ゴールを決め、良い試合をしたことは、より重要な意味を持つだろう」 「我々の選択には非の打ち所がなく、ラツィオを苦しめたね。ここ数試合、我々はあまり質の高い選択ができていなかったが、今日はチームが良くやってくれた。(2ゴールの)メルテンスだけを褒めるのではもったいないだろう。チームのパフォーマンスが素晴らしかったのだからね」 「ここ数試合は少し緊張感があったと思う。だが今日の選手たちは、最初からできる限り試合を楽しむためピッチに立っていた。これは平凡さを受け入れないメンタリティとキャラクターを示しているね」 「開始1分から90分まで、すべての試合を楽しむべきだ。プレーすることを恐れるのではなく、何もしないことを恐れないといけない。正しい姿勢で自分が高揚するものを持っていれば、恐れはないだろう」 また、スパレッティ監督はホームのスタジアムで熱烈な声援を送るファンに言及。チームへ惜しみない愛を送るファンたちに勝利をプレゼントできたことを喜んだ。 「今夜は、まるで初めてホームでプレーしているかのような気分になった。ナポリに来て最初に感じたのは、その情熱と深い思いだ。ナポリの人々はサッカーのヒーローを求めており、称賛や抱擁を惜しまず、称賛できるような神話を必要としている。今日の本当の勝利は、この感傷的な人々に幸せを与えられたことだろうね」 2021.11.29 13:07 Mon
twitterfacebook
thumb

メルテンスの圧巻2発などで首位ナポリがラツィオに完勝、マラドーナの一周忌を勝利で飾る《セリエA》

セリエA第14節、ナポリvsラツィオが28日に行われ、4-0でナポリが完勝した。 前節インテルに2-3で敗戦した首位ナポリ(勝ち点32)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)では主力を欠いた中、スパルタク・モスクワに敗戦。3位転落となりグループステージ突破へ黄色信号が灯った中、メルテンスを最前線に、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 対する6位ラツィオ(勝ち点21)は前節、ユベントスに0-2でシャットアウト負け。ただ、ELではロコモティフ・モスクワ相手に復帰したインモービレのドッピエッタなどで3-0と快勝し、グループステージ突破を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、3トップにインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンを起用した。 昨年11月25日に亡くなったマラドーナ氏をプリントしたユニフォームをナポリの選手たちが身にまとった中、キックオフされた一戦。 立ち上がりから攻め立てたナポリが7分に先制する。カタルディのクリアミスを突いてルーズボールをジエリンスキが左足で蹴り込んだ。 さらに10分、ナポリがリードを広げる。インシーニェのパスを受けたメルテンスがDFを切り返しでうまくかわしてボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。 2点を追う展開となったラツィオは21分、インモービレがボックス左まで侵入してGKオシピナを強襲するシュートを浴びせるも、ナポリが前半のうちに3点目。19分、ロサーノのパスを受けたボックス手前右のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール左へ流し込んだ。 ハーフタイムにかけてもナポリが主導権を握ったまま前半を3-0で終えた。迎えた後半もナポリがボールを持ってラツィオに何もさせない状況が続く。 対するラツィオはザッカーニらを投入していくも、攻撃面での変化を生み出せないまま時間が経過していった。 余裕のナポリは64分、メルテンスとロサーノをお役御免としていく。終盤にかけてもラツィオに反撃の糸口を与えなかったナポリは、85分にファビアン・ルイスにもコントロールシュートでのゴールが生まれて4発完勝。 マラドーナ氏の一周忌を快勝で飾り、同日の試合でサッスオーロに敗れた2位ミランとの勝ち点差を3に広げている。 2021.11.29 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、ラツィオDFルイス・フェリペ招集を検討か

イタリアサッカー協会(FIGC)が、ラツィオのブラジル人MFルイス・フェリペの代表招集を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 先日のカタール・ワールドカップ欧州予選でプレーオフに回ることになったイタリア代表。最初は3連勝で快調なスタートを切っていたものの、その後の5試合で1勝4分けと急失速し、最終節でスイス代表に逆転首位通過を許してしまった。 3月に出場権を懸けたプレーオフが控える中、イタリア代表ではここ最近、チーム強化に向けて新戦力の招へいが検討されている。その一人であるカリアリのブラジル人FWジョアン・ペドロは、すでにロベルト・マンチーニ監督とコンタクトがあったことを認め、アッズーリでのプレーに意欲を示した。 そして、同じくブラジルにルーツを持つルイス・フェリペもまた、指揮官が注目する選手。2016年夏にブラジルのイトゥアーノからラツィオに移籍した同選手は、サレルニターナでの武者修行を経て徐々に主力に定着。 昨季は足首のケガでシーズンの半分を棒に振ってしまったものの、今季はケガとサスペンションによる欠場2試合を除けば、セリエAでは全試合に先発出場している。 代表では、両親がブラジル人のため、U-20とU-23のブラジル代表で出場した経歴を持つ。一方で、その両親がイタリア出身のため、同時に2カ国のパスポートを保有。両代表でデビュー可能となっている。 なお、マンチーニ監督はセンターバックの新戦力候補として、ローマのブラジル人DFロジェール・イバニェスにも注目しているようだ。 2021.11.25 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、宿敵ローマ相手に大暴れのノルウェー代表FW獲得に動く!

ラツィオが今冬の移籍市場で、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 イタリア代表FWチーロ・インモービレという絶対的エースを擁するラツィオだが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキ(27)の低調なパフォーマンスもあり、エース不在時の戦いに課題を残している。 そういった状況の中、新たなバックアップ候補としてリストアップしているのが、ノルウェーの強豪で活躍する187cmの若手ストライカーだ。 2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦41試合に出場し、20ゴール9アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではラツィオの宿敵であるローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。 恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。 『カルチョメルカート』によると、ボッタイム獲得には1000万ユーロ(約12億9000万円)程度の移籍金が必要となるが、ラツィオはその資金を捻出するため、前述のムリキを古巣フェネルバフチェら幾つかの移籍先候補に売却する構えだという。 2021.11.23 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦で内転筋損傷のダニーロが年内全休へ…全治8週間の診断結果

ユベントスは22日、ブラジル代表DFダニーロが左大腿部の内転筋損傷で8週間の離脱になることを明らかにした。 今季はここまで公式戦14試合に出場しているダニーロ。20日に行われたセリエA第13節のラツィオ戦も先発していたが、開始11分に負傷。交代を余儀なくされていた。 クラブの発表によれば、ダニーロは22日の朝にJメディカルで検査を受けた結果、左大腿部の長内転筋に中程度の負傷が確認されたとのこと。なお、離脱期間は8週間を要する見込みだ。 年末にかけてセリエAとCLの戦いが重なり、新年からは国内カップ戦の日程も組み込まれ、多忙のユベントス。ダニーロの離脱は大きな痛手となるのは間違いなさそうだ。 2021.11.22 23:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly