【ブンデス第8節プレビュー】同勝ち点で並ぶレバークーゼンvsバイエルン開催

2021.10.16 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
代表ウィーク前に行われた前節、バイエルンがフランクフルトに敗れ、初黒星を喫した。迎える第8節、勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる上位対決が行われる。

バイエルンは前節、フランクフルトGKトラップのビッグセーブなどにも阻まれ、1-2で逆転負け。今季の公式戦初黒星を喫した中、レバークーゼンとの首位攻防戦を制すことはできるか。

一方、MF奥川が先発したビーレフェルトに4-0と快勝したレバークーゼン。リーグ戦3連勝、公式戦5連勝と勢いに乗る中でのバイエルン戦となるが、一気に首位浮上となるか。

2強が潰し合う中、3位ドルトムント(勝ち点15)は、9位マインツ(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。ドルトムントは前節、アウグスブルク相手に2-1と逃げ切り勝利。引き続きFWハーランドを欠いた中、リーグ戦での勝利を取り戻した。代表戦も欠場し、十分な調整期間を得られた中、ハーランド復帰予定のドルトムントはマインツ戦を確実に制したい。

バイエルン戦で出番のなかったMF鎌田&MF長谷部の13位フランクフルト(勝ち点8)は、14位ヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨む。両選手に出場機会がなかった中、チームはバイエルンに金星を挙げたため、ヘルタ戦での起用法が気にかかるところだが出番はあるか。

前節ホッフェンハイム戦で開幕節以来の勝利を挙げた12位シュツットガルトは、10位ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。大半の時間帯で主導権を握る試合を演じた中、前節ヴォルフスブルクを下したボルシアMGに勝利となるか。

そしてMF原口が先発したマインツ戦を逆転勝利とした7位ウニオン・ベルリン(勝ち点12)は、5位ヴォルフスブルク(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。2連勝としたウニオンに対し、2連敗で5位まで後退したヴォルフスブルク。勢いの差を見せ付けられるか。

FW浅野が先発したものの、後半に3失点を喫してライプツィヒに敗れた17位ボーフム(勝ち点4)は、最下位グロイター・フュルト(勝ち点1)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で貴重な決勝点に絡んだ浅野としては何とか昇格組対決を制し、浮上のキッカケを掴みたいところだ。

最後に開幕から先発出場を続けるMF奥川の16位ビーレフェルト(勝ち点4)は、15位アウグスブルク(勝ち点5)とのアウェイ戦。未勝利が続くビーレフェルトとしても勝ち点1差の相手から勝利をもぎ取りたい。

◆ブンデスリーガ第8節
▽10/15(金)
《27:30》
ホッフェンハイム 5-0 ケルン

▽10/16(土)
《22:30》
グロイター・フュルトvsボーフム
ウニオン・ベルリンvsヴォルフスブルク
フランクフルトvsヘルタ・ベルリン
ドルトムントvsマインツ
フライブルクvsライプツィヒ
《25:30》
ボルシアMGvsシュツットガルト

▽10/17(日)
《22:30》
レバークーゼンvsバイエルン
《24:30》
アウグスブルクvsビーレフェルト

関連ニュース
thumb

マネがバロンドールにベンゼマを推す「間違いなくふさわしい」

バイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネが、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマをバロンドールに推した。スペイン『Fichajes』が伝えている。 現地時間17日に発表を控える2022年のバロンドール。昨季も公式戦46試合で50得点という桁違いの得点力を見せつけたFWロベルト・レヴァンドフスキや、プレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティで攻撃のタクトを振り続けるMFケビン・デ・ブライネなど、錚々たる顔ぶれが最終候補に選ばれた中、下馬評ではベンゼマが最有力と見られている。 昨季のベンゼマは公式戦46試合で44得点を挙げ、ラ・リーガとチャンピオンズリーグの2冠に貢献。とりわけ、CLでは決勝トーナメントのパリ・サンジェルマン戦やチェルシー戦でのハットトリックに加え、準々決勝のチェルシー戦や準決勝のシティ戦では土壇場のゴールで延長戦に持ち込み、逆転勝利に導くなど、印象的なゴールが多かった。 マネもセネガル代表をアフリカネーションズカップ初優勝へと導いた活躍が評価され、最終候補に選ばれた身だが、その経験を踏まえた上で、今年のバロンドールはベンゼマが相応しいと考えている。 「今年のバロンドールはベンゼマが受賞に値するはずだ。彼の活躍をとても嬉しく思うよ。昨季のマドリーでの活躍は素晴らしく、CLも制覇した」 「アフリカネーションズカップの優勝は、僕と国家全体にとって素晴らしい出来事だった。もちろんこの上なく誇らしいけど、ベンゼマの方がふさわしいさ。間違いなくね」 2022.10.06 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

不振のバイエルン、カーン会長はナーゲルスマン信頼の姿勢崩さず「クラブは彼を信じている」

稀に見る低調ぶりで非難の矢面に立たされているバイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督だが、オリバー・カーン会長からは信頼の言葉が贈られている。 昨シーズンからバイエルンを指揮し、史上2番目の若さでブンデスリーガ優勝を果たしたナーゲルスマン監督。だが、11連覇を目指す今季は、第4節のボルシアMG戦で躓くと、以降4試合で白星なし。第7節のアウグスブルク戦では初黒星を喫した。 一方で、チャンピオンズリーグになると好調で、初戦のインテル戦や、続くバルセロナ戦、そして4日に行われたプルゼニ戦も快勝を収め、開幕3連勝。次戦はドルトムントとのデア・クラシカーだが、カーン会長はビッグマッチを前に、解任が噂されていた35歳指揮官への変わらぬ信頼を示した。 「我々はユリアン・ナーゲルスマンを監督として完全に信頼しているよ」 「困難な時期であることは明らかだが、ユリアンは物凄いスピードで成長を続けているし、乗り越える素質もある。クラブは彼を信じているよ」 2022.10.05 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデスに続いてCLでも快勝! 2戦連発のマネ「僕らは代表ウィーク明けから立ち直った」

バイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネがコメントした。 バイエルンは4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え撃ち、5-0で一蹴。これでグループステージ3連勝とし、インテルとバルセロナを抑えて首位の座をがっちりとキープした。 代表ウィーク前までブンデスリーガで4試合勝利なしが続いたりで風当たりが強まったが、CLに舞台を移しても直近のリーグ戦に続く快勝劇を演じて仕切り直すバイエルン。新加入のマネもチームの立ち直りを感じているようだ。 公式戦2戦連発となる1得点に1アシストの活躍でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたビクトリア・プルゼニ戦後、『UEFA.com』で振り返っている。 「チームは素晴らしい試合をやったし、かなりのチャンスを作った。勝利に値する。ここ数週間は難しい時期で、リアクションを示すのが大事だった。でも、代表ウィークが明けてから、うまくリアクションできている。この調子でシーズンの終わりまでいけたらと思う」 「正直に言っても、僕らは良いスタートが切れたよ。最初から最後まで多くのチャンスを作れたしね。5つのゴールを決めたわけだから、率直に言っても、今夜の勝利にふさわしいはずだ」 「(プレーエリアは)左ウィングやストライカーとしてプレーしてきた僕からしたら、別に新しいことじゃない。チームのためにいつだってベストを尽くそうとしているし、力になれる限り、日々頑張るつもりだ」 「(3連勝の歩みは)すごく、すごく良い出だしだと思う。もちろん、まだ3試合もあるし、ベストを尽くし、プロフェッショナルに徹して、目標の全勝を目指す。簡単じゃないのはわかっているけど、全力を尽くす」 2022.10.05 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

3連勝で首位がっちりのナーゲルスマン監督、5発快勝ゲームに「正しいスタートは大きな違いを生む」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が試合を振り返った。 バイエルンは4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え撃ち、5-0で勝利。代表ウィーク前までブンデスリーガで4試合勝利なしが続いたりでナーゲルスマン監督に対する風当たりも強まったが、CLに舞台を移しても直近のリーグ戦に続く快勝劇を演じた。 これで3連勝とし、インテルとバルセロナも同居するグループで首位の座をがっちりと守るナーゲルスマン監督も詰めるべき部分がまだあるとしつつ、一定の手応えを感じる試合だったようだ。『UEFA』がコメントを伝えている。 「まだ引き締めるべき部分がいくつかあるが、試合に対するアプローチとはというもの。最初の20分ですぐに試合を決められたのは我々にとって非常に重要で、それから先は我々のコントロール下だった」 「本命として挑む試合なら、最初の20分が基準を定める上で鍵になってくる。積極的なスタートは成功を保証するものというわけではないが、正しい形で始められれば、大きな違いを作り出せるものだ」 2022.10.05 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

5発圧勝バイエルンが貫禄の3連勝《CL》

バイエルンは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え、5-0で圧勝した。 インテル、バルセロナ相手に連勝スタートとしたバイエルンは、キミッヒとミュラーがコロナ陽性で欠場。前線はトップにニャブリ、2列目に右からサネ、ミュージアラ、マネと並べた。 2連敗スタートのプルゼニに対し、バイエルンが立ち上がりから押し込むと7分に先制する。サネがドリブルでDFを剥がしてペナルティアーク左から左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。 さらに13分、ロングカウンターから追加点。GKノイアーのシュートストップを起点に攻撃を開始し、ゴレツカのラストパスを受けたニャブリがシュートを決めきった。 止まらないバイエルンは21分、スローインを受けたマネが中央突破からシュートをねじ込み3点目。続く36分にはミュージアラが4点目を決めかに思われたが、VARの末にマネがオフサイドを取られ、圧倒した前半を3-0で終えた。 それでも迎えた後半、開始5分にバイエルンに正真正銘の4点目。マネのフィードを受けたサネがシュートを決めきった。 その後、サネをお役御免としたバイエルンは59分に後半から投入のチュポ=モティングが5点目を決めると、終盤にかけては週末のドルトムント戦を見据えて流し気味にプレー。 余裕を持った戦いぶりで貫禄の3連勝スタートとした。 2022.10.05 03:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly