シティ戦布陣変更のトゥヘル「正しい選択だったか自信はない」

2021.09.26 16:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、敗れたマンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

25日にプレミアリーグ第6節で王者シティと対戦したチェルシー。布陣をいつもの[3-4-2-1]から[3-5-2]に変更して守備重視の戦術をとった中、序盤から相手の猛攻を受ける防戦一方の展開に。ここまで1失点のチェルシーも何とか凌いでいたが、後半立ち上がりにFWガブリエウ・ジェズスのシュートが味方にディフレクションする形で失点。結局、今季初黒星を喫した。

トゥヘル監督は試合後、「妥当な結果だった」と完敗を認めた。ただ、[3-5-2]のフォーメーションが正しい選択だったかどうかは自信を持てないようだ。

「今日は少しフレッシュさが足りていなかったと思う。(エンゴロ・)カンテは数日前から体調を崩していたが、先発させることにした」

「ジョルジーニョも問題を抱えていたし、チアゴ(・シウバ)も先発できなかった。そういう意味では、今日はベストな選択ができなかった私に責任があるのかもしれない。我々は[3-5-2]を採用したが、それはシティに対する構造の問題なのではなく、判断と相手のスペースへの適応の問題だと思う」

「勝つ時も負ける時も一緒だが、私は個人的にこれが正しい形だったのかと問いかけるだろう。だが、その形が結果に決定的な影響を与えたかどうかはわからない」

関連ニュース
thumb

日本が開催辞退のクラブ・ワールドカップはUAE開催へ

日本が開催を辞退したFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021の開催地がアラブ首長国連邦(UAE)に決定したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 当初、今回のCWCは今年12月に日本での開催が予定されていたが、日本サッカー協会(JFA)は先月9日に、国内における新型コロナウイルスの感染状況を理由に開催辞退を決断していた。 その後、2022年のワールドカップ(W杯)開催地であるカタールを始め、南アフリカ、UAEが新たな開催地として候補に挙がっていた。だが、先日に南アフリカは国内での新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、辞退を申し入れていた。 また、カタールに関しては12月前半にFIFAアラブカップを開催するため、ほぼ同時期のCWC開催は困難であるため、消去法の形でUAE開催が決定的となった模様だ。 なお、開催地決定の最終議論は20日に行われるFIFAの理事会で行われる予定だ。 現時点で今大会に出場が決定しているのは、昨シーズンのヨーロッパ王者であるチェルシー(イングランド)、アフリカ王者のアル・アハリ(エジプト)、オセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の3チーム。ここに南米王者、アジア王者、北中米カリブ海王者、開催国王者が加わることになる。 2021.10.20 22:54 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、チーム最低賃金のマウントに新契約提供か

チェルシーが、イングランド代表MFメイソン・マウント(22)に新契約を用意しているようだ。『footmercato』が伝えている。 チェルシーの下部組織出身者で、今やチームを象徴する選手として活躍するメイソン・マウント。今年1月に行われたFAカップのルートン・タウン戦では、フランク・ランパード前監督のラストマッチで初めてキャプテンマークを巻いて出場した。 2019年9月にデビューしたイングランド代表でも確かな地位を築き、今年のバロンドールの候補者30名にもノミネートされた。 契約は2024年まで残っているものの、チェルシーは信頼関係を強調するため、早くも新契約を用意しているとのこと。現在の週給は7万5000ポンドと、チーム内では最低賃金クラスの一人だが、新契約では2倍の給与が与えられるようだ。 2021.10.20 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが語る「マウントとハヴァーツは次元が違った」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チェルシーでチームメイトだったイングランド代表MFメイソン・マウントとドイツ代表MFカイ・ハヴァーツの2人は「別クラスの選手だった」と話している。 今夏の移籍市場でチェルシーからミランへ移籍したジルー。チェルシーでは概ねサポート役に回ったものの、各コンペティションで重要なゴールを決める勝負強さを発揮し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップと3つのタイトルに貢献した。 そんなジルーがイギリス『Tribal Football』のインタビューで、共にプレーした中で最も才能を感じた選手を挙げた。チェルシーでは現在も中心選手として活躍する2人の若手に特に感銘を受けたようだ。 「アーセナルでプレーしていた時、ベストプレイヤーの一人はサンティ・カソルラだった」 「チェルシーではエデン・アザールがその一人だけど、多くの若いタレントが揃っている。メイソンとカイ・ハヴァーツは別次元の選手だったよ。彼らが成長してトッププレイヤーになるのは楽しみだね」 「メイソンはまだまだ高みへ行くためのクオリティとメンタルを備えている。彼に言ったことがあるよ。絶対に成功する、間違いないとね」 2021.10.20 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

6試合無得点のルカク、トゥヘル監督は心配せず「オーバーワーク気味なだけ」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、不発続きのベルギー代表FWロメル・ルカクを擁護するコメントを残している。イギリス『メトロ』が伝えた。 今夏の移籍市場でクラブ史上最高額隣9750万ポンドでインテルから完全移籍したルカク。7年ぶりの復帰戦となったアーセナル戦ではいきなりゴールを決めて自ら祝砲を上げると、その後もアストン・ビラ戦やチャンピオンズリーグのゼニト戦で立て続けにネットを揺らした。 しかし、現在はゼニト戦を最後に1カ月以上ゴールから遠ざかっており、少しずつ存在感が希薄になりつつある。しかしトゥヘル監督は、オーバーワークからくる肉体や精神的な疲労が原因であると主張し、再びゴールを決められるようになると期待を寄せた。 「今のところ、私の意見では、ルカクは少しオーバーワークに陥っているのだと思う。夏の間にあまりにも多くの大会に参加し、代表でもかなりの試合をこなした。最近ではネーションズリーグにも出ていた」 「彼は素晴らしいアスリートで、深く掘り下げて勝利を欲するような闘争心溢れる男だ。決して楽をしようとは思わないし、試合を避けるようなこともしない」 「だから、ベルギー代表で彼がどれほど良い結果を出したいと思っているか私はわかっている。代表戦は彼にとって重要な試合で、母国のためにプレーすることは多くの意味を持つ。それだけ真剣に取り組んでいるんだ」 「もし、それがうまくいかなければ、彼は常に自分の肩に負担をかけ、反省し続け、体力的にも精神的にも少し疲れてしまうだろう。心配するほどではないが、彼は多少の悩み事があった方が試合を楽しめるのではないかと私は思う」 「ただ、彼に本当に休息が必要なのか、それともピッチにとどめておいたほうがいいのかを判断するのは難しい。それはメイソン(・マウント)やジョルジーニョも同じだ。彼らは苦労しているが、代表のキープレイヤーであることを受け入れ愛している」 2021.10.20 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード戦大活躍のメンディ、元チェルシーのデンバ・バも絶賛「セネガルのラストピースが揃った」

ブレントフォード戦で驚異のプレーを連発したチェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディだが、かつてチェルシーに在籍した同胞のデンバ・バ氏も惜しみない称賛の言葉を送っている。 チェルシーは16日にプレミアリーグ第8節でブレントフォードと対戦した。立ち上がりから押し込む時間が続いたものの、ゴール前を固める相手になかなかシュートすら打てない状況が続く。それでも前半終了間際にDFベン・チルウェルのゴールでなんとかこじ開けてリードを得る。 後半も苦戦を強いられると、終盤にかけてはブレントフォードの猛攻に遭う。だが、ここで気を吐いたのがメンディだった。顔面でのシュートブロックに始まり、アディショナルタイムには相手の渾身のバイシクルシュートを驚異的な反応ではじき出し、無失点勝利に導いて見せた。 試合後には多くのメディアや有識者から賛辞が贈られた中、デンバ・バ氏は元セネガル代表の立場から絶賛している。 「セネガル代表に欠けていたラストピースだと思う。アフリカネイションズカップを勝ち取るためのね」 なお、次回のネイションズカップは2022年1月に開幕する。チェルシーはおよそ1カ月の間、守護神を欠いて戦うことになる。 2021.10.17 14:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly