オフサイド疑惑などどこ吹く風、PSG合流のムバッペがクレイジーなジャンピング・ラボーナを披露!

2021.10.14 22:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のトレーニング風景が、ハイレベル過ぎると話題となっている。

代表ウィークを終え、それぞれの国から花の都へと戻ってきた戦士たち。15日にはホームでのリーグ・アン第10節アンジェ戦を控えるなか、早速精力的に汗を流した。

中でも注目を浴びているのがフランス代表FWキリアン・ムバッペのボレーだ。左からのクロスに対してだろう、ファーへ逃げながら走り込むと、軽やかなジャンプからまさかのラ・ボーナ。きっちりと面で捉え、見事にネットを揺らした。

おそらくボールが思いのほかマイナス方向へ来てしまったのだろう。だが、自然な動作でラ・ボーナを選択し、それを決めるムバッペには多くのファンが衝撃を受けたようだ。もはや言葉にならないのか、インスタグラムのコメント欄には炎や泣き笑い、目がハートの絵文字が相次いだ。

10日のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝のゴールが物議を醸しているムバッペ。オフサイドかどうかの解釈は別として、チャンスで仕留め切ったのはさすがといえよう。天性のストライカーにはリーグ戦での爆発にも期待がかかる。



1 2

関連ニュース
thumb

バロンドーラー・ロナウジーニョにはさすがの一言、芸術ループなど現役さながらのプレーで圧巻のハット!

元ブラジル代表FWロナウジーニョが現役さながらのテクニックを披露し、絶妙なループを含むハットトリックを達成した。 バルセロナやミランなどで活躍し、2005年にはバロンドールも受賞したロナウジーニョ。2018年1月の引退からおよそ4年の月日が経つが、その技術は全く衰えていないようだ。 11月30日、ブラジル国内のエスタディオ・レイ・ペレで行われたチャリティーマッチに出場したロナウジーニョ。世界最高峰のフットボーラーは圧巻のプレーで観衆を魅了した。 まずは教科書よりも優れたシザーズで相手を抜き去り、GKのタイミングをずれして右隅へ流し込むと、再び迎えた一対一でも冷静にネットを揺らして2点目を奪う。 極めつけは前半終了間際だ。絶妙なループシュートを沈めてハットトリックを達成し、衰え知らずのテクニックを見せつけた。 チャリティーマッチの映像を自身のインスタグラムで公開したロナウジーニョは、感謝とともに「まだフィールドでプレーできるね」と次のようなメッセージを添えている。 チャリティーマッチとはいえ、ファンタジスタの異名にふさわしいプレーを披露したロナウジーニョ。長年培われた技術は嘘をつかないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】シザーズに芸術ループ、ロナウジーニョが衰えないテクニックを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ronaldo de Assis Moreira(@ronaldinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

去就注目のシャビ・シモンズ、同胞ファン・ブロンクホルスト監督率いるレンジャーズが接近か

去就が注目されているパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19オランダ代表MFシャビ・シモンズ(18)にレンジャーズが接触したようだ。スペイン『アス』が報じている。 元々バルセロナの育成機関『ラ・マシア』の至宝として注目を浴びていたシャビ・シモンズ。だが、2019年夏にバルセロナではなくPSGとプロ契約を締結した。 しかしながら、世界のスーパースターがひしめき合うPSGでは出場機会に恵まれず、トップチームでの出場は昨季の2試合のみ。今季もU-19を主戦場としており、「若すぎる」というマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメントからも、ノーチャンスであることが窺える。 そんな中、現行契約が今季いっぱいとなっていることから、徐々に去就に関する噂が流れるようになった。一部ではバルセロナ復帰も囁かれているが、最近接触してきているのがレンジャーズなのだそう。 同クラブは、スティーブン・ジェラード監督がアストン・ビラに引き抜かれてしまったが、後任に元オランダ代表のジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(46)を招へい。フェイエノールトでエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ制覇に導いた手腕を持ち、2020年には中国スーパーリーグの広州城足球倶楽部でも指揮を執っていた。 そのオランダ人指揮官が同胞のシャビ・シモンズに興味を持っているとのことで、すでに代理人のミノ・ライオラとコンタクトを取ったとも言われている。 PSG退団は確実視されているシャビ・シモンズ。果たして来季はどこでプレーしているのだろうか。 2021.12.02 18:37 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、元同僚メッシに敬意を表すも「レヴァンドフスキがバロンドールに相応しかった」

ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、多くの識者と同様に今シーズンのバロンドール受賞に最も相応しかったのは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだと考えている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの最多7度目の受賞となった今回のバロンドール。2位はブンデスリーガで歴代最多となるシーズン41ゴールを記録したレヴァンドフスキ、3位はチャンピオンズリーグとユーロを制したチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョという結果となったが、異議を主張する有識者は少なくない。 そういった中、バルセロナ時代にメッシと共闘した経験を持つイブラヒモビッチは、元チームメイトへの敬意を表しつつも、今回のバロンドールに関してはレヴァンドフスキが受賞すべきだったとの見解を示した。 40歳のベテランストライカーは、イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューの中で、メッシとの関係性、今回のバロンドールについて語った。 「(メッシかクリスティアーノ・ロナウドのどちらが気に入っているか?)どっちも非常に優れていると思う。ただ、一緒にプレーしたからメッシだな」 「メッシとはプロフェッショナルな関係だった。レオはフットボールのために生きている。だが、レヴァンドフスキこそ今年のバロンドールに相応しかった」 また、イブラヒモビッチはピッチ上で共演した経験はないものの、PSGの後輩にあたるフランス代表FWキリアン・ムバッペに対して、PSG退団をアドバイスしたことがあることも明かした。 「それは事実だ。ムバッペはレアル・マドリーのような、より構造的な環境を必要としている。だが、その後、オレはPSGの会長に彼を売らないように言った」 さらに、今回のインタビューでは現役引退後のプランに関しても言及。指導者転身の可能性に関しては慎重な構えを見せている。 「(監督業への関心は?)わからない。ストレスが大き過ぎるからな。個人的には、フットボール同様にアドレナリンが出るようなことをやりたいな。だが、自分の状態が良い限り、オレはストライカーであり続ける。最後の日までスクデットを争って、カタールのワールドカップに行きたい」 2021.12.01 23:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ダフト・パンク再結成? バロンドールのトロフィーを届けた黒いヘルメット2人組の正体は…

バロンドールの授賞式はサプライズで盛り上がったようだ。 エレクトロニカの急先鋒として90年代から音楽シーンを牽引してきたフランスの人気テクノユニット、ダフト・パンク。ヘルメットと手袋を着用し、ロボットのような出で立ちでシンセサイザーなどの電子機器を操り、パフォーマンスでも絶大なインパクトを与えたダンス・ミュージック界のレジェンドだ。 今年2月に解散を発表していたが、11月29日のバロンドール授賞式に黒いヘルメットを身に着けた2人組がトロフィーを持って登場。復活かと会場をざわつかせた。 実はこの2人組の正体、かつてF1世界チャンピオンにも輝いたフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンだった。 フランスの自動車ブランド名を冠したF1チーム、アルピーヌ(前:ルノー)のドライバーを務める2人。どうやらフランスにゆかりのあるアーティストをイメージしての演出だったようだ。司会者のディディエ・ドログバとサンディー・ヘリベルトに促されて正体を明かすと、会場からは大きな拍手が上がった。 この演出には閲覧者も驚いた様子だ。「ダフト・パンク再結成かと思ったわ」、「ダフト・パンクのコスプレ」、「アロンソとオコンがダフト・パンクだったってことですね」など、衝撃を物語る声が多く寄せられている。 ダフト・パンクの再結成ではなかったが、F1王者の参戦というサプライズに沸いた授賞式。なお、男子はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシ(34)が7度目の、女子はバルセロナのスペイン代表MFアレクシア・プテジャス(27)が初めてのバロンドールを受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】バロンドールを届ける黒ヘルメット2人組</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Félicitations à l&#39;ensemble des lauréats de la cérémonie du <a href="https://twitter.com/hashtag/BallonDor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallonDor</a> ​<br>Revivez l’arrivée des trophées avec <a href="https://twitter.com/alo_oficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@alo_oficial</a> et <a href="https://twitter.com/OconEsteban?ref_src=twsrc%5Etfw">@OconEsteban</a> à bord de la nouvelle <a href="https://twitter.com/hashtag/AlpineA110?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlpineA110</a> S !​<a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/francefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@francefootball</a> <a href="https://t.co/IafntvNzk6">pic.twitter.com/IafntvNzk6</a></p>&mdash; Alpine Cars FR (@alpinecarsFR) <a href="https://twitter.com/alpinecarsFR/status/1465462946784587785?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The Ballon d’Or trophees are brought by Fernando Alonso and Esteban Ocon from <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a>! <br><br> 48°51&#39;27.3&quot;N 2°20&#39;49.4&quot;E<br>Theatre du Châtelet<br><a href="https://twitter.com/alpinecarsFR?ref_src=twsrc%5Etfw">@alpinecarsFR</a> <a href="https://t.co/u7IPR0koi5">pic.twitter.com/u7IPR0koi5</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465406733153714179?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">And yes, our <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a> drivers were the mystery guests who brought the <a href="https://twitter.com/hashtag/BallondOr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallondOr</a> onto the stage! <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://t.co/26233PqEoN">pic.twitter.com/26233PqEoN</a></p>&mdash; Alpine Cars (@alpinecars) <a href="https://twitter.com/alpinecars/status/1465444400423747585?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「Tシャツにしか目がいかない」フランス2大ストライカーの競演、ムバッペがアンリとのツーショットを公開「先生と生徒」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがレジェンドと対面を果たした。 フランス代表として母国にカタール・ワールドカップ(W杯)の出場権をもたらしたムバッペ。勝てば予選突破が決まるという大一番、11月13日の欧州予選グループD第9節カザフスタン戦では4ゴールと爆発するなど、勝負強さを見せつけていた。 PSGに戻ってからも公式戦3試合にフル出場して2得点と、攻撃陣を牽引している。そのムバッペがフランス代表OBのレジェンドとの対面を果たした。 相手はフランス代表として123試合に出場し、歴代最多の51ゴールを挙げているティエリ・アンリ氏(44)。ムバッペはアンリ氏とのツーショットを自身のツイッターで公開した。 フランスを代表するストライカーが競演する写真にはファンも大いに沸いた。「素晴らしい写真」、「先生と生徒」などのほか、「ムバッペのアーセナルへの移籍が確認された」など、アーセナルで活躍したアンリ氏がムバッペを引き入れてくれること期待するファンも。 さらに、アンリ氏の着ているTシャツも目を惹いたようだ。「小次郎T?」、「Tシャツにしか目がいかない…!」人気サッカー漫画『キャプテン翼』に登場するストライカー・日向小次郎と思われるキャラクターがプリントされた胸元に目が行くものも多かった。 PSGは代表ウィーク明けの11月20日から12月半ばまで連戦が続く。ムバッペはアンリ氏のようにクラブでも結果を残し続けられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】Tシャツにも注目? ムバッペがアンリとのツーショットを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">TT x KM <a href="https://t.co/OzRhhx77Gy">pic.twitter.com/OzRhhx77Gy</a></p>&mdash; Kylian Mbappé (@KMbappe) <a href="https://twitter.com/KMbappe/status/1465305899581546501?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 20:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly