絶好調のバイエルン支えるキミッヒ、チームの姿勢に満足感 「ハングリーで向上心ある選手が揃っている」

2021.09.25 10:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが数的不利の試合で勝利を収めたことを誇った。クラブ公式サイトが伝えている。

キミッヒは24日に行われたブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦で先発出場。公式戦7連勝中と波に乗るチームは10分にFWトーマス・ミュラーのゴールで先制すると、31分にはFWレロイ・サネの落としを受けたキミッヒがコントロールシュートを決め、リードを広げることに成功した。後半に入るとDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となり数的不利となったが、チームは動揺することなく3-1で勝利を収めている。

フル出場を果たし、1ゴールを決める活躍を見せたキミッヒは試合後のインタビューで、公式戦8連勝を達成したチームの姿勢を称賛。多くのタイトルを獲得してきたチームであっても、ハングリー精神を持ち続けていると語った。

「輝かしいパフォーマンスではなかったと思うけど、僕たちは常にゲームをコントロールできていたね。1人少なくなった後でもそれは変わらず、あらゆることをコントロールできていた」

「ただ、ミスも少なくなく、特に前半の終盤はそれが目立ったと思う。その結果、グロイター・フュルトからのプレッシャーを招き続けてしまった。とはいえ、全体的に見れば、僕たちが勝利に値するよ」

「チームのキャラクターは最高さ。ハングリーで向上心のある選手が揃っているからね。すでに優勝候補と言われているが、僕たちはトロフィーを勝ち取りたい、試合に勝ちたいと思っている」

「現在、僕たちは良い順位にいる。ただ、これまでのところ、すべての試合で今日のレベルの確信を持って戦ってきたわけではないと思う」


関連ニュース
thumb

ノイアーがバイエルンと契約延長へ!「さらなる歴史を築いていきたい」

バイエルンとドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(35)の契約延長が近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 2011年にバイエルンに加入し、世界最高GKの一人として君臨し続けるノイアー。クラブでは9度のリーグ優勝と2度のチャンピンズリーグ優勝を成し遂げ、2014年にはドイツ代表でワールドカップも制覇した。 今季も新型コロナウイルス感染で欠場した先日のボルシアMG戦や、8月に行われたDFBポカール1回戦を除いて公式戦26試合に出場。3月には36歳の誕生日を迎えるが、その座を譲る気配は微塵も感じない。 クラブもまだまだ第一線で活躍できると信じているようで、この度2023年までとなっている契約の更新に動いたようだ。ノイアーも先日にドイツ『Sport1』のインタビューで「バイエルンは並外れたクラブだ。僕がここにいる間も歴史を築いてきた。今後も続けていきたい。もちろん、その一部になりたいと持っているよ」とコメントしており、相思相愛の下、新契約締結は間もなくと伝えられている。 2022.01.17 14:27 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがブンデス通算300ゴール達成! 史上2人目の偉業に

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ通算300ゴールを達成した。 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 2022年の初白星を挙げたこの一戦でレヴァンドフスキは、開始9分に先制点を挙げると、チームが2点リードで迎えた後半の63分に2点目を奪取。さらに、74分にはGKとの一対一を冷静に制し、ハットトリックを達成した。 そして、この3点目のゴールはレヴァンドフスキにとってブンデスリーガ通算300ゴール(通算373試合)のメモリアルゴールに。 なお、これはバイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目の偉業だ。 ちなみに300ゴールの内訳は、バイエルンで226ゴール(242試合)、ドルトムントで74ゴール(131試合)となっている。 2022.01.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハット、バイエルンが好調ケルンに快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 後半戦スタートとなった前節、天敵ボルシアMGに逆転負けした首位バイエルン(勝ち点43)は2位ドルトムントに暫定3ポイント差とされた中、コロナ陰性となった守護神ノイアーが先発で復帰。同じく陰性となったサネとウパメカノはベンチスタートとなった。 6位と好位置に付けるケルン(勝ち点28)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、ミュージアラと並べたバイエルンは9分に先制する。 ショートカウンターを発動した流れから、ミュラーのラストパスを受けたボックス右のレヴァンドフスキがシュートを蹴り込んだ。直後はオフサイド判定が下ったものの、VARの末にレヴァンドフスキのポジションがオンサイドと判定され、ゴールが認められた。 さらに25分、ミュラーのリターンパスを受けたボックス右のトリソが豪快な左足ボレーを叩き込んでバイエルンがリードを広げる。 31分、GKノイアーのミスパスからショートカウンターを受けてウートにネットを揺らされるも、VARの末にオフサイドがあって助かったバイエルンは前半を2点リードして終えた。 迎えた後半も主導権を握るバイエルンは63分に3点目。直前に投入されていたサネのスルーパスをボックス左で受けたレヴァンドフスキがシュートを流し込んだ。 さらに74分、レヴァンドフスキがハットトリックを決める。再びサネのスルーパスを受けたボックス中央のレヴァンドフスキがGKとの一対一を制した。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだバイエルンが快勝。前節ボルシアMG戦の敗戦を払拭し、2位ドルトムントとの6ポイント差を維持した。 2022.01.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、契約切れ迫るドイツ代表DFジューレに延長オファー

バイエルンが、ドイツ代表DFニクラス・ジューレ(26)に契約延長オファーを提示したようだ。 2017年夏にホッフェンハイムから加入して以降、4シーズンで公式戦156試合に出場し、バイエルンのDFラインを支え続けているジューレ。今季も主力として公式戦23試合でピッチに立っている。 そんなジューレだが、現行契約は今季まで。シーズン終了後のレアル・マドリーやチェルシーといったクラブへの加入も取り沙汰される中、ドイツ『キッカー』はクラブが同選手に延長オファーを提示したと伝えている。 また、ユリアン・ナーゲルマン監督は15日に行われるブンデスリーガ第19節ケルン戦の前日会見で、ジューレについて「彼はまだ延長のサインをしていない」とコメント。「こういった契約状況で、彼ほどの選手が市場に出てくることは滅多にない。多くのクラブが彼に関心を持っており、交渉が行われるだろう」と、移籍の可能性も排除しなかった。 2022.01.15 16:38 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、浦項からU-18韓国代表MFを1年ローン

バイエルンは15日、Kリーグ1の浦項スティーラースから韓国人MFイ・ヒョンジュ(18)のレンタル加入を発表した。加入期間は1年で、買取オプションも付帯してのドイツ王者入りとなる。 イ・ヒョンジュは浦項のU-18チームに属する中盤の選手で、U-18韓国代表でもプレー。バイエルン入りが決まったばかりだが、すでに初練習も終え、同クラブのセカンドチームでプレーするようだ。 バイエルンの公式サイトを通じて、「バイエルン・ミュンヘンと契約できて、すごく感謝している。今は早く慣れて、ピッチで最高のパフォーマンスを見せられるようにしたい」とコメントしている。 また、自身のストロングポイントとして敏捷性とスプリント力を挙げると、憧れの存在として、トップチームで活躍する2選手の名を出している。 「バイエルンではヨシュア・キミッヒを尊敬している。ピッチでのパフォーマンスは感心させられる。守備範囲の広さも学ぶ部分が多い。ジャマル・ミュージアラも同い年で、リスペクトしている選手だね」 2022.01.15 11:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly