ウェストハムMFライスが幼馴染彼女との交際6年をお祝い、英国で最も高いビルでロマンチックな夜を過ごす

2021.10.20 20:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(22)が高級レストランでガールフレンドとの交際6周年をお祝いした。

17日のプレミアリーグ第8節エバートン戦にもフル出場したライスは、幼馴染でもあるガールフレンド、ローレン・フライヤーさんとの交際6周年を迎えた。

そのお祝いとして、高級レストランで食事をとることにしたライス。場所はイギリスで最も高い建物とされているロンドンの87階建てビル、ザ・シャード内にある33階の中華料理店だ。

テムズ川を見渡せる絶景で記念日を祝った仲睦まじい2人。その時の様子をフライヤーさんが自身のインスタグラムで投稿すると、「最高のカップルにおめでとうを」、「これまでで最もかわいいカップル」、「幸せな記念日をお祈りします」などの暖かなコメントが多数寄せられた。

ウェストハムでは副キャプテンも務めるライスは、9月16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節のディナモ・ザグレブ戦で、インターセプト後のドリブル突破からゴールを奪っている。21日にはEL第3節で日本代表MF伊東純也を擁するヘンクとホームで対戦予定。ディナモ・ザグレブ戦のような、記念日を祝う祝砲を打ち上げることはできるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

伏兵マズアクの逆転弾でハマーズが4戦ぶりの白星! チェルシーは公式戦13戦ぶりの黒星で首位陥落の危機に…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ウェストハムvsチェルシーが4日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが3-2で逆転勝利した。   前節、ブライトン相手に逃げ切りに失敗して直近のリーグ戦2敗1分けと失速傾向の4位ウェストハム(勝ち点24)は、4試合ぶりの白星を目指した首位チームとのロンドン・ダービーに向け先発2人を変更。フォルナルスとベンラーマをベンチに置き、ディオプとランシーニを起用。[3-4-2-1]へ並びを変更した。   一方、マンチェスター・シティとリバプールと三つ巴の覇権争いの真っただ中にいる首位のチェルシー(勝ち点33)は、前節にワトフォードに辛勝して2試合ぶりの白星を手にした。難敵相手に連勝を狙う今回のアウェイゲームでは前節から先発4人を変更。負傷のチャロバーに代えてチアゴ・シウバ、アスピリクエタとサウール、プリシッチに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ツィエクが復帰した。   ホームチームが並びを合せたことで、ミラーゲームの形となった注目のダービーは、立ち上がりからハイインテンシティの攻防が繰り広げられていく。ボールを握るアウェイチームは中央を締める相手の守備に対して、中央のギャップでボールを引き出す味方を使いながら右サイドに張るリース・ジェームズを起点にツィエクやハヴァーツがフィニッシュに絡む。   対するウェストハムは後ろに重い戦いとなるが、アントニオやボーエンの推進力を生かしたカウンターでチャンスを窺う。9分にはそのアントニオのクロスからソウチェクが得意のヘディングシュートを放つと、以降は徐々に深い位置まで侵攻する場面を増やしてドーソンらのセットプレーからGKメンディを脅かす。   上位対決らしい膠着状態が続く中、チェルシーが相手のお株を奪うセットプレーから先にゴールをこじ開ける。28分、右CKの場面でキッカーのマウントが右足アウトスウィングの浮き球のボールを入れると、ゴール前にタイミング良く入り込んだチアゴ・シウバがピッチへ叩きつけるヘディングシュート。GKファビアンスキの手を弾いたボールが右ポストn内側を叩いてゴールネットを揺らした。   先にゴールを奪われたウェストハムだが、すぐさま反撃を開始。30分には相手を押し込んでの波状攻撃からボックス右のツォウファルが鋭い右足のシュートを枠に飛ばすが、GKメンディの横を抜けたボールは先ほど先制点を挙げたDFチアゴ・シウバのゴールカバーに阻まれる。   だが、38分にはジョルジーニョからGKメンディへの不用意なバックパスに反応したボーエンがバックパスを手で扱えないメンディからボールを奪いかけたところで足をかけられて倒されてPKを奪取。これをキッカーのランシーニが冷静に左隅へ蹴り込んで40分の同点ゴールとした。   前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くジョルジーニョのミスでリードをフイにしたチェルシーだが、好調の生え抜きMFが魅せる。44分、中盤でライスのショートパスを引っかけたロフタス=チークが左サイドでフリーのツィエクに展開。ツィエクはボックス右へ走り込むマウントへ柔らかな浮き球のパスを送ると、マウントは自身の後方から出てきたボールに対して、右足インサイドを使った見事なダイレクトボレーでニア下を抜くファインフィニッシュ。ワトフォード戦に続く2試合連続の1ゴール1アシストを記録した。   その後、ウェストハムのベン・ジョンソンが筋肉系、チェルシーのハヴァーツが足首を痛めたことで、前者はマズアク、後者はルカクを投入する形で後半の戦いに臨む。前半同様に拮抗した展開が続くが、ホームチームが早い時間帯に試合を振り出しに戻す。   56分、ソウチェクの浮き球のフィードをアントニオが競ったこぼれ球をボックス右で回収したツォウファルが内側へ短く落とすと、これを受けたボーエンが左への持ち出しから得意の左足を一閃。DFクリステンセンの股間を抜けた鋭いシュートがゴール左隅へ決まった。   今季リーグ戦で初めての複数失点を喫して追いつかれたチェルシーは、引き続きサイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、中央のルカクがなかなか存在感を示せずに攻撃が停滞。これを受け、トゥヘル監督はツィエクとマルコス・アロンソの左サイドのユニットを下げてハドソン=オドイ、プリシッチを続けて投入。この交代でプリシッチが右ウイングバック、ジェームズが左ウイングバックに入る形に。   一方、追いついたウェストハムは後半半ば過ぎに古巣対戦のズマが筋肉系のトラブルによりプレー続行不可能となり、71分にフォルナルスを投入。この交代で並びを[4-2-3-1]の形に戻した。75分には右サイドの深い位置まで運んだアントニオがボックス内に侵入し、決定的な折り返しを供給するが、ファーに詰めたボーエンのスライディングシュートはわずかに枠の左に外れた。   その後、試合は均衡状態が保たれたまま後半終盤に突入すると、思わぬ伏兵が試合を決める決定的な仕事を果たす。87分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボールを受けたマズアクがクロスを匂わせながら意表を突いてGKメンディが空けたニアサイドへシュートを狙う。すると、無回転気味のこのシュートがメンディの手を弾いてゴールネットを揺らした。   そして、マズアクのプレミアリーグ初ゴールによって試合を引っくり返したウェストハムがこのままリードを守り切り、3-2の逆転でダービーに勝利。リバプール戦に続く強豪撃破で4戦ぶりの白星を手にした。一方、今季リーグ戦最多3失点で競り負けたチェルシーは公式戦13試合ぶりの敗戦となり、今節での首位陥落の可能性が高まっている。 2021.12.04 23:34 Sat
twitterfacebook
thumb

「とても才能があるのに…」モイーズ、リンガードのユナイテッドでの現状を嘆く

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、マンチェスター・ユナイテッドでもがくイングランド代表MFジェシー・リンガードの現状を嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨冬、マンチェスター・ユナイテッドで出番を失っていた中、モイーズ監督に誘われる形でウェストハムに移籍したリンガード。すると、プレミアリーグ16試合の出場で9ゴール5アシストを記録。まさに覚醒という言葉通りの活躍を披露した。 しかし、ユナイテッドに戻った今季はここまで公式戦11試合の出場に留まり、プレー時間はわずか178分に。昨年と同じような立場で12月を迎えている。 そんなリンガードの現状についてモイーズ監督は、再び同じ境遇に陥っている元教え子に同情の念を抱くとともに、昨季の功績について手放しで称えている。 「彼はマンチェスター・ユナイテッドの選手であり、私が口を出すことではない」 「しかし、彼は我々にとって本当に良い選手だった。ジェシーは我々が今彼に何を思っているかわかっていると思う。私は才能豊かなサッカー選手である彼が、プレーしていないことに失望しているのだ」 「彼は、昨シーズンの後半戦で大きな役割を果たしてくれた。しかし、ジェシーがいなくても、ウェストハムの選手たちは前に進んでいるということも認めなければならない」 「人々は、ジェシーがこのチームを変えたと思っているかもしれないが、選手たちは次の段階に進み、自分たちで別のレベルにステップアップしている。だが、ジェシーの存在は大きかったと言わざるを得ない」 2021.12.04 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

オグボンナ離脱のウェストハム、リバプールDFフィリップスで穴埋めか

ウェストハムがリバプールからイングランド人DFナサニエル・フィリップス(24)を獲得する準備を進めているようだ。 昨季に続いて、今季のプレミアリーグでも上位争いに割って入るウェストハム。ヨーロッパリーグ(EL)でも決勝トーナメントに進出したが、先日に元イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナが右ヒザに重傷を負って、今季中の復帰が厳しいものとみられる。 イギリス『Football Insider』によると、デイビッド・モイーズ監督は来年1月の移籍市場でそんなオグボンナに代わるセンターバックの獲得を目指しており、フィリップスもターゲットのひとりに。獲得に向けた準備も進めている状況だという。 そうなれば、注目されるのがリバプール側の姿勢だ。最終ジャッジは離脱が続くイングランド代表DFジョー・ゴメスのフィットネス次第だが、オファーに耳を傾ける用意があり、移籍金1200万ポンド(約18億1000万円)前後での取引が見込まれるようだ。 フィリップスは昨季、センターバック陣に負傷者が相次いだ際にその穴埋め役として奮闘。最終的に公式戦20試合に出場したが、今季はここまでU-21フランス代表イブラヒマ・コナテの加入もあり、わずか2試合の出番にとどまっている。 2021.11.30 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョの3年ぶりのリーグ戦ゴールが決勝点! シティがハマーズにEFL杯のリベンジ果たす!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第13節、マンチェスター・シティvsウェストハムが28日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。 直近公式戦4連勝でリーグ2位に位置するシティ(勝ち点26)は、直近のチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンとの首位攻防戦を制し、最終節を前にグループ首位通過を決定。良い形で難敵との上位対決を迎えることになった。そのPSG戦からは先発2人を変更。ストーンズとジンチェンコに代えてラポルテ、ガブリエウ・ジェズスを起用し、3トップは右からジェズス、マフレズ、スターリングという並びとなった。 一方、4位のウェストハム(勝ち点23)は前節、好調のウォルバーハンプトンに0-1で敗れてリーグ戦の連勝が「4」でストップ。それでも、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではラピド・ウィーンを退けて最終節を前にグループ首位通過を決めバウンスバックに成功した。今回の上位対決ではボーエンをベンチに置き、左ウイングに本職サイドバックのマズアクを置く守備的な布陣で臨んだ。 雪が降りしきる中で迎えた注目の上位対決は互いにピッチコンディションを確認しつつも、球際では激しくぶつかり合う展開に。 6分には左サイドでのアントニオのパワフルな仕掛けからボックス中央のベンラーマに決定機も、ここはファーストタッチがうまくいかず相手に対応される。その直後には押し込んだシティがウォーカーのミドルシュートで相手ゴールへ迫るが、これはわずかに枠の左へ外れる。 以降はボールを握るシティが優勢に試合を運んでいく中、16分にはギュンドアンの左CKをニアで競り勝ったラポルテが頭で合わせるが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、直後にはスターリングが高い位置で引っかけたこぼれに抜け出したマフレズが冷静にゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドとなった。 前半半ばを過ぎると、降雪の勢いが増してピッチの芝の至る所が白くなり始めて難しいコンディションとなる。しかし、この状況にもプレー精度を落とさないホームチームが先にゴールをこじ開ける。 33分、相手陣内左のハーフスペースを取ったカンセロが右サイドの深い位置を取るマフレズへ大きく展開。そのままボックス内へ持ち込んだマフレズの低いクロスが相手DFにディフレクトしてゴール前に流れると、これをギュンドアンが右足インサイドで合わせてゴールネットへ流し込んだ。 ピッチ状況がさらに悪化する前に先手を奪ったシティは、前半終盤にかけても畳みかける攻めを見せる。41分にはカンセロのミドルシュートのこぼれ球に反応したマフレズがゴール右に抜け出して右足のシュートを狙うが、これは惜しくもポストを叩く。さらに、マフレズ、ジェズスとボックス内で続けて決定機に絡んでいくが、GKファビアンスキの冷静なゴールキーピングに阻まれた。 前半終盤にほぼピッチ全面を雪が覆ったことで、ホームチームの運営スタッフ総動員でのハーフタイムの除雪作業を経て試合は数分間の遅延の末に後半に突入。シティは前半半ば過ぎから立ち位置を変更していたマフレズ、ジェズスに加え、ギュンドアンとベルナルド・シウバの立ち位置も変更。対するウェストハムは前半同様の布陣、戦い方を継続した。 後半は比較的静かな立ち上がりとなった中、前半同様にシティがボールの主導権を握る。56分にはマフレズ、ベルナルド・シウバのパスからカウンターを発動。左サイドのスペースに飛び出したスターリングがボックス付近に持ち込んで右を並走するジェズスへラストパスを通す。ここでジェズスはGKファビアンスキの脇を抜くシュートを放ったが、DFクレスウェルの決死のゴールカバーに阻まれる。 クレスウェルの決死のプレーで2失点目を免れたウェストハムだが、このプレーの場面で背中をポストに激しく打ち付けたクレスウェルがプレー絶好不可能となり、先にベンラーマに代えて投入したランシーニに続き、ツォウファルをスクランブル投入。さらに、なかなかフィニッシュまで持ち込めない中、マズアクに代えて切り札のボーエンを投入した。この交代で攻勢を強めると、78分には久々に高い位置まで侵攻したライスが強烈なミドルシュートでGKエデルソンを脅かす。 一方、試合運びは安定しているものの、セットプレーに強い相手の特長を考えれば、2点目を奪って試合を決めたいシティ。グアルディオラ監督は75分を過ぎても1枚の交代カードも切ることなくピッチ上の11人にゲームメイクを託す。80分にはスターリングとのパス交換でボックス左に抜け出したギュンドアンに絶好機も、ここはGKファビアンスキの見事な飛び出しに阻まれる。 その後、最少得点差で試合終盤に突入した中、グアルディオラ監督はスターリングに代えてフェルナンジーニョを87分に投入。すると、逃げ切りのために投入した仕事人が試合を決める望外の働きを見せた。 90分、左CKのショートコーナーの流れからカウンタープレスでボールを奪い返したシティは左サイドのボックス付近でロドリ、ベルナルド・シウバ、ジェズスと繋ぎ、ボックス左に侵入したジェズスがペナルティアーク付近でフリーのフェルナンジーニョへ丁寧なマイナスのパスを供給。これをフェルナンジーニョが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に突き刺した。 フェルナンジーニョの3年ぶりとなるリーグ戦ゴールで勝利を確実なモノとしたシティは、後半ラストプレーで自陣ボックス付近でのボールロストからランシーニに見事な反転シュートを叩き込まれてリーグ3試合連続クリーンシートこそ逃したものの、このまま逃げ切って2-1の勝利。 EFLカップで5連覇を阻まれたハマーズにリベンジを果たすと共に公式戦5連勝を達成した。一方、敗れたウェストハムは今季初のリーグ戦連敗となった。 2021.11.29 01:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハム主将、あまり先を考えず 「厳しいグループを首位で突破したが…」

ウェストハムのイングランド人MFマーク・ノーブルがヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 グループHの4試合を消化して3勝1分けで首位のウェストハム。25日に行われた第5節では最下位ラピド・ウィーンのホームに乗り込み、2-0と勝利した。 ウェストハムはこれで勝ち点を「13」に。ここまで4位につけるプレミアリーグでの好調ぶりをそのままにELでも1試合を残して首位通過を決めている。 前半アディショナルタイム2分に獲得したPKのチャンスを決め切り、チームの勝利を手繰り寄せる追加点をもたらしたノーブル。結果に満足感を示した。 「もっと正確にプレーできたら、あと2、3ゴールぐらい奪えたと思う。でも、試合に勝つのに十分なプレーができた。少しだらしないところもあったが、アウェイで連戦中でもあった」 また、「もちろん、夢はある。いつだって夢を見るものだが、この大会にはいくつかのトップチームがいる」と浮き足立つ様子を見せず、目の前の戦いに集中した。 「確かに僕らも厳しいグループを首位で突破したが、まだまだすべきことがあって、大会を勝ち進めば進むほど、良いチームになれる。次のラウンドを戦うにあたり、まだまだ長い道のりだ」 「それまでに多くの試合がある。プレミアリーグもこの調子でいきたい。カラバオカップでもトッテナムとのタフな準決勝が待っている。選手は体調を整えつつ、良いプレーを続けることだ」 「そして、ベスト16の戦いが来たときに乗り越えていかないとね」 2021.11.26 10:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly