W杯予選イングランドvsハンガリーのスタンドで暴動、逮捕者6名を出す事態に

2021.10.14 22:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選で逮捕者が出た。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

12日に行われたW杯欧州予選のグループI第8節、イングランド代表vsハンガリー代表。聖地ウェンブリー・スタジアムに緊張が走ったのはキックオフ直前のことだ。

ひざまいたイングランドの選手たちに対し、一部のハンガリーサポーターから大きなブーイングが浴びせられた。さらに、警備員に対しても人種差別的行為がなされたとして、警察も出動。だが、興奮気味のサポーターは落ち着くどころか、暴動へと発展してしまう。

手を挙げるハンガリーサポーターに対し、警棒を使って沈静化を図る警察官。負傷者を出すまでになった事態は10分ほどを経過したところでようやく沈静化。結局、スタンドでは1人が人種的差別的な言動により公序良俗で逮捕され、2人が救急隊員への暴行で拘留されることに。スタンド外でも不法行為、酔っての無秩序行為、盗撮のためにそれぞれ1名ずつが逮捕された。

この件に関してイングランドサッカー協会(FA)は「今夜のFIFA2022ワールドカップ予選、アウェイセクションにおける事件を認識している。我々は事件を調査し、FIFAに報告する」と述べている。

ハンガリーは9月2日のホームでのイングランド戦でもファンによる人種差別行為があったばかり。6月に開催されたユーロ2020でも人種差別行為を行い、欧州サッカー連盟(UEFA)より罰金処分を受けていた。

なお、試合は1-1の引き分けに終わっている。



1 2

関連ニュース
thumb

「まずはトルコ」イタリアとPOで同居もポルトガル代表指揮官は目の前の試合を見据える

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。FIFAが伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2016を制したポルトガル代表が、ユーロ2020を制したイタリア代表とグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況となったわけだが、サントス監督はこの結果について言及。まずは初戦のトルコ代表戦が大事だと強調した。 「イタリアについて考えるに値しない。トルコに勝つことに集中することが大切だ。決勝に進んだ場合、どうやって勝つかを考え始める」 「もちろん、決勝はホームで行われるが、まずはトルコに勝たなければいけない。ホームでの試合は有利だ」 「観客が応援してくれることも重要だが、移動に時間をかけずに済むという点でもメリットがある」 2021.11.27 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「良いドローではない」まさかのポルトガルと同居…イタリア代表指揮官が心境語る

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。イタリアサッカー連盟(FIGC)が伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2020を制したイタリア代表と、ユーロ2016を制したポルトガル代表がグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況に。まさかの抽選結果に、マンチーニ監督がコメント。「避けたかった」と明言した。 「良いドローではない。もう少し、良いものがあったかもしれない」 「我々もポルトガルも、北マケドニアとトルコに勝たなければいけないが、固い試合になり困難はつきものだ」 「我々がポルトガルを避けたかったように、彼らもイタリアを避けたかったはずだ」 「W杯に行けるか? 我々は常に自信を持っており、ポジティブだ。最も重要なことは、全ての選手を使えるようにすることだ」 2021.11.27 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表も可能性があるアジアは南米と出場権争いに、カタールW杯大陸間プレーオフの組み合わせ決定

26日、カタール・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフに関する抽選会が行われた。 2つの出場権を4カ国で争う大陸間プレーオフ。アジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米の4カ国が出場することとなる。 今回の抽選の結果、アジアは南米と、オセアニアは北中米カリブ海と対戦することとなった。 日本代表も参加しているアジア予選は、最終予選で各グループ上位2チームが出場権を獲得。3位チーム同士のプレーオフで勝利したチームが、この大陸間プレーオフに出場することとなる。 日本は11月の連戦で連勝したため2位に浮上したが、仮に3位で予選を終えれば、W杯出場はアジアでのプレーオフに勝利し、大陸間プレーオフで南米予選の5位チームに勝利する必要がある。 なお、現時点での南米予選5位はペルー代表。ただ、4位のコロンビア代表は勝ち点で並び、6位のチリ代表、7位のウルグアイ代表とは勝ち点差「1」、8位のボリビア代表とは勝ち点差「2」と混戦状態が続いている。 また、オセアニア予選は10月に終了する予定だったが、予選が全て延期となり、2022年1月に代表チームが決定することとなった。なお、まだ1試合も予選は行われていない。 北中米カリブ海に関しては3次予選の4位チームが大陸間プレーオフに進出。8試合(全14試合)を終えた中、首位はカナダ代表(勝ち点16)、2位にアメリカ代表(勝ち点15)、3位にメキシコ代表(勝ち点14)、4位にパナマ代表(勝ち点14)となっている。 ◆大陸間プレーオフ組み合わせ アジア代表 vs 南米代表 北中米カリブ海代表 vs オセアニア代表 2021.11.27 09:12 Sat
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧が最終予選2試合を改めて感謝「チームワークで勝ち取れてよかった」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合を改めて振り返った。 古橋は、9月、10月に続き、11月も日本代表に招集。11日のベトナム代表戦、16日のオマーン代表戦ともに途中出場を果たしていた。 オマーン戦では常に背後を狙う動きだしを見せながらも、なかなかボールが入らない展開に。サイドに出ても攻撃を組み立てるなど、ゴールには絡まなかったが持ち味を見せた。 スコットランドへ戻った古橋は改めて応援してくれたファンに感謝の気持ちを綴った。 「アウェーの二試合、応援ありがとうございました」 「次へと繋がる勝利をチームワークで勝ち取れてよかったです。皆さんの応援を力に、残りの試合も全て取りに行きます!」 セルティックは、20日にスコティッシュ・リーグカップでセント・ジョンストンと対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】古橋亨梧がW杯予選の応援に感謝</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWdmWagMUq6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWdmWagMUq6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWdmWagMUq6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.20 15:18 Sat
twitterfacebook
thumb

カタールW杯出場権がかかる大陸間PO、来年6月に中立地での一発勝負に

国際サッカー連盟(FIFA)は19日、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権がかかる大陸間プレーオフの詳細を発表した。 大陸間プレーオフはアジア、北中米カリブ海、南米、オセアニアの各連盟から1カ国ずつが参戦。4カ国が2つの出場権を争う形となり、組み合わせ抽選は今月26日にスイスのチューリッヒで行われる。 当初こそ来年3月にホーム&アウェイ方式で行われる予定だった大陸間プレーオフだが、新型コロナウイルスの感染拡大で6月(13日、14日)に日程がずれ込み、中立地でのシングルマッチ方式となった。 アジア最終予選ではA、Bの各組2位までが本大会にストレートイン。各組3位はそのなかの勝者が大陸間プレーオフに回る。 2021.11.20 10:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly