レーティング:アーセナル 3-1 トッテナム《プレミアリーグ》

2021.09.27 03:26 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、アーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが、26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
32 ラムズデール 6.5
前後半に3度のファインセーブ。加入後初の失点となったが、冷静な飛び出しや安定したハイボール処理で勝利に貢献した

DF
18 冨安健洋 6.5
失点場面のやや不運な対応にケインに完璧に背後を取られる場面もあったが、それを補って余りある空中戦の強さと安定した対人守備で勝利に貢献。マイボール時も堅実なプレーをみせ、印象的なダービーデビューに

4 ホワイト 6.5
直近のバーンリー戦での不出来を払しょくするソリッドなパフォーマンスを90分間披露。持ち味の正確な配球で相手守備に的を絞らせず

6 ガブリエウ 6.5
無理が利く守備でケインら相手も攻撃陣にうまく応対。的確なカバーリングで多くのピンチの芽を摘んだ

3 ティアニー 6.5
攻撃参加の回数こそ普段に比べて少なかったが、的確なサポートで攻撃の起点に。守備でも身体を張ったプレーでデレ・アリやルーカスを抑え込んだ

MF
7 サカ 7.5
1ゴール1アシストの活躍でスミス・ロウと共に勝利の立役者に。ここ数試合、やや大人しいプレーぶりだったが、ダービーで見事に躍動

(→メイトランド=ナイルズ -)

5 トーマス 6.5
前半は中盤のバトルで抜群の存在感。後半は要所を締めるプレーで攻守にチームをよく助けた

8 ウーデゴール 7.0
目に見える結果は残せなかったが、全3ゴールに関与。相手の守備のバランスを崩す巧みなボールの引き出しと丁寧な捌きに加え、守備の強度も非常に高かった

34 ジャカ 6.5
身体を張ったプレーで2点の起点に。3試合出場停止明けの重要なゲームでサポーターの信頼を取り戻そうと、負傷交代するまで気迫のこもったプレーを見せた

(→サンビ・ロコンガ 5.5)
守勢の流れでの投入となったが、無難にプレー

10 スミス・ロウ 7.5
貴重な先制点を含む1ゴール1アシストの活躍。攻撃だけでなく献身的な守備でチームを大いに助けた

(→ヌーノ・タヴァレス -)

FW
14 オーバメヤン 7.0
サカやホワイト同様にここ最近の不振を払しょくする躍動感のあるプレーで勝利に貢献。前ドルトムント時代を含め、対スパーズ戦の通算ゴールは「8」に

監督
アルテタ 7.0
守備に難があるペペではなく生え抜きの2人の起用やジャカの起用で相手のお株を奪う、見事なトランジションやカウンターで完勝

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 5.5
3失点共に責任なし。幾度かの好守でチームを鼓舞し続けた

DF
25 タンガンガ 4.0
守備面を期待されての起用も、相手の勢いのある攻めを止めきれず。課題の攻撃面ではクオリティ不足を露呈

6 D・サンチェス 4.5
ロメロ起用予想が多かった中、対人守備とスプリント能力を買われての起用となったが、相手の攻撃に後手を踏んだ

15 E・ダイアー 4.5
前半の酷いチームパフォーマンスは指揮官の失策の影響が大きいが、ディフェンスリーダーとして周囲をコントロールできていなかったのも事実

3 レギロン 5.0
一矢報いるアシストを記録したが、サカ相手に苦戦。攻撃面では幾度か良さも出したが、全体的には厳しい出来に

MF
20 デレ・アリ 4.0
指揮官による酷使もあり、球際で戦えず。守備面で穴を空けてしまう場面が多かった

(→スキップ 6.0)
チームの攻守のバランスをうまく整えて、生え抜きMFとして意地を見せた

5 ホイビュルク 5.0
得意とするインサイドハーフではなくアンカーで苦戦。前半は多くのタスクを自身に課したことで、全体的に役割が中途半端に。後半はスキップのサポートを受け盛り返す

28 エンドンベレ 4.5
要所で能力の高さを見せたが、指揮官の拙い起用法もあり、チームの歯車としてうまく機能できず。前半は守備面で難しい状況を招いた

(→ブライアン・ヒル 5.5)
一矢報いるゴールの起点に。チームにバイタリティをもたらしたが、決定的な仕事まではいかず

FW
27 ルーカス・モウラ 5.0
相手GKのビッグセーブに阻まれ、一矢報いるゴールを奪えず。負傷明けで局面を打開しようと腐心も、まだまだ本調子ではなかった

10 ケイン 4.5
全体的にハードワークは見せたが、3度あった決定機の内のひとつは決めたかった。3失点目に繋がるボールロストは痛恨

7 ソン・フンミン 5.5
一矢報いる敵地でのダービー初ゴール。冨安らにうまく封じ込まれて期待された個での打開はなかなか見せられず

監督
ヌーノ 4.0
チェルシー戦同様のアグレッシブなアプローチが完全に裏目に。後半は盛り返したが、選手の配置や守備のアプローチで大きな見込み違いがあった前半の酷いパフォーマンスは猛省すべき

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
スミス・ロウ(アーセナル)
同じく1ゴール1アシストのサカの活躍も捨てがたいが、貴重な先制点に加えて、守備の貢献度、攻撃の起点となるプレーでより存在感を示した背番号10をMOMに選出。このままの活躍が続けば、マンチェスター・シティのデ・ブライネやフォーデンのような絶対的な存在に。

アーセナル 3-1 トッテナム
【アーセナル】
スミス・ロウ(前12)
オーバメヤン(前27)
サカ(前34)
【トッテナム】
ソン・フンミン(後34)


関連ニュース
thumb

不安定なアーセナル…ネビル氏はチームのベテランたちに苦言「本当の意味でのリーダーではない」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、アーセナルの問題点を指摘した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アーセナルは今夏の移籍市場で大金を投下し、イングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF冨安健洋、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールらを獲得する大型補強を敢行。3シーズン目を迎えたミケル・アルテタ監督の下で躍進が期待されていた。 しかし、蓋を開けてみるとプレミアリーグ開幕から3連敗。その後は8試合6勝2分けと持ち直したものの、第12節でリバプール相手に0-4の大敗を喫すると、直近ではマンチェスター・ユナイテッドとエバートンに敗れ連敗となっている。 浮き沈みの激しいシーズンを送るアーセナルに対して、ネビル氏は問題点を指摘。若い選手が多いチームにあって、本来チームを引っ張るべきベテラン選手たちがその役割を担えず、リーダーが不在となっていることが要因だと主張した。 「アルテタは不安定だね。良い仕事をしていたかと思うと、その後失敗を重ねてプレッシャーを受けている。彼はこの2つの間を行ったり来たりしていて、その間がない」 「平均年齢の若いチームであることを考えると、オールド・トラフォードやグディソン・パークのような場所でのナイトゲームに対して、1人や2人は経験がない選手もいるだろう」 「私も初めてアンフィールドに行った時のことを覚えているが、観客が盛り上がり、不利な判定もあり大変だった。予想外のことが起こる困難な瞬間を乗り越えるには、経験が必要だ」 「そしてそこには安心感が必要となる。チームの背骨となるような存在が必要なのだ。アーセナルのシニアプレーヤーを見ると、あまりしっかりとしたキャラクターはいない。彼らは本当の意味でのリーダーではないのだろう。だから若い選手が試合中の困難な瞬間を乗り越えられずにいると、他の選手も少しずつ落ち込んでいく」 「これは当然のことだと思う。そこにはたくさんの才能があり、若い選手たちに問題があるのではない。アーセナルのチームとしての問題は、オールド・トラフォードやグディソンで起こる激動の瞬間を乗り越えられる方向性や基準を持っていないことだ。彼らにはそれがない」 また、ネビル氏はエバートン戦でベンチスタートとなったキャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに言及。アルテタ監督との関係を考えても、クラブを退団する可能性はあると予想した。 「この試合の後、オーバメヤンとの問題が出てくると思う。彼はエディ・エンケティアが自分より優先されることを良しとしないだろう。彼は交代で投入されることを嫌がると思う」 「アルテタとオーバメヤンの間には、常にちょっとしたバグがあるね。アルテタは仮にオーバメヤンを売却したお金で他の選手を獲得できるなら、おそらくそうするだろう。そして、オーバメヤンももし移籍ができるようなら、そうするだろうね」 2021.12.07 18:06 Tue
twitterfacebook
thumb

「分からない」冨安の顔面が踏まれた場面にアルテタ監督は多くを語らず「VARが確認したのは確か」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋が顔面を踏まれたシーンについて言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 アーセナルは6日に行われたアウェーのプレミアリーグ第15節エバートン戦を1-2で落とした。冨安は右サイドバックとしてフル出場した。 この試合で大きな話題を呼んでいるのが28分のシーン。自陣右サイドでアーセナルがボールを奪うと、冨安がルーズボールを相手MFアランと競り合い、タッチライン上で倒れる。直後、寄せてきたDFベン・ゴッドフリーの右足で冨安の顔面を踏みつける格好となり、冨安のアゴから出血していた。 ただ、このシーンについてはVARチェックが入ったものの、ゴッドフリーにカードが提示されることはなかった。試合後、この場面について問われたアルテタ監督は、VARチェックが入ったことは事実だとし、多くは語らなかった。 「分からない。判定は下されている。VARがプレーを確認したのは確かだ。私が望んでいるのは、自分のチームがもっとうまくやることだ」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の賭けだった!名手の股を抜く技ありゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton are a goal down at the break, but should they also be a man down? <br><br>VAR has had plenty to look at in the first-half but it&#39;s Arsenal who lead after 45 minutes!</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1467959413042565120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.07 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的逆転弾で9戦ぶり白星のエバートン、ベニテス監督はファンに感謝「ファンも選手も、団結すれば強くなれる」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、久しぶりの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 エバートンは6日に行われたプレミアリーグ第15節でアーセナルと対戦。リーグ8試合勝利がなく、16位と降格圏が近づく状況のチームは、この日も前半終了間際に失点を許す苦しい展開となる。 後半もゴールが遠い中、80分にこの日VARで何度もゴールを取り消されていたFWリシャルリソンが同点弾を記録すると、アディショナルタイム2分にはFWデマライ・グレイが豪快なシュートでゴールネットを揺らし、劇的な逆転勝利。この結果、9試合ぶりの勝利を挙げたエバートンは12位まで浮上している。 試合後のインタビューに応じたベニテス監督も、久しぶりの勝利に歓喜。チームを支えてくれたスタジアムのファンたちに対して、感謝の意を表している。 「ファン、選手、全員が共にあったことで、今日の我々は強くなったと思う。今日は皆のメンタリティを見ることができた。自分たちに不利な判定があってもチームの反応は素晴らしく、ファンも彼らを支えていた」 「逆境の中であっても、チームは個性を発揮した。最後には、皆が本当に喜んでくれた。ファンも選手も、団結すれば強くなれるのだ。グディソンでの試合ではファンが応援してくれるから、余計に頑張れる」 「これは大事な瞬間だったんだ。今日のようなパフォーマンスをして、どんなチームにも勝てるという信念を、皆が持つことが大切になる」 「毎試合、こうしたキャラクターを見せていくことが大切だ。これまでも多くの試合でそうしてきたが、不運もあった。ただ、今日は悪い流れ、逆境のなかにあってもリアクションがとても良かったと思う。これは我々が期待していることであり、シーズンの終わりまで同じようであって欲しいと願っている」 2021.12.07 10:18 Tue
twitterfacebook
thumb

低調パフォーマンスのアーセナル、アルテタ監督は敗戦に「瞬間的にダラダラした」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、エバートン戦を振り返った。 6日、プレミアリーグ第15節でエバートンと対戦したアーセナル。前節はマンチェスター・ユナイテッドに打ち合いの末に敗れていただけに、連敗を避けたい試合だった。 前半からあまり効果的な攻撃を見せられていなかったアーセナルは、相手ゴールに迫るシーンもそう多くなく、攻めあぐねる状況。しかし、前半アディショナルタイムに、マルティン・ウーデゴールがボレーシュートを決め、数少ないチャンスを生かして先制する。 しかし、後半もピリッとしないアーセナルは、VARによって2度オフサイドで助けられるなどして凌いでいたが、80分に同点に追いつかれると、後半アディショナルタイムにも失点し、2-1で敗戦。リーグ戦連敗となってしまった。 試合後に敗戦を振り返ったアルテタ監督は、チームのパフォーマンスを嘆き、チャンスを生かせないと勝てないと語った。 「私は非常に失望している。前半はボールに一貫性がなく、コントロールできる瞬間もあった。セットプレーで認められなかったゴール以外は、何も与えなかった。ただ、相手ゴールへの侵入や脅威は十分ではなかった」 「そのうちの1つが、マルティン(・ウーデゴール)のゴールだった。後半は試合を有利に進めなければならなかったし、そうしようとしたが、瞬間的にダラダラしてしまった」 「我々は4つの大きなチャンスを生み出した。エディ、マルティンが2つ、そして最後にオーバ(ピエール=エメリク・オーバメヤン)だ。アウェイでネットに入れられないとなると、試合に勝つのは非常に難しくなる。特に、最初のような失点をするとだ」 「我々はあまりにも簡単に多くのボールを与え、相手のプレスの動きを助長してしまった。何度かプレスを破った時はゴールを狙えたが、もっと安定しなければいけない」 2021.12.07 09:33 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安が顔面を踏みつけられたシーンに元イングランド代表DFが見解「プロとして分かっているはず」、「彼はとても幸運」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋を踏みつけたエバートンのイングランド代表DFベン・ゴッドフリーの行動が物議を醸している。 6日、プレミアリーグ第15節でエバートンとアーセナルが対戦した。 勝利から遠ざかっているエバートンと、前節はマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、連敗を避けたいアーセナルの一戦。試合は、エバートンの守りを崩せなかったアーセナルだったが、前半アディショナルタイムにマルティン・ウーデゴールがネットを揺らし先制。しかし、エバートンの攻勢に対し、2度ネットを揺らされるもVARチェックの結果オフサイドで救われていたアーセナルだったが、終盤に失点すると、後半アディショナルタイムにもゴールを許し、2-1で敗れ連敗となっていた。 問題のシーンはこの試合の28分、自陣の右サイドで相手からボールを奪ったアーセナル。ルーズボールを競り合って処理しようとした冨安だったが、サイドライン上で倒れ込むことに。この際、ゴッドフリーの右足が冨安の顔面を踏みつけるプレー。冨安のアゴはスパイクの跡が残ることとなった。 レッドカードが出てもおかしくないようなプレーだったが、VARチェックの結果、このプレーはレッドカードはおろかイエローカードも出なかった。 明らかに顔面を踏みつけていることは間違いないが、踏んだ瞬間はゴッドフリーがボールに目を向けていることから故意ではないという判断になったと見られる。 一方で、踏む直前に冨安が倒れているのを見ているという指摘がSNS上で話題となり、主審のマイク・ディーン、VARのスチュワート・アトウェル氏の判断を問題視する声もあがっている。 このプレーについてイギリス『スカイ・スポーツ』の『Monday Night Football』に出演していた元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏がコメント。ゴッドフリーは分かっていたとの見解を示す一方で、レッドカードが出ないのも理解すると語った。 「我々は彼が絶対にこう言うと思っている。彼は自分のやったことに気がついており『ああ、見てください。これは事故なんです』と言うだろう」 「プロとして、間違いなく100%彼はそう言うのだが、VARが偶然だと言った理由はわかるし、我々はそれを証明できない。でも、プロとしてそれは分かっているはずだ」 「本人は本気で言っているだろう。そして、レッドカードにならない理由もわかる」 また、同じく出演した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は「彼はとても幸運だよ」とコメント。退場でもおかしくないプレーを見逃してもらったと暗に示していた。 <span class="paragraph-title">【動画&画像】冨安の顔面は完全に踏みつけられているが…</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton are a goal down at the break, but should they also be a man down? <br><br>VAR has had plenty to look at in the first-half but it&#39;s Arsenal who lead after 45 minutes!</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1467959413042565120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Beberapa momen kemenangan dramatis Everton atas Arsenal menutup pekan ke-15 Premier League.<br><br>Saksikan cuplikan lengkap pertandingannya di Mola!<a href="https://t.co/bqGrnJ9o2D">https://t.co/bqGrnJ9o2D</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SUPERLIVE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SUPERLIVE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SUPERSOCCER?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SUPERSOCCER</a><a href="https://twitter.com/hashtag/DARETOSCORE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DARETOSCORE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EPLDIMOLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EPLDIMOLA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/IDARE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IDARE</a> <a href="https://t.co/de2boNuDZ4">pic.twitter.com/de2boNuDZ4</a></p>&mdash; SuperSoccer TV (@my_supersoccer) <a href="https://twitter.com/my_supersoccer/status/1467992455060545541?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.07 09:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly