レーティング:チェルシー 0-1 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

2021.09.25 23:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、チェルシーvsマンチェスター・シティが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-1でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メンディ 6.5
失点はノーチャンス。終始守勢を強いられた中で、ビッグセーブで何度もチームを救った。

DF
28 アスピリクエタ 5.5
右ウイングバックへのポジション変更に問題なく対応。ただ、グリーリッシュ相手には後手に回った印象。

4 クリステンセン 6.5
今季リーグ戦初の実質的な失点となってしまったが、不運なそれを除けば90分を通じてシティの猛攻を跳ね返し続けたと言える。それによって最後まで周りの選手が希望を捨てずにいられた。

2 リュディガー 6.0
敗れはしたが、チェルシーの守備陣は軒並み高評価となった。リュディガーも自身の左サイドを崩されることなく、ジェズスのドリブルにしっかり対応。ハイボールへの対応もそつなくこなした。

MF
24 R・ジェームズ -
序盤の接触で足首を捻った影響で29分に無念の負傷交代。

(→チアゴ・シウバ 6.5)
正確なロングボールでチャンスを演出したほか、後半にはゴールライン上で相手のシュートをブロックするビッグプレーも。

7 カンテ 6.0
試合の流れ上、60分での交代となったが、広範囲にわたる守備、ボールの持ち運びなどでチームに貢献。

(→ハヴァーツ 5.0)
間違いなく攻撃のアクセントになったものの、なかなか決定的な仕事は許してもらえず。

5 ジョルジーニョ 5.5
幾度か要所潰す守備が印象的だったが、押し込まれたため攻撃面での貢献はできず。

(→ロフタス=チーク 5.5)
今季リーグ戦初出場に。わずかな時間ながら、フィジカルを生かしたプレーを示した。

8 コバチッチ 6.0
この試合で最も重要になった攻守の切り替えのスイッチ役を担う。後半にはゴールに近づいたシーンも。

3 マルコス・アロンソ 5.0
マルコス・アロンソにとっては窮屈な試合に。なかなか前線へ動けず守備一辺倒となった。

FW
9 ルカク 6.0
圧倒的な守勢の中でも幾度かポストプレーでチャンスを演出。ヴェルナーとのコンビは今後の課題か。

11 ヴェルナー 5.0
開幕節以来の先発出場。何度かスピードを生かしたプレーも見せたが、屈強な相手センターバックを乗り越えることはできなかった。

監督
トゥヘル 5.0
中盤を3枚にするマイナーチェンジを施したが、受けに回った結果悔しい失点を喫することに。対ペップ・シティ、史上初の4連勝は叶わず。

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 5.5
特に危険な場面はなく、及第点のパフォーマンスに。

DF
2 ウォーカー 6.0
状況に応じたポジショニングで攻撃に関与。いつも通りの盤石なプレー。

3 ルベン・ディアス 7.0
前半はヴェルナー起点のカウンターを潰し続け、後半にはショットブロックで無失点に大きく貢献。

14 ラポルテ 7.0
終盤にルカクに出し抜かれたシーンはあったものの、相方と共に90分を通して堅い守備を築いた。

27 カンセロ 7.0
ジェズスのゴールのアシストとなったシュートを放つ。シティの攻撃はグリーリッシュとカンセロのコンビが肝だった。

MF
16 ロドリ 7.0
絶妙なポジショニングでチェルシーの守備陣を苦しめ続けた。守備でも相手のカウンターを潰す一の矢として貢献した。

17 デ・ブライネ 5.5
前半にミドルシュートの見せ場はあったものの、今回の古巣戦はやや存在感に欠ける一戦に。

(→マフレズ -)

20 ベルナルド・シウバ 6.5
神出鬼没なプレーで90分間走り抜いた。後述のフォーデン同様に前線からのチェックを欠かさなかった。

FW
47 フォーデン 7.0
最前線で起用され、交代するまでボールを追いかけ回した。チェルシーが攻撃になかなか転じることができなかったのはフォーデンのチェイスがあったからこそ。

(→フェルナンジーニョ -)

9 ガブリエウ・ジェズス 7.0
値千金の決勝ゴール。右サイドの高い位置で攻撃の起点となり、常に相手の脅威となり続けた。

10 グリーリッシュ 7.0
何度か相手の固い右サイドを崩しチャンスを演出。この試合は左サイドが攻撃の中心だった。

(→スターリング -)

監督
グアルディオラ 6.5
対トゥヘル・チェルシーの連敗を3試合でストップ。ほぼ相手の自由を奪う内容で勝利を手にした。得点は幸運によるものだったが、結果は打倒か。

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)
1得点と最後まで気が抜けない状況の中で、相手のエースに仕事をさせない守備でクリーンシートを達成。被カウンターでのシュートブロックという決定的な仕事も。

関連ニュース
thumb

レーティング:ミラン 0-0 ユベントス《セリエA》

セリエA第23節、ミランvsユベントスが23日に行われ、0-0で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220123_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メニャン 5.5 枠内シュートが飛んでこなかった DF 2 カラブリア 6.0 質の高い攻撃参加を見せ、守備も問題なし (→フロレンツィ -) 20 カルル 6.0 広範囲をしっかりカバー。安定していた 13 ロマニョーリ 6.0 ディフェンスを統率。モラタを封殺 19 テオ・エルナンデス 6.0 守備に重点も、攻撃参加時の迫力は流石 MF 30 メシアス 5.5 攻撃の起点にはなっていたが、後半序盤に交代 (→ベナセル 5.5) ボランチでプレー。そつなくこなした 8 トナーリ 6.0 球際でしっかりと戦えていた 10 ブラヒム・ディアス 5.0 不調が続く。効果的なプレーが少なかった (→サーレマーケルス 5.0) メシアスに比べるとアクセントを付けきれず 33 クルニッチ 5.5 守備意識の高さはあるものの、攻撃面で物足りない 17 レオン 6.0 シュートへの積極性が相手に脅威を与えていた (→レビッチ -) FW 11 イブラヒモビッチ - アキレス腱を負傷し、前半半ばに交代 (→ジルー 5.0) 急遽の出場もルガーニとキエッリーニに潰された 監督 ピオリ 5.5 イブラヒモビッチの負傷が響き、攻撃が停滞 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220123_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 的確なゴールキーピングを見せた DF 2 デ・シリオ 5.5 守備重視のプレー。レオンに何とか対応 24 ルガーニ 6.0 胃腸炎のデ・リフトに代わって先発。好調を持続している様子 3 キエッリーニ 6.0 立ち上がりはキックが不安定だったが、対人守備は流石 12 アレックス・サンドロ 5.5 無理に攻め上がらずメシアスとサーレマーケルスに対応 MF 11 クアドラード 6.0 右サイドからのドリブルでの仕掛けが攻撃の起点となっていた (→ベルナルデスキ5.0) 左サイドでプレーも存在感を示せず 27 ロカテッリ 5.5 ゲームを組み立てていたが、後半序盤に交代 (→アルトゥール 5.5) 丁寧なパスワークでポゼッションを高めた 30 ベンタンクール 6.0 幅広く動いて攻守に絡んだ (→ラビオ -) 14 マッケニー 5.5 得意のゴール前への飛び出しは封じられた FW 9 モラタ 5.0 後半頭に惜しいヘディングシュートを放ったのみ (→ケアン 5.0) 何もできず 10 ディバラ 5.5 公式戦3戦連発中だったが、ボールに絡む機会が少なかった (→クルゼフスキ -) 監督 アッレグリ 6.0 守備面の安定は増しているが、やはり攻撃面はまだまだか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルガーニ(ユベントス) 膠着した試合だったため選出が難しいが、引き分けでも悪くない結果だったと言えるユベントスからルガーニを選出。バックアッパーとしてここ数試合は十分な働きを見せている。 ミラン 0-0 ユベントス 2022.01.24 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 2-0 トッテナム《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220124_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 6.0 難しい対応はケインのヘディングシュートぐらいだったが、EFLカップに続きトッテナムの攻撃を完封した   DF 28 アスピリクエタ 6.0 最終ラインと中盤を行き来しながら、攻撃では回数は多くなかったものの、効果的な飛び出しでアクセントに。守備の局面ではメンタル面の駆け引きを含め老獪さが光った   2 リュディガー 6.5 4バックでも要所で積極的な攻撃参加を幾度か見せた。試合終盤は的確なクロス対応や対人対応でクリーンシートに貢献   6 チアゴ・シウバ 7.0 前回のリーグ戦に続きセットプレーから1ゴール。長短織り交ぜた的確な配球に加え、後ろに重心を置いた後半半ば以降は読みを利かせた潰し、インターセプトが光った   31 サール 6.0 左サイドバック起用も3バックの左に近い守備重視のプレー。攻撃面の貢献は少なかったが、守備では周囲のサポートを受けながら集中した対応を90分間継続   MF 22 ツィエク 7.5 得意とするトッテナム相手に圧巻のコントロールシュートで決勝点。試合を通して攻撃の起点となり、守備面でのハードワークも素晴らしかった   (→サウール -)   19 マウント 7.0 2点目をアシスト。インサイドハーフでのプレーとなった中、攻守両面で多くの仕事をこなす。とりわけ、前半はツィエクと共に攻撃の主役に   5 ジョルジーニョ 6.5 前半にベルフワインにあっさりと振り切られた場面はあったが、後半は守備面で良いボールリカバリーを見せて盛り返す。繋ぎの局面でも積極的にボールを呼び込んで捌いた   (→カンテ 5.5) 試合のクローザー役を完遂   8 コバチッチ 6.5 4バックでのプレー、相棒がジョルジーニョということもあり、いつも以上に攻守のバランスを意識。決定的な仕事はなかったが、献身的なプレーで周囲を大いに助けた   20 ハドソン=オドイ 6.5 前半は判断ミスも幾度かあったが、先制点のアシストに2点目に繋がるFK奪取と決定的な仕事をこなす。守備でも献身性を示した   (→マルコス・アロンソ -)   FW 9 ルカク 5.5 前線で身体を張る仕事は見せたが、決定機の場面では相手守備にうまく対応された   監督 トゥヘル 6.5 トッテナムの変化にも慌てず、後半の修正で流れを引き寄せて今季4戦全勝に無失点を継続   ▽トッテナム採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220124_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ロリス 6.0 2失点共にノーチャンス。それ以上に見事なシュートストップや飛び出しでピンチを防ぎ、個人として意地を見せた   DF 25 タンガンガ 4.5 前半から対面のハドソン=オドイに苦戦を強いられカードをもらった結果、1失点目の場面では厳しく行けずに起点を作られた   (→スキップ 5.5) 劣勢を跳ね返そうと、攻守にアグレッシブにプレーしたが、決定的な仕事には至らず   15 ダイアー 6.0 負傷明けの一戦で試合を通してソリッドな守備対応を続けてルカクを封じた。最終ラインでは最も頼りになる存在だった   6 ダビンソン・サンチェス 5.0 2失点目の場面では競り負けた。ルカクに対して強さを見せたが、後手を踏む対応も多かった   33 ベン・デイビス 5.0 左サイドバックでのプレーとなったが、一列前のセセニョンとの連携の問題などもあり、守勢を強いられ続けた   MF 2 ドハーティ 4.5 後半は幾度か良いランニングで決定機に絡みかけたが、守備の強度不足と攻撃面での細かいミスが目立った   8 ウィンクス 5.0 前半の入りに良い攻撃参加を見せたが、慣れないシステムでの戦いによって判断面で曖昧な部分が目立った   (→ブライアン・ヒル -)   5 ホイビュルク 5.5 攻守両面で相手の中盤と互角に戦った。ただ、3バックや3セントラルでの戦いに比べて、バランスを意識するあまり持ち味のアグレッシブさをなかなか出せなかった   19 セセニョン 4.5 守備面を中心に懸命にプレーしたが、チェルシーに対してクオリティの部分で質の低さを露呈   (→ルーカス・モウラ 5.0) 幾度か得意の仕掛けを見せたが、全体的に周囲と呼吸が合わず。攻撃を活性化できなかった   FW 10 ケイン 5.5 ベルフワインと共にほぼ孤立無援の攻撃を懸命に牽引。幻のゴールを含め状態は上がってきた   23 ベルフワイン 5.5 レスター戦での活躍に続きスタメン抜擢のこの試合でもキレを感じさせるプレーで存在感を示した   監督 コンテ 4.5 各選手のコンディションの問題が影響したかもしれないが、慣れない布陣、メンバー構成で自ら流れを相手に与えてしまった印象。ウィンターブレイク前で無理できる状況だっただけに、フルメンバーでのよりアグレッシブな戦いが見たかった…   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ツィエク(チェルシー) 試合の流れを大きく引き寄せる見事なゴールを決めたモロッコ代表MFをMOMに選出。得点自体も素晴らしかったが、試合を通して良い立ち位置、正確なプレーでチームの攻撃をけん引した。さらに、守備の局面では献身的なプレスバックで幾度もチームを助ける利他的なプレーをみせ、交代時にスタンフォード・ブリッジのホームサポーターから惜しみない拍手を受け取った。   チェルシー 2-0 トッテナム 【チェルシー】 ツィエク(後2) チアゴ・シウバ(後10) 2022.01.24 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.5 前半守備機会がなかった中で後半入りのルカクの決定機を圧巻のセーブで阻止。前半は相手のカウンターへの対応や味方が嵌められそうになった際のパスの逃げ道と予防的なプレーを心がけ、後半は際どいクロスに対して冷静に対応   DF 2 ウォーカー 6.5 前半は極力味方にサイドのスペースで勝負させるため後方支援に徹し、後半は効果的な背後への飛び出しも見せた。ルカクやプリシッチらのカウンターに備えてリスク管理を怠らず   5 ストーンズ 6.5 約1カ月ぶりの先発出場となったが、ルベン・ディアスに代わって最終ラインをまとめる。ルカクとの肉弾戦で互角以上に戦い、後方からの配球もそつなし   14 ラポルテ 6.5 前半立ち上がりにルカクに突破を許す場面はあったが、以降はヴェルナーのシュートをブロックするなど集中した守備を披露。要所でチャレンジの縦パスも出していた   27 カンセロ 7.0 決勝点をお膳立て。正確な繋ぎや局面を打開するプレーに、守備では安定した対応と抜群の存在感を放った   MF 20 ベルナルド・シウバ 6.5 スターリングと共に右サイドで攻撃の起点となり、守備でも再三の好守を披露。トランジションの局面ではコバチッチと見ごたえのある攻防を繰り広げた   16 ロドリ 7.0 ビルドアップの経由点として機能。切り替えの場面でも奪い切る守備で相手の起点をきっちり潰した   17 デ・ブライネ 7.0 圧巻のミドルシュートで決勝点を記録。前線で起点づくりに絡みつつ後半には決定的なクロスを幾度も供給。球際の勝負でも互角以上に戦っていた   (→ギュンドアン -)   FW 7 スターリング 7.0 マルコス・アロンソ、サールのコンビに対して個的優位性をもたらす鋭い仕掛けを見せた。決定的な仕事を果たすまでに至らなかったが、間違いなく攻撃をけん引していた   47 フォーデン 6.5 最前線起用も中盤の低い位置やサイドに流れながら局面で数的優位を作り、フィニッシュの局面では利他的なプレーでシュートチャンスを供給   (→ガブリエウ・ジェズス -)   10 グリーリッシュ 6.5 前半終盤の決定機は決め切りたかった。得意のドリブル突破は前半リュディガーらにうまく封じられたが、後半に入って盛り返した。それ以外の場面でも攻守に多くの仕事をこなした   監督 グアルディオラ 6.5 欲を言えば、前半の内にゴールを奪って複数得点で勝ちたかったが、相手にほとんど決定機を作らせない完勝と言える   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 6.0 失点場面は相手を褒めるべき。グリーリッシュの決定機を阻むなど、個人としては素晴らしいゴールキーピングだった。マイボール時の判断や精度は課題か   DF 2 リュディガー 6.0 チーム事情で3バックの右でのプレーとなったが、安定した対人、クロス対応でシティ攻撃陣の前に立ちはだかった   6 チアゴ・シウバ 6.0 攻守両面で高い戦術眼を生かした安定したプレーを見せた。的確なコーチングで味方を動かしながら要所を締めた   31 サール 6.0 マイボール時はややバタついたが、守備では粘り強い一対一の対応や的確なカバーリングをみせ、ビッグマッチで見事な奮闘ぶりを見せた   MF 28 アスピリクエタ 5.5 前半はリュディガーと共に良い形で守っていたが、連戦の影響もあり後半は後手の対応が目立った   7 カンテ 5.5 失点場面ではデ・ブライネに振り切られたが、試合を通してセントラルMFの負荷が大きかった中で奮闘した   8 コバチッチ 6.0 前半に自身のロストからピンチを招いたが、ルカクの決定機演出で帳消しに。チームとして結果を残すことはできなかったが、攻守両面における仕事量の多さは際立っていた   3 マルコス・アロンソ 5.0 前半序盤にカードをもらったことでスターリングとのマッチアップで常に劣勢を強いられた。周囲のサポートで大崩れはしなかったが、相手の明確な攻めどころになっていた   (→マウント 5.0) 期待された攻撃を活性化する仕事は見せられず   FW 10 プリシッチ 5.0 前半は守備に奔走されて攻撃面でほとんど良さを見せられなかった。球際の勝負でも劣勢に   (→ヴェルナー 5.0) 失点直後に決定機が訪れたが、相手のブロックに阻まれる。全体的に覇気のないプレーに終始   9 ルカク 5.0 前線で完全に孤立し、相手守備陣にうまく封じ込まれた。チーム唯一の決定機は決め切りたかった。   22 ツィエク 5.0 前半は幾度か良い形でボールを引き出して起点になる場面もあったが、攻守両面で物足りない出来だった   (→ハドソン=オドイ 5.0) 左サイドで仕掛ける意識は高かったが、精度が伴わず   監督 トゥヘル 5.0 両ウイングバックの不在などエクスキューズはあったが、逆転優勝遠のく痛恨の敗戦に   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) カンセロ、ロドリ、スターリングのパフォーマンスレベルも高水準だったが、試合を決める見事なゴールを挙げた元チェルシーMFをMOMに選出。まだまだベストコンディションとは言えないが、間違いなくパフォーマンスレベルは戻ってきている。   マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー 【マンチェスター・シティ】 デ・ブライネ(後25) 2022.01.16 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 2-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第21節、インテルvsラツィオが9日に行われ、2-1でインテルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点は仕方なし。枠内シュートを的確にセーブした DF 37 シュクリニアル 6.5 守備面パーフェクト。そして決勝点 6 デ・フライ 5.0 絶好機を外し、失点にも関与 95 バストーニ 7.0 見事なミドルシュートで先制点。そして決勝点をアシスト MF 2 ダンフリース 6.0 精度の高いクロスを供給。ゴール前のチャンスにも絡んだ (→ダルミアン -) 23 バレッラ 5.5 立ち上がりに好クロスを送ったが、攻撃面での貢献が一歩足りず (→ビダル -) 77 ブロゾビッチ 6.0 ゲームを作った 5 ガリアルディーニ 5.5 チャルハノールの代役。攻守に無難だった 14 ペリシッチ 6.0 左サイドからの仕掛けで一定のアクセントを付ける (→ディ・マルコ -) FW 7 サンチェス 6.0 好機を幾つか演出し、仕事はこなした (→ジェコ -) 10 ラウタロ・マルティネス 6.0 ゴールは決めきれなかったが、動き自体は良かった (→ホアキン・コレア -) 監督 S・インザーギ 6.0 古巣相手にリベンジ。好機の数は圧倒的だった ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ストラコシャ 6.0 2失点もラウタロやダンフリースのゴール至近距離からのシュートを好セーブ DF 23 ヒサイ 5.5 ペリシッチの対応に集中 (→ラッツァーリ -) 3 ルイス・フェリペ 6.0 彼自身は堅い守備を見せていた 26 ラドゥ 5.5 劣勢の中、よく耐えてはいた 77 マルシッチ 5.5 攻撃参加はせずダンフリースに対応 MF 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 もっとボールに絡みたいところだった 32 カタルディ 5.5 ボールを落ち着かせられず、試合をコントロールしきれなかった (→ルーカス・レイバ -) 88 バシッチ 5.5 守備に追われた印象 (→ルイス・アルベルト -) FW 7 フェリペ・アンデルソン 5.0 ほとんどボールに絡めなかった (→ザッカーニ 5.0) 攻撃面で働けず 17 インモービレ 6.0 ワンチャンスを生かしてゴール 9 ペドロ 5.0 1度好機があったが、それ以外は目立たず 監督 サッリ 5.5 大半の時間帯で守勢に回った。妥当な敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! バストーニ(インテル) 質の高い攻撃参加を続け、1ゴール1アシストの活躍。攻撃面での成長が著しい。 インテル 2-1 ラツィオ 【インテル】 バストーニ(前30) シュクリニアル(後22) 【ラツィオ】 インモービレ(前37) 2022.01.10 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 3-4 ユベントス《セリエA》

セリエA第21節、ローマvsユベントスが9日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのユベントスが3-4で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 パトリシオ 5.0 屈辱の4失点を喫したが、個人として大きな責任はなし。失点場面以外ではあまり無理を強いられることはなかった   DF 15 メイトランド=ナイルズ 5.5 加入1日後にビッグマッチでデビュー。チームのシステム変更によって右サイドバックでのスタートとなった中、攻守にぎこちなさは見受けられたものの、球際の奮闘や無難な繋ぎなど及第点の出来   6 スモーリング 5.0 決勝点に繋がるミスに加え、ディフェンスリーダーとして4失点の責任は負うべき。それでも、試合を通しての個人としてのパフォーマンスはそこまで悪いものではなかった   3 イバニェス 4.5 2失点目の場面ではモラタにあっさりとかわされた。それ以外の場面でも人任せな部分が多く守備者として厳しい出来だった   5 ビーニャ 5.5 ミラン戦での低調なパフォーマンスから挽回。守備では身体を張り、攻撃では内と外を効果的に使いながらアクセントを付けた   MF 17 ヴェレトゥ 5.5 先制点を演出。ただ、1失点目の場面では警戒すべきディバラを離してしまった。アンカーでプレーしたミラン戦に比べてプレーは改善   (→カルレス・ペレス 5.5) 一度惜しいシュートがあったが、攻撃を活性化させるまでには至らず   4 クリスタンテ 4.5 アンカーでの起用となった中、2失点目を筆頭に危険なスペースを空ける場面が多く大量失点の一因に。攻撃では良さもあったが、守備のマイナスは大きかった   7 ペッレグリーニ 6.0 見事な直接FKを決めるなど、復帰2戦目で復調を見せていただけに痛恨のPK失敗に…   (→マジョラル -)   FW 77 ムヒタリアン 6.0 果敢なシュートがディフレクトによるゴールに繋がった。右ウイングに配置を変えたことで、ここ数試合に比べて攻撃面で良さが出た   9 エイブラハム 6.0 2戦連発となるゴールに加え、PKを誘発。個人としては前線でまずまず良さを出せていた   64 アフェナ=ギャン 5.5 ペッレグリーニの3点目に繋がるFKを奪取。18歳の年齢を感じさせない堂々たるプレーをビッグマッチで見せた   (→ショムロドフ 5.5) 積極的にプレーに関与する姿勢は見せたが、決定的な仕事はできず   監督 モウリーニョ 5.0 システム変更も機能して70分までは良い試合ができたが、そこからの連続失点によって勝ち点1も得ることができなかった。ただ、守備面で効果的な交代カードがなかったことも事実…   ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.5 前回対戦に続く値千金のPKストップ。不運な部分もあって3失点を喫したが、試合終了間際のエイブラハムへの見事な対応など素晴らしい活躍だった   DF 11 クアドラード 5.5 3点目のゴールに繋がる良い抜け出しを見せた。試合全体を通してはなかなか良い形で攻撃に出られなかったが、守備の局面では粘り強く対応した   4 デ・リフト 5.0 いずれも身体を張った対応でもらった2枚のカードによって退場に。ただ、中盤のフィルターが今一つな状況の中で良いカバーリングを幾度も見せた   24 ルガーニ 6.0 1失点目は2人を見る形となりエイブラハムに出し抜かれた。ただ、それ以外の場面では攻守両面せ積極的なプレーをみせ、チームを大いに助けた   2 デ・シリオ 6.5 圧巻のフィニッシュで値千金の決勝点を記録。2失点目ではムヒタリアンに寄せ切れなかったが、試合全体を通しては上々の出来   MF 14 マッケニー 6.5 インサイドハーフと左サイドハーフで攻守に奮闘。決定的な仕事はなかったが、豊富な運動量と献身性で勝利に貢献   27 ロカテッリ 6.5 反撃の狼煙を上げるゴールを記録。ベンタンクールの低調さによって攻守により多くの仕事を求められた中、中盤を攻守に支えた   30 ベンタンクール 4.5 攻守両面でクオリティの低さを露呈。ケアンと共にベンチに下げられた直後の逆転劇が、それを証明する形に   (→アルトゥール 6.5) 攻守両面で効果的なプレーを随所にみせ、逆転劇の立役者の一人に   FW 10 ディバラ 6.0 圧巻のシュートで1ゴールを記録。ただ、得点以外の部分では守備への貢献度の低さなど、厳しい出来と言わざるを得ない   (→キエッリーニ 5.5) 的確なコーチングと身体を張ったプレーで逃げ切りに貢献   18 ケアン 4.5 スモーリングら相手守備陣に完全に封じ込まれた。攻守両面で効果的なプレーがほぼなかった   (→モラタ 6.5) 自身にゴールはなかったが、2点に関与するゲームチェンジャーの役割を完遂。逃げ切りを図った終盤には身体を張ったキープなどうまく時計を進めた   22 キエーザ 5.5 ディバラのゴールをアシストも、前半半ば過ぎに無念の負傷交代…   (→クルゼフスキ 6.0) ワンチャンスを生かして同点ゴールを記録。ディバラとプレーエリアが被る場面も多く、得点以外ではなかなか輝けず   監督代行 ランドゥッチ 6.0 アッレグリのベンチ入り禁止を受けてビッグマッチを指揮。劇的逆転勝利に導いた   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュチェスニー(ユベントス) ロカテッリやゲームチェンジャ―となったモラタ、アルトゥールの活躍も光ったが、前回対戦に続き試合の行方を大きく左右するPKストップを見せたローマの元守護神をMOMに選出。前回対戦はヴェレトゥ、今回はペッレグリーニとの駆け引きに勝利した。   ローマ 3-4 ユベントス 【ローマ】 エイブラハム(前11) ムヒタリアン(後3) ペッレグリーニ(後8) 【ユベントス】 ディバラ(前18) ロカテッリ(後26) クルゼフスキ(後29) デ・シリオ(後32) 2022.01.10 05:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly