5月に長期離脱から復帰の日テレベレーザDF土光真代が再び右ヒザ負傷…内側半月板損傷で全治6カ月

2021.10.10 12:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザは10日、なでしこジャパンDF土光真代の負傷を発表した。

クラブの発表によると、土光は右ヒザ内側半月板損傷と診断。全治は6カ月とのことだ。

土光は2020年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷で長期離脱。全治8カ月と診断されていたが、今年5月に復帰していた。

東京オリンピックには出場ならなかったものの、事前の活動には招集。またWEリーグでは開幕から4試合連続で先発していたが、第4節のジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは前半18分に松田紫野と途中交代していた。


関連ニュース
thumb

なでしこに足りなかった“奪う”意識、清水梨紗が試合中に大事にすることは「コミュニケーション」

オランダ遠征をスタートさせたなでしこジャパンのDF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が23日、メディアのオンライン取材に応対した。 なでしこジャパンは、10月に池田太監督を招へい。アンダー世代で結果を残してきた指揮官が、世界で戦えるチームを作るために就任した。 10月は国内組だけでトレーニングキャンプを実施。そして迎えた11月はオランダ遠征を実施し、初の対外試合を迎える。 25日にはアイスランド女子代表、29日にはオランダ女子代表との対戦が待っているなでしこジャパンだが、22日に現地入りし試合までの準備期間がほとんどない状況だ。 メディアのオンライン取材に応じた清水は、移動してから時間がない中での試合を迎えることについて「WEリーグの試合があって、この短い期間での海外遠征ということで、時差ボケ対策には短い気もしますが、コロナ禍で海外のチームと2戦できることは凄く良い機会です」とコメント。「チームでもどう過ごしたら良いかとは言われてきていたので、ある程度は自分は大丈夫かと思います」と調整期間は短くても問題ないと語った。 初日のトレーニングでは攻撃に比重を置いているように見えた中、清水は「海外の選手が今回の合宿から参加ということで、チームとしても攻撃のコンセプトや守備のコンセプトを確かめるということの練習でした」とコメント。「日本組の自分たちは1回練習したことあるような感じの練習だったので、確認というか、全員の意識を統一するための練習だったかなと思います」と、初めて新チームに合流した選手との共通理解を深めるトレーニングだったとした。 到着日のミーティングでは「前回の合宿でこういうことをやったり、今後の目標だったり、チームとしてどう戦っていくかを映像を見ながらやりました」とコメント。その際には映像も観たというが「特定のチームというよりは、良いシーンだったり分かりやすいシーンを持ってきてくれています。代表のシーンもありますし、ヨーロッパのクラブチームも入っていました」と、テーマであるボール奪取のところの映像を実際に見たと語った。 今回の海外遠征での目標については「(池田)太さんのサッカーの一番のテーマは“奪う”ということで、前回の合宿でオリンピックの分析結果で、奪う回数が少ないというか、奪いにいくチャレンジが少ないという分析結果がありました。自分でも振り返ったり、オリンピックの映像を見ると、相手の懐に行けている回数は確かに少なかったなと思います。今回の2戦ではそういうところを意識してやってみたいと思います」と、チームとしてのテーマでもある“奪う”をプレーで実践していきたいと語った。 トレーニングでは池田監督も激しく参加していた点については「熱いというか、太さんはずっと熱い人だったので、それに負けないように、良い雰囲気の中で練習できているので、自分たちが熱さを超えていくのも必要だと思うので、練習からそういったところも磨きをかけていければと思います」と、監督の熱量に負けないプレーをしていきたいと意気込みを語った。 アイスランド戦が2日後に控えているが「1月にワールドカップ予選を控えていて、太さんになってから時間も経っていないですし、その中で試合ができるのが凄く貴重な経験になってくると思います」とコメント。「1試合の中で反省というものを出すことも大事ですし、やっている中で、選手だったりメンバーと合わせていくことも大事です。ハーフタイムや前半の中、トータルして90分でコミュニケーションを取ってやっていくことが大事だと思います」と、試合中にしっかりと対応しながら戦っていきたいとした。 とはいえ、ただの確認の場にするつもりはないという清水。「勝負事なので、絶対勝つことが大事です。そこは絶対に求めていかなければいけない部分ですし、勝つことが一番大事です」と、勝利を目指すことは当然とし、その中でしっかりとコミュニケーションを取って課題を修正したいとした。 東京五輪からの反省点である“奪う”というプレー。大事なことだと考える点は「オリンピックの時は、めちゃくちゃGKにプレッシャーを掛けて取りに行くというシーンがなく、そういう戦術ではなかったですが、太さんはアグレッシブに前から取りに行くという戦術を持っているので、割と前から行くことが多いので、自分のポジションだと裏のスペースもありますが、そこを少し捨てながら、相手のサイドハーフやサイドバックにチャレンジしていくことが多いかなと思います」と、積極的に前にボールを奪いにいくことがまずは大事だとした。 一方で、後方のスペースを大きく開ける可能性もあるが、その点の対応については「自分が出ていくことによって、4バックから少し3バックのような形になるので、そのスライドは凄く大事になると思いますし、自分が3バックに入るときはもっと押し出すことが増えると思うので、そういうところの声やスライドする意識は凄く大事になると思います」と、結局のところ状況に応じたピッチ上でのコミュニケーションが大事だということを強調した。 また攻撃面でもアグレッシブさを求められるが「まずはゴールに直結するプレーということは、FWの選手も言われていて、その中で自分が関わっていく中ではロングボールがすごく大事になります」と、サイドチェンジや裏へのボールの供給が大事になるとし、「裏に出すボールというのは、これから精度を上げていかなければいけないと思います」と、キック精度を上げたいと意気込んだ。 2021.11.23 23:52 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vベレーザと新潟レディースがWEリーグ初勝利、ノジマステラ相模原は3試合無得点に【WEリーグ第3節】

「2021-22 Yogibo WEリーグ」の第3節が25日と26日に行われた。 25日には味の素フィールド西が丘で、日テレ・東京ヴェルディベレーザとサンフレッチェ広島レジーナが対戦した。 序盤からポゼッションを高めて攻勢に出る東京Vベレーザは、小林里歌子が序盤から積極的にシュートを放ち、広島レジーナを圧倒する。飲水タイム明け直後の24分、その小林が中央でボールを受けると、プレッシャーのかからないなかドリブルを開始。コースを探しながらボックス手前右まで持ち運ぶと、自ら右足でのフィニッシュを左隅に沈めて先制点を奪った。 後半に入っても試合を優位に進める東京Vベレーザは、広島レジーナにチャンスらしいチャンスを与えることなく終盤を迎えると、88分に待望の追加点。セットプレー崩れから三浦成美が対空時間の長いクロスを右サイドから上げると、植木理子が頭であわせてリードを広げる。終始広島を圧倒した東京Vベレーザが今季初勝利を上げた。 26日には4試合が行われ、開幕戦で大宮アルディージャVENTUSに大勝したINAC神戸レオネッサは、ホームにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎えた。 INAC神戸は開始早々の6分、浜野まいかが成宮唯とのワンツーワンツーで左サイドを突破してグラウンダーのクロス。少しコースが変わって流れるも、杉田妃和が蹴り込んで先制点を奪う。15分にはこぼれ球を拾った伊藤美紀がスライディングに来たDFをかわして冷静なフィニッシュを沈め、INAC神戸が2点のリードで前半を折り返した。 追い掛ける展開となった千葉レディースは、ハーフタイムに2枚替えを決行。後半開始直後には大澤春花がフィニッシュシーンを迎えるなど、攻撃に良いリズムが生まれ始める。75分には今季から加入した南野亜里沙が狙うも、GK山下杏也加に防がれた。後半は一進一退の攻防を繰り広げたが、最後までゴールは奪えず。INAC神戸が2連勝を飾っている。 マイナビ仙台レディースはホームで大宮VENTUSと対戦。10分には池尻茉由、さらには浜田遥が狙うも、シュートはGKスタンボー華に触られてバーに嫌われた。ゴールレスで迎えた後半には宮澤ひなたの抜け出しから浜田がネットを揺らすも、宮澤が受けたタイミングがオフサイドとの判定に。その後も主導権を握り続けた仙台レディースだったが、ゴールを奪うことはできずにドローで試合を終えた。 アルビレックス新潟レディースとちふれASエルフェン埼玉の一戦は、互いに攻撃的な姿勢を見せる。新潟レディースは左の崩しから山谷瑠香がシュート。これはGK船田麻友が逆を取られながらも足でストップ。エルフェン埼玉も山本絵美が右ポスト直撃のシュートを放つ。 試合が動いたのは64分。新潟レディースは最終ラインでビルドアップに参加した瀬戸口梢から道上彩花ボールを奪うと、GKをかわして無人のゴールへと流し込んだ。エルフェン埼玉は76分、アーリークロスから吉田莉胡がヘディング。これはブロックされたがこぼれ球を自ら押し込んで試合を振り出しに戻す。 互いに2点目を狙うなか、勝ち越したのはホームチームだった。85分には新潟が勝ち越す。左サイドで縦に仕掛けた北川ひかるがクロス。ニアでダイビングヘッドを狙った道上には合わないが、その後ろから滝川結女が飛び込んでネットを揺らした。これが決勝点となり、新潟レディースがWEリーグ初勝利を挙げている。 初のホーム開催を迎えたノジマステラ神奈川相模原はAC長野パルセイロ・レディースと対戦。佐々木美和や松本茉奈加が果敢にゴールを狙うも、最後までネットを揺らせずゴールレスドロー。3試合連続の無得点に終わっている。 ◆Yogibo WEリーグ 第3節 ▽9/25(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"> 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2</span>-0 サンフレッチェ広島レジーナ ▽9/26(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"> INAC神戸レオネッサ 2</span>-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース マイナビ仙台レディース 0-0 大宮アルディージャVENTUS <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"> アルビレックス新潟レディース 2</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 ノジマステラ神奈川相模原 0-0 AC長野パルセイロ・レディース 2021.09.26 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「このセンス」ベレーザ復帰の元なでしこMF宇津木瑠美がお茶目なポーズを披露、代表復帰を望む声も

日テレ・東京ヴェルディベレーザの元なでしこジャパンMF宇津木瑠美がお茶目なポーズを披露した。 9日に東京Vベレーザへ11年ぶりの復帰が発表された宇津木。日テレ・ベレーザ(当時)からフランスのモンペリエへと移籍し、その後は海外でのプレーを続けていたため、日本のクラブでのプレーも11年ぶりとなる。 2011年の女子ワールドカップ(W杯)メンバーでもあるユーティリティープレーヤーは、17日にリーグへの追加登録が完了。23日には東京Vベレーザ公式サイトの選手紹介ページが公開されたが、その告知ツイートにおける写真が周囲をざわつかせている。 宇津木は前かがみでソフトな敬礼のように片手を添えるポーズに加え、肩を上げて両手の甲を頬に添えるお茶目な姿も披露した。 はじけた様子の写真には「キャラ笑」、「このセンス」、「純粋に楽しみ」、「代表にも必須」、「瑠美ちゃんかわいすぎる」となどのコメントが。なでしこジャパンFW岩渕真奈や菅澤優衣香をはじめ、現役選手やOGからも大きな反響を呼んだ。 12日に開幕を迎えたYogibo WEリーグ。優勝候補の一角と目されていた東京Vベレーザは、現在1分け1敗とまだ勝利がない。 次節は25日にホームでサンフレッチェ広島レジーナと対戦するが、宇津木はチームに今季初白星をもたらすことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】元なでしこ宇津木瑠美が写真撮影でお茶目なポーズを披露!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【Be】新加入の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E6%B4%A5%E6%9C%A8%E7%91%A0%E7%BE%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宇津木瑠美</a> 選手の公式Webサイト選手ページを公開しました<br><br>11年ぶりの緑のユニフォーム姿は必見です<br><br>宇津木選手ページ<a href="https://t.co/Q920UhdOgr">https://t.co/Q920UhdOgr</a><a href="https://twitter.com/hashtag/beleza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beleza</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ・ベレーザ</a> <a href="https://t.co/GgeC4nYhFl">pic.twitter.com/GgeC4nYhFl</a></p>&mdash; 日テレ・東京ヴェルディベレーザ公式 9.25(土) 広島戦16:00@西が丘 (@tokyo_beleza) <a href="https://twitter.com/tokyo_beleza/status/1440965547907112960?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

優勝候補同士の一戦は浦和レディースが逆転勝ち、新チーム広島レジーナも初戦白星【WEリーグ第1節】

日本初の女子プロサッカーリーグ『Yogibo WEリーグ』が12日に開幕し、5試合が各地で行われた。 味の素フィールド西が丘では優勝候補同士が相まみえた。なでしこリーグ優勝17回、皇后杯優勝15回、リーグカップ優勝6回の実績を誇る超名門、日テレ・東京ヴェルディベレーザと、2020年に3度目のなでしこリーグ制覇を果たした三菱重工浦和レッズレディースが激突。 昨シーズンの皇后杯決勝と同一カードとなった試合は、FW安藤梢やMF猶本光を中心に浦和レディースが相手ゴール前へ迫る。18分にはFKから安藤が飛び込むも、東京Vベレーザに復帰したGK田中桃子がビッグセーブを見せる。 浦和のハイラインの裏を何度も狙う東京Vベレーザは、FW植木理子の俊足を生かして33分に先手を取る。DF宮川麻都のフィードに植木が反応。FW小林里歌子へとつなぎ、リターンを受けて至近距離からチーム初ゴールをたたき出した。 ビハインドで折り返した浦和レディースは、後半の頭からFW菅澤優衣香を投入。すると、この交代が的中する。裏を取った安藤が右サイドの深い位置から速いクロスを入れると、菅澤がニアへすべり込みながら合わせて49分に同点に。 以降は一進一退の攻防が続くなか、終盤に試合を決めたのはなでしこジャパンのシンデレラガールだった。88分、こぼれ球に反応したMF塩越柚歩がゴールを背にした状態からサイドステップでMF北村菜々美をかわし、反転から右足のフィニッシュ。これが決勝点となり、逆転に成功した浦和レディースが勝利を手にした。 東京電力女子サッカー部マリーゼの移管から10年の時を経て、今シーズンから名称を変更したマイナビ仙台レディースは、ノジマステラ神奈川相模原とホームで対戦。ケガ人を多く抱えるノジマステラ相模原は3日に加入が発表されたナイジェリア代表FWサンデイ・ロペスをスタメンで起用。ロペスに当てるサッカーを駆使し、パスワークを軸に攻めるマイナビ仙台に対抗した。 主導権を握るマイナビ仙台は、24分にDF2人を抜いてFW池尻茉由が至近距離からのフィニッシュ。ゴールレスで折り返した後半にもDF高平美憂やDF万屋美穂が際どいシュートを放つも、チーム最年長GK久野吹雪の好守やクロスバーに阻まれてしまう。最後まで攻め合ったものの互いにゴールは生まれず、0-0の引き分けに終わっている。 母体を持たず、WEリーグに向けて一からの立ち上げとなったサンフレッチェ広島レジーナは、アウェイでちふれASエルフェン埼玉に挑んだ。2011年のワールドカップ(W杯)優勝メンバーの近賀ゆかりが先発に名を連ねた広島レジーナは、立ち上がり9分にFW上野真実が先制点を挙げる。さらに1分後には左サイドを突破したFW中嶋淑乃の折り返しをMF増矢理花が合わせ、あっという間に2点のリードを奪う。 後半に入っても試合を優位に進めた広島レジーナは56分にも中嶋が追加点を挙げると、守ってもクリーンシートを達成して3-0の快勝。クラブとして大きな一歩を踏み出した。 アルビレックス新潟レディースとAC長野パルセイロ・レディースの信越ダービーは、序盤から点を取り合う展開となった。長野レディースが9分に地元出身MF瀧澤千聖のゴールで先制すると、14分にはセットプレーから新潟レディースDF北川ひかるが決めてすぐさま試合を振り出しに。だが、長野レディースも1分後にDF三谷沙也加の一発で再び前に出た。 1点リードで後半を迎えた長野レディースは62分には左サイドでのボール回しから逆サイドまで展開すると、途中出場の高校生WEリーガー・FW川船暁海がカットインから左足のクロス。MF鈴木日奈子が触れなかったが、ボールはそのままゴールイン。そのまま逃げ切った長野レディースが、小笠原唯志監督の誕生日に勝利で花を添えた。 開幕戦となったINAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSは、FW髙瀬愛実の先制ゴールを含む5ゴールでINAC神戸が大勝を収めている。 ▽9/12(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ</span> 5-0 大宮アルディージャVENTUS 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース</span> マイナビ仙台レディース 0-0 ノジマステラ神奈川相模原 ちふれASエルフェン埼玉 0-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ</span> アルビレックス新潟レディース 1-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2021.09.12 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元なでしこのMF宇津木瑠美が11年ぶりに古巣復帰、日テレ・東京ヴェルディベレーザが加入発表

日テレ・東京ヴェルディベレーザは9日、元なでしこジャパンのMF宇津木瑠美(32)の加入を発表した。背番号は「30」となる。 宇津木は神奈川県出身で、川崎フロンターレのジュニアにも所属。その後、日テレ・メニーナ、日テレ・ベレーザに所属し、フランスのモンペリエへと移籍した。 その後は海外でのプレーを続け、アメリカのシアトル・レインFC(現レインFC)に所属。今回は11年ぶりに古巣復帰となった。 なでしこジャパンとしても、113試合に出場し6ゴールを記録。2011年の女子ワールドカップに出場し、優勝に貢献。2015年、2019年の女子ワールドカップにも参加していた。 宇津木はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン、ベレーザの一員として活動する、宇津木瑠美です。中学校1年からメニーナで育ち、サッカーを学び、仲間や、家族、アスリートとして、1人の人間として、多くの事をメニーナ、ベレーザからだけではなく、東京ヴェルディという組織から教わりました」 「ベレーザの高いスキルや意識に刺激を受けながら、全力で挑戦していきたいと思います。サッカーが出来ることに感謝し、真正面から向き合ってくれるベレーザの選手やスタッフと共にこの緑のユニフォームで、戦える事を誇りに思いながら、WEリーグ初代女王を目指します」 「日本のファンの皆様にお会いできるのを楽しみにしています、その想いを超えられるように、頑張ります。応援よろしくお願いします」 日テレ・東京ヴェルディベレーザも参加する日本初の女子プロリーグ、WEリーグは今週末に開幕を迎える。 2021.09.09 13:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly