【ブンデス第7節プレビュー】鎌田&長谷部がバイエルンに挑戦

2021.10.02 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は日本人対決2試合が行われ、ウニオン・ベルリンがビーレフェルトを下し、ボーフムとシュツットガルトは引き分け決着となった。上位勢ではバイエルン、レバークーゼンが勝利した一方、ドルトムントがボルシアMGに、ヴォルフスブルクがホッフェンハイムに敗れた。代表ウィーク前の第7節、MF鎌田とMF長谷部のフランクフルトがバイエルンとのアウェイ戦に臨む。

フランクフルトは前節、ケルンに1-1のドロー。鎌田が後半途中から出場したものの、見せ場は作れず、リーグ戦未勝利が継続中だ。ただ、木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)ではアントワープ相手に1-0で勝利。ようやくグラスナー体制下での初勝利を手にした。この試合では6戦ぶりの出場となった長谷部がリベロの位置で守備を締め、チームの勝利に貢献。ベテランが実力を示した中、バイエルン戦でも先発起用となるか。鎌田としてもバイエルン相手に2年連続ゴールといきたい。

対するバイエルンは前節、DFパヴァールの退場があったもののグロイター・フュルト相手に危なげなく勝利。5勝1分けとしたチームは、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手に5-0と圧勝。盤石の戦いが続く中、リーグ戦6連勝となるか。

FWハーランドの欠場が響いてボルシアMGにシャットアウト負けを喫したドルトムントは、アウグスブルクとのホーム戦に臨む。ローゼ監督の古巣対決を落とし、リーグ2敗目を喫したドルトムントは、火曜に行われたCLではスポルティング・リスボン相手に1-0で勝利。筋肉を痛めているハーランドは引き続き欠場となるが、今季1勝と波に乗れないアウグスブルクを下せるか。

開幕からのスタメン出場が続くビーレフェルトMF奥川。そのビーレフェルトは2位レバークーゼンをホームに迎える。攻撃的な位置での起用が続く奥川としては何とかゴールに絡む仕事を果たしたいところ。ELセルティック戦でもアウェイながら4-0と快勝した強豪レバークーゼン相手に金星を挙げられるか。

奥川と同じく開幕からのスタメン出場を続けるシュツットガルトMF遠藤航。チームは開幕節以降勝利のない苦しい状況が続くが、前節ヴォルフスブルクに初黒星を付けたホッフェンハイムを下せるか。

そしてカンファレンスリーグで勝利に貢献したウニオンMF原口。そのウニオンは6位と好スタートを切ったマインツとのアウェイ戦でリーグ戦連勝を目指す。

そして2試合連続途中出場のボーフムFW浅野は、CL2連敗スタートとなったライプツィヒとのアウェイ戦に挑む。

◆ブンデスリーガ第7節
▽10/1(金)
ケルン 3-1 グロイター・フュルト

▽10/2(土)
《22:30》
ヘルタ・ベルリンvsフライブルク
シュツットガルトvsホッフェンハイム
ヴォルフスブルクvsボルシアMG
ドルトムントvsアウグスブルク
《25:30》
ライプツィヒvsボーフム

▽10/3(日)
《22:30》
マインツvsウニオン・ベルリン
《24:30》
バイエルンvsフランクフルト
《26:30》
ビーレフェルトvsレバークーゼン



関連ニュース
thumb

フランクフルトSD、来月で38歳の長谷部誠を称賛 「チームの中で最高の選手」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、元日本代表MF長谷部誠を称賛した。ドイツ『キッカー』がコメントを伝えている。 フランクフルトでの8シーズン目を過ごしている長谷部。今季はオリヴァー・グラスナー新監督の下、序盤はなかなか出番が与えられなかったものの、10月以降は出場機会を増やし、第12節では同メディアによるブンデスリーガベストイレブンにも選出。ここまで公式戦11試合に出場し、3バックの一角としてチームを支えている。 その長谷部を、今シーズンからクラブに加わったクレシェ氏が「チームのカギ」であると手放しで称賛。豊富な経験を活かしたチームメイトへのコーチングについても言及している。 「誠はチームの中で最高の選手の1人だ。特にビルドアップの面ではすばらしい役割を果たしている。ここ数週間、彼は我々のサッカーのカギとなっているよ」 「彼は非常に知的で、経験豊富な選手だ。自分が長所を出せるように、他の選手たちを上手くコーチングしている」 「それに、さまざまな状況をよく予測している。彼はチームを前進させてくれるのだ」 来月には38歳を迎える長谷部。チームは現在リーグ12位に低迷しているが、ここからの巻き返しに貢献できるだろうか。 2021.12.01 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「常軌を逸している!」フランクフルトの長谷部誠がラストプレーでの劇的勝利に興奮「今はクタクタ」

フランクフルトのMF長谷部誠が、ウニオン・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、ブンデスリーガ第13節でフランクフルトはウニオン・ベルリンをホームに迎えた。 フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気は58分までプレーした。 試合は、22分にジブリル・ソウのゴールでフランクフルトが先制。一方で、62分にPKをマックス・クルーゼに決められ、1-1のまま試合は推移する。 試合はタイスコアのまま終盤へ。後半アディショナルタイムに入り、1-1のまま終わると思われたラストプレーで、左からの鋭いクロスをあがっていたエヴァン・エンディカがヘッド。これが決まり、フランクフルトが土壇場で勝ち越して勝利を収めた。 劇的なラストプレーでの勝利を試合後に長谷部がコメント。ハードワークした結果が実ったことを喜んだ。 「常軌を逸している!90分間、サッカー的にもフィジカル的にもとても上手くいきました。最終的には勝利が重要です」 「今はクタクタですが、まだまだプレーできます。大切なのは、仕事を続けていくことです」 <span class="paragraph-title">【動画】起死回生! ラストプレーでの劇的ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QddplppDTec";var video_start = 96;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレー弾で原口先発のウニオン撃破《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第13節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが28日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。 フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口は58分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。 前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた11位フランクフルト(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのアントワープ戦を2-2の引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出を決めた。この試合でゴールを決めた鎌田、そして長谷部が引き続き先発となった。 一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを制した5位ウニオン(勝ち点20)は原口が引き続きスタメンとなった。 開始7分にボレがネットを揺らしたもののわずかにオフサイドに阻まれたフランクフルト。直後、長谷部のミスからアウォニーに決定的なシュートを許したが、フランクフルトがポゼッションする展開で推移する。 そのフランクフルトは22分に押し切る。ショートコーナーの流れからソウがコントロールシュートを流し込んだ。 さらに25分、コスティッチの左クロスから鎌田のヘディングシュートがバーに直撃したフランクフルトは、続く29分にもCKからヤキッチが決定的なダイビングヘッドを放った。 攻め込み続けるフランクフルトは41分、コスティッチの左クロスからボレが合わせる決定機を演出するも、1-0で前半を終えた。 迎えた後半もフランクフルトが押し込む中、58分に原口がピッチを後に。すると60分、ウニオンがPKを獲得する。アウォニーがボックス内でエンディカに倒された。このPKをクルーゼが決めてウニオンが追いついた。 同点後もフランクフルトがコスティッチを起点に攻め込み続ける中、70分にはパシエンシアのボレーシュートが枠を捉えるも、GKルセのセーブに阻まれた。 そして5分の追加タイムがあった中、ラストプレーでフランクフルトが勝ち越す。コスティッチの左クロスからエンディカがヘッドでねじ込んだ。このままタイムアップを迎え、フランクフルトがELに続き、追加タイム弾でのゴールで勝利を手にしている。 2021.11.29 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田がEL3戦連続弾をマーク!土壇場弾で追いつくもフランクフルトの首位突破は決まらず《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループD第5節のフランクフルトvsアントワープが25日に行われ、2-2の引き分けに終わった。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地は90分までプレー、アントワープの三好康児はベンチ外となっている。 EL3連勝で2位以内が確定している首位のフランクフルト(勝ち点10)が、ホームに最下位のアントワープ(勝ち点1)を迎えた一戦。今節の結果次第で決勝トーナメント進出の決まるフランクフルトは、完勝した直近のフライブルク戦のスタメンと同じメンバーで試合に臨んだ。 三好がベンチ外となったアントワープに対し、フランクフルトは13分にチャンドラーの右クロスからゴール前に抜け出した鎌田が右足で流し込み、幸先よく先制した。 フランクフルトは直後の16分、左CKの混戦からピンチを迎えたが、ミヒャエル・フライのシュートはGKトラップがキャッチし、難を逃れた。 その後は一進一退の展開が続いたが、アントワープはデザインプレーでフランクフルトの牙城を崩す。33分、フィッシャーが左CKをボックス手前に送るとナインゴランがボレーシュート。これがゴール前のエンディカにディフレクトし、そのままネットに突き刺さった。 追いつかれたフランクフルトは40分、左サイド高い位置でボールを受けた鎌田のクロスをボックス中央のリンドストロームがダイレクトで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 迎えた後半、先にネットを揺らしたのはアントワープ。71分、バイタルエリア左で獲得したFKからフィッシャーがクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだデ・ラエトが押し込んだ。 このゴールでアントワープの勝ち越しかと思われたが、VARによる検証の結果、ファーサイドに抜け出したデ・ラエトがオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、88分にアントワープがカウンターからチャンスを作る。ナインゴランの縦パスを中盤で受けたサマッタがワンタッチで右サイドのスペースへ展開。これを駆け上がったユスフがダイレクトで折り返すと、ボックス内に走り込んだサマッタが冷静にゴール右隅に流し込んだ。 勝ち越しを許したフランクフルトは、90分に鎌田を下げてパシエンシアを投入。すると94分、エンディカのパスを左サイドで受けたコスティッチがライン際まで切り込みクロスを上げるとパシエンシアがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。土壇場で追いついたフランクフルトだが、ライバルのオリンピアコスが勝利したため、今節での首位突破は決まらなかった。 また、同時刻に行われたグループB第5節で堂安律の所属するPSVは、シュトゥルム・グラーツとホームで対戦し2-0で勝利。堂安は87分までプレーした。 2021.11.26 07:11 Fri
twitterfacebook
thumb

広島が来季の新監督にドイツ人指揮官のスキッべ氏を招へい、ドルトムントやフランクフルト、ギリシャ代表なども指揮

サンフレッチェ広島は25日、2022シーズンの新監督にドイツ人のミヒャエル・スキッべ氏(56)が就任することを発表した。 スキッベ氏は、シャルケで現役時代を過ごし、U-18ドイツ代表としても活躍。22歳から指導者の道を歩みシャルケU-19の監督でキャリアをスタート。その後、ドルトムントのU-19やセカンドチームで監督を務め、ファーストチームの監督も務めた。 その後、ドイツ代表のコーチ、U-18ドイツ代表、U-20ドイツ代表の監督を務めた他、レバークーゼン、ガラタサライ、フランクフルト、エスキシェヒルスポル、ヘルタ・ベルリン、カルデミル・デミル・チェリク・カラビュックスポル、グラスホッパー、ギリシャ代表でも監督を務めた。 2020年からはサウジアラビアのアル・アインで監督を務めていた。 スキッベ監督はクラブを通じてコメントしている。 「サンフレッチェ広島での時間を本当に楽しみにしています!このチームで成功すること、素晴らしいファンからのサポートを受けられること、そして日本の人々や文化を知る機会を得られることは私にとって大きな名誉です」 「サンフレッチェ広島の歴史に名を残せるような素晴らしいチームを作り上げ、皆さまと共に喜びを分かち合いたいと思っています」 広島は、10月26日に城福浩監督が退任。ヘッドコーチを務めていた沢田謙太郎氏が監督に就任したが、3試合を戦い1分け2敗と勝利がまだない状況となっている。 2021.11.25 11:21 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly