インシーニェPK失敗もオシムヘンの終盤弾でナポリが開幕8連勝《セリエA》

2021.10.18 03:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは17日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、1-0で勝利した。

前節フィオレンティーナに逆転勝利として開幕7連勝としたナポリ(勝ち点21)は、現状のベストメンバーで臨んだ。

前節ユベントスに善戦しながらも惜敗した11位トリノ(勝ち点8)に対し、3トップにオシムヘン、インシーニェ、ポリターノと並べたナポリは10分、オシムヘンが強烈なミドルシュートでトリノを牽制。

続く20分にもオシムヘンがヘディングシュートでゴールに迫ったナポリは、25分にPKを獲得する。FKの流れからボックス内のディ・ロレンツォがコネに倒された。

しかし、キッカーのインシーニェはシュートをGKミリンコビッチ=サビッチに止められ、先制とはならない。

ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだが、スコアは動かせずゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半もナポリが攻勢をかけると、57分に先制しかける。マリオ・ルイの左サイドからのFKをディ・ロレンツォが頭で合わせてネットを揺らした。しかしVARが入り、オフサイドがあってノーゴールに。

続く63分、交代直後のロサーノが左ポスト直撃のシュートを浴びせたナポリは65分にはピンチを迎えるも、ブレカロのゴール至近距離からのシュートはGKオスピナが好守で凌いだ。

すると終盤の81分、ナポリが均衡を破る。ボックス内での分厚い攻めの流れから、ルーズとなった浮き球のボールをオシムヘンが頭で押し込んだ。

これが決勝点となってナポリが勝利。開幕8連勝を達成している。



関連ニュース
thumb

負傷者多数のナポリに朗報、マノラスが戦線復帰

負傷者に悩まされるナポリだが、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが復帰を果たしたようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。 セリエAで首位争いを演じるナポリだが、続出する負傷者が、その勢いに歯止めをかけてしまっている。 先月のインテル戦で、エースのFWビクター・オシムヘンが左頬骨と眼窩底骨折の大ケガに見舞われると、立て続けにMFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサの離脱も明らかに。 さらに今月1日には、FWロレンツォ・インシーニェ、MFファビアン・ルイス、DFカリドゥ・クリバリの一挙3選手の負傷が伝えられた。 次々とチームの核を失い、公式戦ここ6試合の戦績も1勝2分け3敗と、明らかに陰りが見えはじめている。 そんな中、ナポリはマノラスに関して「グループと一緒にすべてのセッションを遂行した」と声明を発表。10月半ばから右大臀筋の問題で離脱が続いていたギリシャ代表DFの復帰を報告した。 今後のナポリは、ヨーロッパリーグの決勝トーナメント進出をかけたレスター・シティ戦やセリエAのミラン戦といったビッグマッチを控えているだけに、大きな朗報となった。 2021.12.08 18:27 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタが5連勝、敗れたナポリは首位陥落で3位後退《セリエA》

セリエA第16節、ナポリvsアタランタが4日に行われ、2-3でアタランタが勝利した。 前節サッスオーロ戦を2点のリードを守り切れず引き分け、2位ミランに1ポイント差とされた首位ナポリ(勝ち点36)は、アタランタに合わせて3バックを採用。前線はメルテンス、ロサーノ、エルマスが構えた。 一方、前節ヴェネツィア戦をパシャリッチのトリプレッタで一蹴した4位アタランタ(勝ち点31)は、D・サパタを最前線に、マリノフスキーとペッシーナがシャドーを務めた。 開始7分、アタランタが先制する。ボックス左でD・サパタがタメを作ってマイナスにパス。マリノフスキーがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 早々に失点したナポリは12分に同点のチャンス。左サイドからのマリオ・ルイのクロスにフリーのロサーノは合わせきれなかった。 ポゼッションを高めるナポリに対し、カウンターを狙うアタランタは23分、FKの流れからマリノフスキーが際どいシュートを浴びせれば、27分にはザッパコスタがGK強襲のシュートを放った。 しかし40分、ナポリが追いつく。マルキュイが右サイドを突破してゴールライン際からクロス。ルーズボールをジエリンスキが拾い、2度目のシュートがネットを揺らした。 1-1で前半を終えて迎えた後半、開始2分にナポリが一気に逆転する。マルキュイのパスでディフェンスライン裏に抜け出したメルテンスがGKとの一対一を制した。 逆転されたアタランタは53分、左クロスに合わせたD・サパタのヘディングシュートが右ポストに直撃。 その後もアタランタが前がかると、66分に追いついた。流れの中で上がっていたデミラルがトロイのスルーパスを引き出し、ボックス右からシュートをねじ込んだ。 さらに71分、アタランタが一気に逆転する。イリチッチがボックス右に侵入。左足アウトでのパスを送ると、最後はフロイラーが蹴り込んだ。 終盤にかけてはアタランタがナポリの反撃を許さずに3-2で勝利。5連勝としている。一方、敗れたナポリはミラン、インテルにかわされ首位陥落となった。 2021.12.05 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、インシーニェ、ファビアン・ルイス、クリバリの負傷を報告

ナポリは1日、一挙3選手の負傷を報告した。 同日にセリエA第15節でサッスオーロと対戦したナポリ。後半に2点を先行する展開となったものの、リードを守りきれず痛恨のドローに終わった。 そこに追い討ちをかけるように、負傷者ニュースが舞い込んだ。ハーフタイムに交代していたFWロレンツォ・インシーニェをはじめとする、いずれも途中交代していたMFファビアン・ルイスとDFカリドゥ・クリバリの3選手だ。 報告によると、インシーニェは左ふくらはぎ、ファビアン・ルイスは右太もも、そしてクリバリは左太ももにケガを負ったとのこと。現時点で程度や離脱期間などは明らかになっていない。 リーグ戦では首位につけているものの、ここ4試合は1勝と足踏み状態のナポリ。今後は4位アタランタとのビッグマッチや、ヨーロッパリーグの決勝トーナメント進出をかけたレスター・シティ戦が控えているだけに、大きな問題でないことを祈るばかりだ。 2021.12.02 17:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリが2点のリードを守れずサッスオーロにドロー、あわや逆転負けも…《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第15節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ラツィオ戦を4-0と完勝した首位ナポリは、ラツィオ戦と同様のスタメンで臨んだ。 前節ミランを下した12位サッスオーロ(勝ち点18)に対し、最前線にメルテンス、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べたナポリがやや押し込む展開で推移する。 しかし21分にピンチ。ベラルディにボックス中央から決定的なシュートを許したが、GKオスピナが好守で阻止した。 凌いだナポリは27分、インシーニェがゴールに迫るも、前半を通しての決定機はこの場面のみで前半をゴールレスで終えた。 後半からインシーニェに代えてエルマスを投入したナポリは51分に均衡を破る。高い位置でボールを奪った流れから、ジエリンスキのパスを受けたペナルティアーク中央のファビアン・ルイスがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに60分、ナポリがリードを広げる。ジエリンスキの浮き球パスをボックス右で受けたメルテンスがゴールへ流し込んだ。 リードを2点に広げたナポリはメルテンスと股関節を痛めたファビアン・ルイスを下げてペターニャとポリターノを投入。 しかし72分、ファインゴールを許して1点差とされる。左サイドからのクロスを胸トラップで収めたスカマッカに強烈なボレーシュートを叩き込まれた。 そして終盤にかけてもサッスオーロに押し込まれたナポリは89分に追いつかれる。ベラルディのFKからフェッラーリにヘディングシュートを決められた。 さらに試合終了間際、デフレルにネットを揺らされたナポリだったが、その前にベラルディにファウルがあったと判定され、ノーゴールに。助かったナポリは辛くも勝ち点1を獲得し、首位をキープしている。 2021.12.02 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリFWポリターノが新型コロナ感染から回復

ナポリのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノが新型コロナウイルス感染から復活した。 クラブは29日、このたびの検査結果として陰性判定を報告。チーム合流前にもプロトコルに則り、検査を受けるという。 ポリターノは21日に行われたセリエA第13節のインテル戦を前にした検査で陽性判定を受け、チームを離脱。そこから公式戦3試合を欠場した。 今季のポリターノは離脱するまで公式戦全試合に出場。ここまで16試合に出場して、2得点4アシストをマークしている。 なお、セリエAで首位を走るナポリはクリスマス休暇までの22日間で公式戦6試合を予定。ポリターノの復帰は朗報といえそうだ。 2021.11.30 09:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly