5月に長期離脱から復帰の日テレベレーザDF土光真代が再び右ヒザ負傷…内側半月板損傷で全治6カ月

2021.10.10 12:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザは10日、なでしこジャパンDF土光真代の負傷を発表した。

クラブの発表によると、土光は右ヒザ内側半月板損傷と診断。全治は6カ月とのことだ。

土光は2020年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷で長期離脱。全治8カ月と診断されていたが、今年5月に復帰していた。

東京オリンピックには出場ならなかったものの、事前の活動には招集。またWEリーグでは開幕から4試合連続で先発していたが、第4節のジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは前半18分に松田紫野と途中交代していた。

関連ニュース
thumb

なでしこ不動のDF清水梨紗、中国戦へ向けて決意を語る「勝ちにこだわる姿勢がタイトルにつながる」

なでしこジャパンのDF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が25日、メディアのオンライン取材に応対。EAFF E-1サッカー選手権大会のここまでの戦いや、優勝に向けての決意などを語った。 ここまでなでしこジャパンは、初戦の韓国女子代表戦に2-1で勝利。23日のチャイニーズ・タイペイ女子代表戦にも4-1の快勝をおさめ、2連勝。26日には優勝を懸けて中国女子代表と対戦する。 清水はここまでの戦いを振り返り、2試合とも勝利をもぎとったチームの手応えを口にした。 「初戦の韓国戦は主導権を握れませんでしたが、1-1の同点にされた後、勝ち切ることができました」 「2戦目は新たに代表入りしたメンバーがスタメンに多くいた中、準備してきたセットプレーなどから点をとれたことは、チームにとって大きな自信になりました。自分はベンチから見ていて学びがありましたし、最終戦はチーム全員で勝ちに行き、優勝したいと思います」 中国代表戦では引き分けでも優勝が決まるなでしこ。だが清水は「勝ちにこだわる姿勢がタイトルにつながると思っています」と、チームとして目指すのは勝利のみと語った。 対中国代表という観点では、今年2月にアジアカップ準決勝で同代表と対戦し、PK戦の末に敗れた一戦を引き合いに、今回も厳しい展開になると予想した。 「アジアカップで対戦して、90分間とてもタフなチームという印象を持ちました。自分たちが苦しい時間帯になった時こそ、マイボール時のプレーが重要になると思います。最後の最後まで結果を見通せない試合になると思います」 また、前回の代表チーム活動に比べて、今回の活動で変化した部分はあるかと問われると、「初招集の選手が多くて、今までとは少し違う雰囲気があります。一回一回の練習が試合のパフォーマンスに直結すると実感しました。コミュニケーションの重要性も改めて感じています」と回答。初招集の選手と呼吸を合わせる大事さを感じているようだ。 そんな初招集の選手の中で、WEリーグで対戦した時から色濃い印象を持っていたという選手も明かした。 「それぞれの選手にカラーがあります。MF中島淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ)は、リーグでも他にいないタイプ。ドリブルの仕掛け方や抜き去るプレーなどが印象的です」 「自分と同サイドで縦に並べば、そういった部分を引き出したいですし、自分のことを上手く使ってもらえそうなイメージも持っています。長い時間一緒にプレーしてみたい選手です」 26日の中国代表戦は19時台のキックオフ。試合はフジテレビ系列で生中継される。ゴールデンタイムの中継ということもあり、なでしこジャパンが多くの人の目に触れるチャンスだが、どういったところを示したいかと問われると、次のように語った。 「やっぱり、試合を観てくれる方の心に響くのはゴールや勝利だと思います。自分自身も嬉しいことですし、サポーターの皆さんも喜んでくれます。観てくれる方に届けられたらと思います」 2022.07.25 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこでの自信や責任感増す植木理子、優勝懸かる中国戦へ「重みも含めて楽しみたい」

なでしこジャパンのFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が決意を覗かせた。 E-1サッカー選手権決勝大会に参加しているなでしこジャパンは、19日に行われた韓国女子代表との初戦を2-1で勝利。23日の第2戦チャイニーズ・タイペイ女子代表戦も4-1で勝利を飾り、26日には優勝を懸けて中国女子代表と相まみえる。 25日にメディアのオンライン取材に応対した植木は、1試合1試合の重要性は変わらないと前置きをしながらも、タイトルの懸かる大一番へ向けて力強い言葉を残した。 「日本国内で大会の優勝を懸けて中国という良いチームと戦えることはすごく嬉しいですし、いろいろな人が見てくれる中での試合になるのでわくわくしています」 「優勝を懸けて戦うことは一層気合も入りますし、自分のプレーで優勝するかどうかが変わることに対しての重みも感じるので、そういった面も含めて楽しみたいと思っています」 韓国戦では見事な単独突破から長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)の決勝点をアシスト。ただ、自身は無得点に終わり、代表での連続ゴールは「5」で途切れた。ただ、植木は記録が途絶えたことよりも、シンプルに点が取れなかったこと悔しがっている様子だ。 「悔しい思いはありますけど、決められるチャンスがあった(中で決め切れなかった)ことが反省なので、次の一戦にフォーカスはできています。(アジアカップの中国戦では)ゴールを決めていてもチームを勝利に導けていないので、今回の試合こそは自分のゴールで勝利に導きたいと考えています」 「自分のストロングであるヘディングやゴールへ向かうプレーは通用させなきゃいけないので、自信を持ってやりたいなと思います」 「自分のゴールでチームを勝利に導きたい」とのフレーズは、最近の植木から良く聞こえてくる言葉だ。結果が自信につながるとともに、チームや代表を背負う覚悟のようなものが大きくなっている印象も受ける。それでも謙虚に、同じベレーザ出身でもある憧れの先輩・岩渕真奈(アーセナル/イングランド)と肩を並べるべく、日々から全力で取り組んでいきたいとの決意を口にした。 「自分自身が代表に残っていくためにやるべきことは始めたときから変わらなくて、自分ができることを試合や練習で一生懸命全力でやるということ。(そのうえで)それだけでは生き残れないのもわかっていますし、そういう部分ではゴールを取れていたり、試合に出させてもらったりとか、そういうのが続けられるように頑張っていきたいと思います」 2022.07.25 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サッカーに飢えるなでしこMF三浦成美「気持ちは上がってきている、人と人を結び付ける存在感を」

なでしこジャパンのMF三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が22日、メディアのオンライン取材に応対。EAFF E-1サッカー選手権2022の初戦や第2戦についての想いを述べた。 E-1サッカー選手権決勝大会に参加しているなでしこジャパンは、19日に行われた韓国女子代表との初戦を2-1で勝利。次戦は23日に、チャイニーズ・タイペイ女子代表と相まみえる。 欧州遠征時はチームとしては手ごたえを感じた一方、自身としては納得のいくパフォーマンスではなかったという三浦。今大会に向けてはフィットネスも向上し、「サッカーしたい、試合に出たいという欲がすごい出ています」と、気持ちの面でも高まってきていると、意欲的な姿勢を見せた。 「ヨーロッパ遠征は正直コンディションも良くなくて、チームとして収穫はありましたけど、個人としてはいろんな思いが残る感じだったんですけど、今回は体も少しずつフィットしてきて、この前(韓国戦)試合は出られなかったですけれど、気持ち的にも上がってきているなというのは感じています」 ボランチはライバルも多いポジションだが、自分の良さであるボールに絡むプレーを出していきたいと述べている。また、技術面以外でも強度の高いシャトルランのようなトレーニングも取り入れ、持久力とは異なる走力向上にも取り組んでいるという。 「(チームでは)今までは長距離というか、持久系を高めることが多かったですけど、それだけじゃダメだなと思って、高強度のトレーニングをグラウンドのボランチのポジションを意識した、ゲーム形式で取り組んでいます」 出場のなかった韓国戦。5枚となる相手の最終ラインや中盤を省略されて思うように主導権を握れなかった試合に対し、ベンチから見ていて感じた改善の切り口も、ボールの受け方やプレッシングを含めて具体的な案を言葉にした。出番が与えられた際にはタッチ数を増やしてゲームをコントロールしたいとしつつも、まずは勝利できるようにチームを結束させたいと語った。 「攻撃のところでは、インサイドハーフみたいなポジションで受けることができたら、相手のスリーセンターバックのどの選手が出てくるのか見極めて、そこが空くのではないかと思ったので、奪った瞬間にボランチが縦関係っぽくなって1個前のスペースで受けるポイントを作れれば、剥がせるシーンも作れるのではないかと思いました」 「練習では(相手の3バックに対して)3枚でプレッシングに行くこともやっていて、できているところとできていないところもあったんですけど、今はチャレンジしてスリーでいってみても面白そうだなと思いました」 「ガチャっとした雰囲気があったので、1個つなぐことを誰かが示したり、みんなが共有できていれば、割と距離感良く、勇気を持ってつなげる部分もあるかなとは思いました」 「自分はたくさんボールを触ってゲームをコントロールしたいので、初めて一緒にやる選手が多いですけれど、組み立てから絡んで人と人とを結びつけられるような存在感を示したいですし、アピールもそうですけど、大会なのでまずはチームが勝つようにうまくまとめていきたいなと思っています」 2022.07.22 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ最多6戦連発へ、E-1へ臨む植木理子「チームを勝たせるゴールを取りたい」

なでしこジャパンのFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が15日、EAFF E-1サッカー選手権2022を前にメディア向けのオンライン取材に登場。アジア勢へのリベンジやゴールへの意欲を語った。 19日からスタートするE-1選手権決勝大会。なでしこジャパンは19日に韓国女子代表、23日にチャイニーズ・タイペイ女子代表、26日に中国女子代表と、いずれも茨城県立カシマサッカースタジアムで対戦する。 今年の1月から2月にかけて行われたAFC女子アジアカップで韓国と引き分け中国には敗れた日本は、リベンジと連覇をかけて大会に臨む。池田太監督体制の主軸へと変貌しつつある植木も、アジアカップ、そして欧州遠征を経てのチームとしての成長を確かめる貴重な機会だと考えているようだ。 「(アジアカップは)力の差があったというより、均衡した試合で勝ち切れる力がなかったっていうのが現状。W杯へ向けて、権利を得られたのはよかったですけど、チームとして積み上げていかなければならないことは多いなと感じました」 「チームとしては欧州遠征を2連勝して帰ってこれたなかで、アジア大会で引き分け、負けた、韓国や中国にこういう早い段階でリベンジする機会があるっていうのは、チームとして成長を見せられる機会だと思うので、まずは優勝を目指しながら、リベンジという部分でも達したいと思っています」 現在代表では岩渕真奈(アーセナル)と並んで最長タイの5試合連続ゴール中の植木。自信や落ち着きが増してきたのではとの問いには、謙虚さを示しつつ、常にゴールを狙っている意識が結果につながっているのではと語り、自らの得点でチームを勝利に導ければと、力強いメッセージを残した。 「個人的にはゴールを取るっていうのが一番のアピールできるところだし、チームにとって一番貢献できるところなので、そこは今まで変わらず、一番にアピールしていきたいなと思っています」 「正直、連続ゴールを目指していたわけではないというか気にしていないというか、(記録を)知らなかったので、あまり自分の中にはなかったですけど、1試合1試合どの試合も自分のゴールで勝ちたいっていうのは変わらず思っているので、その結果今連続ゴールができているっていうのは嬉しいことですし、続けていきたいと思っています」 「分かりやすく結果に出るっているのはゴールだと思うので、そのゴールを取り続けられる選手でいることが一番。その中でもチームのビルドアップだったりとか、関りの部分でできていない部分もあるので、そこは詰めていきたい。チームとして優勝するっていうのは当たり前ですけれど、そのなかで、自分自身がチームを勝たせられるゴールを取りたいなと思っています」 2022.07.15 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「豪華すぎる」総勢14名の始球式…東京拠点のチームが『TOKYO UNITE』発足、注目を集めたのは?「球速エグい」

前代未聞の始球式だったと言えるのではないだろうか。 7日に東京ドームで行われた巨人vs東京ヤクルトの一戦。なんと14名が同時に始球式を行ったのだ。 この始球式には、FC東京の元日本代表DF森重真人、東京ヴェルディのMF小池純輝、FC町田ゼルビアのMF平戸太貴、日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF岩清水梓の4名がサッカー界から参加した。 その他の10名は、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体が協力しあい、新たな価値を生み出すプロジェクト『TOKYO UNITE』のメンバー。7日に発足したプロジェクトを記念しての始球式となった。 始球式を務めたのは、水泳の北島康介ゼネラルマネージャー(Tokyo Frog Kings)やバスケットボールの安藤周人(アルバルク東京)、西野曜(サンロッカーズ渋谷)、卓球の水谷隼さん(木下グループスポーツアンバサダー)、ラグビーの小澤直輝(東京サントリーサンゴリアス)、松永拓朗(東芝ブレイブルーパス東京)、武井日向(リコーブラックラムズ東京)、日本相撲協会の間垣親方(元横綱・白鵬)、そしてプロ野球の岡本和真(読売ジャイアンツ)、村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)となった。 14名が横並びになり一斉に投げる姿は壮観。さすがプロのアスリート達というべきか、大暴投もよく起こる始球式だが、しっかりとキャッチャーに向かって投げていた。 これにはファンも「東京が一つに」、「なんかすごい!!」、「地域密着感がしてていいね」、「こんなん初めて見た」、「豪華すぎる」、「錚々たるメンバーすぎて圧巻」と14名の始球式を行う取り組みに好意見が。中でも注目を集めたのは間垣親方の投球で、「親方だけ球速エグくて笑った」、「白鵬球速いな」、「親方速っ」と明らかに1人だけ違う球速に驚きの声も集まっている。 サッカー界から参加した4名は、始球式を終えてコメントしている。 ◆FC東京/森重真人 「TOKYO UNITEのスタートという記念すべき日に、始球式を務めさせていただき大変光栄でした。東京ドームのグラウンドに降りるのは初めてだったので、緊張しましたが楽しかったです。14チーム・団体が垣根を越えて力を結束し、東京を盛り上げていければと思います。今後の活動に期待してください」 ◆東京ヴェルディ/小池純輝 「テレビや、実際に東京ドームでも観戦したこともあるのですが、グラウンドの中に立ったときの感じが違いました。広くて、すごく楽しかったです。ビジョンもすごい大きくなっていて、球場自体は広いんですけど、意外とよくみると、観戦してくれる方の顔も見えたりするので選手の気持ちを味わえました。(自分のピッチングは)ノーバンで届いたので良かったです。きっと練習していなかったらバウンドしていたと思うので、練習の成果はあったと思います。ありがとうございました!」 ◆FC町田ゼルビア/平戸太貴 「東京ドームという素晴らしい環境で楽しみながら、思い切り良いコースに投げることができて良かったです。少し緊張しましたが、マウンドから見えた光景は興奮しましたし、忘れることはないと思います。TOKYO UNITEを通して、東京の子どもたちに元気を与えられるように頑張ります!」 ◆日テレ・東京ヴェルディベレーザ/岩清水梓 「すごく楽しい時間で、あっという間に終わっちゃいました。外野に一列に並んだ時に野球場の広さを目の当たりにして『こんな広さ、外野3人じゃ守れない』ってみんなで話していました。野球やライブで東京ドームに来たことはありましたが、すごく広かったです。(自分のピッチングは)迷惑をかけないように、少し置きにいったところはありますが、ノーバウンドで届いたので良かったです。ありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻14名が一斉に行なった始球式は壮観</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9vk1WuNpJX8";var video_start = 141;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.08 12:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly