大ブーイングにも古巣への愛情は消えず、ドンナルンマが大きなミランのタトゥーを入れる!?

2021.10.15 07:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが古巣のタトゥーを施した。

今夏に自身が育ったミランとの契約延長交渉が破談し、PSGへと移ったドンナルンマ。フリートランスファーだったとはいえ、ミランが提示した条件とさほど変わらない条件でPSGと契約したことで、ミラニスタの怒りを買ってしまっていた。

ミランの本拠地であるサン・シーロで行われた6日のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝では、先発出場したドンナルンマに対して大ブーイング。ハーフタイムには涙を流す姿も見られた。

ただ、ドンナルンマはファンの厳しい反応後も「動揺はしたけど(ファンの反応は)当然のこと。僕はここで育ち、常にミラノのファンだった。8年は簡単に忘れられない」と、母国のテレビ番組『レ・イエネ』にコメント。さらに、自身の右腕に施した大きなミランのエンブレムのタトゥーも披露した。

記者の「パリに着いたらどうするの?」という質問に「うーん、その時になったら分かるよ」とはぐらかし気味に答えたドンナルンマ。これは一時的に企画として入れられたものだが、果たして実際に入れることでミランへの忠誠を誓うのだろうか。

ただ、その場合には今度はPSGファンの反感を買わないかが心配ではあるが、15日のリーグ・アン第10節、ホームでのアンジェ戦ではタトゥーの行方にも注目したい。

1 2

関連ニュース
thumb

エンポリが元イタリア代表FWデストロ加入を発表! セリエA通算90得点のベテランストライカー

セリエAのエンポリが28日、ジェノアを退団する元イタリア代表FWマッティア・デストロ(31)の獲得を発表した。契約は2023年6月までとなる。 デストロはインテルの下部組織出身で、ジェノアやローマ、ミラン、ボローニャなどを経て2020年9月に古巣ジェノアへと復帰していた。 これまでプロキャリアの全てをセリエAでプレーしており、リーグ戦通算287試合90得点19アシストを記録。また、イタリア代表としても通算8試合1得点を挙げている。 今シーズンのジェノアでは27試合9得点1アシストを記録するも、チームはセリエB降格が決定し、自身も今月末で契約満了となっていた。 2022.06.28 20:31 Tue
twitterfacebook
thumb

かつてローマで活躍した元伊代表MFトンマージ、ヴェローナ市長に選出

かつてローマで活躍した元イタリア代表MFのダミアーノ・トンマージ氏(48)が、故郷ヴェローナの市長に選出された。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 特定の政党に所属していないトンマージ氏は、中道左派連合の公認として今回の市長選に出馬。決選投票の結果、54.4%の得票率で、現職のフェデリコ・スボアリーナ氏(46.6%)を破り、初出馬で初当選となった。 現役時代にエラス・ヴェローナやローマ、レバンテ、QPRなど国内外のクラブで活躍したトンマージ氏。元日本代表MF中田英寿らと共にローマのスクデット獲得に貢献したクレバー且つ献身性に溢れるMFは、2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、イタリア代表としても通算25キャップを刻んでいた。 また、1999年からイタリアサッカー選手協会(AIC)の役員を務めると、2011年5月に43年間務めたセルジオ・カンパーナ前会長の後任として会長職に就任。2020年に辞任するまで辣腕を振るっていた。 ローマ時代の晩年に自身の不調とクラブの財政難を理由に、月給1500ユーロ(約21万3000円)での再契約を自ら申し出た逸話を持つカルチョ屈指の人格者は、ボランティアや病院への慰問、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの活動にも参加しており、社会問題にも熱心だった同氏にとって政界進出はある意味当然の流れだった。 2022.06.27 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

50歳迎えるジダンがW杯決勝のワンシーンを回想「どうすべきか思考した。狂っていたわけじゃない」

元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが、ワールドカップ(W杯)決勝で話題となった場面を振り返った。 23日に50歳の誕生日を迎えるジダンは、ワールドカップ(W杯)にもレ・ブルーの一員として1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会に出場。98年は決勝でブラジル代表から2ゴールを挙げ、母国を初優勝へと導いた。 06年大会でもファイナルのピッチへ立ったキャプテン。フランス『テレフット』にて、当時大きな話題を振り撒いたイタリア代表DFマルコ・マテラッツィへの頭突きに関して「まったく誇ることはできないが、それもまた私自身の過去の一部だ」と、振り返った。 ネガティブな印象を強く植え付けたシーンがある一方、先制点となったPKは大きな称賛を浴びていた。 キャプテンは開始早々の7分に獲得したPKを託された。百戦錬磨のジダンであってもイタリア代表の名GKジャンルイジ・ブッフォンを前に、しばし考える時間を要したという。 「こちらをよく知るGKを前にしているのだから、どうすれば決めることができるか、数秒思考した。その中で(自分が)培ってきた技術力は確かだと思った。狂っていたわけじゃない。PKには失敗も付き物だ。ただ、あの場面は絶対に決めなければならなかった」 そして、ジダンはW杯決勝という大舞台でパネンカを成功させた。 残念ながらその後追い付かれたフランスは、PK戦の末に敗れた。優勝、パネンカ、退場と、ジダンにとってのW杯決勝はあまりにも密度の濃い時間となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】世界に衝撃を与えたジダンの頭突き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡A 13 años del histórico cabezazo de Zidane a Materazzi en la final del Mundial de Alemania 2006! <a href="https://t.co/mER1ISMvPq">pic.twitter.com/mER1ISMvPq</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1148555412234539010?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 05:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、フロレンツィとメシアスを買い取りへ! 近日中に発表か

ミランがスクデット獲得に貢献した2選手の買い取りオプション行使を決定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランが買い取る2選手とはローマから加わったイタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィ(31)とクロトーネから加入しているブラジル人MFジュニオール・メシアス(31)だ。 フロレンツィは今季のセリエAで24試合2得点を記録。買い取りオプションは元々、450万ユーロ(約6億4000万円)だったものの、ミラン首脳陣らはローマに対して金額引き下げ交渉に臨み、270万ユーロ(約3億8000万円)まで値引きに成功した様子だ。 メシアスは序盤こそケガで出遅れるも、昨秋以降に右サイドの貴重な切り札として活躍し、セリエA26試合5得点2アシストを記録した。こちらは契約通り450万ユーロ(約6億4000万円)でクロトーネから買い取ることにしたようだ。 両選手とも、近日中にミランから公式リリースが発表されるとみられている。 2022.06.22 18:26 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格モンツァ、地元出身のイタリア代表MFペッシーナ帰還を画策か

セリエA昇格のモンツァがさらに現役のイタリア代表選手を獲得しようとしているようだ。 クラブ史上初のセリエA挑戦に準備を進めるモンツァ。トリノとの契約満了が迫るFWアンドレア・ベロッティ(28)や、MFステファノ・センシ(26)とFWアンドレア・ピナモンティ(23)のインテル勢など、現役のイタリア代表選手たちの獲得にチャレンジしているとされる。 21日にはインテルを退団する元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)の獲得を発表したばかりだが、ここにきて新たなアッズーリの選手も浮かび上がってきた。イタリア『スカイ』によると、地元モンツァの出身にしてクラブの下部組織から羽ばたいていった現アタランタのMFマッテオ・ペッシーナ(25)帰還を画策しているようだ。 ペッシーナはイタリア代表として通算14試合4得点を記録。2試合連続ゴールを挙げた昨夏のユーロ2020における活躍が記憶に新しいが、プロキャリアのスタートはセリエC時代のモンツァだ。2013年10月に16歳にしてファーストチームデビューを果たし、同クラブでは公式戦26試合に出場。2015年7月のミラン移籍を経て、現在はアタランタに在籍している。 モンツァはペッシーナ獲得に向けて、22日にもアタランタ側と接触するとみられている。 2022.06.22 14:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly