東京Vベレーザと新潟レディースがWEリーグ初勝利、ノジマステラ相模原は3試合無得点に【WEリーグ第3節】

2021.09.26 17:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
「2021-22 Yogibo WEリーグ」の第3節が25日と26日に行われた。

25日には味の素フィールド西が丘で、日テレ・東京ヴェルディベレーザとサンフレッチェ広島レジーナが対戦した。

序盤からポゼッションを高めて攻勢に出る東京Vベレーザは、小林里歌子が序盤から積極的にシュートを放ち、広島レジーナを圧倒する。飲水タイム明け直後の24分、その小林が中央でボールを受けると、プレッシャーのかからないなかドリブルを開始。コースを探しながらボックス手前右まで持ち運ぶと、自ら右足でのフィニッシュを左隅に沈めて先制点を奪った。

後半に入っても試合を優位に進める東京Vベレーザは、広島レジーナにチャンスらしいチャンスを与えることなく終盤を迎えると、88分に待望の追加点。セットプレー崩れから三浦成美が対空時間の長いクロスを右サイドから上げると、植木理子が頭であわせてリードを広げる。終始広島を圧倒した東京Vベレーザが今季初勝利を上げた。

26日には4試合が行われ、開幕戦で大宮アルディージャVENTUSに大勝したINAC神戸レオネッサは、ホームにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎えた。

INAC神戸は開始早々の6分、浜野まいかが成宮唯とのワンツーワンツーで左サイドを突破してグラウンダーのクロス。少しコースが変わって流れるも、杉田妃和が蹴り込んで先制点を奪う。15分にはこぼれ球を拾った伊藤美紀がスライディングに来たDFをかわして冷静なフィニッシュを沈め、INAC神戸が2点のリードで前半を折り返した。

追い掛ける展開となった千葉レディースは、ハーフタイムに2枚替えを決行。後半開始直後には大澤春花がフィニッシュシーンを迎えるなど、攻撃に良いリズムが生まれ始める。75分には今季から加入した南野亜里沙が狙うも、GK山下杏也加に防がれた。後半は一進一退の攻防を繰り広げたが、最後までゴールは奪えず。INAC神戸が2連勝を飾っている。

マイナビ仙台レディースはホームで大宮VENTUSと対戦。10分には池尻茉由、さらには浜田遥が狙うも、シュートはGKスタンボー華に触られてバーに嫌われた。ゴールレスで迎えた後半には宮澤ひなたの抜け出しから浜田がネットを揺らすも、宮澤が受けたタイミングがオフサイドとの判定に。その後も主導権を握り続けた仙台レディースだったが、ゴールを奪うことはできずにドローで試合を終えた。

アルビレックス新潟レディースとちふれASエルフェン埼玉の一戦は、互いに攻撃的な姿勢を見せる。新潟レディースは左の崩しから山谷瑠香がシュート。これはGK船田麻友が逆を取られながらも足でストップ。エルフェン埼玉も山本絵美が右ポスト直撃のシュートを放つ。

試合が動いたのは64分。新潟レディースは最終ラインでビルドアップに参加した瀬戸口梢から道上彩花ボールを奪うと、GKをかわして無人のゴールへと流し込んだ。エルフェン埼玉は76分、アーリークロスから吉田莉胡がヘディング。これはブロックされたがこぼれ球を自ら押し込んで試合を振り出しに戻す。

互いに2点目を狙うなか、勝ち越したのはホームチームだった。85分には新潟が勝ち越す。左サイドで縦に仕掛けた北川ひかるがクロス。ニアでダイビングヘッドを狙った道上には合わないが、その後ろから滝川結女が飛び込んでネットを揺らした。これが決勝点となり、新潟レディースがWEリーグ初勝利を挙げている。

初のホーム開催を迎えたノジマステラ神奈川相模原はAC長野パルセイロ・レディースと対戦。佐々木美和や松本茉奈加が果敢にゴールを狙うも、最後までネットを揺らせずゴールレスドロー。3試合連続の無得点に終わっている。

◆Yogibo WEリーグ 第3節
▽9/25(土)
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-0 サンフレッチェ広島レジーナ

▽9/26(日)
INAC神戸レオネッサ 2-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
マイナビ仙台レディース 0-0 大宮アルディージャVENTUS
アルビレックス新潟レディース 2-1 ちふれASエルフェン埼玉
ノジマステラ神奈川相模原 0-0 AC長野パルセイロ・レディース


関連ニュース
thumb

池田監督のサッカーをよく知るDF宝田沙織、FWからDFに変わるも「やり方が難しいということはない」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのDF宝田沙織(ワシントン・スピリット)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、海外組として初めて合流した宝田は「池田監督になって初めての国際大会という中で、新メンバー、色々な選手とやれるので、まずはたくさんの人とコミュニケーションを取りながら1試合1試合を良いものにしていきたいと思います」と、新たなチームとしてしっかりとコミュニケーションを取りたいとした。 元々はFWでプレーし、現在はCBでプレーする宝田。今回もDFとしてプレーすることになるが「チームでも色々なポジションをやらせてもらっているので、代表でもどこで出ても自分らしくプレーできればと思っています」とコメント。「好きなポジションもありますけど、今はどこで出ても恐れずにやっていきたいと思っています」と、求められる場所でのプレーも問題ないとした。 ディフェンダーとしての経験も積んできている宝田は「去年からディフェンスをし出すことが多くなって、そこらへんからディフェンスへの意識だったり、やり方を学んできているので、そこは良い感じで切り替えられていると思います」と、自覚も徐々に出てきているようだ。 その宝田だが、池田監督が指揮した2018年のU-20女子ワールドカップで優勝したメンバーの1人。当時との監督の変化については「U-20の時も監督がすごくパワフルで元気というイメージが強かったですが、今も変わらず練習でも監督の熱を感じてあたらめて懐かしいなという気持ちです」と語り、あまり変わっていないと語った。 一方で自身は当時はFWとしてゴールを量産していた中、現在はCBとなっている。「U-20の時と言っていたこととはあまり変わっていないで、自分のポジションが変わっただけなので、やり方が難しいということはないです」と語り、コンセプト自体は変わらないため、難しさは感じていないようだ。 その池田監督が求めるサッカーで重要なことについては「全体的にアグレッシブで、全員サッカー、全員攻撃、球際でも気持ちで負けないということはチームとしてやっていることだと思います」と、アグレッシブさは攻守にわたって欠かせないようだ。 改めて東京オリンピックについて振り返った宝田は「出場時間がなかなかなくて、そういうところではもっとオリンピック後にはやっていかないという思いが強くなったのと、世界は進んでいて、技術もそうですし、フィジカル面でも成長しないとワールドカップで優勝するのは無理かなと思ったので、オリンピック後はレベルアップしなければいけないなと思いました」と、世界との差を感じた大会だったという。 この先目指す上で必要なことについては「まずはそこに選ばれるようにチームとしても、普段の練習も試合も結果を求めていかないといけないのと、優勝するためにはということを常に考えて行動することが大事です」とコメント。「フィジカル面だったり、海外に負けないような取り組みをしていきたいと思います」と、アメリカの地でさらに磨いていくことが大事だとした。 2021.11.24 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

久々の代表での試合を迎えるMF隅田凜「とにかくアグレッシブにチャレンジしていきたい」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのMF隅田凜(マイナビ仙台レディース)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、隅田はこの試合でのテーマについて「新体制になって初めての海外との試合ということで、自分たちも海外組と合流して、新鮮なことが多い中での試合です」と語り、「考えすぎるというよりは、とにかくアグレッシブにチャレンジしていきたいですし、サッカーの部分でも合わないこともあると思いますが、それを試合の中でトライして修正してということをみんなで声を掛け合ってやりたいです」と、アグレッシブさを失わないでプレーしたいと語った。 今回の合宿ではミーティングにも時間を多く割いているが「毎日のミーティングでも最後のゴール前での崩しとかアイデアを共有して練習に入っています」と語る隅田。攻撃面でのテーマとしては「これまでの試合でも日本はボールを持っているけどゴールに行けないことが課題だと思うので、どんどん仕掛けるということと、ゴールを意識したプレーというのが必要だと思いますし、FWだけじゃなく、後ろからどんどん狙っていくじゃないですが、奪ってから早い攻撃は大事になってくると思います」と、チーム全体としてのアグレッシブな攻撃の意識は大事だとした。 来年1月には女子アジアカップがある中で、この2試合については「チームとしてもそうですが、自分自身も久しぶりに代表に呼んでもらって試合ができるので、まずは自分自身のアピールが大事だと思いますし、海外と戦う上でフィジカルの差はわかっているので、そこが課題で出ないように、サッカー的なことで良い課題が出るように、勝利を目指してやっていきますが、積極的なプレーを見せたいと思います」と、サッカー面の勝負をができるようにしたいと語った。 海外組とプレーすることの刺激については「(熊谷)紗希さんとか(長谷川)唯とかとは久しぶりに同じピッチでサッカーすることができて、海外の厳しい世界でやっているので、自分たちとは感覚的なものは同じでも違うところでやっているので、練習の中で守備の行き方などは細かく要求してくれます」と、ピッチ内のコミュニケーションが細かいところまで届くと明かした。 今回の2試合でトライしたいことについては「ヨーロッパ勢とアジアでは少し違うとは思いますが、海外と試合ができることは少ないチャンスなので、貴重な時間だと思いますし、個人としてもチームとしても、全員でトライしていって、勝利を目指すのはもちろんですが、全員で良い戦いをしたいと思います」とコメント。ただ、結果も大事だと言い「課題が出たら良いというわけではないですが、できなかったという後悔がないようにしたいです」と、悔いのない戦いをしたいと語った。 2021.11.24 23:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ボランチでのプレーを希望するDF熊谷紗希「どちらでもできるのはポジティブなオプション」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。新体制のチームに初合流した熊谷。チームに合流しての印象については「監督が代わって、新しいチームということで、監督の色々なやり方があって、スタイル、雰囲気がある中で、楽しみに合宿に臨んでいます」と新チームを楽しににしているとコメント。ここまで合流して3日が経つが「練習は2日、トータルで3日をチームで活動していますが、凄く良い雰囲気でトレーニングできていると思いますし、全員が新しい選手ということではないですが、新しいチームとして新しい目標に向かっていくという意味では良いスタートを切れていると思っています」と、一定の手応えを感じているようだ。 来年1月には女子アジアカップが控えている。時間がない中での試合となるが「時間のない中、最後の対外試合になると思います」と語り、「そんな中ヨーロッパの2チームとやれることはありがたく、感謝しています」と、ヨーロッパの国と戦えることに感謝した。 一方でチームとしては「チームとして積み上げなくてはいけないですし、よりよく前に進んでいく必要があるので、良い意味で色々なことにチャレンジしたいと思います」と、チャレンジ精神を持ちたいと語り、「最初から上手くいくわけはないと思いますし、チームとして2回合わせてアイスランド戦に臨まなければいけないので、エラーは起きると思いますが、狙いを持ったチャレンジから修正が効くエラーを出す、個々としてもチームとしてもチャレンジしていきたいと思います」と、チームコンセプトを出しながら課題を見つけていきたいと語った。 熊谷はセンターバックとして2011年の女子ワールドカップ制覇にも貢献し、その後もなでしこジャパンの守備の要としてプレーしている。 一方で、ボランチでのプレーを希望する側面もあり、今回の新体制ではそのチャンスも考えられるが、池田監督とはその点を話す時間はまだないようだ。 「実際そういった話し合う時間は、コミュニケーションはしていますが取れていなくて、私はチャンスがあれば代表でもということは言ってきていますが、決めるのは監督です」 「もちろん機会があれば、本人に言うこともできますが、その話はないのと、監督が決めた場所でやれる準備もできているので、どちらでもできるのはポジティブなオプションですし、なるようになるかなと思っています」 チャンスがあればボランチでのプレーも求めたい熊谷。池田監督のサッカーについては「ずっと言われているボールを奪う守備、アグレッシブに前にいくと言うことは、練習でもチャレンジできていると思いますし、試合でも出していきたいことです」と語り、「その中で出てくるエラーを修正して、トライしていけるようにしていきたいと思います」と、アグレッシブさを出したいと語った。 アイスランド対策としては、23番のFWスベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルがキーになると語る熊谷。「23番の選手がほぼ起点になってサイドからの攻撃、セットプレー、ロングスローがアイスランドの特徴だとチームとして共有しています」とコメント。「右サイドも左サイドもその選手がスローを投げてくると思うので、どういう形で守るか、しっかり相手の選手をしっかり2人で挟む準備をトレーニングでやってきました。あとはピッチで何が起こるかは、ピッチで判断しなければいけないので、その準備はしています」としっかりと対策はできていると語った。 2021.11.24 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

攻守での活躍が期待されるMF猶本光「チャンスがあればトライしていきたい」と積極的な攻撃参加に意欲

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、猶本は来年1月の女子アジアカップに向けて重要な2試合になると位置付けを語った。 「10月のトレーニングキャンプ、これまで2日練習してきて、ミーティングもあり、チームとしてどういうものを目指すかということは、落とし込まれていると思いますが、試合で実際にやってみる、トライしてみることで見えてくるものがあると思うので、まずはこの2試合はチームとしての目指しているサッカーを表現することで、アジアカップに繋がってくるんじゃないかなと思います」 10月の合宿にも参加した猶本だが、今回海外組が加わることおについては「5名海外組がチームに合流して、5人違うと雰囲気は全然違うなと思います」とコメント。「ピッチ内外両方」で影響があるという。 WEリーグでもチームの中心としてプレーする猶本だが、今回のテーマは「ボランチで出る可能性が高いと思うので、まずはしっかり中盤の守備で勝つということを意識してやりたいですし、攻撃では普段前目のポジションをやっているので、そこを出していければと思います」と、攻守両面で良さを出したいと語った。 浦和レディースでは攻撃のポジションを担うが、ボランチでもプレーする猶本。守備面で気をつけたいことは「単純に球際で勝つこともそうですし、しっかりスライドしてセカンドボールを拾ったり、相手のFWに入った時はプレスバックしたりとか、そういうところはいつもよりも多くなってくるかなと思います」と、ポイントを語った。 一方で攻撃面については「チームとして言われているのはボックスへの侵入の回数を増やすというか、そこからゴールを狙うことで得点になる確率が高くなりますし、そのための共通理解じゃないですけど、こうなったらこういうところを狙おうということは、ミーティングや昨日の練習でも落とし込まれています」とコメント。「それぞれがボールが行った時に同じ絵を描いてプレーできれば、得点の確率が高くなるのかなと思います」と、チームとして共通理解を持つことが大事だとした。 運動量が豊富な猶本にとっては、池田監督のスタイルは特徴が出しやすいと思われるが、攻守での活躍を見せることについては「味方と合わせるとか、ボランチが上がるということは後ろが手薄になるというリスクもあるので、そこはタイミングと味方とのバランスとか、流れを見ながら、チャンスがあればトライしていきたいと思います」と、ピッチ上での状況判断を良くしていきたいと語った。 一方、今回の2試合では高さに特徴がある相手との対戦となるが、セットプレーでの競り合いについては「セットプレーはもちろんマークの担当になったら単純に競り勝つのは身長的に難しいので、体をぶつける、競らせないということを自分のマークに責任を持ってしっかりやっていくしかないと思っています」と対策を語った。 2021.11.24 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

初陣を控えるなでしこジャパンの池田太監督、選手に求めるのはボールを奪う守備「相手の懐まで取りに行く」

25日にアイスランド女子代表戦を控えるなでしこジャパンの池田太監督が、メディアのオンライン取材に登場した。 10月1日になでしこジャパンの新指揮官に就任した池田監督。10月中には合宿を行い、今月の欧州遠征で初の実戦を迎える。2018年にヤングなでしこをU-20フランス・ワールドカップ(W杯)優勝に導いた手腕をどのように発揮するのか、大きな関心が寄せられている。 遠征地オランダに到着し、現地でのトレーニングをスタートさせているなでしこジャパン。池田監督は現在の心境を「非常に楽しみ」と、"初戦"に対する高揚感やチーム作りなどについて言葉にした。 「先月のキャンプでスタートを切って目標を確認したり、この海外遠征で新しく力になってくれる選手とチームを作っていくことが楽しみです。国際親善試合という貴重なチャンスなので、相手を分析してから、我々がやれることを積み上げることもそうです」 2カ月後にはオーストラリア&ニュージーランドW杯の予選を兼ねたAFC女子アジアカップインド2022を控えるという、タイトなチーム作りを求められている新指揮官。その中で自らもトレーニングに参加するなど、熱意を見せている。特に、ボールを奪う守備については、現役時代はDFということもあってか、強いこだわりを感じさせた。 「守備の奪うというところを強調したり、ゴールへの推進力は前回のキャンプでトライしたので、今回は次のステップで攻撃のところをトライしたり、守備では負荷や強度が上がるので、ミックスして練習しています」 「選手はピッチ上で自分たちのエネルギーを還元しようと前向きに取り組んでいると思います。自分が(練習の中で)ディフェンスに入ることはイメージしやすいということもあります」 「今日の取り組む姿勢は明日の試合にフォーカスして欲しいのでアプローチをしています。私の発信を前向きに捉えてくれて、一歩ずつチーム作りが進んでいるという感触もあります」 「ボールを奪うこと、守備のこと、攻撃のこととコンセプトを確認しているところで、奪うというところに新しい意識があると思っています。私が求めているのは、相手の懐まで取りに行くという距離のところ、相手のボールの動かしに離れないで動いてついていくとか、そこを選手に求めています」 「寄せても相手に自由を与えている部分もあるので、詰めて奪いに行こうという距離感、選手同士のチャレンジ&カバーの中から奪いに行けるシーンを作っていければと、映像を見て話しています」 「もっと相手陣内でボールを奪えればゴールに近いですし、奪う回数も増えてマイボールにして、攻撃回数を増やしたいというのがあるので、強調しています」 「なでしこというフル代表の中で初陣となりますが、楽しみな部分が多く、今のチームが海外のヨーロッパのチームにどういうパフォーマンスをピッチ上で見せてくれるかもそうですし、チーム全体として出場している選手、スタッフを含めて、活動しているチームがどういう形で初戦を迎えて、色々なこと、成果と課題を見られるという楽しみが今の気持ちの中では大きいです」 2021.11.24 22:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly