奥川フル出場のビーレフェルト、レバークーゼンに完敗《ブンデスリーガ》

2021.10.04 04:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビーレフェルトは3日、ブンデスリーガ第7節でレバークーゼンをホームに迎え、0-4で敗れた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。

前節ウニオン・ベルリンに0-1で敗れ、未勝利(4分け2敗)が続くビーレフェルトは、奥川が[4-2-3-1]の左MFで開幕から7試合連続スタメンとなった。

4勝1分け1敗スタートのレバークーゼンに対し、ビーレフェルトは守勢の入りを強いられる。

すると18分、レバークーゼンに先制を許す。右サイドからヴィルツの入れたクロスをシックに触られると、ボールはボックス内のディアビへ。ディアビにGKとの一対一を制された。

1分後、ビーレフェルトはFKからヴィマーがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドがあったとしてノーゴールに。

すると24分、レバークーゼンに追加点を許す。ヴィルツのスルーパスでボックス内に進入したシックにネットを揺らされた。

2点のビハインドを負ったビーレフェルトは32分に好機。右CKからクロスのヘディングシュートがわずかに枠の上に外れた。

ハーフタイムにかけては前からのプレスを強めたビーレフェルトだったが、0-2で前半を終えた。

迎えた後半、ビーレフェルトは57分に3失点目。右サイドからのフリンポンのクロスをシックにヘッドで決められた。

結局、後半追加タイムにPKで失点したビーレフェルトは0-4で完敗。未勝利が続いている。



関連ニュース
thumb

奥川がアシストもケルンとドローのビーレフェルトは4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは4日、ブンデスリーガ第14節でケルンと対戦し1-1の引き分けに終わった。奥川はフル出場している。 前節バイエルンに惜敗し3試合ぶりの白星を目指す17位ビーレフェルト(勝ち点9)が、前節6試合ぶりの勝利を飾った10位ケルン(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。ビーレフェルトの奥川は[4-2-3-1]の左MFで4試合連続のスタメンとなった。 一進一退の立ち上がりとなる中、ビーレフェルトは17分に失点する。中盤でキリアンがはじき返したボールをバイタルエリアで拾ったチホスがが反転からパスを供給。これを受けたエズジャンがゴールエリア左横まで切り込み冷静にシュートを流し込んだ。 先制を許したビーレフェルトは25分、中盤からのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したクロスがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKシュワーブが右足でブロック。 さらにビーレフェルトは、前半アディショナルタイムにも左CKからファーサイドのクロスがヘディングシュートで合わせたが、これはゴールカバーに戻ったシュミッツにゴールライン上でのアクロバティックなクリアでかき出された。 1点のビハインドで後半を迎えたビーレフェルトは57分にF・クンゼを下げてラズミを投入。すると59分、左サイドからのスローインをボックス左でクロスが落とすと、ボックス左手前の奥川がワンタッチで中央へ。これをボックス内で受けたラズミがワントラップからシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後まで追加点は生まれず。試合は1-1の痛み分けに終わった。 2021.12.05 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

サネの決勝弾でリーグ年間最多ゴール記録樹立! バイエルンが奥川フル出場のビーレフェルトに競り勝つ!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第13節、バイエルンvsビーレフェルトが27日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが1-0で勝利した。なお、ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場した。 現在、首位のバイエルン(勝ち点28)は前節、キミッヒやジューレらコロナ関連による欠場者が居た中、アウグスブルクに痛恨の敗戦。今季2敗目を喫した。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手に勝利し、バウンスバックに成功。 来週に勝ち点1差の2位ドルトムントとのデア・クラシカーを控える中、今節は奥川が2戦連続ゴール中と一人気を吐く降格圏の17位ビーレフェルト(勝ち点9)と対戦した。ディナモ・キエフ戦からはタンギ・ニアンズに代えてウパメカノを起用した以外、同じスタメンを継続した。 戦前の予想通り、地力で大きく勝るバイエルンが相手陣内でハーフコートゲームを展開していく。開始7分にはボックス内での混戦からミュラーが右足のジャンピングボレー、11分にはサネの左足のミドルシュートでいきなりゴールに迫るが、いずれもGKオルテガの横っ飛びのセーブに遭う。さらに、16分にはミュラーとのパス交換でボックス左に抜け出したアルフォンソ・デイビスがGKと一対一を迎えるが、ここもオルテガにうまくコースを消されて先制点とはならず。 以降も相手を自陣深くに押し込めて多彩な崩しで局面の打開を試みるバイエルンだが、オルテガを中心とするビーレフェルトの集中した守備に苦戦。頼みのレヴァンドフスキもなかなかボールタッチのフィーリングや周囲との呼吸が合わず、決定機に絡むことができない。 一方、キックオフ直後から我慢の戦いが続くビーレフェルトは幾度か良いボール奪取から前がかりな相手の背後を突くカウンターでチャンスを窺ったが、能力の高い相手守備陣とのマッチアップを制することができず。28分には好調の奥川が相手の背後を取ってGKノイアーとの一対一に持ち込む見せ場が訪れたが、シュートを防がれた上に抜け出しのタイミングでオフサイドを取られた。 前半のうちにゴールを奪えなかったバイエルンは早い時間帯にゴールを奪おうと、後半もアグレッシブに入る。 開始直後の46分にはウパメカノからのクサビのパスをミュラー、トリソとワンタッチで繋ぎ、3人目の動きでゴール前に飛び出したサネがダイレクトシュート。だが、ここはGKオルテガにうまくコースを消されてシュートは枠の左に外れた。さらに、58分にはゴレツカを下げてミュージアラを投入し、より攻撃的な布陣にシフト。 一方、後半も守勢が続くビーレフェルトでは奥川がチームの攻撃をけん引。67分にはペナルティアーク付近に持ち込んで強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠の右に外れた。 ゴールが遠いバイエルンだが、後半半ば過ぎにようやくゴールをこじ開ける。71分、後半立ち上がりの決定機と似たような形からミュージアラのクサビをミュラーが丁寧に左へ落とすと、サネが強烈な左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 なお、バイエルンにとってこのゴールは2021年のブンデスリーガでの102ゴール目となり、1977年にケルンが記録したリーグ記録を更新した。 このゴールによってここから一気にバイエルンペースかに思われたが、ビーレフェルトも士気を落とさずに守備面で粘る。畳みかける攻めで追加点を奪いたいホームチームは、77分にコマン、78分に途中出場のニャブリがゴールへ迫るが、GKオルテガのビッグセーブとクロスバーに阻まれた。 それでも、守備の局面では終始安定したパフォーマンスを見せていたバイエルンは、奥川らビーレフェルトの攻撃陣をきっちり封じ込めて1-0の勝利。相手の堅守に苦しみながらもアウグスブルク戦の敗戦を払しょくする勝利を収め、次節のデア・クラシカーを首位で迎えることになった。 2021.11.28 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン監督が奥川雅也を警戒 「ボールコントロールと俊敏性に優れている」

ビーレフェルト戦に挑むバイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、MF奥川雅也への警戒心を示している。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 バイエルンは27日に行われるブンデスリーガ第13節でビーレフェルトと対戦する。前節はアウグスブルク相手に不覚を取り今季2敗目。2位ドルトムントとは1ポイント差という状況だ。 今節は、ここまでわずか1勝で17位に沈むチームが相手だが、ナーゲルスマン監督は明確なプロセスを持ったチームであると警戒。また、リーグ戦2試合連続ゴール中の奥川に対しても注意を向けた。 「ビーレフェルトは昨年に比べて成長している。彼らは非常に明確なプロセスを持っており、また、相手にスペースを開けさせて浮き球などを使ってチャンスを作る方法について、常に良いアイデアを持っている。ファビアン・クロスは空中戦で素晴らしい活躍を見せているよ」 「オクガワはとても良いシーズンを過ごしており、ボールコントロールと俊敏性に優れている。彼らのゲームモデルはすばらしく、常に深みを追求している」 「私はクラマー監督のことを知っており、彼の大まかなアイデアも理解している。フィジカル的にも、プレーの仕方にしても、彼らは進歩しているのだ。非常に献身的で情熱的なディフェンスをしていて、それはアウグスブルクと似ている」 「キックオフの時点から、勝利への絶対的な貪欲さを持って臨む準備をしなければならない。4ポイントのリードがなくなったため、我々にとって非常に重要な試合だ。自分たちのパフォーマンスの限界を発揮する必要がある」 2021.11.27 20:03 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第13節プレビュー】奥川、バイエルン相手に3戦連発なるか

前節はバイエルンが格下アウグスブルクに敗れる波乱があり、2位ドルトムントとの勝ち点差が1に縮まった。そしてMF奥川が2戦連続ゴールを決めている。迎える第13節、バイエルン(勝ち点28)と奥川のビーレフェルト(勝ち点9)が対戦する。 バイエルンは前節、MFキミッヒやDFジューレらコロナ関連による欠場者が居た中、アウグスブルクに痛恨の敗戦。今季2敗目を喫した。それでも火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦では2-1と勝利して首位通過を決めた。コロナ陽性によりキミッヒが欠場となるが、リーグ戦に完全に集中できる環境となった中、勝利を取り戻して首位キープとなるか。 一方、前節ヴォルフスブルク戦で先制ゴールを挙げ、2戦連発とした奥川。チームは2点のリードを守れず引き分けに持ち込まれてしまい連勝とはならなかったが、チーム状態は悪くない。バイエルン相手にはザルツブルク時代にCLでゴールを挙げたことのある奥川だが、3戦連発となるか。 シュツットガルトに競り勝ち、バイエルンに1ポイント差とした2位ドルトムント(勝ち点27)は、6位ヴォルフスブルク(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。シュツットガルト戦で公式戦連敗を止めたドルトムントだが、水曜に行われたCLスポルティング・リスボン戦では1-3で敗れ、最終節を前に敗退が決定。厳しい敗戦を喫した後、気持ちを切り替えてヴォルフスブルク戦に臨めるかがポイントとなりそうだ。 今節はMF鎌田、DF長谷部フランクフルトとMF原口、MF遠藤渓太のウニオン・ベルリンによる日本人対決が開催される。フランクフルトは前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた。共に先発した鎌田と長谷部は勝利に貢献しており、引き続きスタメン起用が期待される。ピッチを縦横無人に動き回る原口とのマッチアップに注目だ。 一方、古巣ヘルタ・ベルリンとのダービーでも相変わらずの豊富な運動量で勝利に貢献した原口。フランクフルト戦でも泥臭くプレーできる原口の運動量がチームの生命線となるだけに原口のパフォーマンスに注目したい。 ドルトムントに惜敗して3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、8位マインツ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。先発出場を続けている遠藤と伊藤だが、とりわけ伊藤は前節、3バックの左を任されて攻撃面でも良い働きを見せた。遠藤はもちろん、成長を続ける伊藤にも注目したい。 前節レバークーゼンに惜敗した13位ボーフム(勝ち点13)は3位フライブルク(勝ち点22)とのホーム戦に臨む。右MFでスタメンを続けている浅野は、レバークーゼン戦では決定機があったものの決めきれなかった。ゴールには近づいているだけに、好調な相手に対して待望の今季初ゴールを決められるか。 ◆ブンデスリーガ第13節 ▽11/26(金) 《28:30》 シュツットガルトvsマインツ ▽11/27(土) 《23:30》 グロイター・フュルトvsホッフェンハイム ボーフムvsフライブルク ケルンvsボルシアMG ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルク ヴォルフスブルクvsドルトムント 《26:30》 バイエルンvsビーレフェルト ▽11/28(日) 《23:30》 フランクフルトvsウニオン・ベルリン 《25:30》 ライプツィヒvsレバークーゼン 2021.11.26 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSVで輝き出す堂安律に「頼りがいがある」 今夏回想の指揮官が残留喜ぶ

PSVを率いるロジャー・シュミット監督が今夏の日本代表MF堂安律を振り返った。オランダ『ED』が報じている。 昨夏に出場機会を求めてアルミニア・ビーレフェルトにシーズンローンで移った堂安。ドイツでの堂々たるプレーぶりを受けて、ビーレフェルトの買い取り話や他のブンデスリーガクラブ行きの憶測もあったが、最終的に具体化せず、PSVに今季復帰した。 来年1月もサウサプトンが獲得を目指しているとの噂が浮かび上がるが、その一方で、PSVでも出場機会を増やしつつある堂安。東京オリンピック参戦による合流遅れや負傷離脱もあったが、ここまで公式戦10試合の出場で2得点1アシストを記録している。 そして、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節のシュトゥルム・グラーツ戦に先発すると、1アシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに。そんな堂安だが、今夏を振り返ったシュミット監督は残留という結果に喜びの思いを口にした。 「当時の彼は常に先発というわけじゃなく、主軸になりたいという思いがあった。その件について話し合いをして、リツも疑問を投げかけてくれた」 「彼に自らの価値を認めさせるのはそう容易いことじゃなかった。また、後からの合流に短期間のケガもあり、彼にとって難しい夏になってしまった」 「とはいえ、彼をキープできて、非常に嬉しく思っている。オフェンス面で多くのものをもたらすことができ、ディフェンス面も非常に頼りがいがある」 「今の彼を見ていると、トレーニングでも、試合でも精神面にシャープだとわかる。本当に全力でやってくれている」 2021.11.26 17:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly