インシーニェPK失敗もオシムヘンの終盤弾でナポリが開幕8連勝《セリエA》

2021.10.18 03:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは17日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、1-0で勝利した。

前節フィオレンティーナに逆転勝利として開幕7連勝としたナポリ(勝ち点21)は、現状のベストメンバーで臨んだ。

前節ユベントスに善戦しながらも惜敗した11位トリノ(勝ち点8)に対し、3トップにオシムヘン、インシーニェ、ポリターノと並べたナポリは10分、オシムヘンが強烈なミドルシュートでトリノを牽制。

続く20分にもオシムヘンがヘディングシュートでゴールに迫ったナポリは、25分にPKを獲得する。FKの流れからボックス内のディ・ロレンツォがコネに倒された。

しかし、キッカーのインシーニェはシュートをGKミリンコビッチ=サビッチに止められ、先制とはならない。

ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだが、スコアは動かせずゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半もナポリが攻勢をかけると、57分に先制しかける。マリオ・ルイの左サイドからのFKをディ・ロレンツォが頭で合わせてネットを揺らした。しかしVARが入り、オフサイドがあってノーゴールに。

続く63分、交代直後のロサーノが左ポスト直撃のシュートを浴びせたナポリは65分にはピンチを迎えるも、ブレカロのゴール至近距離からのシュートはGKオスピナが好守で凌いだ。

すると終盤の81分、ナポリが均衡を破る。ボックス内での分厚い攻めの流れから、ルーズとなった浮き球のボールをオシムヘンが頭で押し込んだ。

これが決勝点となってナポリが勝利。開幕8連勝を達成している。



関連ニュース
thumb

ナポリ、インシーニェ、ファビアン・ルイス、クリバリの負傷を報告

ナポリは1日、一挙3選手の負傷を報告した。 同日にセリエA第15節でサッスオーロと対戦したナポリ。後半に2点を先行する展開となったものの、リードを守りきれず痛恨のドローに終わった。 そこに追い討ちをかけるように、負傷者ニュースが舞い込んだ。ハーフタイムに交代していたFWロレンツォ・インシーニェをはじめとする、いずれも途中交代していたMFファビアン・ルイスとDFカリドゥ・クリバリの3選手だ。 報告によると、インシーニェは左ふくらはぎ、ファビアン・ルイスは右太もも、そしてクリバリは左太ももにケガを負ったとのこと。現時点で程度や離脱期間などは明らかになっていない。 リーグ戦では首位につけているものの、ここ4試合は1勝と足踏み状態のナポリ。今後は4位アタランタとのビッグマッチや、ヨーロッパリーグの決勝トーナメント進出をかけたレスター・シティ戦が控えているだけに、大きな問題でないことを祈るばかりだ。 2021.12.02 17:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリが2点のリードを守れずサッスオーロにドロー、あわや逆転負けも…《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第15節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ラツィオ戦を4-0と完勝した首位ナポリは、ラツィオ戦と同様のスタメンで臨んだ。 前節ミランを下した12位サッスオーロ(勝ち点18)に対し、最前線にメルテンス、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べたナポリがやや押し込む展開で推移する。 しかし21分にピンチ。ベラルディにボックス中央から決定的なシュートを許したが、GKオスピナが好守で阻止した。 凌いだナポリは27分、インシーニェがゴールに迫るも、前半を通しての決定機はこの場面のみで前半をゴールレスで終えた。 後半からインシーニェに代えてエルマスを投入したナポリは51分に均衡を破る。高い位置でボールを奪った流れから、ジエリンスキのパスを受けたペナルティアーク中央のファビアン・ルイスがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに60分、ナポリがリードを広げる。ジエリンスキの浮き球パスをボックス右で受けたメルテンスがゴールへ流し込んだ。 リードを2点に広げたナポリはメルテンスと股関節を痛めたファビアン・ルイスを下げてペターニャとポリターノを投入。 しかし72分、ファインゴールを許して1点差とされる。左サイドからのクロスを胸トラップで収めたスカマッカに強烈なボレーシュートを叩き込まれた。 そして終盤にかけてもサッスオーロに押し込まれたナポリは89分に追いつかれる。ベラルディのFKからフェッラーリにヘディングシュートを決められた。 さらに試合終了間際、デフレルにネットを揺らされたナポリだったが、その前にベラルディにファウルがあったと判定され、ノーゴールに。助かったナポリは辛くも勝ち点1を獲得し、首位をキープしている。 2021.12.02 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリFWポリターノが新型コロナ感染から回復

ナポリのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノが新型コロナウイルス感染から復活した。 クラブは29日、このたびの検査結果として陰性判定を報告。チーム合流前にもプロトコルに則り、検査を受けるという。 ポリターノは21日に行われたセリエA第13節のインテル戦を前にした検査で陽性判定を受け、チームを離脱。そこから公式戦3試合を欠場した。 今季のポリターノは離脱するまで公式戦全試合に出場。ここまで16試合に出場して、2得点4アシストをマークしている。 なお、セリエAで首位を走るナポリはクリスマス休暇までの22日間で公式戦6試合を予定。ポリターノの復帰は朗報といえそうだ。 2021.11.30 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦快勝のナポリ、主将インシーニェも喜び 「本当に楽しかった」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが好調なチームが見せたパフォーマンスを誇った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 クラブのキャプテンであるインシーニェは28日に行われたセリエA第14節のラツィオ戦に先発した。チームは試合開始から並外れたパフォーマンスを示し、かつて自分たちを指揮したマウリツィオ・サッリ監督の率いる相手チームを粉砕。インシーニェも1アシストを記録しており、チームの4-0での勝利に貢献している。 試合後に『DAZN』のインタビューを受けたインシーニェは素晴らしいパフォーマンスを披露できたと歓喜。かつての恩師であるサッリ監督や、この日2ゴールの活躍を見せたFWドリエス・メルテンスについても言及している。 「本当に楽しかった。今日の試合の目的は勝利を得ることだけでなく、自分のサッカーを楽しむことだったよ」 「サッリ監督とは勝つことができなかったとしても、素晴らしい旅ができたと思う。そして、ルチアーノ・スパレッティ監督が新しい時代をスタートさせた。(前節ドローに終わった)インテル戦ではミスが多すぎたが、それでも引き分けに持ち込むことはできたからね」 「メルテンスとは長年の付き合いだ。彼がナポリにとっての歴代得点王であることは、偶然ではないよ。だから、彼については何も心配することはない」 また、インシーニェは来夏で満了となる自身の契約について言及。クラブとの交渉は行われていると語り、代理人に任せていることを強調した。 「自分のサッカーに集中しなければならないから、契約については考えないようにしている。僕の代理人がクラブと話をしているしね。これは僕だけが決めることではなく、全員が合意に達する必要があるものだ。メディアと話すたびこのことを聞かれて慣れているから、特に問題はないよ」 2021.11.29 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝で首位キープのナポリ、スパレッティ監督も絶賛 「私にとってもっとも美しい試合」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグ戦での完勝を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは28日に行われたセリエA第14節でラツィオと対戦。公式戦2連敗とやや勢いに陰りが見えていたが、この日は立ち上がりから相手を圧倒する。7分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで先制すると、その後はFWドリエス・メルテンスの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFファビアン・ルイスのゴールでリードを広げたナポリは、最後まで相手の反撃を許さず、4-0で勝利した。 この結果、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げたナポリは同節に敗れた2位ミランとの勝ち点差を「3」に広げている。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は自身が就任してから最高の試合だったとチームを絶賛。選手たちの並外れたメンタリティを称えている。 「私のナポリにおけるもっとも美しい勝利になった。ラツィオのようなビッグチームを相手に勝利し、ゴールを決め、良い試合をしたことは、より重要な意味を持つだろう」 「我々の選択には非の打ち所がなく、ラツィオを苦しめたね。ここ数試合、我々はあまり質の高い選択ができていなかったが、今日はチームが良くやってくれた。(2ゴールの)メルテンスだけを褒めるのではもったいないだろう。チームのパフォーマンスが素晴らしかったのだからね」 「ここ数試合は少し緊張感があったと思う。だが今日の選手たちは、最初からできる限り試合を楽しむためピッチに立っていた。これは平凡さを受け入れないメンタリティとキャラクターを示しているね」 「開始1分から90分まで、すべての試合を楽しむべきだ。プレーすることを恐れるのではなく、何もしないことを恐れないといけない。正しい姿勢で自分が高揚するものを持っていれば、恐れはないだろう」 また、スパレッティ監督はホームのスタジアムで熱烈な声援を送るファンに言及。チームへ惜しみない愛を送るファンたちに勝利をプレゼントできたことを喜んだ。 「今夜は、まるで初めてホームでプレーしているかのような気分になった。ナポリに来て最初に感じたのは、その情熱と深い思いだ。ナポリの人々はサッカーのヒーローを求めており、称賛や抱擁を惜しまず、称賛できるような神話を必要としている。今日の本当の勝利は、この感傷的な人々に幸せを与えられたことだろうね」 2021.11.29 13:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly