サンプドリア、代表戦で負傷したダムスゴーアがカリアリ戦欠場か

2021.10.15 01:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーアが負傷してしまったようだ。

今季のサンプドリアで左サイドMFとして主力の座を射止め、ここまでセリエA全試合に出場するダムスゴーア。今月の代表ウィークでデンマーク代表からの招集を受け、12日にホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第8節のオーストリア代表戦に先発したが、44分に負傷交代した。

イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、ダムスゴーアは左足大腿部の屈筋に問題を抱えているとのこと。

なお、同紙はさらなる精密な検査を受ける必要のあるダムスゴーアが17日に行われるセリエA第8節のカリアリ戦に間に合う可能性は極めて低いと報じている。


関連ニュース
thumb

元インテルの“リッキー”ことリカルド・アルバレスが現役引退…晩年はヒザのケガに苦しむ

ベレス・サルスフィエルドは3日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(33)が引退することを発表した。 “リッキー”というニックネームで親しまれたリカルド・アルバレスは、2011年夏にベレスからインテルに移籍。欧州上陸を果たすと、3シーズンの間準主力としてプレーし、その後はサンダーランドやサンプドリアを渡り歩いた。 この間にアルゼンチン代表デビューも果たしており、2014年のワールドカップも含めて9試合に出場している。 2018年夏には、ほとんど戦力外となっていたサンプドリアと契約を解除し、メキシコのアトラスへ。しかし、同年11月に前十字靭帯損傷の大ケガ負った影響で出番をなくすと、2020年1月にベレスへの復帰を決断した。 古巣での心機一転を図ったが、今年中頃にはヒザの痛みが再発し、5月には手術を受けた。それでも状態は芳しくなく、この度の引退へつながった。 「身体的な問題がキャリアを通じて付き纏った。ベレスに戻ってきたときは100%の状態に戻ろうと決意したが、最初は楽しめたものの今ではそうはいかなくなった。無理はしたくない。時が来たんだ」 「これは以前から考えていたことで、ケガや痛みを抱えてキャリアを続けていく中で、次第に受け入れられるようになった。自分の家で、自分が選んだ場所で、育った場所で、生まれた場所で引退する。ここで引退することは夢だった。そしてそれが叶ったことを神に感謝するよ」 「全部の思い出が頭に浮かんでくる。ベレスに加入して以来、私が私のキャリアを築き、これまでの成功を収める助けとなってくれた人々のことは特にね。このユニフォームでチャンピオンになれたのは最高だったよ」 引退発表後に行われたスーペルリーガ第24節のパトロナート戦では、72分から途中出場。これが今季12試合目の出場となった中、最後にキャプテンマークを巻いたリッキーには、サポーターから万雷の拍手が送られた。 2021.12.04 21:44 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田麻也もPVに登場!サンプドリアが100%リサイクルプラスチック採用の限定ユニを発表

サンプドリアとサプライヤーのマクロンは2日、2021-22シーズンの4thキットを発表した。 2020-21シーズンからマクロンが手掛けるサンプドリアのユニフォームだが、今シーズンの4thキットは、「Samp for People」と呼ばれ、100%リサイクル可能なプラスチックが使用されている。 ユニフォームは紺色を基調としており、襟元と袖口にシルバーが施されている。シャツの前身頃の右肩の部分から右腰にかけて、クラブの伝統カラーである青・白・赤・白・青の縦ストライプが描かれている。 また、クラブのエンブレムやサプライヤーのロゴのほか、シャツ中央にはリグーリア州のシンボルである聖ジョージの十字架がすべて、シルバーで施されている。さらに、左袖には「12 agosto 1946」とクラブの創設日がこちらもシルバーで刻まれている。 このユニフォームは、1000枚のみの限定生産。5日に行われるセリエA第16節のラツィオ戦で選手たちが着用するが、そのユニフォームはオークションにかけられ、売上は寄付されるという。 <span class="paragraph-title">【写真】吉田麻也もモデルを務めたサンプドリアの4thキット</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><br><br>Sampdoria e <a href="https://twitter.com/MacronSports?ref_src=twsrc%5Etfw">@MacronSports</a> presentano la maglia <a href="https://twitter.com/hashtag/SampforPeople?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SampforPeople</a>. <br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/Macron4thePlanet?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Macron4thePlanet</a> <a href="https://t.co/Q6LP0D7fJL">pic.twitter.com/Q6LP0D7fJL</a></p>&mdash; U.C. Sampdoria (@sampdoria) <a href="https://twitter.com/sampdoria/status/1466338397715320836?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | GALLERY<a href="https://twitter.com/hashtag/SampforPeople?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SampforPeople</a> <a href="https://t.co/AYM5hsxUGF">pic.twitter.com/AYM5hsxUGF</a></p>&mdash; U.C. Sampdoria (@sampdoria) <a href="https://twitter.com/sampdoria/status/1466358438284382212?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.04 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田不出場のサンプドリア、ヴラホビッチ弾などに沈みフィオレンティーナに完敗《セリエA》

サンプドリアは11月30日、セリエA第15節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 3日前に行われた前節ヴェローナ戦を3-1で制した15位サンプドリア(勝ち点15)は、ヴェローナ戦の前半35分から緊急出場となった吉田が今節もベンチスタートとなった。 6位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、サンプドリアは15分に先制する。右サイドからのカンドレーバの左足クロスにガッビアディーニがヘッドで合わせた。 しかし23分、左サイドからソッティルの上げた右足クロスにファーサイドのカジェホンに押し込まれ、試合を振り出しに戻されると、32分に逆転される。 右サイドからのボナヴェントゥーラのクロスをヴラホビッチにヘッドで決められた。そして45分、CKのサインプレーの流れからボナヴェントゥーラのシュートのルーズボールをソッティルに押し込まれ、サンプドリアは前半を1-3で終えた。 迎えた後半もフィオレンティーナに主導権を握られると、59分にソッティルの独走を許す。しかしGKと一対一となったソッティルはシュートを枠に外して助かった。 結局、後半はスコアが動かず1-3でサンプドリアは敗戦。吉田に出番がなかった中、連勝とはならなかった。 2021.12.01 05:01 Wed
twitterfacebook
thumb

顔が似ている?サンプドリア公式のチョイスに吉田麻也も思わず困惑「なぜ毛利小五郎…」

サンプドリアの英語版公式ツイッターの投稿に日本代表DF吉田麻也も思わず困惑した。 吉田は11月の代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場していたものの、27日に行われた第14節のエラス・ヴェローナ戦ではベンチに戻っていた。 そんな中、サンプドリアの英語版公式ツイッターは、吉田が復帰したことを祝してか、ヴェローナ戦直前に日本代表DFの写真を投稿。吉田が顎に左手を添えながらキメる1枚に「小五郎 毛利」という日本語のコメントとともに紹介した。 『名探偵コナン』に登場する毛利小五郎というまさかのチョイスには、日本のファンからも驚きの声が集まり、「眠りの麻也」「割と似てる(笑)」「毛利小五郎を知ってるとは」「目の覚めるようなプレー期待しています」といったコメントが寄せられていた。 ヴェローナ戦では、DFアレックス・フェラーリがプレー続行不可能となったことで、「小五郎 毛利」こと吉田は35分からスクランブル投入される。投入直後に失点に絡んでしまう場面もあったものの、サンプドリアは後半に3ゴールを奪い逆転勝利を飾った。 試合後、吉田自身もこの投稿を知ったようで、自身のツイッターで「なぜ毛利小五郎…」と爆笑の絵文字を添えて反応している。 <span class="paragraph-title">【動画】確かに似ている?毛利小五郎と吉田麻也を比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/0ek8Ay1Rid">pic.twitter.com/0ek8Ay1Rid</a></p>&mdash; MAYA YOSHIDA (@MayaYoshida3) <a href="https://twitter.com/MayaYoshida3/status/1464946942681784335?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

緊急出動の吉田が失点関与もカンドレーバ躍動のサンプドリアが逆転で今季初の連勝!《セリエA》

セリエA第14節、サンプドリアvsエラス・ヴェローナが27日にルイジ・フェラーリスで行われ、ホームのサンプドリアが3-1で逆転勝利した。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は35分から途中出場した。 前節、サレルニターナ相手に2-0の勝利を収めて連敗をストップした16位のサンプドリア(勝ち点12)は、9位のヴェローナ(勝ち点19)とのホームゲームで今季初の連勝を狙った。なお、前節ヒザのケガで負傷欠場となった吉田はベンチスタートとなった。 立ち上がりから相手にボールを握られて押し込まれる展開が続くサンプドリア。それでも、粘り強く守りながら要所でカウンターを繰り出していく。 徐々に試合が拮抗した中、サンプドリアにアクシデント発生。接触プレーで足を痛めたフェラーリがプレー続行不可能となると、35分に吉田がスクランブル投入される。 すると、結果的にこの選手交代が試合を動かすことに。37分、ヴェローナのロングボールを使った攻めからゴール前の吉田が相手の折り返しをはじき出すと、ペナルティアーク付近でこのクリアに反応したタメゼが右足のミドルシュート。このシュートに対して吉田、GKアウデーロがしっかりと反応していたものの、吉田の左足の内側に当たって大きくコースが変わったボールが左隅へ決まった。 吉田のクリアミスとも言える形で失点を喫したサンプドリアはすぐさま反撃を開始。45分にはカウンターの形からボックス左でカンドレーバのラストパスを受けたカプートに決定機も、ニア下を狙ったシュートはGKモンティポの足を使ったファインセーブに遭う。さらに、前半アディショナルタイムにはセットプレーから波状攻撃を仕掛けたが、ゴールをこじ開けることはできず。 それでも、後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるサンプドリアは51分、左サイドでヴェッレが正確なクロスを供給すると、ボックス中央のカプートが冷静に胸を使ってファーへ流す。これに反応したカンドレーバがピッチへ叩きつける右足のボレーシュートを左サイドネットへ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 1-1のタイに戻った試合はここからよりオープンな展開に。59分にはボックス手前で仕掛けたシメオネが鋭い右足のシュートを枠の左下隅へ飛ばすが、ここはGKアウデーロがビッグセーブで阻む。 その後、互いに交代カードを切りながら勝ち越しゴールを目指して一進一退の攻防を繰り広げる。すると77分、サンプドリアは相手陣内右サイドで得たFKの場面で味方がズラしたボールをカンドレーバがゴール前に正確なボールを入れる。これに反応したエクダルがわずかにコースを変えたボールがゴール左隅に決まった。 カンドレーバの活躍で試合を引っくり返したホームチームは、86分にカプートとクアリアレッラの2トップを下げて守備的なカードを切り逃げ切り態勢に入る。88分にはボックス内でファラオーニに決定的なシュートを打たれるが、これはGKアウデーロの好守で凌ぐ。 すると、90分には自陣左サイドでのボール奪取からカウンターを発動すると、最後はボックス左でガッビアディーニのシュートのこぼれ球に反応したムッルが見事な左足のグラウンダーシュートを対角上のサイドネットへ突き刺し、直前に投入された2選手の絡みから決定的な3点目を奪った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半の3ゴールで逆転したサンプドリアが今季初の連勝を飾った。 2021.11.28 01:11 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly